2016年全日本選手権 LP③

スポニチアネックス
真央、自己最悪12位…13年ぶり表彰台外 平昌五輪へ試練
配信日時:2016年12月26日 05:30
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/12/26/kiji/20161225s00079000378000c.html

161228-3-1.jpg
<フィギュア全日本選手権>浅田真央 華麗な演技も大会自己ワーストの12位 Photo By スポニチ

フィギュアスケート全日本選手権最終日(2016年12月25日 大阪・東和薬品ラクタブドーム)

 女子フリーが行われ、浅田真央(26=中京大)はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒するなどジャンプでミスを連発し、合計174・42点で14度目の全日本で自己ワーストの12位に終わった。13年ぶりに表彰台を逃し、世界選手権(来年3~4月、フィンランド・ヘルシンキ)の代表入りはならず。最大目標の18年平昌五輪へ、厳しい状況に立たされた。宮原知子(18=関大)が214・87点で3連覇を達成し、世界選手権代表に決まった。

 応援に駆けつけた姉の舞とリラックスムードで話し、気分を入れ替えてフリーを迎えた。冒頭にトリプルアクセルにアタック。SPは1回転半の失敗で、この日は「何があっても回ろう」と気合を入れていたが、回転不足の上に転倒。今季初挑戦の3−3回転も回転不足で、演技後半の3回転サルコーで転倒し、3−2−2回転は単発の1回転に。情熱的に「リチュアルダンス」を舞ったが、得点が伸びる要素はなかった。

 昨季から抱える左膝の不安により、調整が遅れたシーズン前半。トリプルアクセルを3戦続けて回避したが、全日本でようやく挑めた。「そういう状態まで来たことは満足している」と懸命に前を向いたが、結果がついてこない。一人のアスリートとして、許せない現実が目の前にはある。演技を終えると、自身の最終順位が確定する前に会場を後にした。

 今季は事実上終了し、平昌五輪に向けて厳しい状況に立たされた。世界選手権代表を逃したことで、来季のGPシリーズに2戦エントリーできるか不透明。世界ランクのポイントも稼げない。全日本12位で17年大会のシード権はなく、全日本出場のために国内大会から出直しを迫られる可能性がある。「最高のレベルをそろえることができなくて、悔いが残っている」。いつかまた、最高の難度で最高の演技を。かつてない逆風に、浅田が立ち向かう。

サンスポ
真央、平昌五輪へいばらの道も諦めない!自己最低12位も現役続行/フィギュア
配信日時:2016.12.26 05:05
http://www.sanspo.com/sports/news/20161226/fgr16122605050005-n1.html

161228-3-2.jpg
真央は演技後、前向きな言葉も。手応えをつかみ、平昌五輪イヤーに臨む(撮影・松永渉平)

 全日本選手権最終日(25日、東和薬品ラクタブドーム)世界選手権(来年3~4月、ヘルシンキ)などの代表選考会を兼ねて行われた。女子のフリーでは、ショートプログラム(SP)8位と出遅れた浅田真央(26)=中京大=が、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ、3A)に挑戦するも回転不足で転倒。114・10点にとどまり、合計も174・42点で、自己最低の12位に終わった。9大会連続で出場している世界選手権の代表権は逃したが、2018年平昌五輪が開催される来季も現役を続行する意思を示した。

161228-3-3.jpg
トリプルアクセルに挑戦した浅田だったが、結果は転倒。前日のSPに続き、失敗に終わった(撮影・松永渉平)

 両手を腰に当てた真央が、一瞬だけ天を仰いだ。代名詞の3Aに果敢に挑んだが、回転不足でお尻から転倒。豊かな表現力や洗練されたエッジワークで観客を魅了するも、真央の目指す最高の演技にはほど遠かった。

 「(3Aは)きのう1回転になってしまったので、きょうは(回転軸が)ゆがんでも何があっても回ろうと。この試合は自分の最高のレベルで臨みたかった」

 この日の朝の公式練習では、曲をかけた状態で3Aをきれいに着氷。演技直前の6分間練習でも決めていた。ようやく本来の真央らしい構成で挑んだ全日本だったが、終わってみればこの大会自己ワーストの12位。表彰台を逃し、出場しなかった15年大会を除いて9大会連続で出場していた世界選手権の代表からも落選した。

 昨季終盤からの左膝痛で、思うような練習を積めない苦しい日々が続いた。跳びたくても練習ですら跳べないなか、地道に左膝周辺の筋肉を鍛えた。演技後、「ここまで(状態を)戻してこられたのは良かった」と前向きな言葉も出た。

 SPとフリーで3Aに跳んだことは次につながるとはいえ、今大会の上位4位まで10代の選手が占めるなど、日本女子フィギュア界で急速な世代交代が進む。真央が最終目標に挙げている平昌五輪への道のりは険しい。

161228-3-4.jpg
浅田は演技後、ファンから抱えきれないほどの花束やプレゼントをもらった

 選考方法は発表されていないが、例年では五輪前に行われる全日本選手権で優勝するほか、全日本で表彰台に上がり、なおかつその年のグランプリ(GP)ファイナルで日本人表彰台最上位に入ることなどが求められる。今季GPファイナルに出場すらできなかった真央には、3度目の五輪はいばらの道だ。五輪に出るには、3Aの成功が必須となるが、まずは心と体を静養させる。

 今後の予定については白紙としたが、来季挑戦するかについては「そうですね、はい」と平昌五輪を含む来季の競技継続を明言した。6位に終わった14年ソチ五輪後は自身の進退について「ハーフハーフ」と明言を避けたが、今回は現役続行の意思をすぐに示した。元世界女王が不退転の決意で平昌五輪シーズンに挑む。(角かずみ)

161228-3-5.jpg
161228-3-6.jpg

今季は常にトップであり続けた真央選手からすると不本意な結果で終わったけれど、体を休めるためにはかえって良かったのかもしれないね。

トリプルアクセルは練習では着氷できているのに、試合で失敗してしまったところを見ると、あともう少しで完璧なものになる。今シーズンゆっくり休んで体を回復させたら、来季は良い調子で戻って来れると思う。

常に高みを目指す真央さんなら、必ず良い結果がついてくるから、絶対大丈夫だよ!(/*´∀`)o(/*´∀`)o レッツゴー♪ レッツゴー♪
関連記事
スポンサーサイト
page back