ドタキャンするボランティア

ライブドアニュース
平昌冬季五輪組織委員会が頭を抱える ボランティアのドタキャン防止策
配信日時:2017年3月5日 6時8分
http://news.livedoor.com/article/detail/12754789/


ざっくり言うと

 平昌冬季五輪組織委員会の最大の悩みについて韓国メディアが伝え

 韓国では若いボランティアの割合が高く、当日のドタキャンが多いという

 防止策としてシルバーボランティアたちへ積極的に参加を呼び掛けているそう

朝鮮日報
ボランティアたちのドタキャンに頭抱える平昌五輪組織委
配信日時:2017/03/05 06:08  執筆者:イム・ギョンオプ記者

 2018平昌冬季五輪組織委員会の最大の悩みは「ボランティアたちのノーショー(約束のドタキャン)防止」だ。最近韓国で開催された国際大会で、ボランティアの大多数が大会の途中に現れないケースが多かったためだ。ボランティアの離脱が多くなると、大会の運営にも支障を来してしまう。

 「ノーショー」が占める割合は、特に若者の間で高い。2015光州夏季ユニバーシアード大会のボランティア担当者は「20代のボランティアのうち当日現場にやって来なかった割合は30%に上った」と話す。このため当時の組織委は、初めから20代のボランティアを実際に必要な人員よりも20%多く選抜した。特に韓国は、他の国よりも若いボランティアたちの占める割合が高いだけに「ノーショー」がより大きな問題となる。

 この代案として、シルバーボランティアたちの積極的な参加を呼び掛ける声が高まっている。専門家たちは「現在の韓国社会の50代60代は、高学歴で強い責任感を兼ね備えている人々が多い。こういった層に呼び掛ければ平昌でも活躍してくれるはず」と期待を込める。2015光州大会で50代以上のボランティアに占めるノーショーの割合は10%にとどまった。

 平昌組織委も、シルバーボランティアたちの参加に向け取り組みを始めている。組織委は、現在進行中のボランティアの選抜とは別に、1988年のソウル五輪に参加したボランティアたちが平昌五輪のボランティアたちを教育する奉仕プログラムを開発。現在実行中だ。組織委の関係者は「彼らが持っている過去の経験を存分に生かしたい」と話に力を込めた。

[朝鮮日報/朝鮮日報日本語版]

キムチ速報
【韓国】ボランティアたちのドタキャンに頭抱える平昌五輪組織委
公開日時:2017年03月06日 02:15
http://kimsoku.com/archives/9501742.html

笑韓ブログ
笑韓さんのブログ
【韓国】ボランティアたちのドタキャンに頭抱える平昌五輪組織委
公開日時: 2017年03月06日07:00
http://www.wara2ch.com/archives/8821758.html

若者の方がドタキャン率が高いと若者バッシングから始まるね。若い人でボランティアをするのは、ほとんど学生でしょう。若者でも社会人なら、ボランティアに参加できないよね。男性は兵役に就かないといけないから、20代のボランティアのほとんどは女性でしょう。学生だったら社会に出てないから、割と無責任かもしれないね。

20代のボランティアのうち当日現場にやって来なかった割合は30%
50代以上のボランティアのうち当日現場にやって来なかった割合は10%


50代以上でも10%もさぼる奴がいるのが、さすがあかん国人だなあと感心したよ。責任感なさすぎ。50代以上じゃなくて、退職した年金受給者にボランティアして貰ったらいかが?その年金も始まったのが1990年と新しいので、受給額がそんなに多くないので、年老いても働いてるんだろうね。ボランティアどころじゃないでしょう。

> 組織委は、現在進行中のボランティアの選抜とは別に、1988年のソウル五輪に参加したボランティアたちが平昌五輪のボランティアたちを教育する奉仕プログラムを開発。現在実行中だ。
これまた古い・・・もう忘却の彼方なんですけど。あまりにも過去に遡りすぎじゃないかと思うわ。30年前にボランティアした人も、プラス30歳になってるんだよ。高齢化しすぎだろう。ニダーさんが何事においても、しつこいのが分かったような気がする。
関連記事
スポンサーサイト
page back