【10億円】元慰安婦1人につき1000万円=外務省

時事ドットコム
元慰安婦に1000万円=政府、月内に10億円拠出
配信日時:2016/08/24-21:52
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016082400786&g=pol

 外務省は24日、日韓政府間合意に基づき元慰安婦を支援する韓国の「和解・癒やし財団」に日本が拠出する10億円の使途に関し、生存者1人につき1000万円程度、死亡者には200万円程度支出すると発表した。日本政府は財団への10億円を今月中に送金する方針だ。

 元慰安婦への支援は、財団が対象者の個別の需要を把握し、日韓が合意した使途の範囲内で、現金で支出する。具体的な使途としては医療・介護、葬儀関係費、親族の奨学金などを想定している。 
 昨年12月末の日韓合意の時点で、支援の対象となる元慰安婦のうち生存者は46人、死亡者は199人。財団は両政府に事業の実施状況を定期的に通知する。

10825-2-1.jpg

閣議のため、首相官邸に入る岸田文雄外相=24日午前、東京・永田町

保守速報
【10億円】外務省、元慰安婦1人につき1000万円プレゼント
公開日時:2016年08月24日23:06
http://hosyusokuhou.jp/archives/48298538.html

ニコニコニュース
元慰安婦に1000万円=政府、月内に10億円拠出
2016/8/24(水)19:49 時事通信社  (コメント欄)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2357657

一人の架空小説を作ったキ○ガイのせいで、日本国民の税金がこんな無駄なことに使われてしまう。日本だって貧困老人がいるのに、どうして親が騙してキーセンとして売り飛ばされた人を、日本が補償してやらないといけないの?どう考えてもおかしいよなあ・・・

ちゃんと元慰安婦のハルモニの所にお金が行くならまだ分かる。日韓基本条約の時だって、個人賠償をせず、あかん国政府ががめてテョン国民一人一人に渡さなかった。

ニダ国政府はお金のやりくりが下手糞なので、お金がなくなると、靖国参拝にケチつけて「教科書問題ニダ!金寄こすニダ!」。

次は吉田清治という一人の詐話師の作ったファンタジー小説を基に、「慰安婦強制連行があったニダ!金寄こすニダ!」と来た。

あかん国政府はお金に困ると日本に集ればいいと思っているのだろう。これではまだ独立国家と呼べない。ウリナラに誇りがあるなら、苦しくても日本になんかお金を援助して貰おうとは思わない。

そもそも日本が蕎麦国を甘やかしすぎた。共産主義の防波堤と思い、何か言われたら黙ってハイハイお金を出し続けた。ヨーロッパは東西冷静がとっくに終了しても、アジアはまだ冷戦が続いているので、日本はまだ.国に足元を見られている。

日本がニダ国にお金を渡すなら、日本の方が上でしょう?人から金を貸して貰っておきながら、華夷思想で日本より上で兄の国だから威張っていいニダ!と思っているのかねえ。

個人的には南トンスルランドの下らない思考回路にはもう付き合えません。隣に嫌な国があっても、引越しできないけれど、日本政府にはなるべく蕎麦国とはお付き合いしない方向でお願いしたいですね。

外務省は害無省としか言いようない。日本に害を及ぼし無駄な事しかしない省。ちょっと前まで縁故で入省できたしね。コラムニストの高山正之さんの週刊新潮連載中の変見異在に書かれていた。

160825-2-4.jpg

ジャーナリストの大高未貴さんが吉田清治の長男にインタビューしている記事が出ました。大スクープです!!大高未貴さんはすごいジャーナリストですね。

zakzak
慰安婦“捏造”吉田氏の長男が真相激白「父は誤った歴史を作り出した」
配信日時:2016.08.23
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160823/dms1608231140003-n1.htm

160825-2-2.jpg

 慰安婦問題で、衝撃的なリポートが発表された。朝日新聞は、「慰安婦を強制連行した」という吉田清治氏の虚偽証言を30年以上も放置し、日本と日本人の名誉と尊厳を傷付けたが、ジャーナリストの大高未貴氏が、月刊誌「新潮45」9月号で、吉田氏の長男のインタビューに成功したのだ。「父は大変誤った歴史を作り出した」「世界中の慰安婦像をクレーン車で撤去したい」などと激白する長男と、某国組織の関与が疑われる吉田氏の背景とは。大高氏が、渾身リポートの一部を披露した。

