人工雪が頼みの綱ニダ

朝日新聞デジタル
積雪減の平昌五輪、人工雪が頼み 降雪機70台で整備へ
配信日時:2017年2月16日16時02分
http://digital.asahi.com/articles/ASK2G4JH7K2GUTQP00K.html

170219-2-1.jpg
竜平リゾートではシーズン中は毎夜、人工降雪機でコースを整備する=韓国・平昌

 2018年平昌(ピョンチャン)五輪のプレ大会が開かれている雪上競技会場の平昌と氷上競技会場の江陵(カンヌン)。各種目の施設では、本番に向けての工夫や試行錯誤が続いている。

 アルペンの技術系種目が行われる竜平(ヨンピョン)リゾート。今月上旬、標高1458メートルの山頂付近から伸びる五輪コースに天然雪はあまりなかった。昨季は雪不足のため、同リゾートにある一部のコースを閉鎖。来年の五輪期間中は70台の人工降雪機で五輪コースを整備する。

 実は、平昌は温暖化に悩む。韓国気象庁によると、五輪期間に当たる2月9~25日の17日間に、1日87センチの大雪が積もった年もあれば、通算積雪量が1センチ未満だった年もある。同期間中の通算積雪量は1981年から2010年までの平均で41・3センチあったが、過去10年は同33・5センチ。昨年は7センチで、5日間しか降らなかった。竜平リゾートで28年間働く金明来(キムミョンレ)さん(50)は「積雪は年々減っている」と嘆く。そのため、全ての雪上競技会場は人工雪がメインになる。

 五輪組織委員会は来年の五輪期間中、東京ドームの容積の2倍弱となる210万立方メートルの雪が必要になると試算。昨季後、五輪で使うことを想定し、竜平リゾートで7万立方メートルの雪を熱遮断シートで覆って保存するテストを行った。ただ、経費がかさんだため、今季後も保存するかどうかは決まっていないという。

 特にスキー距離の選手が降雪時のワックス選択などに頭を悩ましそうだ。5日にあったノルディック複合のワールドカップでは、人工雪で固めたコースに天然雪が積もり始め、スキーが滑らずに順位を落とした選手もいた。日本チームに同行したワックス製造販売会社ガリウム(仙台市)の山崎正晴さんは「平昌の人工雪は風で飛ばされてきた砂が混じる」と指摘する。

 また、ノルディックのジャンプ会場ではラージヒルの助走路の一部にくぼみがあり、選手からは「気になる」との声が漏れた。

 一方、新設されたスピードスケートの江陵オーバルでは好記録が連発した。こけら落としとなった世界距離別選手権(9~12日)で、例えば女子3000メートルでは出場20選手中7選手が自己記録を更新した。

 記録は気圧の低い高地リンクの方が出やすいが、同オーバルは標高40メートルほどだ。女子3000メートルで自己記録を0秒84上回った高木美帆(日体大)は「風」の効果を指摘する。「止まっている時に風を感じた」。実際に天井から垂れ下がる各国の国旗ははためき、日本代表チームが測定すると毎秒1メートルほどだった。

 会場施設を担当する金憲壽(キムホンス)マネジャーは「暖かい空気を循環するための風です」。会場内を約15度に保つために、天井に送風機を滑走方向に向けて22個取り付けている。金マネジャーは「好記録は室内が暖かく選手の体が動きやすくなった影響では」と言う。

 「氷」の効果もありそうだ。ミネラル成分などを除去した純度の高い「水」を使用。大会前に氷を張った時、ちりやほこりが混じらないようにするため、会場内の工事を4日間中断した。氷の表面を滑らかにする整氷車も、従来のゴムではなく布で整氷する最新モデルを使う。整氷担当者には世界屈指の高速リンク、カナダ・カルガリー大学内にある五輪オーバルの担当者を起用した。

 日本スケート連盟の湯田淳スピード強化部長は「選手からネガティブな反応はない。ただ、本番では(リンク状況が)ガラリと変わる可能性がある。どんな氷でも対応できる準備はしておきたい」と話す。(笠井正基、榊原一生)

↑ 写真の人工降雪機の横に立ってるおっさん、一瞬、金正男ちゃんに見えたよ。

中央日報
平昌冬季五輪時、「雲の種」ばらまき人工雪製造
配信日時:2016年02月26日08時51分
http://japanese.joins.com/article/537/212537.html?servcode=600§code=670

170219-2-4.jpg
人工降雪実験の様子。燃焼弾を放って雲の種になる煙を吹き出している。(写真=国立気象科学院)

産経ニュース
スキー場建設遅れのあおりで国際大会が中止に 選手たちも期待せず申し込みはわずか10人…
配信日時:2016.1.31 16:19
http://www.sankei.com/premium/news/160130/prm1601300003-n1.html

170219-2-2.jpg
人工降雪機で積雪作業が進められた旌善アルペン競技場(AP)

人工降雪機は24時間フル稼働で間に合うニカ?
公開日時:2016-01-17 16:15
http://nutscopanda.blog.fc2.com/blog-entry-631.html

フランクルター・アルゲマイネ
必死に探しています:韓国で雪
配信日時:2009年2月13日  平昌 執筆者:クラウス・ディーターリ
http://www.faz.net/aktuell/sport/wm-winter/biathlon-in-pyeongchang/biathlon-wm-verzweifelt-gesucht-schnee-in-korea-1775385.html

170219-2-3.jpg
韓国の平昌で風景の中に白い斑点

<*`∀´><*`∀´><*`∀´><*`∀´><*`∀´><*`∀´><*`∀´> 

朝日新聞ってどこまでテョン国に好意的なんでしょうね。どうあがいてもホラマサは元々雪が降らないんだけどね。地球温暖化で雪が降らないって前にも言ってましたよ。

地球温暖化で雪が足りないニダ
公開日時:2015-09-18 19:30
http://nutscopanda.blog.fc2.com/blog-entry-508.html

> ノルディックのジャンプ会場ではラージヒルの助走路の一部にくぼみがあり、選手からは「気になる」との声が漏れた。
滑走路の一部にくぼみって、危なくないですか?事故ってからじゃあ遅いですよ。日本スキー連盟は風を問題提起するということだけど、しっかり意見を言うだけ言っておいた方がいい。改善されなくても、それが問題で参加を見送った方がいいと思う。命あってこそのスポーツであり競技ですよ。

> 「平昌の人工雪は風で飛ばされてきた砂が混じる」
使い物にならな人工雪なんですね。人工降雪機を70台用意したところで、雪の量は間に合うのだろうか?量が間に合ったとしても、質に問題があれば使い物にならない。全く無意味な対処でしょう。

> 高木美帆(日体大)は「風」の効果を指摘する。「止まっている時に風を感じた」。
2014年仁川アチャー大会では、バドミントンの追い風が問題になりましたよね。あれと同じ卑怯力を発揮する時がやって来たんですね。それを天下の虚報新聞である朝日はニダーさんの嘘を庇うんですか?設備に問題があるのに、そこを好意的に捉えてどうする!
関連記事
スポンサーサイト
page back