カナダで再生プラン

スポーツ報知
【フィギュア】真央、左膝痛で全日本選手権慎重…佐藤コーチ明かす
配信日時:2016年11月15日6時0分 スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20161115-OHT1T50007.html

161115-6-1.jpg

 フィギュアスケートのGPシリーズ・フランス杯で主要大会ワーストの9位に終わり、GPファイナル進出を逃した浅田真央(26)=中京大=の佐藤信夫コーチ(74)が14日、羽田空港に帰国。昨季から苦しむ左膝の故障について、現在も芳しくないことを明かした。

 GPシリーズでは3回転半ジャンプを封印してきたが、「まだ追い込んで(練習できて)いない。追い込めれば、これぐらいできるというのが分かるけど、(悪化が)怖いからできていない」と語った。来年3月の世界選手権などの選考会を兼ねた12月下旬の全日本選手権(大阪・東和薬品RACTABドーム)に向けての練習についても「まだ今後については話をできていないが、様子を見ながら。あとは病院(での治療)とかもある」と慎重を期していく考えだ。

スポニチアネックス
真央、カナダで再生プラン 全日本までにプログラム手直し
配信日時:2016年11月15日 06:12
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/11/15/kiji/K20161115013728120.html

161115-6-2.jpg

 フィギュアスケート女子の浅田真央(26=中京大)が全日本選手権(12月22日開幕、大阪)に向けて海外合宿を行う可能性が出てきた。

 GPシリーズ第4戦のフランス杯で9位に沈み、GPファイナル(12月8日開幕、マルセイユ)進出が完全消滅。全日本まで1カ月以上の調整期間があることからショートプログラム(SP)、フリーの振付師のローリー・ニコル氏の拠点であるトロント(カナダ)で、関係者は「プログラムの手直しに行くかもしれない」と話した。

 全日本選手権は来年3月の世界選手権(フィンランド・ヘルシンキ)の代表最終選考会。GPファイナル不出場、世界ランク、国際大会の今季自己ベストが日本人上位3人に入らない浅田は、全日本で結果を残すしかない。年末の大一番に向けて復活の準備を整える。

日刊スポーツ
浅田真央に世界選手権チャンス? 3枠埋まらず再考
配信日時:2016年11月15日9時2分 紙面から
http://www.nikkansports.com/sports/news/1738345.html

 【パリ14日=高場泉穂】フィギュアスケート全日本選手権(12月23日開幕、大阪)後に決まる世界選手権(17年3月29日開幕、フィンランド・ヘルシンキ)代表の選考条件が再考されることが、分かった。グランプリ(GP)シリーズフランス杯で9位と沈み、ファイナル出場を逃した浅田真央(26=中京大)は10度目の出場がかかっており、影響が及ぶか注目される。

 男女シングルは各3枠。今年7月に日本連盟が決めた選考基準では、全日本の1位は代表に決定。2、3人目は全日本2、3位、あるいはGPファイナルの上位2人など各種条件がある。だが、今季の女子は、年齢制限で世界選手権に出場できない本田真凜(15=大阪・関大)らジュニア選手が多数上位に入る、GPファイナル出場選手が少ないなど、条件に満たず、3人を選出できないケースが出てきた。そのため、18日から札幌で行われる全日本ジュニア選手権期間中に、選考条件を見直す異例の会議が開かれる。

 浅田は現在世界ランク18位で日本勢4番目。世界選手権に出場するには全日本での好成績が必須だが、選考条件のハードルが下がった場合、チャンスが広がる可能性はある。

161115-6-3.jpg
161115-6-4.jpg

佐藤信夫コーチの話では追い込んで練習すれば元のレベルに戻るけども、悪化を恐れて練習を控え目にしているということなんだね。膝はこれ以上悪化したら、もしかすると手術を勧められるかもしれないよね。そうなると、復帰までに時間がかかってしまい、五輪にピークを合わせられないかもしれない。

またローリー・ニコルの所で、滑りやすい振付に手直しして貰えるといいよね。住生さんの講演会で真央選手が『リチュアルダンス』は曲調が『ボレロ』のように単調だと言ってたよね。やっぱりリズムを取るのが難しいのかなあ。

全日本選手権は試合が行われてみないと結果は分からないけど、ジュニアの選手が上位に入っても、シニアの世界選手権に出場できないため、真央選手が台乗りできなくても、ワールドに行ける可能性があるよね。異例の会議を開くとは、スケ連もこういう時に特例発動ですか?

真央選手がシニアデビューした2005-06シーズンに特例発動すべきだったよね。真央さんがトリノ五輪に行って、カルガリー(カナダ)ワールドに行ったら良かったのにね。人より早くシニアデビューしたんだから、GPシリーズだけでなく、五輪もワールドもシニアの大会に出ていいでしょう。ベテランになって特例で救済されても、という今さら感がある。

舞さんの話では真央選手は練習ではジャンプが跳べているということで、精神的な問題なのかもね。練習不足による不安が一番大きいのかな。あと、エリック杯は製氷が悪かったので、そのせいもあった。氷に引っかかったと真央さんが言うぐらいだから、それがなかったら、ジャンプが跳びやすかっただろう。
関連記事
スポンサーサイト
page back