190209-4-2.jpg

出雲大社から出雲市駅に戻るバスの中から撮りました。ゆめタウン出雲店イズミ)の近くです。

出雲市役所の写真を撮ることができなかったのですが、大社造の入口で反射する素材のパネルの建物です。誰の設計か知りませんが、有名な人に依頼したのだと思います。

190209-4-1.jpg
190209-4-3.jpg
190209-4-4.jpg
190209-4-5.jpg
190209-4-6.jpg

神話縁の地としても売っていますから、どうしても大国主命のちなんだモニュメントが多いですよね。出雲空港から出雲市駅に向かう途中に、「ショップ大国」というお店を見掛けました(笑)何でも大国です。

大国=大黒様という説がありますが、どうも違うみたいですね。

「大国主大神」と「だいこくさま」は同じ神様ですか?
http://www.izumooyashiro.or.jp/ufaqs/ufaq-33

くたびれたので早めに出雲空港に向かいました。正式名称は出雲縁結び空港ですが、略して出雲空港でいいですよね。

190209-4-7.jpg

ここでも出雲阿国の像があります。歌舞伎は女人禁制ですが、神楽は女性の団員が演じています。男性が女役をした方が舞台映えするし声も通るのでいい感じですが、神楽の方が歌舞伎と違って庶民的で何の基礎知識なしに楽しめるので個人的には好きですね。

2018 白谷神楽社中 新春神楽 『大蛇』

https://youtu.be/xp189J6ghuE

190209-4-8.jpg

こちらにも大国さんの顔ハメ看板です。

190209-4-9.jpg

しまねっこと大黒様・・・大国主命と大黒様は別ものだと出雲大社が言ってるのにねえ。

190209-4-10.jpg

しまねっこの部屋(島根県観光キャラクター しまねっこ 公式)
https://www.kankou-shimane.com/shimanekko/

190209-4-11.jpg

JALの荷物検査入口に錦織圭選手の等身大パネルがありました。錦織選手は島根県松江市出身ですものね。

190209-4-12.jpg

こちらにもゆるキャラのパネルがありました。

190209-4-13.jpg

市町村合併で出雲市と一緒になった平田市の無形民俗文化財ですね。要らなくなった陶器を用いてモニュメントを作る文化財らしいです。

190209-4-14.jpg

観光案内にしてはしょぼい宣伝ですよね。もう少し違った展示はできないものでしょうかねえ。食事処も3階に3か所のみです。2階に一畑百貨店とANAのお土産屋さんが2か所あります。

脚がパンパンで肩こり腰痛もうこのまま倒れ込みたかったのですが、旅先でマッサージは受けたくないと我慢して、空港の3Dマッサージマシーンにお世話になりました。10分¥100でイオンのマッサージ機より安いです。3回連続してやってもらって30分¥300で済みました。60分でも¥600というのはお得ですわ。

飛行機には手荷物が1つしか持ち込めないらしく、手荷物カウンターに預けました。またあの窮屈な小さな飛行機で60分ちょっと過ごさねばなりません。この日は天候が荒れ模様のため、普段より高度を下げて雲の下を飛んでいました。

サンクスツアー島根公演の2日目に出会った金沢からお越しの方がおっしゃっていたのですが、小松空港から伊丹空港に行って高速バスに乗り換えて出雲迄行かれたそうです。

私は福岡空港から出雲空港まで一本で来られて、出雲空港から出雲市駅までバスで行きました。飛行機はおよそ60分とちょっとかかりましたが、本来なら小松空港から伊丹空港より近いはずなのに時間がかかっていると金沢からお見えになった方に言われました。

恐らく自衛隊や米軍の空路の邪魔にならない経路で飛んでるので福岡~出雲間の時間が60分以上かかるのではないかという事です。確かに、山口県岩国市には米軍基地もありますし、そういった事情もあるのかもしれませんね。

島根旅行の話はここで終わりです。お付き合いありがとうございました。
上の宮・下の宮から出雲大社の門前町に戻ります。歩道は人一人しか歩けません。人がやって来たら、車が来ているのが分かる方の人が止まるか譲るしかないと思います。