 私は十数年前から、日本軍による強制連行説を世界に広めた「吉田清治」という人物に興味を持っていた。吉田証言については、現代史家の秦郁彦氏が、吉田氏が慰安婦狩りの舞台になったと証言した韓国・済州(チェジュ)島で現地調査を行い、1992年に産経新聞でその「虚偽性」を指摘している。吉田氏も96年に週刊新潮の取材に「創作話」であったことを認めている。

 安倍晋三首相も、自民党青年局長時代の97年5月27日、衆院決算委員会第二分科会で「そもそも、この『従軍慰安婦』につきましては、吉田清治なる詐欺師に近い人物が~」と指摘し、首相就任後の2007年3月5日、参院予算委員会でも「(吉田)証言はまったく、後にでっち上げだったことが分かったわけでございます」と答弁している。

 一連の批判に耐えきれず、朝日新聞は14年になって、ようやく吉田証言を虚偽と判断し、16本の記事を撤回した。

 本来ならここで終わる話だ。ところが、奇妙なことに吉田証言は生き続け、世界各国に次々と設置される慰安婦像の説明文に憑依して、国際社会で現在もなお増殖しているのだ。

 吉田証言を重要な証拠として採用し、国連人権委員会で日本への非難勧告を行ったクマラスワミ報告も、外務省の申し入れにも関わらず、いまだに撤回されていない。

 誤解を恐れずに言えば、吉田証言はプロパガンダとしては大成功だったのではなかろうか。

 だが、このプロパガンダを行った「吉田清治」という人物の来歴は、謎に包まれたままだった。生年も出生地も定かではなく、学歴も経歴も不明だ。そして、名前はいくつもある。さほど年齢も違わない朝鮮人を、何故か養子にもしている。一体、「吉田清治」とは何者だったのか?

 私は、その謎を解明したい衝動にかられ、吉田氏の長男を訪ねた。長男は関東北部の県で、質素な一人暮らしをしていた。最初の取材で、重たい口から発せられた言葉は、以下のようなものだった。

「父が犯した慰安婦強制連行の捏造について、吉田家の長男として、日本の皆様に本当に申し訳なく思っております。できることなら、クレーン車で世界中の慰安婦像を撤去したい…

 「父の責任は重大ですが、一方で、あれだけの創作話を父1人でできるはずがありません。慰安婦問題を既成事実化したい人々の何らかの関与があったはずです」

 それから、私は何度も長男のもとに取材に通った。そして、過去の記憶をたどるうちに、驚愕の事実が続々と明らかになってきた。

 「父は済州島なんか行っていません。家で地図を見ながら原稿を書いていました」「謝罪行脚のため訪韓した際、父のパスポートに入国スタンプは押されていませんでした。なぜなら…」

 朝日新聞は、吉田氏の戦後の経歴を「サラリーマン」などと報じていたが、吉田氏は人生の大半は定職につかず、その生活費は息子たちが賄っていたという。著作、講演活動を繰り広げながら満足にお金を得ることもなく、生活は常に困窮していた。吉田氏は一体、誰のために、何のために活動してきたというのか?

 その謎を解くカギの1つは、吉田家と家族ぐるみで長期にわたって付き合いがあった、神奈川県警の元刑事A氏から教えてもらった。

 吉田氏は「朝鮮半島のある組織にお金を借りていた」というのだ。吉田氏の韓国謝罪行脚をテレビで見ていたA氏は「正直なところ、可哀そうだなと思いました。(略)痩せちゃっているし、おびえている姿そのものでしたよ…」と当時の印象を語っている。

 誰よりも吉田氏を知る長男の告白は、ジワジワと慰安婦問題の虚構の化けの皮を剥がしてゆくこととなろう。

160825-2-3.jpg

 ■大高未貴(おおたか・みき) 1969年、東京都生まれ。フェリス女学院大学卒業。ダライ・ラマ14世や、PLOの故アラファト議長などにインタビューする。著書に『ISISイスラム国残虐支配の真実』(双葉社)など。最新号「新潮45」のリポート「『吉田清治』長男、衝撃の告白 『慰安婦像をクレーン車で撤去したい』 慰安婦問題を作った男の肖像」では、吉田氏の長男など、関係者に徹底取材して、吉田氏の知られざる“正体”に迫っている。

テレビにだまされないぞぉⅡ
さくらにゃんさんのブログ
【慰安婦問題】 吉田清治の長男の衝撃の告白(大高未貴氏スクープ) & 朝日新聞 & クマラスワミ報告
公開日時:2016年8月23日 (火)
http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-985b.html

新潮45 2016年 09 月号 [雑誌]
新潮45 2016年 09 月号 [雑誌] 雑誌 – 2016/8/18

160825-2-5.jpg

【アマゾン カスタマーレビュー

★★★★★ 月刊誌にレビューを書く事は初めてだが!

