巻きます、左膝痛で調整遅れだった

スポニチアネックス
【岡崎真の目】真央の表現力向上 アイドルから本格女優に成長
フィンランディア杯第2日 (10月7日 フィンランド・エスポー)
配信日時:2016年10月9日 08:00
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/10/09/kiji/K20161009013502310.html

 SPと同一曲のバージョン違いを演じる今季の浅田のフリーは、SPの最後のポーズから始まるというしゃれた構成だ。そして、その工夫に見合うだけの演技力が光った。特に、1つ目のスピンに入る前に曲調が変化するタイミングで、オープニングからの妖艶な雰囲気が清楚(せいそ)な大人のそれにガラリと変わったのが非常に印象的だった。

 それを裏付けたのは5項目の演技点の中で「演技の表現力」の8・33と「音楽の解釈」の8・50という高得点だろう。「浅田らしさ」と言える清潔感を残しつつ、今は曲調に合わせてさまざまな女性を演じ切れる。試合に戻ってきた昨季から感じていたことなのだが、表現力の向上、例えるならアイドルが本格的女優に成長したような印象をさらに強くした。

 要素一つ一つを見れば、3回転が2回転になってしまったジャンプ、レベルの取りこぼしのあるスピン、ステップなど得点を取り切れていない部分はある。だが、トータルで見たプログラムのスタート地点としては、かなり高い位置にあると思う。中1週のスケートアメリカでどうブラッシュアップしてくるか、楽しみにしたい。 (ISUテクニカルスペシャリスト、プロコーチ)

スポニチアネックス
真央 課題見えた2位「余裕ない感じ。ぽろぽろミスがあった」
フィンランディア杯第2日 (10月7日 フィンランド・エスポー)
配信日時:2016年10月9日 05:30
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/10/09/kiji/K20161009013502300.html

 女子でショートプログラム(SP)2位の浅田真央(26=中京大)はフリーも2位の121・29点で、合計186・16点の2位だった。初披露のフリーだったが、演技後半の3回転フリップが2回転になるなど、ジャンプにミスが出て得点を伸ばせず。フリー1位のケイトリン・オズモンド(20=カナダ)が合計187・27点とし、SP3位から逆転で優勝した。

 演技後のしぐさに、浅田の感情が表れていた。両腕をクロスさせ天を見上げてフィニッシュすると、悔しそうに首をひねった。「好きなプログラム。気持ち良く滑りたい」と意気込んでいた初披露のフリーで得点を伸ばせず。「初めて滑ったせいか、余裕がない感じがあった。ぽろぽろミスがあった。課題はたくさんあると感じた」と現状を素直に受け止めた。

 新境地を開くプログラムだ。SP、フリーともに使用するのは「リチュアルダンス」。SPは黒の衣装でピアノの旋律に乗り、「黒い鳥、ミステリアスな魔術師」を表現した。フリーは同曲のオーケストラバージョン。「同じ曲だけど、まったく違う感じ」。赤い衣装に身を包んで「情熱的に踊る女性」を演じた。終盤のスピンやステップで加点を引き出したが、調整途上のジャンプでミスが出た。

 トリプルアクセルはSPに続いて回避した。3回転ルッツは踏み切り違反で減点され、3回転フリップは2回転に。「試合感覚が薄れている中で本番の緊張感もあり、うまくコントロールできていない部分もあった」。休養から復帰した昨季よりも仕上がりは遅れ、体調にも不安を抱える。佐藤信夫コーチは、「本当はもっと負荷をかけていかないといけないが、まだそれができる段階ではない」と明かした。

 次の舞台はGPシリーズ。カナダで振付師のローリー・ニコル氏とともにプログラムに修正を加え、初戦のスケートアメリカ(21日開幕、シカゴ)に向かう。トリプルアクセルは「早く挑戦できたらいい」と話す通り、プログラムに入れるかどうかは今後の調整次第。「まだまだ滑り込みが必要。練習を積んで追い込んでいけば、いろんな感覚は自然に出てくるもの。失敗は次に生かしたい」。理想の演技へ、浅田が着実に前進する。

