日本経済新聞
福岡・大濠公園の花火大会、今夏で終了 安全確保難しく
配信日時:2018/9/14 9:27
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35358680U8A910C1ACX000/

 福岡の夏の風物詩として親しまれていた「西日本大濠花火大会」が今夏限りで終了することになった。開催場所の大濠公園(福岡市中央区)を訪れる観客が年々増え、数年来、安全確保の議論を重ねてきたが「2019年以降は実施が難しい」と判断したという。主催する西日本新聞社が14日付朝刊社告で発表した。

180916-2-1.jpg
今年8月1日に開かれた56回大会が最後になった「西日本大濠花火大会」(福岡市中央区)

 同花火大会は1949年から始まり、今年の56回目の大会には6千発の花火に43万人(主催者発表)が訪れた。

 しかし、大会後に園児や小学生が植えたヒマワリ畑が踏み荒らされていたのが見つかったり、公園外で待機していた観客が開始と同時に公園内になだれ込む現象が起きたりして、安全確保などの観点から大会継続は難しいとの結論に至った。

 西日本新聞社広報部は「長年にわたり、大会運営にご協力いただいた関係者、大会を愛してくださった皆さまに心より感謝を申し上げます」とコメントした。

(´・ω・`)ショボーン (´・ω・`)ショボーン (´・ω・`)ショボーン (´・ω・`)ショボーン (´・ω・`)ショボーン

大濠公園の花火大会の終了理由が「大会後に園児や小学生が植えたヒマワリ畑が踏み荒らされていたのが見つかったり、公園外で待機していた観客が開始と同時に公園内になだれ込む現象が起きたりして、安全確保などの観点から大会継続は難しいとの結論」とな?

うーん、そんな理由だけでと思ってしまいました。

私が8歳の頃(うん十何年前の事)、なぜか変わったメンバーで大濠公園の花火大会に行く事になりました。私と母と長女と祖母。どういう理由だったのか知らないし、覚えていません。というか、常に親が子供に説明をしてくれない人だったので、聞く事もなかったですね。恐らく、行けなかった家族は仕事・学校・友達と約束だったのでしょう。

祖母(叔母宅に同居)は人の嫌がる事を言ってニタニタ笑っている人で、近寄りたくないぐらい大大大嫌いだったけれど、この時はまだ8歳と小さくて、ずるずると祖母と一緒に花火大会に行くことになってしまいました。

それで、いざ花火大会が始まると、アヒルの親子が花火の打ち上げ爆音に驚き、ガーガー鳴きながら濠の中を泳ぎ逃げまどっていました。鳥は鳥目と言われているように、夜行性のゴイサギやフクロウ以外、夜は何も見えなくなります。

180916-2-4.jpg

今住んでる所は野鳥の宝庫で、福岡市内なのに野鳥をよく見かけます。夜懐中電灯片手に散歩していると、小川にゴイサギがいて、私がじっと見ているとバッサーと飛んで行きました。

鳥は夜には目が見えなくなるからコウモリにしたら小さいし、フクロウが水辺に降り立つとは思えないし、何の鳥だろうと疑問でした。後で私が見た鳥はゴイサギだと分かったのですが、ゴイサギはペリカン目サギ科なんですね。

ウィキペディアから貰って来た写真はずんぐりむっくりとした姿でサギっぽく見えないですが、普段は首をS字に曲げているからなんですって。

花火大会に話を戻します。今じゃ考えられないぐらい当時は動物愛護の精神がありませんでした。公園内で飼育しているアヒルなのに、花火を打ち上げる日ぐらい捕獲して、ゲージの中に入れておかないいけないのにね。

それから数年後の大濠公園の花火大会では、もうアヒルちゃんの親子は逃げまどっていなかったので、市民からの苦情が市役所にあり、ちゃんとアヒルちゃん達を保護するようにしたのでしょうね。

つい先日(9月4日火曜日)の台風では私の部屋にかわいい宿泊客がありました。

私の住んでいる部屋は角部屋なので、壁面に小窓があります。外に押して開けるタイプの窓で、その日は台風なので閉めていました。

そして、小窓がある洗面所に行くと、窓の所に鳥さんが雨宿りをして夜を越していました。鳥さんがちょうど寝床を探そうと思っていた時に暗くなってしまい、私の部屋の小窓の20cmぐらいあるくぼみで休もうと思ったのでしょう。

180916-2-2.jpg

スズメのように集団で群れる鳥ではないにしても、たった1羽で人間の住んでいる所で夜を超すというのは、きっと仲間とはぐれてしまったからなのでしょうね。まだ若い鳥なのかもしれません。

180916-2-3.jpg

話を花火大会に戻します。大濠公園の近くに住んでいたので、花火の打ち上げと共に家の窓ガラスが空襲のように振動します。短時間とはいえ、近隣住民にとっては騒音で堪ったもんじゃありません。

それに、花火の打ち上げ師を育成するためには花火大会がひとつでも多くある方がいいでしょう。ですが、都心でするより郊外の大きな川で実施して、福岡市内でも海で行っている打ち上げ花火大会をそのまま継続したらいいでしょう。

また、花火大会にかかる諸費用なんて微々たるものかもしれませんが、路線が中途半端で乗り換えするにも不便な地下鉄を中継駅に連結するのが最優先だろうと常々思っております。塵も積もれば山となります。

もっと都市計画を有効にして欲しいと感じますね。あんなアホな地下鉄を作っているのは日本全国津々浦々探しても、福岡市だけですね。これじゃあ、こんな不便な地下鉄を利用するより、車に乗っちゃいますよ。

それから、自転車の無料駐輪場がなくて、地下鉄駅でさえ、100円取るなんてあり得なさ過ぎます。市営なら、駐輪場ぐらい無料でいいだろうにと思うのですが、福岡市はケチです。

まあね、元々福岡市は支店都市でさしたる産業がなく、税収が乏しいのに、なぜか福岡市の人口が増えていて、雇用はどうなっているんだろうか?と疑問に思う次第であります。

今回はローカルネタでした。またね~ (_´Д`)ノ ))フリフリ !! 失礼しました。
page back