20年間も世間を騒がした吉田清治の長男がどんな事を発言をするのか?期待を込めて予約購入した。
大高未貴氏の努力により謎とされた4歳年下の養子がどうなったのか、その子息にも対面した努力、吉田清治、慰安婦狩りが創作であった真実など素晴らしい内容の記事であった。



★★★★★ 「慰安婦像をクレーン車で撤去したい」とある!

9月号は冒頭記事にご注目!
「吉田☆清治」長男、衝撃の告白、とあります。

朝日新聞が誤報(捏造だった)と認めた捏造文筆家吉田☆清治の書いたファンタジー小説、そして、韓国済州島で日本軍による奴隷狩りのような慰安婦強制連行があったという父親の嘘の証言により、長年に亘り精神的葛藤に苦しんだという心境が書かれています。

大部分の日本国民もツライ思いをしているので、身内から「吉田証言は出鱈目でした!」と公に発言していただけないものでしょうか?

出来れば本当にクレーン車で乗り込み、世界各地に建てられてしまった慰安婦像を破壊してもらえると助かります。

出来ればの出来ればですが、朝日新聞には全世界に謝罪するよう求め、クマラスワミ報告と河野談話、村山談話など、数々の汚点を撤回(無効)させるよう、尽力していただけないでしょうか?

もしかするとここまで実行すれば、ご長男様のモヤモヤも晴れるのではないか?と!

既に韓国は日韓合意を反故し、日本から10億円を盗った挙げ句、全世界に向けて慰安婦像を増やそうとしています。今後も慰安婦問題を蒸し返しながら、日本にタカリ続けることは間違いありません。

何れにせよ何らかのカタチで韓国には一発撃ち込んでおかないとならないでしょう。

興味を持った方は、まずは書店でパラパラめくってみてください。



★★★★★ 慰安婦問題を創作した男の病。

御存じ、吉田清治氏の長男に対する大高美貴さんのインタビューがあり、この部分について興味を持ったので述べたい。読み進むに連れ、この人はごく普通の人とはどうしても思えなくなった。
病識を欠いているとしか言いようがない。
長男さんは、誠実に応えている。
だが、最後まで読み進めるのが苦通であった。吉田氏は、一貫性を欠いいるのだ。

例えば、易姓革命という概念がある。
有態にに云えば歴史の改竄である。でも、一応の筋は通っている。
吉田氏には、行き当たりばったりでそれが欠けている。嘘の連続である。
朝日新聞は、プロパガンダとして都合の良い処だけを利用したのであろう。

遅まき乍ら、朝日は誤報を認め社長が謝罪会見をした。
だが、対外的な広報はしていない。在外邦人は、誤報により肩身の狭い思いをしている。
国連(第二次世界大戦戦勝国体制)のクマラスワミ報告書は誤報の結果であり朝日の罪は重い。
だが、宦官か腰巻を連想させる(佐藤優)日本国外務省は、朝日と同じく不作為の罪を犯している。
その結果が、特亜三国の利権となってしまったのである。
戦勝国アメリカは、慰安婦問題の後ろ盾であったが、どうやら、先の日韓合意に見られるように梯子を外したようであり、日本にチャンスは巡ってきた。
大高さん、御苦労さまでした。



★★★★★ 吉田清治長男の告白

あの吉田清治の長男の告白が掲載されているということで購読。
この記事しか読んでいないけど、十分に価値があった。

長男が語る吉田と韓国人の関係や取材で出てくる韓国人組織との関係が本当ならば世界的な大スクープではないだろうか?

