老人自爆テロが恐ろしい

日刊SPA!
「老人自爆テロ」の恐怖――武器の扱いを熟知する全共闘世代と元ヤクザが危険
配信日時:2016.08.30
http://nikkan-spa.jp/1188009

 「キレる老人」が数年前に話題となったが、近年それがパワーアップし、他人を道連れにして自害する自爆テロ型の事件が頻発中。何が起こっているのか?

161029-1-1.jpg

 陽気なパーカッションの鼓動が突如、悲鳴に変わった。8月7日、東京・杉並区の商店街で行われていたサンバカーニバルの会場に、通りに面する3階建て家屋から火炎瓶が投げ込まれたのだ。目撃者によると、その数は5発。現場にいた15人が負傷した。

 犯人の無職の男(68歳)は、直後に部屋で首を吊って自殺。部屋からは未使用の火炎瓶10本以上とボーガンなどが押収された。男は2年前に妻を亡くし、1人で住んでいたという。

全共闘世代故に、火炎瓶の自作はお手のもの

 この杉並火炎瓶事件では、犯人が火炎瓶を自作して犯行に及んだという点で異常性が際立った。しかし、類似の事件が今後も発生する可能性を指摘するのは、神奈川県在住の新聞記者OB(72歳)だ。

「68歳の犯人は全共闘世代。学生運動で火炎瓶を自作した経験があったのかもしれない。当時、運動に参加していた学生の割合から計算すると、67~74歳の男性のうち1割くらいは、火炎瓶の自作なんてお手のもの。粉石鹸や砂糖を混ぜると殺傷力が上がるなんて、今の若い人は知らないでしょう

 一方、江戸川区で5月に射殺事件を起こし自殺した犯人(73歳)は、約20年前に解散した暴力団の元組員だったことが判明している。

「引退後も拳銃を隠し持つ暴力団OBはいますよ。当時、高いカネ出して買ったわけで、大切に油紙に包んでタンスの奥に入れてる仲間もいた。家宅捜索でもされない限り、バレっこないからね」(元暴力団員)

 今に武装老人たちによるクーデターが起きるかもしれない!?

※現在発売中の『週刊SPA!』8/30発売号では、「ISより恐ろしい[老人自爆テロ]」という特集を掲載中

<取材・文/週刊SPA!編集部>

ギエェェェェェー恐ろしい ((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル  ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル  ((lll・Д・)ノ【怖ィ・・】
「最近の若者は・・・」という老害が多いけど、今の若者の方が大人しいでしょう。犯罪率は史上最低を記録している。昔は鉛筆で削るのに、肥後守を使っていたので、その時点で武器を所持していることになる。

全共闘世代が年齢層多いもんねえ。でもまあ、後20年ぐらいしたらその世代もこの世を去るので、今が過渡期だよね。若者なんかより年寄りを見たら、警戒するという何か不思議な現象が起こりつつある。年寄りは弱者ではなく、若者こそ社会的弱者なんだよね。

2015年には新幹線内で焼身自殺するという老人テロが起こった。下流老人という言葉もある通り、まさかここまで長生きするとは思わなかったので、老後の貯えをろくにしていなかったのでしょう。いくら国に不満があるからといって、全く無関係な人を巻き添えにするというのはおかしいよね。

奥さんに先立たれて、子供に嫌われて、老後孤独になったからといって、自殺するのはどうぞご自由にと思うけど、見ず知らずの他人に嫌がらせをして、死んでいくのは迷惑でしかない。全然関係ない人に迷惑行為を働いたところで、自分の存在意義を誇示できるとは思えないのだけどね。人に注目して貰うことで孤独を癒していたのかなあ。

何か習い事でもしたらいいのにと思う。無趣味だったんだろうね。元自衛官だったら、スポーツ系の趣味の会やサークルを探せば良かったのにね。爆弾作れるぐらいなら、体は元気でしょう。精神的に病んでたのはひきこもっていて、社会との繋がりがなくなっていたからだろうね。

金銭的に余裕があればボランティアをしたらいいと思うんだけどね。老人ホームや障害者施設に行って話し相手や車椅子を押すだけでもいいと思うの。あるいは、捨て犬&猫を預かったり、保育ママとか学童保育で勉強を教えるとか、ホームレスの炊き出しに長期入院している人のお見舞いのバランティアや独居老人の安否確認等いろいろあると思うんだけどなあ。寒冷地では雪かきのボランティアは非常に喜ばれることでしょう。

女性は仕事を辞めても自分でする事を見付けるけど、男性は退職後に社会との繋がりが切れてしまう人が多いよね。老後突然孤独になるというのは覚悟が足りないような気がする。若い時分からいつでも孤独に備えて生きていないといけないと思うんだけどね。配偶者が先に逝ったら孤独になるというのは、配偶者に依存しすぎで自立していない。

全共闘世代というと、何か群れる&集団行動というイメージなんだよね。一人で居られないというか、むしろぼっちの人をバカにして、いじめていたイメージがする。今でもぼっちでいるのが恥ずかしいので、トイレで食事するのを便所飯と言うけどね。最近は一人用の焼き肉屋なんかが出来つつあって、ぼっちでも生きやすい世の中になっている。
関連記事
スポンサーサイト
page back