飛行機の便の関係上、サンクスツアー島根公演は前泊しました。2018年12月14日(金)15日(土)は出雲市駅周辺の飲食店はどこも満席でした。サンクスツアーのおかげからなのか?出雲大社への参拝客が多いからなのか?元々、飲食店の収容人数(キャパシティ)が少ないのか?理由は定かではありませんが、どのお店もいっぱいで入れませんでした。

2018年12月16日(日)サンクスツアー2018の楽公演の後、結構雨が強く降っている中、金沢から来られた方に商店街の飲食店を教えていただいたのですが、日曜日からなのか?シャッターが閉まっていて開いているお店が少なく、その上満席でした。

やっとこさで泊っているホテルに近い海鮮居酒屋に入ることができました。カウンターに通されました。横には出張で来ているような雰囲気のビジネスマンの男性がお酒を飲んでいました。

190209-1-1.jpg

いちじくスカッシュ(ノンアルコールただのジュース)とイカの和え物の突き出し(突き出しは関西・お通しは関東)。店員さんが突き出しと言って出してくれました。福岡ではお通しと言いますね。

190209-1-2.jpg

ノドクロ(アカムツ)のお刺身。たった5切れで¥1,280也 ぉお(゚ロ゚屮)屮 運んで来られてびっくりしましたわ。高級魚とはいえ、こんだけですか?店員さんに量を尋ねなかった私が悪いんですが・・・

190209-1-3.jpg

島根牛?か分からない、牛肉の炙り何とかふんだらら。これは味付けが濃くて塩辛かったなあ。

190209-1-4.jpg

じゃこ梅お茶漬け。この他にも魚の味噌汁を頼みましたが、写真が上手に撮れなかったので公開しないでおきます。マグロの角切りがゴロゴロ入っていて美味しかったです。

お会計で若いお兄ちゃんから、「観光?出雲大社?」と聞かれ、私は「アイスショーです」と答えました。そしたら、「浅田真央の?」とお兄ちゃんが言うので、「はい、広島公演も行きました」と私は返答しました。

お兄ちゃんは「追っかけ!?すごい!」、続いて「良かったですか?」と聞くので、私は「すごく良かったですよ」と言いました。

余所者というか観光客に見えた?喪女が縁結びを求めて出雲大社へ来たと妄想されたんだろうなあとわざと丁寧に返事してやりました(笑)

私がこの店を出た時、お兄ちゃんが「さっきのお客さん、浅田真央のアイスショーで出雲に来たってー!!」と他の店員の若い女の子達に向かって言っているのが丸聞こえでした。

2018年12月19日(水)に大田市から出雲市に戻って来て、駅からホテルに向かって歩いていると、17日(月)に長浜神社に連れて行ってもらったスサノオ観光が走っていました。

もしかしたら、あの親切な運転手さんかなあと思いながら、18時前なので辺りがすっかり暗くなっていてあまりよく見えないけれども、私は運転席の方を見ました。

そうすると、運転手さんが私に気付いて手を振ってくれたんですよ!それで私も手を振り返しました。覚えていてくれて嬉しかったです。

ホテルに戻ってホテルのレストランで夕食を摂ることにしました。

190209-1-5.jpg

カシスオレンジのカクテルと鶏の煮しめの突き出し(こちらでも突き出しと言って出してくれました)です。

190209-1-6.jpg

何か5種類ぐらいの刺身の盛り合わせ。コチ、ホウボウ、あと覚えていません。16日(日)にノドクロの刺身が5切れ¥1,280だったことを食堂のおばさんに言ったら、「ノドクロはねえ、元々高い魚なのよ」と言っていました。この盛り合わせは¥780ぐらいでした。

190209-1-7.jpg

おまけでキスの唐揚げを出していただきました。ありがとうございます!!(人´ω`) ☆゚+.ァリガトゥ とても美味しかったです♪

190209-1-8.jpg

島根牛?か分からんけど、ステーキです。魚より肉の方が安いって自分が子供の頃考えられなかったですねえ。

私は朝食を食べない人なので、朝食付きでも安いプランなのですが、朝食なしのプランにしました。だけど、こちらの食事がとても美味しかったので、街のお店を散策するより、初めからこちらに来ておけば良かったと思いました。