今後、もう少し掘り下げて取材を続けててほしい。



★★★★★ 日本は、欧州の「失敗」から学べ

メイン記事は、大高未貴氏の「吉田清治」長男の告白で、18ページある。
吉田清治については、慰安婦問題が大きくなった1990年代から、どこで生まれ育ち、何をしてきたのか、学歴も職歴もよくわからない人物と言われていた。今回の長男の告白でも、吉田氏が偽書を書いた理由はわからなかった。長男の記憶するところでは、清治氏は生涯、仕事らしい仕事に就いたことがないという。本の印税は100万円ほどだったと思われる。
大高氏は、長男の話の裏付けのため、神奈川県警の刑事や出版社の担当編集者にも話を聞いている。編集者は今もあの書を事実だと考えているが、長男は全く正反対で、「父は結果として大変誤った歴史を作り出してしまった。これは私が生きているうちに直さなきゃいけないと思っています。父が暴走し始めたときに私がストッパー役になっていればと、悔やんでも悔やみきれません」と言い、朝日新聞については「平成9年の段階(特集記事で吉田証言の「真偽は確認できない」としている)で、なぜ父に直接取材をしに来なかったのか。その時に真相を究明していれば、少しでも慰安婦報道の歪みが正されていたのではと思います」と語っている。

「難民を受け入れなければ三等国か」では、欧州では難民の受け入れを制限しようとする動きが出てきており、「日本も欧州を見習って難民を受け入れるべきだ」というのは、時代遅れの論議だと述べている。
難民受け入れにより、起きた問題の一つ目は、コストがかかること。二つ目は、「優しくすれば、難民が増え続ける」こと。三つ目は、治安が極度に悪化したことである。難民のかなりの割合が若い男性で、大規模強盗、性犯罪事件が起きている。更に難民の中にテロリストがまぎれこんでおり、EU諸国では毎週のようにどこかでテロが起こっているのである。
最も多く難民を受け入れたドイツでは、「反難民政党」と呼ばれる政党が大躍進し、オランダでもフランスでも「反イスラム」「反移民」「反EU]などを掲げる極右政党が台頭し、フランスがEUを離脱する可能性も出てきており、そうなればEUは崩壊するという。
日本は、この欧州の「失敗」から学ぶべきで、日本がすべきことは「難民を大量に受け入れること」ではなく、難民が「母国に戻れる支援」を真剣にすることだと主張している。



★★★★★ 吉田清治の長男のインタビュー

よく取材に応じたと思う。ここに書かれた事以上の暴露があるとしたら、韓国の諜報機関絡みの事が出てくるかどうかでしょうか。



★★★★★ 大高未貴氏すごい!

 この号は純粋な日本人であれば読む価値あります。反日の方は読まなくてもよろしい。NHKを含む地上波放送やデイブレイクに代表される左翼新聞には騙されないぞ!というまともな感覚を持たれている皆様には必ず読んでいただきたいです。店頭で売り切れで、しかも月刊誌なのに増刷されましたが、それでも入手出来ずAmazonで妥当価格での中古品出品者がおられたので即注文しました。慰安婦問題のインチキが27ページも記述され吉田証言の捏造理由や某国及び某国組織の陰謀が見えてきます。元公安の方にも取材されています。正直な話、大高未貴氏が暗殺されることが起きないか心配になります。中古品の出品者の在庫があるうちに興味ある方々は是非とも注文して読んでください。ちなみに読み飽きたらAmazonで売れますから損しませんよ。

吉田清治・・・親がニートで子供が養うって、一体。。。働かないなら結婚して子供産むな!と言いたいよね。

「朝鮮半島のある組織」にお金を借りて怯えた生活を送るぐらいなら、働けばいいだけじゃないの。きっと、ちょっと共産主義にかぶれたインテリぶった奴が、コミュ障で外で働けないから、「朝鮮半島のある組織」にお金を借りて、創作話を書いたということか?

それに朝日新聞が乗っかった。弱者の味方というふりをする朝日新聞。高給取りのくせに、ニート詐話師に職を提供してやらない。おかしいなあ。朝日新聞社内の庶務の仕事でも提供してやりゃあいいのにね。

こんな奴のせいで日本が貶められるんなら、日本国の責任だよ。外で働けない奴のために、ハロワ(当時は公共職業安定所)が仕事を積極的にあっせんしてやれよ!

働いてくたくたになれば、下らない事を考える暇なんて起きないだろう。手に職つけて半島の怪しい組織から金を借りることなんてなかったのに。そのツケが我々日本国民の血税から支払われ、濡れ衣を着せられ、名誉を傷つけられた。吉田清治を絶対に許せない!!

