ホラマサ五輪のボブスレートラックの氷が割れる

レコードチャイナ
韓国平昌五輪のボブスレートラックの氷が割れる、外国人選手が練習できず帰国=韓国ネット「新たな伝説を作った」「注目されるためにわざと?」
配信日時:2016年3月30日(水) 9時10分
http://www.recordchina.co.jp/a132111.html

160331-4-1.jpg

2016年3月28日、韓国・スポーツ東亜によると、2018年に開催される韓国・平昌冬季五輪のために作られた平昌スライディングセンターのトラックに欠陥が見つかった。練習計画に支障が出たボブスレー・スケルトン代表チームからは不満の声が出ている。

3月10日ごろに予定されていた国際オリンピック委員会(IOC)の事前承認大会が突然中止となった。トラックを凍らせる冷却機である冷凍プラントに異常が生じ、長さ1857メートルのトラックの氷の一部が割れたためだという。これにより、平昌を訪れていた外国人選手らは練習を行えず、そのまま帰国することになった。

また、韓国の代表チームも3月に予定されていた走行練習が10月に延期され、損害を被った。ボブスレー・スケルトンはコースの理解度が走行能力に直結する種目のため、早い適応が重要なのだという。ボブスレー・スケルトン代表チームのイヨン総監督は、「平昌五輪までに平昌スライディングセンターで600~700回は走行練習をしなければならないが、150~180回ほどしかできない」と不満を漏らした。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「平昌五輪の準備がうまく進んでいるとの記事を一度も見たことがない」
「最初から期待していなかった」

「何をいまさら…。平昌五輪自体が欠陥なのに
「仁川アジア大会の二の舞になりそうで怖い」

「税金を無駄遣いする人たちを厳しく処罰するべき」
今からでも五輪開催資格を返上してほしい。専門家もそう言っている」

「トラックの氷が割れるなんて…。冬季五輪の歴史に新たな伝説を作ったね」
「注目されるためにわざと問題を起こしているの?そんなに日本と比較されたい?」(翻訳・編集/堂本)

厳選!韓国情報
pandianiさんのブログ
平昌五輪のボブスレートラックの氷が割れる、外国人選手が練習できず帰国=韓国ネット「新たな伝説を作った」[3/30]
公開日時:2016年03月31日 08:01
http://gensen2ch.com/archives/57544033.html

160331-4-2.jpg

ホラマサを五輪開催地に決定したのはIOC調整委員の方々。しかし、実際のコースにGOサインを出すのは、各競技の団体の方々。

現場の専門家がホラマサの施設を視察すると、毎回欠陥が見付かる。現場を知らない人が、バ韓国人の楽観的な言葉に騙されて、開催地に決定してしまった。

外国人選手達は練習ができないというだけでなく、身の危険を察知して、帰国したのではないかと思う。こんな所でそり競技であの高速滑走をして、大怪我だけでなく、最悪死亡するかもということは誰もがやりたくないに決まっている。

それにしても、毎回愉快なニュースばかり飛び込んで来るね。本人達は至って真面目に取り組んでやっているのに、必ずやらかす。

ネット上の意見は自国に対して、客観的に見ているんだね。手放しに絶賛でもされた日にゃあ、さすがのあかん国でも終わりでしょうね。

途中まで施設を作っても借金だけ残るけど、意地でも五輪を開催した後の借金の方がもっと大きいことになる。早めに開催を返上して損失を少なくする方が賢明だと思うけどね。

大会が終わったら、施設を取り壊した方が安くつくことになるよ。維持管理費だけで莫大な借金が累積されていくことになる。

お困りの国は、発想が古いんだよね。今時、ハコモノやらイベント等を開催するのは、時代遅れでしょう。日本よりガラパゴス化がすごい。

きっと、日本の真似をしているんだろうね。日本が誤った事の真似をするのは、やめたらいいのにね。

【韓国平昌五輪暗雲】 コースが壊れたニダ!

https://youtu.be/LSu0Npzcjos
関連記事
スポンサーサイト
page back