北に作らせた方がマシ

ロケットニュース24
【韓国】平昌オリンピックの公式PR動画がショボすぎると話題 / 韓国民「北朝鮮に作らせた方がマシ」
配信日時:2016年10月18日  執筆者:P.K.サンジュン
http://rocketnews24.com/2016/10/18/813866/

2016年を振り返るとき、大きなトピックとして語られるのが「リオデジャネイロオリンピック」だろう。男子400メートルリレーを始めとする競技はもちろんのこと、“安倍マリオ” に代表される東京五輪に向けた閉会式の様子も、感動的な完成度であった。

それはさておき、次回のオリンピックは2020年東京……ではなく、2018年に韓国で開催される冬季五輪・平昌(ピョンチャン)オリンピックである。韓国もさぞかし気合いが入っているかと思いきや、2016年9月末に公開された「平昌オリンピック公式PR動画」がショボすぎると話題になっているのだ。

・高評価209、低評価1万オーバー
冒頭でもお伝えした通り、「平昌オリンピック公式PR動画」は2016年9月27日に公開された。そして事実だけをお伝えすると、YouTube上では10月18日15時現在、高評価が209、低評価が1万オーバーと、圧倒的に低評価が勝っているのだ。

YouTube上に記載された説明によると、この動画には韓国の有名コメディアンが数名出演しているようで、韓国民謡の「アリラン」をダンス付きで披露したものになっているという。

さっそく動画を見てみると……これはダサい。ぐうの音も出ないほどにダサい。「村おこし動画を素人が作ったのかな?」というレベルでダサい。少なくとも個人的には、リオ五輪の閉会式動画でヒシヒシと感じた “クリエイティブさ” は微塵も感じることが出来なかった。

この動画に対し、最も嘆いているのは韓国民で、YouTube上には辛辣なコメントが並んでいる。一部をピックアップしてご紹介しよう。

・韓国のネットユーザーの声
「最悪中の最悪。この映像を制作した関係者たちをクビにして、海外のプロデューサーを連れて来て新しい動画を作らないと」
「むしろ、北朝鮮に作らせた方が、もっとマシな映像を作れそう」
「この映像を見たら、次のオリンピックは北朝鮮で開催されると思われても仕方ない」
「歴代最悪のオリンピックになりそう。ソチ五輪を見て学んだこともなかったの?」
「日本の東京五輪の予告パフォーマンス見て、学んでほしい。これを見て韓国に来たいと思うのかな?」

言うまでもなく、映像は点数が出るものではないから人それぞれに感想はあるだろう。だが、コメントを見る限り、今回の動画に満足している人は韓国でも極めて少ないようだ。あなたは動画を見てどう思っただろうか?

▼こちらが動画だ。
「アラリヨ(ARARI, YO)平昌」プロジェクト

https://youtu.be/SVFJKO3yoLA  ← 文化体育観光部のチャンネル

▼こちらはリオ五輪閉会式で披露された、東京五輪に向けた動画。
リオ五輪閉会式:二番目の要素+ハイテク東京のフルバージョンは約2020までの8分【バラエティ風見リオオリンピックスペシャル]

https://youtu.be/s23qwzu4Mb8

しらべぇ
平昌五輪のPRムービーがヤバすぎて炎上 韓国人「笑えない」
配信日時:2016/10/21/ 11:30
http://sirabee.com/2016/10/21/176949/

161029-2-1.jpg
※画像はYouTubeのスクリーンショット

2018年に大韓民国江原道平昌で開催される平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックに向け、韓国の文化体育観光部が制作したプロモーション映像がネット上で話題になっている。

冬季オリンピックのPRにも関わらず、氷はおろか雪さえ出てこない映像内容には韓国国内からも疑問に思う声が続出しているようだ。

何を伝えたいのかよくわからない内容

‘아라리요 평창(アラリヨ平昌)’と題された4分弱の映像は、突如緊迫したムードの白黒映像で始まる。一体何が起こるのかと身構えていると、次の場面では突如カラーになり、陽気な男女2人組が車で平昌を訪れるシーンへと続く。

料金所のおじさんがカメラに向かって「ウェルカムトゥ、ピョンチャン!」と言ったところで楽しげなBGMが流れ、本格的な平昌のPRが始まるまでは良いのだが、肝心の内容はと言うと…一言で表すなら「シュール」だろうか。

また、ところどころで食べ物を食べる小太りの男性がフィーチャーされるのだが、何故か具の無いそばのような麺類やアメリカンドッグを食べている。これが平昌の名産品とは考えにくいのだが…。

161029-2-2.jpg

冬季なのに雪も氷も無し…じゃあ平昌のアピールは?

アイススケートやカーリング、スキージャンプなどの要素は出てくるには出てくるのだが、何故か氷も張っていないアスファルトの上だったり、トラックの荷台の上だったりとコミカルなシーンが続き、最後はとにかくみんな揃ってダンス。

冬季オリンピックのPRを謳いながら徹底して雪と氷のかけらも映さないのはあえてなのか、それともこれが平昌の平常運転なのか…。

ただ、後ろで流れている軽快な音楽は韓国民謡「アリラン」をダンスアレンジしたもの。ある意味これが映像内で一番まっとうなアピールポイントなのではないだろうか。

161029-2-3.jpg

韓国の人たちはどう思ってる?

終始楽しげな雰囲気でダンスパートに気合は入っているのだが、随所に盛り込まれたギャグパートが決して手放しで面白いとは言えず、悪く言えばスベっている。

冬季オリンピックの公式動画として、韓国の人たちはどう思っているのだろうか?決して韓国語は得意とはいえない記者(私)だが、コメント欄からいくつか抜粋してみた。

「まるで中高生が課題で作った映像みたいだ」

「ソウルの映像学校の学生だけど、最近の学生はこれより良い物を作れるよw」

「この映像の問題点は
1,何を伝えたいのか全くわからない。
2,ギャグが笑えない。
3,平昌五輪のPRなのに、平昌のいいところが何も伝わらない」

「問題のあるコンテンツとして報告した」

「歴代最悪のオリンピックになりそうだ、ソチから何も学んでない。
外国の人は平昌五輪に来ないほうがいい」

決してネガティブなコメントだけを選んだわけではなく、実際のコメント欄はかなり厳しい意見で占められている。

ちなみに記事執筆時点で動画の高評価数は111、低評価数は7003。コメント欄の大半はハングルで書かれていることから、動画のクオリティに失望している人の多くは韓国の人たちとも考えられそうだ。

(取材・文/しらべぇ編集部・びやじま)

『さわやか韓国ヒラマサ五輪PR動画サムスンぎて非難轟々①』藤井実彦 AJER2016.10.28(11)

https://youtu.be/SKa8-nsXCtM?t=6m  (6:00~9:08)

161029-2-4.jpg
161029-2-5.jpg
161029-2-6.jpg
161029-2-7.jpg
161029-2-8.jpg

背伸びして変なもの作るより、素直に北の名物を拝借した方がいいと思うニダ♪

161029-2-9.jpg

PR動画もマスゲームをやったら受けると思うよ。独自性があると思うけどね。これこそウリジナルだよ!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
page back