また今度、島根旅行の時はこちらのホテルを利用したいと思います。2月は島根大学医学部の受験生でホテルが満室らしいです。

スサノオ観光バスの運転手さんがおっしゃっていたのですが、カメムシの多く発生した年は雪が多く降るらしく、2018年はカメムシが異常発生したから、今年もどかっと雪が降るかもしれないということです。

確かに2018年はカメムシが私の部屋に侵入して来て格闘したんですよ。あのニオイ、本当に迷惑ですよね (>_< )イヤッ( >_<)イヤッ
190208-3-1.jpg
190208-3-2.jpg

らとちゃんしまねっこがいますよ。

らとちゃん【公式】  @ohdanoratochan
https://twitter.com/ohdanoratochan

しまねっこの部屋(島根県観光キャラクター しまねっこ 公式)
https://www.kankou-shimane.com/shimanekko/

190208-3-3.jpg
190208-3-4.jpg
190208-3-5.jpg

石見銀山一色ですね。それでも地味な宣伝です。

観光案内所は冬季は9時半~15時迄の営業だそうです。それでも午前と午後で交代って特別公務員なんですかね。午前のおばさんはアメリカから来た、私が石見銀山の帰りに話をした夫婦に英語で観光を案内していました。

石見銀山が世界遺産に登録されたおかげで月に10人ぐらい外国人(白人)がやって来るそうです。アジア系の人も来ているのかもしれないけれど、英語の案内しか基本的にないので観光案内所に来ないのかもしれません。

三瓶小豆原埋没林公園 - 公益財団法人しまね自然と環境財団
http://www.nature-sanbe.jp/azukihara/

午前の観光案内所んおばさんに縄文杉の生き埋めが三瓶山(さんべさん)にあるよと教わりました。三瓶山は死火山じゃなくて活火山になったのですよね。2018年4月の地震が福岡の私の所まで伝わったんですよ。

この埋没林はバスでは行けず、レンタカーを借りて行かねばならないそうです。ペーパードライバーの私はやめておきます。

三瓶小豆原埋没林(概要編)

https://youtu.be/mI-DACXzHSU

大田市駅の隣に女性センターがありました。そこの喫茶店でブランチしたのですが、出雲市駅の隣にも女性センターがありました。あのー島根県の男性は日本一過労だということですし、統計では中国四国地方の男性は家事をよく手伝ってくれる地域なのですよ。一番DVが少ない県であるはずなのに、こんな無駄なハコモノ作るのやめて観光産業に特化した方がいいと思いますよ。

190208-3-6.jpg
190208-3-7.jpg

駅前は車に乗れないお年寄りが潰れたショッピングセンター代わりにお買い物に来るそうです。売店に野菜、お弁当にパンとおみやげ物が売ってあります。

車を運転できる人はイオンに行くそうです。そのイオンも無料送迎バスを週に何日か運行しているそうです。バスの本数も少ないので、お年寄りの中にはタクシーでイオンまで行くそうですよ。

特に地方の年寄りは買い物難民ですね。こういう人のために自動運転車が実用化されたらいいのにね。もちろん個人で所有するには運転免許がないといけないでしょうけど、のりあいバスが自動運転車にできたら時刻に関係なく運行できるでしょう。

190208-3-8.jpg
190208-3-9.jpg

石見神楽のカレンダーを買いました。後継者が続々と育っていて、売店で売っていた神楽の衣装をクリスマスプレゼントに親や祖父母が買って行かれるそうです。

石見神楽公式サイト
http://iwamikagura.jp/

石見神楽を見て帰りたかったのですが、今年の上演はもう終了していました。神楽が盛んな県は岩手、宮崎、そして島根だそうです。といっても、石見地方から山の方の広島(安芸)にかけてプロの神楽師が存在するので神楽が非常に盛んです。