車が来ている方向に背を向いている人が降りれば、後ろを振り返る事になりますから危険ですよね。それが守れない人とすれ違いになり、仕方なく車が見えない私が歩道を降りて道を譲りました。

そういえば、朝出雲大社行きの一緒のバスに乗っていた女性二人組がスタバに行きたいと言っていたのが聞こえました。私はスタバに旅先では寄りたくないなあと思いました。

スタバが長らく出店しなかった鳥取県の「すなば珈琲」が門前町にありましたが、喉が渇いていなかったので店に寄りませんでした。

190209-3-1.jpg

真央さん達が訪れた出雲ぜんざいの店に行きました。さっぱりした甘さで白玉もふわふわで美味しかったです。

190209-3-2.jpg

エスプレッソに慣れているせいか薄味のコーヒーはお茶っぽいですね。

190209-3-3.jpg

神在之里本舗の番茶スパークリング?うーん、ニダ国の幻のドリンク「メッコール」を髣髴とさせます。

190209-3-4.jpg

出雲ぜんざいをいただいたお店のポップですね。門前町には他にも出雲ぜんざいの何軒かありました。

190209-3-5.jpg

糖質過剰になるかもしれなけど、ご飯ならいいでしょうという事でモスバーガーのライスバーガー風の物をいただくことにしました。結構なお値段です。

190209-3-6.jpg
190209-3-7.jpg

ご縁横丁ですから、先ほどのぜんざい屋さんでは5円をいただきましたし、縁結び=おむすびって事でしょうかね。

正門前で帰りのバスの時刻を確認していたら、背の小さい関西訛りのおいさんから「このバス停から松江駅に行くにはどれに乗ったらいい?」聞かれ、私は「えぇぇぇーっ?松江駅!?」と驚いてしまいました。

そうすると、おじさんは「ま、間違った。出雲駅やった」と言い直しました。私は「出雲駅なら全部行きますよ」と答えました。

そしたら、おっさんは「それが行きは50分ぐらい時間がかかって」と言うのです。私が「そんなに時間かかりますか?」と言うと、おいさんは「それがかかったんや」と言います。

私は「島根ワイナリー行き以外なら何に乗ってもOK!」と言ってその場を去りました。おじさんは「おおきに!」と言いました。

190209-3-8.jpg
190209-3-9.jpg

竹内まりやの実家の高級旅館です。

【海外の反応】 パンドラの憂鬱
海外「日本人はどうなってるんだ…」 日本人女性の若々しさが異次元だと海外で話題に
公開日時:2019/01/27 23:00
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2951.html

竹内まりやさんはいつまでも若々しくて時が止まったかのように年を取らない方ですね。

190209-3-10.jpg

大国主命が助けたとされる「因幡の白兎」の伝説にまつわるモニュメントが多くありました。

190209-3-11.jpg

門前町にYOUはどこから出雲大社へ?というような物がありました。日本全国津々浦々は分かるのですが、

190209-3-12.jpg

北米

190209-3-13.jpg

南米

190209-3-14.jpg

ヨーロッパ

190209-3-15.jpg

東南アジア

190209-3-16.jpg

台湾

190209-3-17.jpg

オセアニア

190209-3-18.jpg

何とアフリカからも来られていました。
家に帰る日の朝、一番早くの便には間に合わなかったけれど、出雲市駅を8時発のバスに乗って出雲大社に行って来ました。

後ろの座席からシナー語が聞こえてきて、あらーシナーが来てると思っていました。大社前で皆降りる時に私に「お先にどうぞ」と言ってくれたんですね。台湾からの方だったんですよ。台湾からでしたら大歓迎ですわ♪

