ペッパー君は同じ事を繰り返し言う

産経ニュース
ペッパー販売、一般向け強化 6カ月連続完売…今月は追加で300人に購入券
配信日時:2015.12.8 05:00
http://www.sankei.com/economy/news/151208/ecn1512080001-n1.html

160116-3-1.jpg
改札で案内するペッパー=東京都大田区の羽田空港(大坪玲央撮影)

 ソフトバンクグループのヒト型ロボット「ペッパー」は6月の発売以降、11月まで6カ月連続で、毎月完売が続いている。ロボット事業を担うソフトバンクロボティクス(SBR)は11月まで月千台を販売していたが、12月からは販売台数を1300台に増やし、一般の購入希望者への間口を広げる。

 12月は25日までに事前予約した人を対象に、抽選で300人に購入権を付与する。毎月末の千台とは別に販売台数を割り当てる。

 ペッパーは6月末から専用サイトで一般向け販売を開始。本体価格のほかアプリ利用料金などを含めて3年間で約120万円が必要だ。

 SBR事業推進本部の吉田健一本部長は「ロボットは個人で買えるものではなかったのに、ペッパーはほかの商品とどちらを購入するか選ぶ程度の金額まで下がった」と話す。

 8月末に購入したという相模原市の男性公務員(50)はソニーのイヌ型ロボット、AIBO(アイボ)も所有していた。「アイボに比べるとペッパーの性能は比較できないほどいいが、会話の内容が同じことばかりという不満もある」という。

 一方、昨年12月から家電量販店の売り場などでペッパーを接客に使っているネスレ日本(神戸市)は、商品の特徴を対話形式で説明するアプリを導入した。子供と一緒にペッパーを見にきた大人が、商品を購入するなどの効果があり、来年中には全国の家電量販店など千店にペッパーを派遣するという。

 ペッパーの購入層は、現在はロボットやパソコン好きなどが多いという。SBRの冨沢文秀社長は「英会話などの教育やヘルスケアなどのアプリが重要になってくるだろう」と話した。(大坪玲央)

160116-3-2.jpg
160116-3-3.jpg
160116-3-4.jpg

ペッパー君が一家に一台になる頃には、バラエティのある会話ができるようになっているといいのだけど。今の段階では会話の内容が同じ事ばかりなのね。それはちとつまらないというか、おバカすぎて逆にストレス溜まるわね。コミュニケーション型のロボットが発達するにはまだまだ時間がかかるみたい。

160116-3-5.jpg
https://twitter.com/InsideCHIKIRIN/status/687792599382503424

SFの世界の中だけだと思っていた、人が働かなくてもいい時代がやって来るのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト
page back