日刊スポーツ
浅田真央、左膝痛で調整遅れだった コーチ明かす
配信日時:2016年10月9日11時21分
http://www.nikkansports.com/sports/news/1722021.html

 浅田真央(26=中京大)の調整遅れの原因は左膝痛だった。

 今季初戦のフィンランディア杯では調整不足を理由にトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を回避するなど、ジャンプの難度を下げた構成で臨み2位。「今は自分の最高レベルではない」と話していた。9日、成田空港に1人帰国した佐藤信夫コーチ(74)は、昨季痛めた左膝痛がいまだにあることを明かし、「足を痛めるため、無理をさせられない。焦らず、マイペースに進めるしかない」と穏やかに語った。

 浅田は、試合が行われたフィンランドからカナダへ移動。21日開幕のグランプリ(GP)シリーズ初戦スケートアメリカ(米国・シカゴ)に向け、振付のローリー氏とともに演技に修正を加える予定だ。佐藤コーチは「体に無理をかけないで、磨きをかける」と説明。「それ(ダブルアクセル)以上のことをすると負担がかかるので」と、次戦でもジャンプの難度を高めない可能性を示した。

サンスポ
真央、左膝痛で振り付け変更へ…佐藤コーチが故障を明かす/フィギュア
配信日時:2016.10.9 11:32
http://www.sanspo.com/sports/news/20161009/ska16100911320001-n1.html

 今季初戦となったフィンランディア杯で2位だったフィギュアスケートの浅田真央(26)=中京大=が、左膝痛を抱えていることが9日、分かった。指導する佐藤信夫コーチがフィンランドから成田空港に帰国し、明かした。

 真央は、SPに引き続きフリーでも代名詞であるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を回避。昨季の世界選手権前に不安を抱えていた左膝の調子が今季も思わしくなく、密度の濃い練習が積めていないことが原因だという。

 今後に向けて「とにかくなんとかめいっぱい滑れるように頑張りましょう」と真央に声をかけたという佐藤コーチ。真央は振付師のローリー・ニコルさんが在住するカナダへ飛び、今後は体に無理のない振り付けに多少変更する見通し。そのまま日本には帰国せず今季のグランプリ(GP)シリーズ初戦となるスケートアメリカ(21~23日・シカゴ)に臨む。

161010-1-1.jpg161010-1-3.jpg
161010-1-2.jpg
161010-1-4.jpg
161010-1-5.jpg
161010-1-6.jpg
161010-1-7.jpg

https://twitter.com/eelinpaas/status/784277809996832768

佐藤信夫コーチは一人で帰国して、空港でマスゴミに捕まったから真央さんについて話さないといけない状況になったのね (;^_^A アセアセ・・・(´ヘ`;)ウーム  (・Θ・;)アセアセ...σ(^_^;)アセアセ

> 「本当はもっと負荷をかけていかないといけないが、まだそれができる段階ではない」
まだ初戦でしょう?世界選手権が最終目標なんだから、初めからぶっ飛ばす必要はないでしょう。

> カナダで振付師のローリー・ニコル氏とともにプログラムに修正を加え、初戦のスケートアメリカ(21日開幕、シカゴ)に向かう。
さらに磨きのかかった素晴らしいプログラムになることでしょう。日本に帰国するよりカナダからアメリカ入りした方が移動でエネルギー消費して疲れるよりいいよね。

> 「足を痛めるため、無理をさせられない。焦らず、マイペースに進めるしかない」
左膝痛があってあの演技だよ?あれだけ出来たら十分でしょう。真央選手にだけ過剰な程の完璧さを求めすぎ!

> 次戦でもジャンプの難度を高めない可能性を示した。
GPファイナルなんて行かなくてもいいからね。あんなので優勝しても、世界女王とは言いません。

> 左膝の調子が今季も思わしくなく、密度の濃い練習が積めていない
密度の濃い練習が積めていなくて、あの演技ですか?上等でしょう。初戦だよ。出来杉君レベルでしょう!

真央さんは取材攻勢が大変だから、次の試合に照準を合わせるために、日本に帰国せずローリーの所に行くのは良い選択だったね。スケアメ頑張ってね!
関連記事
スポンサーサイト
page back