190209-2-1.jpg
190209-2-2.jpg
190209-2-3.jpg

大社に着いたのが8時半ぐらいですから、多くの職員の方が朝の清掃をしていました。これだけ広いからきれいにするのは大変ですよね。

島根県立古代出雲歴史博物館
https://www.izm.ed.jp/

隠岐の島の特別展が開催中だったので、時間があれば博物館に行きたかったのですが、稲佐の浜に行かなきゃならないのでやめておきました。

190209-2-4.jpg
190209-2-5.jpg

どれが本殿か分からなくなってきました。朝早く御祈願をされていましたよ。

190209-2-6.jpg

神饌料(しんせんりょう)の宮家は旧宮家の方々も収められていらっしゃるのですね。

190209-2-7.jpg

御神酒(おみき)の樽の中は本当に入ってるんですかね。空の樽だけなのでしょうかね。

190209-2-8.jpg
190209-2-9.jpg
190209-2-10.jpg

大社造で屋根は檜皮葺(ひわだぶき)で美しい建物ですね。今日本に宮大工の方はどのくらいいらっしゃるんでしょうね。

出雲大社は式年遷宮を近年されたようで、収入の多い神社は式年遷宮できるからいいけども、弱小貧乏神社は氏子から強制徴収しかないのに少子高齢化による過疎化で難しいでしょうね。

190209-2-11.jpg
190209-2-12.jpg
190209-2-13.jpg

大田市駅の観光案内所の午後担当のおばさんが出雲大社は後ろから回った方がいいよという意味が分かりました。後ろに須佐之男命(スサノオノミコト)が祀られているからなんですね。行って見ないと分からないものですねえ。

一旦大社を離れて稲佐の浜に向かいます。

190209-2-14.jpg
190209-2-15.jpg

結婚式場も兼ねている会館を通り抜けて海に向かいます。ここでGoogleマップがよく分からない動きをしてくれまして、島根ワイナリーの方向に案内してくれたんですよ(怒)

190209-2-16.jpg
190209-2-17.jpg

出雲の阿国の墓」とあると興味津々でしょう?一般の人の墓地でした。夜行ったら肝試しですよね。

阿国寺という標識があったのですが、時間がないので行きませんでした。

190209-2-18.jpg
190209-2-19.jpg
190209-2-20.jpg
190209-2-21.jpg

いざ稲佐の浜に着いたのですが、カップルが歩いていて、写真の視界に入ってくるので避けて撮るのが難儀でしたわ。こんな天気の日に砂浜を歩くんじゃありません!キリッ

190209-2-22.jpg

マンホールもお洒落ですよね。

190209-2-23.jpg
190209-2-24.jpg
190209-2-25.jpg

神無月に日本各地から神様が集まる社です。全国の八百萬の神様がやって来る割には小さな社ですよね。御神体は須佐之男命(スサノオノミコト)です。

190209-2-26.jpg
190209-2-27.jpg

すぐ近くに下の宮があります。こちらは天照大御神が祀られています。

たぶん、ここは昔は浅瀬だったのでしょうね。そして、出雲大社の間近まで海だったのだと思います。それがどんどん陸地に変わっていって、住宅が建っていったのでしょう。
飛行機の便の関係上、サンクスツアー島根公演は前泊しました。2018年12月14日(金)15日(土)は出雲市駅周辺の飲食店はどこも満席でした。サンクスツアーのおかげからなのか?出雲大社への参拝客が多いからなのか?元々、飲食店の収容人数(キャパシティ)が少ないのか?理由は定かではありませんが、どのお店もいっぱいで入れませんでした。

2018年12月16日(日)サンクスツアー2018の楽公演の後、結構雨が強く降っている中、金沢から来られた方に商店街の飲食店を教えていただいたのですが、日曜日からなのか?シャッターが閉まっていて開いているお店が少なく、その上満席でした。

やっとこさで泊っているホテルに近い海鮮居酒屋に入ることができました。カウンターに通されました。横には出張で来ているような雰囲気のビジネスマンの男性がお酒を飲んでいました。

190209-1-1.jpg

いちじくスカッシュ(ノンアルコールただのジュース)とイカの和え物の突き出し(突き出しは関西・お通しは関東)。店員さんが突き出しと言って出してくれました。福岡ではお通しと言いますね。

190209-1-2.jpg

ノドクロ(アカムツ)のお刺身。たった5切れで¥1,280也 ぉお(゚ロ゚屮)屮 運んで来られてびっくりしましたわ。高級魚とはいえ、こんだけですか?店員さんに量を尋ねなかった私が悪いんですが・・・

