スポンサーが足りなくて、スタッフに給料を払えないニダ

産経ニュース
スポンサー契約難航で組織委がスタッフに給与を払えない? 環境団体の反発で開催がますます危うい…
配信日時:2016.2.28 10:00
http://www.sankei.com/premium/news/160228/prm1602280004-n1.html

160229-1-1.jpg
平昌五輪のテストイベントが開催されたスキー場。FIS会長から存続の声が出て、新たな難問が…(国際スキー連盟のホームページから)

 開催まで2年を切った韓国・平昌五輪だが、新設競技場の完工、交通インフラの整備などと課題は山積する。中でも、五輪組織委員会が賄うべきスポンサー契約が難航しているというのだ。国内企業から8530億ウォン(約767億7000万円)を賄う計画が目標額の57%に留まっている。このため組織委が財政難で職員に給与が払えないと噂が出たほど。頼みの中核企業は輸出低迷の影響などで業績を落としており、景気の先行きは不透明。さらに五輪後の活用法が未定の旌善アルペンスキー競技場に関し、国際スキー連盟(FIS)のジャン・フランコ・カスパー会長が「保存」を要請。環境団体に配慮して施設の一部を撤去する予定だが、約束違反となれば環境団体の反発は必至なだけに、頭が痛いことばかりだ。

 五輪組織委員会はインフラ整備予算を除く運営予算2兆540億ウォンのうち、8530億ウォンを国内企業のスポンサー契約で賄う計画になっている。昨年4月には朴槿恵大統領が企業にスポンサー参加を要請し、韓国の代表的企業、サムスングループと1億ウォンの契約を結んだ経緯がある。この時点で3500億ウォン、目標額の41%だった。サムスンとの契約で契約に弾みが付くと期待され、15年の目標を6000億ウォンに設定し、70%の達成を掲げた。

 ところが、組織委によると、契約は昨年11月末時点で12社、約4800億ウォンにとどまり、全体の57%。目標にほど遠い水準だが、組織委は悲観していないと韓国メディアは指摘する。趙亮鎬委員長は「大企業の後援で、次第に中小企業に向かって移動する状況なのでマーケティング目標を達成するために大きな問題はない」と強調したという。

 SBSによると、組織委はスポンサー契約企業を(1)約500億ウォン程度を後援する企業(2)ネットワーク企業、保険会社、銀行(3)チケット販売会社、旅行代理店など-に3分類し契約交渉を進める計画だ。

 SBSは契約難航の要因を苦境の国内経済に求めている。実際、2月16日付の朝鮮日報(電子版)によると、IT、鉄鋼、造船など20の大企業グループのうち13(65%)が昨年より減収となり、赤字は1兆ウォンを超え、「1990年代末のアジア通貨危機や2008年の世界的な金融危機直後よりも深刻な水準だ」と危機感が募る。

 さらに、SBSは組織委の戦略的ミスも指摘。現金を確実に確保できる手段として国内銀行との契約を挙げた。しかし、組織委はこの4年で1行としかスポンサー契約を締結しておらず、「今では国策銀行が出てくるのを内心期待している」と皮肉る。

 スポンサー契約のうち現金を拠出する契約は35%。つまり現金がない。昨年末には「組織委には現金が不足し、職員の給与が支給されていないという説が出回った」とSBSは報じた。

 平昌五輪に関する国民の関心も10%に満たなず、五輪の地元・江原道でも「無関心な人がかなり多い」(SBS)という。これでは五輪による経済波及効果を期待するのは難しく、現金を拠出しようという企業がどのくらい出てくるのか推し量れない。

 自らの足元もおぼつかない組織委に新たな難問が突き付けられた。旌善アルペンスキー競技場で実施された平昌五輪初のテストイベント視察のために韓国を訪れていたFISのカスパー会長が「アジアで多くのダウンヒルコースがなければならない」との考えから、同競技場の存続を要請。実現すれば、日本、中国とともに「ワールドカップシリーズが開催できる」と、スキー発展に寄与できると期待を込めた。

 同競技場は絶滅危惧種の植物などの存在から環境団体の建設反対に遭い、工期が当初計画より1年近く遅れ、14年5月に着工した経緯がある。五輪後の具体的な利用法は未定だが、一部は原状回復の方向だ。趙委員長は2月3日の会見で「五輪が終われば、自然環境を復元することを約束した部分があるので、政府、環境団体と合意した部分を履行するだろう」と明言した。

 組織委の関係者は一部を復元すれば「事実上、国際大会を行うことができなくなる」(SBS)。ただ、復元する場合には数千億ウォンがかかる。工事費は政府支出の見通し。つまり国民の税金が投入されるわけだ。組織委がカスパー会長の意見に少しでも同調した場合、SBSは「国内の環境団体の反発が再燃し、五輪開幕前に多大な波紋が起こる可能性がある」と解説する。