石見弁は広島弁を柔らかくした感じで、方言もほぼ一緒です。何でなのかなあと思ったら、物部氏毛利氏の統治があったからなのでしょうね。

出雲族を見張るために大和朝廷が物部氏を送り込み、その後毛利氏の治政になり、広島から石見に人が移り込んだのでしょう。そして、石見銀山が最盛期の頃は日本全国からやって来たのでしょうね。

190208-3-14.gif

尾道石見銀山街道
http://www.geocities.jp/saigokuh16f6/49iwami-ginzan.html

石見神楽を見ることができなかったので、今YouTubeで見ています。歌舞伎と文楽や狂言をまともに見たことがありませんが、石見神楽は実に面白いです。庶民のための伝統芸能だけありますね。

堀内治樹さんのYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/kiki09338/videos

190208-3-10.jpg

らとちゃんグッズと石見神楽カレンダーを買ったら、売店の店員さんがおまけにらとちゃんメモ帳をいただきました!!ヾ(*゚∀゚*)ノキャッキャッ♪本当にありがとうございます!!(o´∀`)b アリガチョ♪

190208-3-11.jpg
190208-3-12.jpg

隣の県の鳥取県境港市出身の「ゲゲゲの鬼太郎」作者である水木しげるにちなんで山陰ツアーもJRのプランとしてありますね。

190208-3-13.jpg

駅のホームも石見銀山でした。

売店の店員さんから教わったのですが、母の故郷の邑智郡川本町はテレビで放送されてえごま油で有名になっているとのことでした。大田市産のえごま油が売店に売っているけども、お客さんが「川本町のじゃなきゃ嫌!」と言うそうです。そんなに違いはないのにねえと店員さんはおっしゃっていました。

川本町産「えごま油」 - 山陰いいもの探県隊
https://sanin-tanken.jp/collection/川本町産「えごま油」

私のルーツに近い所に旅ができて、人の温かさに触れていい旅になりました。行って良かったです。
物部神社の帰りのバスは時刻通り、行きに物部神社まで乗せて行ってくれた運転手さんでした。

大田市駅に戻り、観光案内所に行きます。ソファに男性が腰掛けていました。「今、席を外しています。すぐ戻って来ます」と教えてくれました。

観光案内所のおばさんが戻って来ました。午前のおばさんが午後のおばさんに引き継ぎしてくれていました。

その男性に観光案内所のおばさんが、「石見銀山なら(私を)乗せて行ってやったらいいのに!」と言ってくれて、私は「いやいや、申し訳ないので、いいですよー」と内心思いながら、そのおっさんが「ちょっと寄る所があるから」と言って去っていきました。

それで、午後担当のおばさんと私が今行って来た物部神社の話や私の母親の故郷がすぐ近くだとか、出雲の長浜神社や松江の八重垣神社と神魂神社に行った話をしました。

長浜神社は午前のおばさんも地元人でもなかなか行けないと言っていました。どうやって行ったか逆に私に聞いていました。午後のおばさんも「長浜神社に行くなんてマニアだね!」とおっしゃっていました(笑)

出雲大社の参拝の仕方を教えていただきました。本殿は後ろの須佐之男命(スサノオノミコト)の方を向いて横向きにご神体を祀っているので、後ろから回って行くといいよと教わりました。

バスに乗って14時半ぐらいのバスに乗って石見銀山の代官所前に向かいました。

190208-2-1.jpg

五百羅漢の前です。高校生の時に伯父さんに連れて行ってもらったので、今回はパスします。拝観料¥500也ちゃりーん (゚Д゚)ノ⌒⑩

190208-2-2.jpg
190208-2-3.jpg
190208-2-4.jpg

ここで道に迷って10分ぐらいロスしました。もったいない事をしました。「時は金なり」ですわ。

190208-2-5.jpg
190208-2-6.jpg
190208-2-7.jpg

ここは歴史保存地区なので、家を建て直す場合は昔の建て方にしないといけないそうです。

190208-2-8.jpg

観世音寺です。

190208-2-9.jpg

石州瓦が美しいですね。焼成温度が1200℃以上と高いため凍害に強いので、日本海側の豪雪地帯や北海道などの寒冷地方でシェアが高く、現在は年間約2億枚が生産されているそうです。出雲地方では黒の石州瓦でした。

