真嶋夏歩さんの記事が月刊Hanada 2016年7月号に掲載されます!

飛鳥新社

月刊Hanada 2016年7月号
月刊Hanada 2016年7月号

2016年5月26日発売  (地域により2日遅れで発売)

真嶋夏歩 「アスリート薬物事情」

記事の内容は、

リオ五輪出場も危ない ドーピング大国、ロシア

フィギュアスケートについて触れていませんが、世界を騒がせたロシアのドーピング問題について書かれています。夏季競技のみに終わらず、冬季競技でも行われている可能性があります。ですので、読んで損ではない内容だと思います。

他の寄稿者の面々も保守・左翼と思想は違えど、行き過ぎたグローバリズムに警鐘を鳴らして来た論客ばかりです。編集長の花田紀凱(はなだ かずよし)さんならではの人選だと思います。ぜひご一読したいものです。

この「月刊Hanada」は一瞬、ワックの「月刊WiLL」と見間違えるような表紙になっている。花田紀凱さんが両方の雑誌の編集長なのか、大変だなあと思っていたら―――

ねとらぼ
「New WiLL」ではなく「月刊HANADA」に 編集長を解任された花田氏が部員全員引き連れて飛鳥新社で新雑誌
配信日時:2016年04月03日 13時57分
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1604/03/news023.html

ワックの「月刊WiLL」を2016年3月28日に解任されていた模様。それで、飛鳥新社に移って、「月刊Hanada」を立ち上げたのね。

ねとらぼ
「WiLL」元編集長・花田氏による新雑誌「Hanada」、表紙のデザインがそっくりだと「WILL」編集部が怒りあらわに
配信日時:2016年04月25日 19時26分
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1604/25/news148.html

こりゃ、まんまパクったとしか思えない表紙だね。「月刊WiLL」編集部の怒りのツイートをするのも分かる気がする。せめて色ぐらい変えたら良かったように思うのだが・・・(゚ー゚;Aアセアセ

月刊Hanada 2016年7月号」に掲載された真嶋夏帆さんの記事を読まれた後、ご意見・ご感想をお寄せ下さい!

 この本に関するお問い合わせ・感想
http://www.asukashinsha.co.jp/contact/?book_no=238260

真嶋夏帆さんの記事に対するご意見・ご感想が飛鳥新社に寄せられると、次回の「月刊Hanada」に掲載する機会が増えます。ご協力の程よろしくお願い申し上げます!! m(*_ _)m
関連記事
スポンサーサイト
page back