浅田真央さん、引退会見全文①

時事ドットコム
浅田真央引退会見
2017年4月12日(水)11時30分~ 東京・港区のホテル
http://www.jiji.com/jc/v4?id=201704asada0001

 感謝の気持ち伝えたい

 フィギュアスケート女子の2010年バンクーバー五輪銀メダリストで、自身のブログで現役引退を表明した浅田真央が東京都内で記者会見を開き、「私、浅田真央は選手生活を終える決断をいたしました」と述べた。引退理由について「(昨年12月の)全日本(選手権)が終わって、もういいんじゃないかなと思った」となどと説明した。主なやりとりは以下の通り。

170413-1-1.jpg
引退発表の記者会見をするフィギュアスケート女子の浅田真央=2017年4月12日、東京都内のホテル【時事通信社】

 《冒頭発言》
 みなさん、こんにちは、浅田真央です。本日はお忙しい中、このような場にお集まりいただき、本当にありがとうございます。2日前にホームページで発表しましたが、また改めてご報告いたします。私、浅田真央は選手生活を終える決断をいたしました。長い選手生活だったんですけど、たくさん山がありました。でも、そのたくさんの山を乗り越えられたのも、支えてくださった方々やたくさんのファン方々の応援があったからだと思っています。きょうは感謝の気持ちをみなさんにお伝えできればと思い、このような場を設けさせていただきました。本日はよろしくお願いいたします。

《質疑応答》
 ―2日前、ブログで引退を発表して、改めて今の心境は。

 まず、きょうこの場に入ってきた時にこれだけのたくさんの方がいらしてくださっていたので、ちょっとびっくりしたんですけど、今はちょっと落ち着いています。

 ―いろんな人から言葉を掛けられたと思うが、印象に残ったものは。

 発表してからは本当にたくさんの方が連絡をくださったんですけど、みなさん、「お疲れさま」という言葉を掛けてくださったので、私自身も選手生活を終わるんだなという気持ちになりました。

 ―親しい人への報告はどのような形だったか。

 少し前ですけど、家族だったり友達に報告しました。

 ―印象に残る言葉は。

 みんな、「お疲れさま」「よく頑張ったね」って言ってくれました。

 復帰後の挑戦、悔いはない

170413-1-2.jpg
引退発表の記者会見をするフィギュアスケート女子の浅田真央=2017年4月12日、東京都内のホテル【時事通信社】

 ―どのくらいの時期から引退を考えたのか。

 復帰してからいい形でスタートできたんですけど、そこから練習をするにつれて、試合に出るにつれて、今のスケート界の時代はすごいので、私自身もついていけるのかなという思いが強くなったり、あとは気持ちだったり、体の部分で復帰前よりも少しつらいことの方が多くなりました。なんとか1シーズンは乗り切れたんですけど、2シーズン目からはなんとかなんとか頑張ろうという思いだけでやってきました。でも、最後の全日本選手権で、「もういいんじゃないかな」と思いました。

 ―全日本の後、どんな思いがあったのか。

 やはり、自分が復帰してからずっと掲げてきた平昌五輪に出るという目標があったので、自分で言ってしまったこと、自分が目標をやり遂げなきゃいけないと思っていたので、言ってしまったこととの葛藤はずっとありました。

 ―全日本がきっかけということだが、いつごろ決心したのか。

 全日本が終わってすべて結果が出た時に「ああもう終わったんだな」というふうには思いました。でも、日がたつにつれて、自分が言ってしまったことは今まで最後までやり通してきたので、やらなきゃいけないんじゃないかなという思いの方が強くて、ここまで延びてしまいました。

 ―平昌五輪への思いを上回るぐらいの達成感があったということか。

 ソチ五輪が終わってから、最高の形で終えることができたんですけど、自分の体もまだまだできますし、自分の気持ちとしてもまだまだやれるっていう思いがあったので復帰しました。実際挑戦してみて、もう気持ちも体も自分の気力も全部出し切ったので、今は挑戦して何も悔いはないです。

 つらいと思ったことない

 ―最後の大会となった全日本でトリプルアクセルに挑んだ気持ちは。

 最後になるのかなという気持ちはソチ五輪の(後の)世界選手権ほどでなかったですけど、最後、トリプルアクセルに挑戦して終えれたことは自分らしかったかなとは思います。

170413-1-3.jpg
フィギュアスケート全日本選手権・女子フリーの演技をする浅田真央=2016年12月25日、大阪・東和薬品RACTABドーム【時事通信社】