190209-1-3.jpg

島根牛?か分からない、牛肉の炙り何とかふんだらら。これは味付けが濃くて塩辛かったなあ。

190209-1-4.jpg

じゃこ梅お茶漬け。この他にも魚の味噌汁を頼みましたが、写真が上手に撮れなかったので公開しないでおきます。マグロの角切りがゴロゴロ入っていて美味しかったです。

お会計で若いお兄ちゃんから、「観光?出雲大社?」と聞かれ、私は「アイスショーです」と答えました。そしたら、「浅田真央の?」とお兄ちゃんが言うので、「はい、広島公演も行きました」と私は返答しました。

お兄ちゃんは「追っかけ!?すごい!」、続いて「良かったですか?」と聞くので、私は「すごく良かったですよ」と言いました。

余所者というか観光客に見えた?喪女が縁結びを求めて出雲大社へ来たと妄想されたんだろうなあとわざと丁寧に返事してやりました(笑)

私がこの店を出た時、お兄ちゃんが「さっきのお客さん、浅田真央のアイスショーで出雲に来たってー!!」と他の店員の若い女の子達に向かって言っているのが丸聞こえでした。

2018年12月19日(水)に大田市から出雲市に戻って来て、駅からホテルに向かって歩いていると、17日(月)に長浜神社に連れて行ってもらったスサノオ観光が走っていました。

もしかしたら、あの親切な運転手さんかなあと思いながら、18時前なので辺りがすっかり暗くなっていてあまりよく見えないけれども、私は運転席の方を見ました。

そうすると、運転手さんが私に気付いて手を振ってくれたんですよ!それで私も手を振り返しました。覚えていてくれて嬉しかったです。

ホテルに戻ってホテルのレストランで夕食を摂ることにしました。

190209-1-5.jpg

カシスオレンジのカクテルと鶏の煮しめの突き出し(こちらでも突き出しと言って出してくれました)です。

190209-1-6.jpg

何か5種類ぐらいの刺身の盛り合わせ。コチ、ホウボウ、あと覚えていません。16日(日)にノドクロの刺身が5切れ¥1,280だったことを食堂のおばさんに言ったら、「ノドクロはねえ、元々高い魚なのよ」と言っていました。この盛り合わせは¥780ぐらいでした。

190209-1-7.jpg

おまけでキスの唐揚げを出していただきました。ありがとうございます!!(人´ω`) ☆゚+.ァリガトゥ とても美味しかったです♪

190209-1-8.jpg

島根牛?か分からんけど、ステーキです。魚より肉の方が安いって自分が子供の頃考えられなかったですねえ。

私は朝食を食べない人なので、朝食付きでも安いプランなのですが、朝食なしのプランにしました。だけど、こちらの食事がとても美味しかったので、街のお店を散策するより、初めからこちらに来ておけば良かったと思いました。

また今度島根旅行の時はこちらのホテルを利用したいと思います。2月は島根大学医学部の受験生でホテルが満室らしいです。

スサノオ観光の運転手さんがおっしゃっていたのですが、カメムシの多く発生した年は雪が多く降るらしく、2018年はカメムシが異常発生したから、今年もどかっと雪が降るかもしれないということです。

確かに2018年はカメムシが私の部屋に侵入して来て格闘したんですよ。あのニオイ、本当に迷惑ですよね (>_< )イヤッ( >_<)イヤッ
190208-3-1.jpg
190208-3-2.jpg

らとちゃんとしまねっこがいますよ。

らとちゃん【公式】  @ohdanoratochan
https://twitter.com/ohdanoratochan

しまねっこの部屋(島根県観光キャラクター しまねっこ 公式)
https://www.kankou-shimane.com/shimanekko/

190208-3-3.jpg
190208-3-4.jpg
190208-3-5.jpg

石見銀山一色ですね。それでも地味な宣伝です。

観光案内所は冬季は9時半~15時迄の営業だそうです。それでも午前と午後で交代って特別公務員なんですかね。午前のおばさんは英語でアメリカから来た私が石見銀山の帰りに話をした夫婦に観光を案内していました。

石見銀山が世界遺産に登録されたおかげで月に10人ぐらい外国人(白人)がやって来るそうです。アジア系の人も来ているのかもしれないけれど、英語の案内しか基本的にないので観光案内所に来ないのかもしれません。

