奇跡のような共通点③

スポニチアネックス
女子平昌2枠も…三原が希望 憧れ真央と同じ10人抜き
配信日時:2017年4月2日 05:30
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/04/02/kiji/20170402s00079000125000c.html

170402-5-1.jpg
演技を終え感極まる三原舞依 Photo By スポニチ

フィギュアスケート世界選手権第3日 ( 2017年3月31日 フィンランド・ヘルシンキ )

 31日に女子フリーが行われ、SP15位の三原舞依(17=神戸ポートアイランドク)はフリー4位の自己ベストの138・29点、合計197・88点で5位と巻き返した。樋口新葉(16=東京・日本橋女学館高)は11位、本郷理華(20=邦和スポーツランド)は16位。五輪出場最大3枠獲得に必要な上位2選手の順位合計「13以内」に届かず、来年の平昌(ピョンチャン)五輪の日本女子の出場枠は2つに減った。

 三原はルッツ―トーループの連続3回転をきれいに決めると、SPで失敗した3回転フリップも確実に降りた。気持ちが高ぶり、涙がこぼれそうになるのを懸命にこらえながら滑った。「この大舞台にのせていただけて凄く幸せ。ショートが終わって考え直すことができました」。昨季は若年性突発性関節炎を患ってシーズン後半を棒に振った。今季躍進の原動力はスケートができる喜びを知ったこと。過信があったSPを反省し、原点に返った。優勝した2月の四大陸選手権で出した自己ベストを3・95点更新する138・29点。ノーミスでまとめた17歳に大歓声が降り注いだ。

 SPの後、ホテルに帰って泣いた。支えになったのは憧れの浅田真央がソチ五輪でSP16位と出遅れながらフリーで6位まで巻き返した伝説の演技。その動画を何度も繰り返し見た。「同じようにお客さんの心に響く演技ができたら」。フリーの技術点は優勝したメドベージェワに次いで2番手で、あの時の浅田と同じ10人抜きだった。

 「来年の五輪に出られる選手になりたい」。メダルにも、五輪3枠にも届かなかったが、三原の巻き返しが日本に希望の灯をともした。

170402-5-2.jpg170402-5-3.jpg

病気になったおかげでスケートができる喜びを知ったこと。それが三原選手のスケートの魅力に繋がっている。ミスに対して、過信があったという自省をする点が偉いなあと感心してしまう。決して驕らない所も真央選手と同じで、謙虚な三原さん。

エフゲニア・メドベージェワに次ぐ技術点というのが疑問。三原さんがダントツのトップじゃなくて?手を挙げてジャンプすればいいのかなあ。メドベージェワはフルッツだしね。審判にお気に入りの選手は見逃されて加点の嵐。白けるねえ。演技を見る気も起こらない。結果が予測できたもの。

WADA(世界アンチ・ドーピング機関)がリオ五輪に引き続いて、ホラマサもロシアの出場停止をしてくれたら、いいのにねえ。でも、WADAの本社所在地がカナダ モントリオールというのが引っかかる。カナダは冬季競技では腹黒いからねえ。

今回のワールドでチェ・ダビンが10位に食い込んで来て、テョン国女子は2枠。無用の長物じゃなくて?開催国が一番出場停止になって欲しい国だもんね。

スポーツ報知
女子の五輪枠は「2」…三原舞依、憧れの真央を支えに10人抜き5位
配信日時:2017年4月2日6時0分 スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20170402-OHT1T50037.html

170402-5-4.jpg
女子フリーの演技を終えて顔を覆う三原舞依(ロイター)

 ◆フィギュアスケート世界選手権 第3日 ▽女子フリー(31日、ヘルシンキ・ハートウォールアリーナ)

 31日に行われた女子フリーは、SP15位の三原舞依(17)=神戸ポートアイランドク=がフリー4位の138・29点と巻き返し、合計197・88点で5位に入った。11位の樋口新葉(16)=東京・日本橋女学館高=と合わせた上位2人の順位合計は「16」にとどまり、平昌五輪3枠の「13」以内に届かず、02年ソルトレークシティー五輪以来の2枠に陥落した。

 憧れの人の存在が、三原の支えになった。初めての大舞台、緊張で出遅れたSP。流した涙が闘志に変わった。「(ソチ)五輪での浅田真央選手を思い出した。しっかりフリーで挽回して、見ているお客さんの心に残るスケートを滑りたいと思った」。平昌五輪の3枠獲得はならなかったが、パーフェクトな演技でフリーの自己ベストを3・95点更新。10人抜きの逆襲を見せた。

 今大会は左股関節疲労骨折の影響で宮原知子が欠場。四大陸選手権覇者として、エース格の活躍を期待された。15位に終わったSPの夜、ホテルへ戻ってからも気持ちの整理がつかず、泣きじゃくった。真央のソチ五輪フリーの動画を繰り返し見た。SP16位の出遅れから、6位まで順位を上げた伝説の演技だ。「浅田選手に憧れてスケートを始めた。この大舞台に来られたのも浅田選手のおかげ。同じような演技をしようと切り替えた」

 冒頭のルッツ―トウループの連続3回転を含む、7つのうち5つのジャンプで1点以上の加点を引き出し、表現力を示す演技点も5項目中4項目で8点台を並べた。笑顔で演技を終えようと決めていたが、最後は涙をこらえながらジャンプを2本跳んだ。「涙を抑えながらの笑顔だったので、すごく変な顔になっちゃった」。今季一番の「シンデレラ」を滑り切った。

 来季は五輪代表2枠を奪い合うサバイバルとなる。今大会代表の3人に加え宮原、浅田真央、本田真凜らライバルは多いが、戦う覚悟はできている。「トリノからずっと3枠だったので、代表として申し訳ない。すごく大きな経験になったので、今後に生かしたい」。夢の舞台へ、シンデレラストーリーは続いていく。

170402-5-5.jpg

> 浅田選手に憧れてスケートを始めた。この大舞台に来られたのも浅田選手のおかげ。同じような演技をしようと切り替えた
真央さんは三原さんのこの言葉を聞いたら、とっても喜ぶんじゃないかなあ。真央さんはただスケートが好きで打ち込んでいただけなんだけど、皆に良い影響を与えている。スケートをしている人にも、してない一般人にも、夢と希望を与えてくれた。

困難にぶち当たっても逃げずに乗り越えて来た。真央選手は若い頃から、普通の人の何十倍もの経験をしてきた。スケートを通して経た事で、狭い世界かもしれないけど、数々の試練を跳ね除けて来た。

170402-5-7.jpg170402-5-6.jpg

三原さんは五輪出場枠が3枠取れなかった事を謝ってるのが好感持てるよね。謝らなくていい人が謝る腰の低さ。三原さんが頑張らなかったら、2枠も危なかったのにね。2枠持って帰れたのは三原さんのおかげ。

本郷理華さんは急遽補欠で出場したので、気の毒だった。ケガもしていたのにね。今季不調だったのはそもそもケガが原因だったのだから、連戦続きで試合に出れば出る程、調子が下降に向かって行った。

ホラマサの代表の1つは三原さんで決定して欲しいなあ♪ぜひこの方に行っていただきたい。ホラマサは突然開催中止になる可能性があるので、代替地の五輪になるかもしれないよね。
関連記事
スポンサーサイト
page back