 ―初めてスケート靴を履いた時のことは。

 私は覚えてないんですけど、5歳だったので。でもヘルメットをかぶって、スキーウエアを着て、肘当て、膝当てをしているのは写真に残っているので、覚えています。

 ―スケートをやってきて一番楽しかったことは。

 小っちゃい頃に、技ができるようになった時というのは本当に楽しい気持ちで、じゃあ次2回転飛びたい、3回転飛びたいという思いがすごく楽しかったですね。

 ―反対につらかった部分はどう受け止めているか。

 つらかったことはそんなになくて。この道を選んだきたのも自分ですし、自分がやりたいと思って望んでやってきた道なので、つらいと思ったことはありません。

 ―銀メダルだったバンクーバー五輪の思い出は。

 19歳だったんですけど、すごく若くて、本当に気が強くて、その強い気持ちだけで乗り越えてきたなっていう感じがします。

 ―ソチ五輪を振り返ると。

 ソチ五輪はやはりショートが残念な結果だったので、気持ち的にはすごくつらい試合ではあったんですけど、フリーでああいう形で最高の演技で終えることができて、あの気持ちの状態から、バンクーバーからソチの4年間の思いをすべてその4分間に注ぎ込めたと思っています。

 ―自身にとって2度の五輪の経験は。

 私の今後の人生においても、すごくいい経験だったり、いい思い出だったのかなと思います。

最も印象に残っているのはソチのフリー

 ―3回の世界選手権優勝は日本人最多。印象に残っていることは。

 2回世界選で金メダルを取った時はすべて五輪の後の世界選だったので、五輪の悔しさを世界選で晴らせた大会だったかなとは思うんですけど。最後の世界選が、一応自分の気持ちの中では最後と思って臨んだ試合だったので、今までのスケート人生をすべてそのプログラムにぶつけた試合だったので、最後の世界選が一番思い入れは強い試合でした。

 ―現役を振り返って、最も印象に残っている演技を一つ選べと言われたら。

 うーん、難しいですね。一つというのは難しくて、でもやっぱりソチのフリーかなというふうに思います。

170413-1-4.jpg
ソチ五輪・フィギュアスケート女子フリーの演技を終え、感極まる浅田真央=2014年2月20日、ロシア・ソチ【時事通信社】

 ―やはり、あの時間に込めた思いは大きかったか。

 そうですね。やはり気持ちがすごい、今までの試合以上に落ち込んでたり辛かったりした部分もあったんですけど、それでもあれだけの挽回の演技ができたことに関して、そして五輪だったということが一番よかったのかなあとは思います。

 ―2人のコーチに対しての思いは。

 (山田)満知子先生は小さい頃に指導を受けていたんですけど、スケートの楽しさだったり挑戦する楽しさを教えてくれました。スケートだけではなく、いろんなことを教えてくれた先生です。
 佐藤(信夫)コーチは大人になってから指導を受けたんですけど、自分の意思もすごく強い方というか、強いので、先生といろいろ話し合いする機会も多かったんですけど、自分の意見もしっかり聞いてくださって、それを静かに見守っていってくれてた先生でした。

 ―復帰後の2年間の意味は。

 ソチ五輪のシーズンで世界選を終えて、自分が選手を終えていたら、今も「まだできたんじゃないかな」というふうに思っていたと思います。でも、自分が望んで復帰をして、チャレンジをして出した結果なので、今は何もやり残したことはないので、そういった意味で、もう一度チャレンジすることができてよかったなと思っています。

フィギュアは「人生」

170413-1-5.jpg
フィギュアスケート世界選手権で金メダルを獲得し、表彰台で花束を手に喜ぶ浅田真央=2008年3月20日、スウェーデン・イエーテボリ【AFP=時事】

 ―今後どんな仕事をしていきたいか。

 まず本当にもうすぐ、夏にあるのがザ・アイスで、そこでまた選手生活を終えて初めて皆さんの前で滑れるので、いい演技を目指して頑張りたいなと思っています。

―フィギュアスケートにどう携わりたい?

 5歳からスケートを始めて今までスケートにお世話になりました。これからどんな形であってもフィギュアスケートに恩返しできるような活動はしていきたいなと思っています。

 ―浅田さんに憧れてスケートを始めた選手たちが、トップスケーターになってきた。日本フィギュアスケート界の今後に向けてエールを。

 そうですね。引退された本当に大先輩の方をはじめ、私も引退することになりましたが、今まで本当にスケート界を引っ張ってこられたかなと思います。今若い選手がどんどん出てきているので、若い選手が若いパワーでフィギュアスケート界を引っ張っていってほしいなと思っています。

 ―浅田さんにとってフィギュアスケートはどんな存在か?