190208-2-10.jpg
190208-2-11.jpg
190208-2-12.jpg

勝源寺です。古刹ですね。

190208-2-13.jpg
190208-2-14.jpg
190208-2-15.jpg
190208-2-16.jpg

城上神社(きがみじんじゃ)を訪れたくて石見銀山に来ました。この龍の絵の下で柏手を打つと音が反響して龍の泣き声が聞こえるそうですが、私には聞こえませんでした。(← ただ下手糞なだけw)

190208-2-17.jpg
190208-2-18.jpg
190208-2-19.jpg
190208-2-20.jpg

バスの待合所のです。大田市のゆるキャラらとちゃんです。

らとちゃん【公式】  @ohdanoratochan
https://twitter.com/ohdanoratochan

大田市駅の売店でらとちゃんグッズを買っちゃいました!

帰りのバスでは、大田市駅で一緒に降りた私の身長(159cm)より背の低いホビットのような白人の夫婦がいました。帰りのバスで一緒になり、ブロークンイングリッシュで会話してみました。その夫婦は日本語を勉強しているので、全く日本語の分からない人より会話が通じます。

ご主人曰く、神社とお寺が好きで日本に来られたそうです。東京4日・福岡4日・島根4日の計12日間の旅で、羽田に降りて太宰府天満宮にも行ったそうです。私は福岡から来たと言ったんですよ。

サンフランシスコから来ていて、大田市と同じ気温だねと言ってました。そして、その後奥さんの90歳のお母さんに会いにニューヨークに行くそうです。クリスマスが近いから休暇ですね。この日は玉造温泉に泊まるのだそうです。

バスを降りる時、奥さんが「お先にどうぞ。両替します」とおっしゃいました。私もなので、お先にどうぞと先にご夫婦に降りていただいて、最後に私が降りる時、40代後半から50代初めぐらいのバスの運転手さんが「さっき英語で話してたでしょ?」と言われました。

私は「いえいえ、あの人達日本語が話せるんですよ。なので話すことができました」と言いました。世界遺産に登録されたので、簡単な英語は話せた方がいいかもしれませんね。

私も英単語をド忘れしていて口に出て来なかったり、発音を間違ったりしていて通じなかったので、NHKのラジオ英会話を聞くようになりました。といっても、ながら聞きなので、英作文ができません。本格的に勉強し直さないとなあ。
島根旅行3日目・2018年12月19日(水)は母の故郷である石見地方に行って来ました。物部神社に行くことにしました。

Googleで調べたバスの時刻は観光案内の午前担当のおばさん曰く、「そんなもんないよ♪」という事でした。教えていただいた時刻は全路線の大田市駅発の時刻をまとめた物だそうです。

もし物部神社から早く戻って来れて時間があれば、石見銀山の武官所から見て大田市に戻り、出雲市に帰るということにしたら?と観光案内のおばさんにプランを提案していただきました。

石見国一宮 物部神社
https://www.mononobe-jinja.jp/

恥ずかしながら一宮って何?状態だった私。大田市の観光案内の午後担当のおばさんに、「その地域で一番格の高い神社の事」と教えていただきました ヾ(´▽`*)ゞ ポリポリ

午前担当の観光案内所のおばさんとおしゃべりして時間が余ったので、朝食を摂るために隣の喫茶店に行くことにしました。ローソンが800m先にあるとのこと・・・駅前にあった「パル」というショッピングセンターは地権者が揉めて3年前に閉店したそうです。

閉店から3年経ってるのに何か新しい店が建つ気配がないとのことです。何と20年前におばあちゃんと一緒に行った店が潰れたのかあ・・・どんどん寂れて行く石見地方。

駅前からバスに乗ったのは私一人のみ。途中のバス停でお年寄りが乗って来ます。「物部神社の最寄りバス停が二つあってどちらに停まるか運転手さんに聞いて下さい♪」と観光案内のおばさんに言われました。

なので、私はバスの運転手さん「このバスは物部神社前で停まりますか?」と尋ねたら、運転手さんが「停まります」と答えて、私は続いて「13時10分の大田市駅のバスはここの線を通りますか?」と聞くと、運転手さんは「通るか把握してないけど、わしが当番だから必ず拾って行ってやる」とおっしゃって下さいました。出雲市のスサノオ観光のバスの運転手さんと同じく親切です。

