画期的な取り組み

161018-2-1.jpg

強い覚悟で選手生活に戻ってきた。選手としてやる以上、私自身も五輪という最高の舞台にもう一度行きたい。平昌五輪が最終目標

浅田真央 26歳      昨シーズン競技へ復帰

161018-2-2.jpg

「画期的な取り組み」     同じ曲のRitual Dance
ショート・フリー同じ曲 異例の取り組み

ショート ピアノver. ヒロインを助ける魔術師
フリー オーケストラver. 情熱的なヒロイン

振付師ローリー・ニコル: Ritual Danceのアイデアは実は一年以上前に考え付いたんです。

161018-2-3.jpg

頭に真央が浮かんできたけれど、彼女にはまだ早いと思いました。復帰シーズンの最初の曲としては相応しくなかったんです。2つの曲が同じだと思うかもしれませんが、それぞれに違った心と魂が入っています。

このプログラムは真央にとって芸術面でより成長するチャンスになる。

161018-2-4.jpg

新たな挑戦について
このプログラムで自分が今まで経験してきたことや学んできたことを全て出せればいいなと思うので、フィギュアスケートの一つの魅力でもある自分が何を表現したいか、どんな滑りをしたいかというのを皆さんにお見せできたらいいなと思う。

161018-2-5.jpg

全体では2位だったものの、演技構成点でショートフリーともにトップ

フリーは滑り込みや追い込みがもう少し積み重なったくると、気持ちに余裕が出てくると思うので表現の部分も出していける。全力で練習してグランプリシリーズのショートフリーを演じたい。


https://youtu.be/z8HfUPANNBQ?t=4m10s  (04:10~09:14)

バレエ「恋は魔術師」から『リチュアルダンス

五輪のプレシーズンだからローリーと真央さんは新しい挑戦をしたのでしょうね。今季画期的な取り組みをして、新しい挑戦を成功させて、来季の五輪シーズンにこれまたすごいプログラムを披露してくれることでしょう。

真央選手は演技の美しさだけではなく、毎回人と違うことに挑戦する姿勢が素晴らしいよね。そこが魅力的で人気の秘訣。佐藤信夫コーチがまだまだスケーティングが進化しているとおっしゃるぐらい日々向上進化を続けている。
関連記事
スポンサーサイト
page back