 うーん。どんな存在ですかね。いやあ難しい。一言で言うと「人生」かなと思います。

 ―自分を褒めたい部分は。

 私は結構、飽きてしまうことが多いんです。はまってしまったらすごくはまってしまうんですけど、それがすぐに飽きちゃう性格で。でもスケートは5歳から26歳まで続けてこられたので、「長い間すごいね、続けてきたね」と言いたいです。

 ―ファンへのひとこと。

 本当にたくさんのファンの方が私のことを応援してくださって、本当に長い間、良いときも悪いときも諦めずに応援してくれたので、私もすごくそれが励みになったし、それがすごくパワーになりました。本当に感謝しています。ありがとうございました。

 ―引退の日をどう迎えたか?

 発表するまで、あまり自分の中で実感というものはなかったんですけど、こうしてここに座って、今までのことを振り返りながら話していると、少しずつ引退するんだなという気持ちはやっぱり沸いてきますね。

(ノ´∀`)ノドゥゾォ+.☆゚+.☆②に続く~♪
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは(ノ_・。)


一週間たちましたね。

もう、いまだにちょっと涙が出ます

記事ちょっと読んだだけで(ノ_・。)

つらいと思った事は一度もありませんって

すごいですよね

私なら、生放送で全部暴露して復讐(# ゜Д゜)←


本当にすばらしい


もはや人間ではない疑惑(゜д゜)

妖精さんのふりした女神では

どうやったらあの環境でこのようになれるのか、人間では無理だと思うのです

多分会見は白い衣装かなとなんとなく思ってましたが

白いジャケット素敵ですね(ノ´∀`*)

どこのブランドなんでしょう

これだけ見事な会見はなかなか見られないのでは?


2017/04/17(月) 21:58 | URL | みき #-[ 編集]
みき 様

こんばんはー(。・ェ・)コンバン波!!

> 一週間たちましたね。

みき様はちょうど真央ロスの最中でしょうか?

> もう、いまだにちょっと涙が出ます

真央さんの過去の動画を見ると、涙が出ますね (´;ω;`)ブワッ

> 記事ちょっと読んだだけで(ノ_・。)

うるうるの一週間でしたね ( ´∀`)つ□ 涙拭けよ

> つらいと思った事は一度もありませんってすごいですよね

真央さんは会見で過去に戻ることはできないので、戻りたい過去はないと言ってますよね。立派です。常に前を向いて、今この瞬間を生きています。フィギュアスケートが好きで没頭しているので、過去を振り返る事がないのでしょう。

> 私なら、生放送で全部暴露して復讐(# ゜Д゜)←

恨み言を一言も言わないので、真央さんには人を恨むという感情もなさそうな感じに見えます。

> 本当にすばらしい

人間が出来た人なんですよ。

> もはや人間ではない疑惑(゜д゜)
> 妖精さんのふりした女神では

外観もさることながら、人格が非常に素晴らしい。若いのに、非常に立派です。外観は妖精さんですけど、妖精は悪さをするのもいるので、どちらかというと女神や観音様・菩薩様の方に近い存在かと思います。

> どうやったらあの環境でこのようになれるのか、人間では無理だと思うのです

ご両親の育て方が良いのでしょう。もちろん、ご両親の性格がいいからなのでしょうね。ご両親揃って若い時分から苦労されているので、人間修養が違うのでしょう。

> 多分会見は白い衣装かなとなんとなく思ってましたが
> 白いジャケット素敵ですね(ノ´∀`*)

引退会見にジャケットを着てくるとは思いませんでした。真央さんっていつもふわふわしたお嬢様系のファッションが多いので、かっちりした服を着るとイメージがガラリと変わりますね。

> どこのブランドなんでしょう

きっと一着○十万円するお高い物なのでしょうね。

> これだけ見事な会見はなかなか見られないのでは?

お辞儀の仕方もきちんとしているし、受け答えが立派だし、好印象ですよね。日本人の99%は応援していたでしょう。
2017/04/18(火) 17:57 | URL | だらごろこぱんだ #u4iln8sM[ 編集]
コメントを投稿する
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
page back