190208-1-1.jpg
190208-1-2.jpg

神社の前になーんにも店がありません。門前町がないのですね。寂しいですね。

190208-1-3.jpg

出雲地方の神社とだいぶ趣が異なりますね。

190208-1-4.jpg
190208-1-5.jpg
190208-1-6.jpg

御手水の仕方が説明してありました。こちらは昔ながらの物で自動ではないのですね。

190208-1-7.jpg
190208-1-8.jpg
190208-1-9.jpg
190208-1-10.jpg
190208-1-11.jpg
190208-1-12.jpg

物部神社|出世祈願|願い・ご利益別パワースポット|縁結びパワースポット
http://www.izumo-shinwa.com/spot_dtl_mononobe.html

「主祭神、宇摩志麻遅命(ウマシマヂノミコト)は歴史の中でも有名な物部氏の祖先の神様」だそうです。

最初、物部神社の存在を島根の神社を検索していて知った時、「歴史の教科書で出て来るあの物部氏?へぇー!」とびっくりしました。ちなみに私は高校は世界史を選択したので、中学までの日本史しか知りません。大人になって勉強し直しています。

190208-1-13.jpg

今日は年末の厄除け大祭があるのでしょうかね?本坪鈴と鈴緒が鳴らせないようになっていました。

190208-1-14.jpg
190208-1-15.jpg

そんなに見る所もないので全部写真を撮り終わって、授与所でお守りを買おうといくら声を掛けても返事がありません。仕方がないので社務所に行きました。そしたら、神主さんが出て来ました。

私が「出雲の神社は鈴がないけど、石見は鈴がありますよね?」と尋ねたら、神主さんはきょとんとしていました。私が「出雲と石見じゃ様式が違って、石見は広島に近いんですね?」と言って社務所を去りました。

Yahoo!知恵袋
島根県は出雲地方と石見地方に2分されてて仲が悪い
質問日時:2009/6/2101:55:43
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1327469698

ベストアンサーに選ばれた回答

回答日時:2009/6/2123:25:07

歴史的に見ても出雲と石見は別々の国であり、出雲国と石見国でした。
大和朝廷が出来たとき、この出雲族を見張るために石見国には物部氏が入ってきました。

国府物語
http://komatsu0513.heteml.jp/index.html

出雲族は日本神話などでもわかるように、大きな勢力を大和朝廷に譲ったとされてますが、脅威ではあったということでしょう。

回答日時:2009/6/2116:14:15

出雲弁と石見弁は全然違います。石見弁は広島弁を柔らかくしたような言葉で、地理的にみても違和感はないのですが、出雲弁はなぜか東北弁に似ています。中国地方の中で、ここだけ全く言葉が違うのです。松本清張の小説のネタにもなっていましたね。

横に長い県で交通も不便なので、そんなに交流もないようです。県庁が出雲のさらに東端にあるため、出雲にばかり金が使われ、石見人が不公平感を感じているのかもしれません。

なるほどー!謎が解けました。長浜神社に行った時、国引き神話で大国主の尊のお祖父さん(八束水臣津野命)が百済を引っ張って、出雲国と石見国と別れたとありました。

奈良の物部氏が出雲国を監視するために、大和朝廷からやって来たのですね。石見は毛利家の支配下ですが、石見国は安芸国からやって来た人達となると、出雲国に比べると新しい種族になりますね。

出雲・因幡・伯耆だけ中国地方で方言が違うんですよね。京都に近いのにズーズー弁とは不思議ですね。

今から約四半世紀前に出雲におばあちゃんの見舞いに行った際、島根医科大から旅館に戻るのにバスがなくて困っていたら、ご主人が入院中という奥さんが駅まで送って下さったんですよ。その奥さんが「~だにゃあ」と言うので、名古屋(尾張)の人と対談してもらいたいなあと思いました。「にゃあ」と「みゃあ」でぬこ語会話で可愛いと思いませんか?

