キララ富士山工場のオープニングセレモニー出席

サンスポ
真央さんの夢は「幸せな家庭を作ること」 小学生の質問に答える/フィギュア
配信日時:2017.4.25 14:59
http://www.sanspo.com/sports/news/20170425/fgr17042514590001-n1.html

170425-1-2.jpg
スポンサーの工場オープニングセレモニーで、小学生たちと源泉の水を飲む浅田真央さん(中央)=山梨県山中湖村

 10日に引退を発表したフィギュアスケートの浅田真央さん(26)が25日、新スポンサー・キララの富士山工場(山梨・山中湖村)のオープニングセレモニーに出席。テープカットや植樹を行い、地元の小学生たちと触れ合った。セレモニーには村立山中小学校の4年生35人も出席。ブランドパートナーの真央さんは、小学生たちにスマートサーバーのパネルをプレゼントした。

 その後、3人の児童の質問に答えた。最初はスケートをやっているという女の子からで、「どうしたらスケートがうまくなりますか」。真央さんは「毎日、できるだけたくさん氷に乗って滑ることだと思います。頑張ってください」と実直な性格を表す答えで励ました。

 ハマッていることという質問には「体のことを考えて酵素を飲むようにしています。キララの水で作ってみたいですね」と返答。「夢は何ですか」という男の子からの質問には「幸せな家庭を作ることです」と答えた。

 前日、キララ本社でのイベントで、理想の男性について「優しくておもしろい方」と答えた真央さん。12日の引退会見では結婚の予定について「ない」と答えており、相手の登場を待って、幸せな家庭を作りたいという気持ちを表した。

 その後、テープカットを行い、敷地内で小学生たちと桜の木の植樹も行った。桜は、低いところに花を付ける富士桜という種類。「キララ」ブランドを運営するMTGの松下剛社長(46)は「事前にお申し込みいただければ工場見学は可能ですし、桜を見てもらうこともできます」とし、“真央桜”と名付けて名所にする考えを示した。

170425-1-3.jpg
スポンサーの工場オープニングセレモニーで、記念植樹をした小学生とハイタッチする浅田真央さん=山梨県山中湖村

170425-1-4.jpg
ミネラルたっぷりでお肌にも良いと聞き、源泉の水をほほにつける浅田真央さん(中央)=山梨県山中湖村

170425-1-5.jpg
スポンサーの工場オープニングセレモニーで、地元の小学生と記念植樹をする浅田真央さん(中央)=山梨県山中湖村

170425-1-6.jpg
スポンサーの工場オープニングセレモニーで、地元の小学生の質問に答える浅田真央さん=山梨県山中湖村

170425-1-7.jpg
スポンサーの工場オープニングセレモニーでテープカットする浅田真央さん(中央)=山梨県山中湖村

170425-1-8.jpg
スポンサーの工場オープニングセレモニーで、地元の小学生と触れ合う浅田真央さん(中央)=山梨県山中湖村

170425-1-9.jpg
170425-1-15.jpg
170425-1-10.jpg170425-1-11.jpg
170425-1-14.jpg

プロ転向後、早速イベント続きで忙しいですね。MTGのkiraraは真央さんと3年前からプロジェクトを進めてきたんですってね。現役でいようとプロになろうと、CM数が変わらなかったという真央さん。

東スポWeb
引退しても衰えない真央の「商品価値」
配信日時:2017年04月25日 16時30分
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/678384/

170425-1-1.jpg

 現役を引退したフィギュアスケート元世界女王の浅田真央(26)が24日、名古屋市内でウオーターサーバーの新ブランド「Kirala」の発表会見に出席した。引退表明後の初仕事。約100社の報道陣を前に「(出身地の)名古屋という地で再スタートができてうれしく思います」と晴れやかな表情を浮かべた。

 CMは25日から東海地区で放送予定。撮影は昨夏とあって、その時点では現役だった。まさかの引退は契約企業としては想定外のはずだが、新ブランドを立ち上げた株式会社MTGの松本剛社長は「浅田選手とは3年前からプロジェクトを進めてきた。現役でも、引退しても応援し続けるという思いは変わらない」。今後も変わらぬ支援を約束した。

 現役時代からCM出演やイメージキャラクターを務めている9社も契約を継続。通常アスリートが現役を退けば、露出が減少し、CMタレントとしての“商品価値”も下落するもの。しかし、国民的ヒロインと呼ばれる浅田に限っては心配は無用。すでに各方面からラブコールを受けているように、その人気に一切の陰りは見えない。

 放っておかないのは企業だけではない。愛知県の大村秀章知事(57)はこの日の定例会見で県民栄誉賞を創設し、第1号を浅田に贈ると発表。浅田は「名誉ある賞をいただけることは光栄だと思っています」とコメントした。

 今後については多くを語らなかったが「スケートに恩返しができればいい。子供が大好きなので小さい子に教えてみたいなと思います」。今夏にはプロスケーターとしてアイスショーの出演も決まっており、各方面で活動の場を広げていきそうだ。

170425-1-16.jpg
170425-1-17.jpg
170425-1-12.jpg
170425-1-13.jpg

真央さんは子供が好きなのが伝わる画像。もし、スケーターじゃなかったら、教育関係の仕事が似合いそう。食べるのが好きと言ってるので、ケーキ屋さんやカフェをやりたいとのことだけど、そこでも子供連れのお客さんがやって来るでしょう。とにかく、真央さんは子供と関わる仕事が似合うね。

これから、子供向けのスケート教室を開くことがあればと言っていた真央さん。大人向けの教室も開いて下さいね♪
関連記事
スポンサーサイト
page back