三瓶小豆原埋没林公園 - 公益財団法人しまね自然と環境財団
http://www.nature-sanbe.jp/azukihara/

午前の観光案内所んおばさんに縄文杉の生き埋めが三瓶山(さんべさん)にあるよと教わりました。三瓶山は死火山じゃなくて活火山になったのですよね。2018年4月の地震が福岡の私の所まで伝わったんですよ。

この埋没林はバスでは行けずレンタカーを借りて行かねばならないそうです。ペーパードライバーの私はやめておきます。

三瓶小豆原埋没林(概要編)

https://youtu.be/mI-DACXzHSU

大田市駅の隣に女性センターがありました。そこの喫茶店でブランチしたのですが、出雲市駅の隣にも女性センターがありました。あのー島根県の男性は日本一過労だということですし、統計では中国四国地方の男性は家事を手伝ってくれる地域なのですよ。一番DVが少ない県であるはずなのに、こんな無駄なハコモノ作るのやめて観光産業に特化した方がいいと思いますよ。

190208-3-6.jpg
190208-3-7.jpg

駅前は車に乗れないお年寄りが潰れたショッピングセンター代わりにお買い物に来るそうです。売店に野菜、お弁当、パンとおみやげ物が売ってあります。

車を運転できる人はイオンに行くそうです。そのイオンも無料送迎バスを週に何日か運行しているそうです。バスの本数も少ないので、お年寄りの中にはタクシーでイオンまで行くそうですよ。

特に地方の年寄りは買い物難民ですね。こういう人のために自動運転車が実用化されたらいいのにね。もちろん個人で所有するには運転免許がないといけないでしょうけど、のりあいバスが自動運転車にできたら時刻に関係なく運行できるでしょう。

190208-3-8.jpg
190208-3-9.jpg

石見神楽のカレンダーを買いました。後継者が続々と育っていて、売店で売っていた神楽の衣装をクリスマスプレゼントに親や祖父母が買って行かれるそうです。

石見神楽公式サイト
http://iwamikagura.jp/

石見神楽を見て帰りたかったのですが、今年の上演はもう終了していました。神楽が盛んな県は岩手、宮崎、そして島根だそうです。といっても、石見地方から山の方の広島(安芸)にかけてプロの神楽師が存在するので神楽が非常に盛んです。

石見弁は広島弁を柔らかくした感じで、方言もほぼ一緒です。何でなのかなあと思ったら、物部氏毛利氏の統治があったからなのでしょうね。

出雲族を見張るために大和朝廷が物部氏を送り込み、その後毛利氏の治政になり、広島から石見に人が移り込んだのでしょう。石見銀山が最盛期の頃は日本全国からやって来たのでしょうね。

190208-3-14.gif

尾道石見銀山街道
http://www.geocities.jp/saigokuh16f6/49iwami-ginzan.html

石見神楽を見ることができなかったので、今YouTubeで見ています。歌舞伎と文楽や狂言をまともに見たことがありませんが、石見神楽は実に面白いです。庶民のための伝統芸能だけありますね。

堀内治樹さんのYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/kiki09338/videos

190208-3-10.jpg

らとちゃんグッズと石見神楽カレンダーを買ったら、売店の店員さんがおまけにらとちゃんメモ帳をいただきました!!ヾ(*゚∀゚*)ノキャッキャッ♪本当にありがとうございます!!(o´∀`)b アリガチョ♪

190208-3-11.jpg
190208-3-12.jpg

隣の県の鳥取県境港市出身の「ゲゲゲの鬼太郎」作者である水木しげるにちなんで山陰ツアーもJRのプランとしてありますね。

190208-3-13.jpg

駅のホームも石見銀山でした。

売店の店員さんから教わったのですが、母の故郷の邑智郡川本町はテレビで放送されてえごま油で有名になっているとのことでした。大田市産のえごま油が売店に売っているけども、お客さんが「川本町のじゃなきゃ嫌!」と言うそうです。そんなに違いはないのにねえと店員さんはおっしゃっていました。

川本町産「えごま油」 - 山陰いいもの探県隊
https://sanin-tanken.jp/collection/川本町産「えごま油」

私のルーツに近い所に旅ができて、人の温かさに触れていい旅になりました。行って良かったです。
page back