物部神社の神主さん(あるいはただの神職?)といい、泊まった出雲市のホテルのフロントの父娘といい、2018年4月の大田市の地震の際にインタビューに応じていたおじさんといいたまたまなのでしょうか?島根県の人がお目々パッチリで縄文人のような顔立ちの人でした。

観光案内のおばさんにお昼ご飯を摂る場所を聞いたら、物部神社から500m離れた所に旅館があって、よく観光案内のおばさんも会合や宴会なんかで使うお料理の美味しいお店だそうです。お昼だけ摂れるか聞いて下さいと教えていただきました。

190208-1-16.jpg
190208-1-17.jpg

駅前の喫茶店で軽く食事したし、駅の売店で水曜日はお弁当がお休みでパンが売ってありましたが、私はパンを食べるとお腹が張るのでパンを買わずに、かまぼこと店員さん御推奨のプリンを買って、物部神社のベンチでお昼を過ごしました。

190208-1-18.jpg

広い敷地ですが、何もなくて寂しい神社です。

190208-1-19.jpg

厄除け大祭用の荼毘に使う木材ですね。

190208-1-20.jpg

灯籠に「支那事変皇運武運 一周年紀念 長久祈願」と書かれていますね。

190208-1-21.jpg

格式が高いけれど、寂しい鄙びた神社でした。12月の寒空でお昼はちょっと身体が冷えますね。さすがに石見国の一宮なので、ちらほら参拝客がいらっしゃいました。何より、こちらの神社は出雲と違って明るい雰囲気でした。
神魂神社から八雲立つ風土記の丘に行くために誰もいない所をGoogleマップを頼りに歩きます。すぐ傍なのに道がないのです。

八雲立つ風土記の丘
https://www.yakumotatu-fudokinooka.jp/

かんべの里という所の裏に八雲立つ風土記の丘があるので、とりあえずかんべの里を目指します。

島根県松江市 出雲かんべの里ホームページ 民話館・工芸館・自然の森
http://kanbenosato.com/

190207-3-1.jpg
190207-3-2.jpg
190207-3-3.jpg

定休日の下げ札が見えます。「かんべの里」がお休みというだけで「八雲立つ風土記の丘」は開いてると思ったんですね。ベビーカーを奥さんが押して旦那さんと親子3人連れを見掛けました。たぶん、「八雲立つ風土記の丘」は開いているのだろうと甘く考えていました。

福岡は公共施設の休館日は祝日の場合はその翌日ですが、たいていが月曜日なんです。島根県だけなのか?中国地方全体なのか分かりませんが、こちらは火曜日が公共施設のお休みなんですね。よく調べていない私が悪いんですが・・・(・ω・;A) アセアセ

190207-3-4.jpg
190207-3-5.jpg
190207-3-6.jpg
190207-3-7.jpg
190207-3-8.jpg
190207-3-9.jpg

写真を撮り忘れましたが、「近道」と表示してあったので、「八雲立つ風土記の丘」への近道と思って、この誰もいない道に入って行ってしまいました (((*>д<*))) ヤーン;;

絶対に道は繋がっていないし、休館日で誰もいないのに怪我でもしたら誰も助けに来てくれないので下に降りることにしました。早く気付けよってね ヾ(^o^; ) オイオイ

寒くてトイレに行きたくなったのですが、かんべの里周辺はどこも開いてません。すぐ近くまで来ているので、八雲立つ風土記の丘をGoogleマップで調べていて、車で行く順路に指が当たってしまいカーナビのように読み上げた音が聞こえて来ました。「本日は休館日です

工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工

○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_

エェ━━━━━( ゚Å゚;)━━━━━!!?