大高未貴さんの続報に乞うご期待!大高未貴さん応援しています!(*ノ´□`)ノガンバレェェェェ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは


そもそも、韓国政府が保証するべきでなんで日本が┐('~`;)┌

慰安婦ってそもそも日本人にも沢山いたわけですけど。その方々は事実をひた隠しにして生活している方々がほとんどでしょう

日本人慰安婦だった方のインタビュー記事みましたが

中国で終戦時かなり苦労して日本に帰ったエピソードなど話しておられました。


もともと日本でそのよな仕事されていた方で、両親の病気や下の兄弟の生活のため給料の良い

中国大陸での仕事の募集を見てという事らしいです

韓国人もいたようですが募集を見てとの事です。

売春婦募集に応募したわけです


今現在でもニダの売春婦は世界中で活躍してます。暫くしたら保証しろと騒ぐんでしょうか


吉田という人物は、かなり胡散臭い人物のようですね、親族はクレーンで撤去して欲しいですね



2016/08/25(木) 19:05 | URL | みき #-[ 編集]
みき 様

こんばんはー!(σ・д・)σコンバンワン
重いテーマの記事にコメントいただき、ありがとうございます!ヽ(゚∀゚o)アリガトン

> そもそも、韓国政府が保証するべきでなんで日本が┐('~`;)┌

日本が今までやった金をどこにやったんだーーーーー!と言いたいですよね。

泣きついてきた韓国に日本が援助してあげた金額
https://www.facebook.com/nobukatsu.fujioka/posts/556040377815074

> 慰安婦ってそもそも日本人にも沢山いたわけですけど。その方々は事実をひた隠しにして生活している方々がほとんどでしょう

日本の方は戦時売春婦だったなんて、恥ずかしくて絶対に言いません。
半島の人は年を取っても、恥じらいがなく大っぴらにする点が日本人とは違いますよね。

> 日本人慰安婦だった方のインタビュー記事みましたが
> 中国で終戦時かなり苦労して日本に帰ったエピソードなど話しておられました。

モンゴル史家の宮脇淳子さんの話していた事なんですが、満州から引き揚げて来る日本人がソ連兵に女を出せと言われた時に、慰安婦の方たちが「私達はどうせ汚れた体だから、代わりに相手してあげる」と言って身代わりになってくれたそうです。

他にも、ある部隊では玉砕寸前になり、慰安婦達に逃げなさいと言われた時に、朝鮮人慰安婦はそそくさと逃げたのに、日本人の慰安婦は剃髪して、銃を持って一緒に戦いますと言って、散っていきました。

朝鮮は日本だったけど、精神までは日本人ではなかったのだなあと思います。

> もともと日本でそのよな仕事されていた方で、両親の病気や下の兄弟の生活のため給料の良い
> 中国大陸での仕事の募集を見てという事らしいです

宮尾登美子さんの小説が犬HKで松たか子さん主演でドラマ化されて、シリーズになりましたね。
家族のために、身売りしているので、気概があり誇りがあります。

> 韓国人もいたようですが募集を見てとの事です。
> 売春婦募集に応募したわけです

だって、中将よりも給料がいいんだもん、そりゃあ、応募しますよね。

> 今現在でもニダの売春婦は世界中で活躍してます。暫くしたら保証しろと騒ぐんでしょうか

売春させろとデモを起こす国って、世界中探してどこにありますかね。
普通なら、足を洗って他の仕事に就きたいから、国が職業訓練をしてくれと要求するなら分かりますが・・・

> 吉田という人物は、かなり胡散臭い人物のようですね、親族はクレーンで撤去して欲しいですね

百田直樹だったか、チャンネル桜だったか、いろいろ動画を聞いているので、記憶がごっちゃごちゃになっているのですが、今週あった番組で、親族はかなり困窮しているので、朝日新聞と外務省が責任を持って世界中の慰安婦像を撤去すべきだと言っておられました。

私も朝日新聞と外務省がやるべきだと思います。外務省は日米開戦でも、開戦前日、退職する職員のためのパーティで開戦通知を打つタイプライターが不在で、文書作成が遅れたとのたまう省です。そのせいで奇襲だと70年以上経っても言われているのです。

昔から、日本国民のために何にもしてくれません。試験勉強をクリアする知能は持っていても、感情が欠落した人達なんだなあと思います。
2016/08/25(木) 19:29 | URL | だらごろこぱんだ #u4iln8sM[ 編集]
おひさし(笑)