 平昌五輪を巡っては、財政難による分散開催に始まり、競技場建設遅延によるテストイベントの中止説などマイナス要因が出現し、綱渡り的な運営が続く。インターネット上には「大会が始まる前から世界に恥をさらしている」とか「韓国に残るのは多額の債務だけ」などの意見が根強い。この現状を見ると、まさにこの意見が正鵠を射ているように見えて仕方ない。

厳選!韓国情報
pandianiさんのブログ
【平昌五輪】スポンサー契約難航で組織委がスタッフに給与を払えない?環境団体の反発で開催がますます危うい
公開日時:2016年02月28日 12:17
http://gensen2ch.com/archives/55629501.html

ウリナラは反日にかけてはウリ民族総出で一致団結するけど、五輪開催に対してスポンサーが集まらない。ウリ民族は愛国心が強いんじゃないの?反日は愛国。五輪開催は愛国活動じゃないんだ。
意味不明・・・(*´-ω・)ン?  (。´-_・)ン?  (´・ω・`)モキュ?

あかん国は10大財閥だけでGDPの75%を超える売上を占めると言われている。それが2008年のアジア通貨危機より深刻な状態というのはかなり危ない。あの時は日本が援助したから、乗り越えられた。

パク・クネ大統領が親日に舵を切ったらしいけど、今回はもう日本は助けないで欲しいね。あかん国と取引している日本企業が損するかもしれないけど、それもリスクだからね。

保守速報
【こっち見んな】ヤバイ!韓国が「親日」へとカジを切った模様 ! ! ! 韓国政府「日本自衛隊と韓国軍で軍事情報協定の締結を!」
公開日時:2016年02月28日12:00
http://hosyusokuhou.jp/archives/46951222.html

あかん国の人はテロリストなんかが形勢不利となった途端、日本に援助を求めたりする。どういう厚かましい神経をしているのだろうかと思う。歴代大統領は政権末期になると反日カードを切るけど、パク・クネ大統領は最初からそれを使ってしまったので、今頃親日に変わるなんて、ほとほと呆れてしまうわ。お姫様は恨みは千年忘れないと言ったくせに、何を今さらなんだけど、、、( ・ὢ・ ) ムムッ  (ー'`ー;)ムムッ  (-""-;)ムム

銀行は外資に乗っ取られて、ウリイ銀行しか自国銀行と言えないという。当然、現金が不足するから、給料不払いは起こる。資金集めの目途が立たないまま、見栄を張りたいためだけに冬季五輪に立候補して、誘致に成功してしまった。

誘致は三度失敗して、四度目に成功。雪の降らないIOC委員にお金を配ったのだろう。それは戦略としてして構わない。あかん国は汚い手を使ってでも勝つという考えの国なのだから。誘致活動に金を使ったら、資金が底をついたという情けなさ。

四度目に誘致に成功したから良かったものの、しつこく立候補し続けるのは司法試験浪人のような感覚なのではないかと思う。諦めて違う道に行けばいいのに、科挙の影響か諦めずに続けることが良しとされているのだろう。潔さがないのが、鬱陶しいなあと思う。

冬季五輪の国民の関心の低さは、「フィギュアスケートは何それおいしいの?」ぐらいのレベルだったものね。フィギュアスケートの楽しみ方を今でも分かっている国民はどのくらいいるのだろうか?勝つからすごい訳じゃないことも知らない。勝ちさえすればすごいに違いないという思考回路しかない。

蕎麦国はそり遊びをしている水墨画が残っているのだろうか?日本みたいにかまくらかんじきがあるのかな?雪ん子とか雪女の伝承なんてなさそうな感じだね。あかん国には雪が文化に根付いてないご様子。

ヨーロッパがスキー文化が根付いているのは、放牧をするからである。日本は畜産をして来なかったので、森を切り開くことはなかった。日本各地のスキー場はバブル期をピークにたくさん作られた。スキー場は森林伐採をするだけではなく、コースを滑らかにするために薬剤を撒く。そこで土壌汚染の問題が生じる。

FISのカスパー会長が「アジアで多くのダウンヒルコースがなければならない」というのは、気候上無理な話だと思う。それに、ヨーロッパ・北米と比べるとアジアの人口密度が高すぎて、スキー場開発どころではない。

絶滅危惧種の植物のために競技施設の建設反対をしている環境団体はもっと活発に活動して貰いたいよ。一部を原状回復したらホラマサ冬季五輪が開催できなくなるなら、開催見送りは確実だね♪日本にタカることもなくなるわね。

Yahoo!知恵袋
オリンピックって開催国が決定してから中止となった事ってあるんでしょうか?
質問日時:2013/12/922:17:57
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12117704202

シーシェパードは日本をいじめる前に、ホラマサの絶滅危惧種の植物のために戦わなきゃね。日本とあかん国どちらにタカる方が儲けるだろうか?あかん国は延滞して支払ってくれないけど、熱烈歓迎してくれると思うよ。無視されることが最大の屈辱らしいから、構っていじってやったら喜ぶと思うな。
関連記事
スポンサーサイト
page back