190207-3-12.jpg
190207-3-13.jpg
190207-3-10.jpg

普段ウォーキングをしているけれども、この数日あまりに歩き過ぎていたのでふくらはぎがパンパンになりました。もう歩きたくないので「かんべの里」からバスに乗ろうとバス停前に行き時刻表を見ると、ななななーんと土日のみ運行でした ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

なので、先ほど私が神魂神社に行く際、八重垣神社の方向にメガネの真面目そうな男性が歩いていたんですね。あの時、声をかけて道を聞いておけば良かったと後悔しました (;´д`)トホホ…

190207-3-11.jpg

神魂神社に戻って来ました。

190207-3-14.jpg

また元の道を戻り八重垣神社に向かいます。誰も通っていない寂しい道です。土日は車で参拝客や来館者がいると思うのですが、平日はなかなかいませんよね。

八重垣神社からバスに乗りイオン松江ショッピングセンターに行きました。お昼ご飯を食べた後、5分¥100のマッサージチェアに座って30分過ごしました。

ラフィネでマッサージして貰おうかと思いましたが、一度も利用した事がないし高いので、家に戻ってからいつも行ってる所に行くまでの我慢です。

松江駅にイオン松江からバスで戻ろうとバスのりばに行きました。年配の男性がやって来て、「米子行きのバスはもう行ってしまいましたか?」と地元の方に聞いていました。「もう行きましたよ」と聞かれた人が答えたら、男性は頭を抱えながら、「あちゃー行ってしまったのかぁー」と非常に残念そうでした。JRで帰るしかないですね。

しばらくすると皆がどっと乗り込むバスがあったので、乗る前の女性に私は「このバスは松江駅に行きますか?」と尋ねました。その女性は「このバスは行きませんよ」と言われました。

うーん、どうすりゃいいの?!と思い、完全に信用していないGoogleマップで調べると、松江駅までたったの400mです。なーんだ歩けるじゃん♪とGoogle先生を頼りに歩きます。

イオン松江の前にNTT島根支店があります。NTTの前を歩いて行くと、「???何か方向違くね?」と気付き、「あっ横の道を通るのね」と私は地図の読めない女でございました m9(^Д^)プギャー

駅に向かって歩いていると、昨日一畑電鉄の一畑口駅から見た外国人のお母さんが一人で歩いていました。今日は娘がいないけれど、あの体型と髪型に髪の色は絶対にあのお母さんだと思いましたが、近付いて声をかける勇気は私にはありませんでした。人違いだと恥ずかしいし、奇遇とはいえ二日連続会うなんてストーカーと思われかねないですしね (´ー`A;) フキフキ

松江駅に着いて、松江駅で遊んでいこうかと思いました。そしたら、こちらにもラフィネがあり、新規オープンで値引きしてくれるらしいのでお店の人に聞いてみると、1時間待ちと言われました。

190207-3-15.jpg

仕方ないので何かして行こうかなあと思ったのですが疲れたので、ホテルに戻って食事をしようと思い、電車に乗って出雲市駅に戻りました。

出雲市駅に着いて今日はホテルのレストランで食事をしようと出雲市駅の構内で何か買って帰ろうかなあと一畑百貨店出雲店に行こうとしました。20年以上前に祖母が島根医科大(現島根大医学部)に入院したので、出雲市に見舞いに行ったんですね。

当時の一畑百貨店は小さいデパートだけど5階建てぐらいだったかな?ぐらいあって、最上階は食事処もあったんですね。それが今回行ってみてホテルに変わってしまっていました。

当時は出雲市もコンビニがほとんどなかったですねえ。知らない地元の店しかありませんでしたね。セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートがありませんでした。

で、一畑百貨店に行こうとするけど、どこにも見当たらないのです。あれー?!と迷っていたら、ありました。ホテルの両端に・・・これじゃあ、ちょっと分からないですよねえ。

イオンモール出雲が出来てしまったからもあるし、たぶん地元人は通勤に車に乗っちゃうと電車は利用しないですね。電車に乗るのは高校生とお年寄りぐらいですかね。あと、観光客しか利用客がいないのでしょう。

一畑百貨店は本当に一坪ショップなので、2019年2月末に閉店ということです。「ああやっぱりね」と思いました。日参している山陰柴犬のブログが「中国|地域情報」ブログランキングに参加していて、それで知ったブログです。

うんせきブログ
キグナス雲南石油さんのブログ
一畑百貨店 出雲店 まもなく閉店
公開日時:2019年1月12日 07:00
http://unseki.co.jp/blog/archives/2019/01/12070049.php
page back