以前、桜チャンネルで大高さんが
韓国の大学の日本人教授にインタビューされていましたね。

韓国での生活が長いらしく、数十年前は街や町どころか、村にいたるまで
人目につくところに必ずと言っていいほど売春婦が営むところがあったと、橋の下まで。いかに、その職に就く女性が多く、しかも、社会風土的に珍しくなかったような。

その後、そのインタビューはオフレコのつもりで話したつもりだったのか、抗議されたか、揉めたのかな。

当時を知っている韓国人なら誰でも知っているのでしょうが、あちらで暮らすには真実を公に出来ないことが多々あるのでしょうね。
2016/08/27(土) 13:25 | URL | 菊千代 #195Lvy4Y[ 編集]
菊千代 様

こんにちは~(σ≧∇≦)ノこんちわぁぁ
こちらは台風の進路から逸れていますが、昨日からちょっと風が強いですよ。

わぁーーーお久しぶりです!!お元気でしたか?夏バテされていませんか?
引越しが落ち着いて、ようやくブログランキングに参加しました。カテゴリーは違いますが(笑)
それで、菊千代さんのブログをマイページに登録しているので、そちらから毎日応援ポチしに伺っていましたよ。
気になる記事があって、※しようと思いながら、自分の記事を作るのを優先してしまいました。

> 以前、桜チャンネルで大高さんが
> 韓国の大学の日本人教授にインタビューされていましたね。

とらやのようかん持って話を聞きに行かれたらしいですね。
喫茶店でコーヒー飲みながら、安秉直(アン・ビョンジク)先生に話を聞いていました。(日本語で)
動画を撮りながらの取材でしたよね。

【衝撃告白】「慰安婦聞き取り調査は全然ダメ!」韓国担当教授の重要証言[桜H26/10/6]
https://youtu.be/rbzLa_NRGGc

> 韓国での生活が長いらしく、数十年前は街や町どころか、村にいたるまで
> 人目につくところに必ずと言っていいほど売春婦が営むところがあったと、橋の下まで。いかに、その職に就く女性が多く、しかも、社会風土的に珍しくなかったような。

大高未貴さんって韓国で暮らしていらっしゃったんですっけ?

日韓“円満"断交はいかが? ~女性キャスターが見た慰安婦問題の真実~ (ワニブックスPLUS新書) 新書 – 2014/4/9
https://www.amazon.co.jp/dp/4847065484

大高さんの本を今のところ↑1冊だけ読んだことがあるのですが、世界中を取材に周っていることだけはわかりました。
李王朝最後の王妃となった李方子妃と一緒にチャリティー活動をしていた韓国人女性で、亡くなるまで方子様のお墓参りをされている方のお話は感動しましたよ。

半島は女性の地位が極端に低いから、昔は女性に教育を施そうという親が少なかったんでしょうね。
今はだいぶ女性の地位が向上したでしょうけど、日本に箔付け留学して風俗で働いてるとか、普通の感覚ではあり得ないんですけどねえ。

> その後、そのインタビューはオフレコのつもりで話したつもりだったのか、抗議されたか、揉めたのかな。

週刊金曜日のサイトに揉めたのを鬼の首を取ったように喜々として記事にしていますね。

『文春』、大高未貴氏による“でっちあげ”報道を韓国人教授が告発──安教授の当惑「みなさんとても悪い人ですね」
2014年9月25日7:41PM
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=4695

> 当時を知っている韓国人なら誰でも知っているのでしょうが、あちらで暮らすには真実を公に出来ないことが多々あるのでしょうね。

本当の事を言えば、社会的に抹消されますからね。
他のソウル大の教授は慰安婦のハルモニの前で土下座させられましたよね。ボコボコに殴られている写真もありますしね。

事実の検証なんてできないので、歴史学は捏造&妄想史観になっちゃいますね。
上の週刊金曜日が大高さんの取材は動画があり、証拠になるにも関わらず、結論ありきと言うのであれば、ウリナラの歴史学の方がファンタジーしか存在しないでしょうに。

シンシアリーさんの身元が特定されないことを心から願っています。
彼は無事であって欲しいですね。いざとなったら、日本に逃げて来たらいいのにね。
2016/08/27(土) 14:23 | URL | だらごろこぱんだ #u4iln8sM[ 編集]
コメントを投稿する
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
page back