ホラマサまでにWADAの態勢強化

FNNニュース
平昌オリンピックまでにWADAの態勢強化を IOCが改革案発表
配信日時:2016/10/09 06:47

161015-4-1.jpg

IOC(国際オリンピック委員会)は8日、ロシアの国家ぐるみのドーピング問題をふまえ、WADA(世界反ドーピング機関)の態勢を強化するといった改革案を発表した。

IOCのバッハ会長は8日、スイスで開かれた「オリンピックサミット」後の会見で、WADAに現在より強い権限を与えるよう加盟国に求めたことを明らかにした。

改革案は、WADAが問題の初期段階から調査できるようにするとし、そのために加盟国に共通の法律の整備を求めるなどとしている。

そして、現在より透明性の高い検査システムをつくり、違反した選手だけでなく、薬物を提供した医師やコーチ、政府機関の担当者などにも刑事罰を科せられるようにする内容となっている。

IOCは、2018年の平昌(ピョンチャン)オリンピックまでに実現したいとしている。

161015-4-2.jpg
161015-4-3.jpg
161015-4-4.jpg
161015-4-5.jpg
161015-4-6.jpg
161015-4-7.jpg
161015-4-8.jpg

朝日新聞デジタル
ドーピング対策、WADAの権限強化を提言 IOC
配信日時:2016年10月8日23時26分
http://www.asahi.com/articles/ASJB87K8BJB8UHBI01W.html

 国家ぐるみのロシアのドーピング問題などを受け、国際オリンピック委員会(IOC)は8日、スイス・ローザンヌでスポーツ関係者を集めた「五輪サミット」を開き、より実効的なドーピング対策の構築について議論した。IOCは討議内容を宣言にまとめ、11月の世界反ドーピング機関(WADA)の会合で検討することを求めた。

 宣言は、WADAに、さらなる独立性やガバナンスの強化などを求める内容。WADAの中に新たな検査組織を作るほか、WADAに選手の代表者を参加させることや、ドーピング違反の内部告発者を守る仕組みづくりの必要性にも触れた。これまで各競技団体などが判断していた陽性反応が出た選手への処分は、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に委託し、透明性を高める提案がされた。

 選手だけでなく、ドーピングを助長するコーチ、医師など選手の周辺者に刑事罰を科す仕組みづくりも提案。WADAがハッカー集団にサイバー攻撃を受け、機密情報が漏れた事案を問題視し、セキュリティー強化の項目も盛り込まれた。

 IOCとWADAは、国家ぐるみのドーピング隠しが明らかになったロシアのリオデジャネイロ五輪出場を巡って意見が対立。だが今回の宣言では、IOCがWADAの権限強化を提言し、バッハ会長も「ドーピング撲滅に向けて戦うための提案だ」と強調した。バッハ会長によると、WADAのリーディー委員長は2018年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪までに、宣言に基づいて新しい態勢を作り上げる努力をする意向を明らかにした。

 リーディー委員長は「全ての建設的な提案を歓迎する。サミットはWADAや反ドーピング態勢を強化する一つのステップだ」とコメントした。

 会議は非公開で行われ、IOCやWADAの幹部のほか、陸上、水泳、サッカーなどの国際競技団体の会長や、米国、ロシアなどの各国オリンピック委員会会長、国際パラリンピック委員会(IPC)のフィリップ・クレーブン会長らが招かれた。

161015-4-9.jpg

朝日新聞デジタル
ドーピングの深い闇
http://www.asahi.com/olympics/2016/special/doping/

1章 ロシアン・ショック
2章 検査 VS. 新薬開発
3章 止まらないスターの失墜


リオ五輪であかん国のメダル獲得数が激減したよね。他の強豪国も減ったので、日本のメダル獲得数が増えた。ずるしないと勝てない時点でどうよ?と思う。何のための五輪なんだろうね。

そんなドーピングしないと勝てないなら、そもそも人間が戦う必要があるのか?と思ってしまう。だって自力じゃないなら意味ないよね。それは機械に補助して貰っているのと何ら変わりないと思うよ。

ドーピングしてもいい、性転換してもいい、ロボットの補助があってもいいという五輪を別枠に作ったらどうかと思う。そうでないと、真面目に取り組んでいる選手が気の毒だもの。ずるしないために勝てないなんて、競技をしている目的を失うよね。

一人のずるをする選手のせいで、他の真面目に取り組んでいる選手の戦意を喪失させてしまう。悪循環だわ。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
page back