強風、ゆがみで助走路整備に懸念 平昌のジャンプ台

時事ドットコム
強風、助走路整備に懸念=平昌五輪のジャンプ台
配信日時:2017/02/04-14:34
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017020400434&g=spo

170212-2-1.jpg
平昌五輪で使用されるジャンプ台。周辺に強風対策の防風ネットが張られている=3日、韓国・平昌

 【平昌(韓国)時事】来年2月開催の平昌冬季五輪で使われるスキージャンプの会場で、ノルディックスキー複合のワールドカップ(W杯)が1年前のテスト大会として開催されている。夏はサッカー場として使用し、1万人以上を収容できるスタジアム型の施設に、ラージヒルとノーマルヒルのジャンプ台を備える景観が目を引く。
 ジャンプ台はスタジアム内の正面左手に設置され、選手は着地後にグラウンドに向けて滑り降りてくる。3日に行われたW杯の予備飛躍では、ラージヒルの助走路について「癖がなく、シンプルな台」と受け止めた日本選手が多かった。
 だが、助走路の一部に左右にゆがんでいる部分があるという。加藤大平(サッポロク)は「気にして、いいジャンプができなかった。(左右に)振られるというか」と苦笑いし、渡部暁斗(北野建設)も「(ゆがみは)少しではない」と指摘。W杯ではあまり見られない整備状態のジャンプ台の改善に向け、全日本スキー連盟の関係者は国際スキー連盟の会議で問題提起する可能性を示した。
 さらに、標高800メートル以上の高地にある会場の近くには風力発電の施設が並ぶほど風が強い。大会組織委員会の資料によると、平均秒速3.2メートルもの風が吹くとされ、試合運営に影響を与える懸念がある。今回のW杯では風の影響を軽減する防風ネットを踏み切り台の周囲に張った。渡部暁斗は「間違いなく吹くと思う。向かい風だったら、ネットを付けても防ぎ切れないのでは」と心配した。

170212-2-2.jpg 
170212-2-3.jpg

キムチ速報
【韓国】強風、ゆがみで助走路整備に懸念=平昌五輪のジャンプ台
公開日時:2017年02月04日 16:15
http://kimsoku.com/archives/9479150.html

MIZUHO no KUNI
【韓国・平昌五輪のジャンプ台】強風、ゆがみで助走路整備に懸念!
公開日時:2017/02/0417:45
http://mizuhonokuni2ch.com/22899

極東アイアン速報
アイアンマンさんのブログ
【韓国】強風、ゆがみで助走路整備に懸念=平昌五輪のジャンプ台
公開日時:2017年02月04日
http://gunji-douga.fem.jp/matome/?p=44357

> W杯ではあまり見られない整備状態のジャンプ台の改善に向け、全日本スキー連盟の関係者は国際スキー連盟の会議で問題提起する可能性を示した。
早くジャンプ台の改善に向け、問題提起した方がいいと思うよ。改善が見込めない場合は、出場辞退した方がいいと思う。強風に煽られて転落して、全身骨折。

Alchetron  Nicholas Fairall
https://alchetron.com/Nicholas-Fairall-531630-W

Nick Fairall - Ski Jumping Crash, PyeongChang 09

https://youtu.be/gRnTgnw7q4o

Nick Fairallという1989年生まれの現在27歳のスキージャンプの選手。2009年9月の大会時は20歳。当時は技術力が稚拙だったから起こったのかなあと思った。

夏だし、冬ほど強風はないかもしれない。だけど、平昌は山の頂上にジャンプ台を設置し、近くに風力発電機を設置している。この選手の技術力不足のせいなのか?平昌の突風のせいなのか?

Nicholas Fairall CRASH Ski Jumping Bischofshofen Four Hills Tournament 2015

https://youtu.be/5kN73CQ7FFg

2015年1月のオーストリアのビショフスホーフェンで開催された大会でも事故っている。この時は25歳。うーん、このNick Fairallという選手がたまたま事故りやすい人なのかもしれない。

Nicholas fairall ski jump crash 2004 steamboat k114 avi

https://youtu.be/QgxMU2UsYWw

2004年の大会、15歳の時にジュニアの大会で既に事故ってるのね。何回事故ればいいのかー!

普通の人なら、もうとっくに辞めてると思うわ。まず、怖いよね。勇気があるし、スキージャンプが好きでたまらないのだとは思うけど、あまりにもケガが多すぎる。

> 渡部暁斗は「間違いなく吹くと思う。向かい風だったら、ネットを付けても防ぎ切れないのでは」と心配した。
加藤大平選手と渡部暁斗選手は防風ネットの問題に気付かれたのだから、無理せず危ないと思ったら、棄権されて下さいね。命あっての競技生活だし、今季世界選手権でケガでもして本番の五輪に出場できなかったら意味がない。

本当に開催が無理だという調査検証がされたら、平昌冬季五輪の開催は見送りになるかもしれない。ここが踏ん張りどころだと思うので、スキージャンプの関係者の方々は本気で戦って下さい!!

もし、平昌五輪が開催されても、日本独自の考えでスキージャンプは参加を見送って下さいね。選手の命や身体を痛めてまで参加する意義はないと思います。
関連記事
スポンサーサイト
page back