アルメニアのリンクで調整させたスケート連盟の失態③

日刊スポーツ
真央、金へ絶好の環境アルメニア前線基地
配信日時:2014年2月4日8時34分 紙面から
http://www.nikkansports.com/sochi2014/figureskate/news/p-sochi-tp0-20140204-1252918.html

 ソチ五輪フィギュアスケート代表の浅田真央(23=中京大)が3日、女子シングルに向けた最終調整をアルメニアの首都エレバンで行うことになった。団体戦から個人戦までが中10日あるため、いったんソチを離れる計画を立てていたが、4つの選択肢の中から同地を選んだ。交通の便も良く、日本スケート連盟がリンクを貸し切っているため、十分な練習が積める絶好の環境。悲願の金メダルへ、欧州の小国で滑り込む。

 東欧と西アジアに挟まれたコーカサス地方の共和制国家が、浅田の最終前線基地になる。期間中の日程について、フィギュアスケート日本代表の小林芳子監督が「団体戦に出た女子選手2人はアルメニアで調整することになりました」と述べた。団体戦の出場選手は試合当日まで非公表のため名前の言及はしなかったが、日本は女子シングルのショートプログラム(SP)に浅田、フリーには鈴木明子を起用する意向。その両名ともに、1度ソチから移動し、個人戦の数日前に再び同地へ戻ることになる。

 日本スケート連盟は昨年、練習時間が限られる五輪会場事情を考慮し、「日本専用リンク」としてアルメニアの首都エレバンを合宿地に決定。ソチと時差がなく、気候も同じで、治安、衛生も良く、ソチから直行便で1時間半ほどと近く、毎日複数の便が飛ぶ。さらに空港から市街地とリンクも車で数十分の範囲と、非常に高い利便性が決め手になった。

 昨年9月には鈴木ら代表選手4人で強化合宿も実施しており、予行演習も済ませている。リンクはすでに2月から日本の貸し切りで、選手は好きな時間に練習が可能。整氷担当者がロシア出身で、なるべくソチの五輪会場に近い氷の質に近づけるように調整できる利点もあるという。

 浅田はこれまで、中10日間空く日程を考え、複数の選択肢を持っていた。(1)アルメニア(2)元コーチのタラソワ氏の練習拠点であるモスクワ(3)ソチ近隣の欧州国(4)日本に戻っての調整の4つで、佐藤コーチらと直前まで話し合いを進めた結果、(1)を選んだ。初めて訪れる国になるが、移動時間などを考えた上で判断したと思われる。

 現在は日本で調整を続けており、現地入りは5日になる予定だ。「最高の演技をする」という集大成の舞台へ、準備は着々と整ってきた。【阿部健吾】

 ◆アルメニア 正式名称はアルメニア共和国。西アジアの南コーカサスに位置し、黒海とカスピ海の間にある内陸国。91年に旧ソビエト連邦から独立した。日本との時差は5時間あり、人口は約300万人。国土の面積は2万9800平方キロで、これは日本の約13分の1、旧ソ連の中でも最小になる。公用語はアルメニア語。主要産業は宝石加工(ダイヤモンド)、機械製作。首都はエレバン。

 ◆過去の五輪の前線基地 06年トリノ大会ではフランス国境に近いイタリアのクールマイヨールに日本オリンピック委員会(JOC)がリンクを用意。金メダルを手にした荒川静香らフィギュア勢が数日間滑り込みを行った。10年バンクーバー大会では日本連盟が市近郊のリンクを確保し、浅田らも利用した。

160124-2-9.jpg

目の下にクマが出ているのですごく疲れているけども、笑顔でインタビューに応える真央選手。この時は疲れがあって、不安を抱えていても、明るさがあった。やっぱり、アルメニアに移動してから、何かがあったのだろう。

スポニチアネックス
真央みっちり“金”トレ アルメニアで1日練習6時間
配信日時:2014年2月11日 05:30
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/02/11/kiji/K20140211007561490.html

160124-2-1.jpg
合宿地のアルメニアに向け、ソチ空港を出発する浅田真央 Photo By 共同

 “通常トレ”で復調する。ソチ五輪フィギュアスケート女子の浅田真央(23=中京大)が10日、個人戦(19日SP、20日フリー)に向け日本チームが用意した合宿地のアルメニアの首都エレバンに出発した。日本では一日4時間練習する浅田だが、ソチ入り後は4日間でわずか140分しかリンクに立てなかった。午前3時間、午後3時間貸し切りになっているエレバンのリンクで、悲願の金メダルへ再調整する。9日に終了した新種目の団体で日本は5位に終わり、メダルを逃した。

 体を動かしたくて、ウズウズしていた。まだ日が昇らない早朝、浅田がアルメニアに出発するため、ソチの空港に姿を見せた。8日に団体女子SPの出番を終え、9日は氷に乗らずオフ。「体がなまっているので、もう一度通常の状態に戻していきたい」。19日にSP、20日にフリーが行われる個人戦を見据えて、17日に再びソチに戻るまで調整。悲願の金メダルへ、もう一度ギアを入れ替える。

 日本の拠点・中京大アイスアリーナでの練習では、週に1度のオフの他は一日4時間はリンクに立つ。だが、ソチ入り後は練習量が激減した。今大会の会場のアイスベルク・パレスがショートトラックの会場を兼ねていることに加え、団体のエントリー種目限定の練習枠もあり、時間がかなり制限された。5日深夜に到着した浅田は6日から氷に乗ったが、団体女子SP当日の午前を含めても、この4日間で氷上での練習時間はわずか140分だった。

 団体ではトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒し、今季自己ワーストの64・07点で3位。復調を目指す浅田を、アルメニアの首都エレバンの練習リンクが後押しする。日本連盟は午前3時間、午後3時間を貸し切っており、十分な練習時間が確保できる。日本チームの小林監督は「ソチに来てからの練習量では彼女(浅田)には足りない。エレバンなら日本にいる時のような練習ができる」と期待。現地には日本連盟のスタッフも滞在し、サポート態勢も万全だ。同監督は「きょう(10日)も滑っているでしょう」と話し、到着後に練習したもようだ。

 ソチ初演技で精彩を欠いた原因は分かっている。五輪独特の緊張感に襲われ、練習通りの演技ができなかった。「感じたのは気持ちということ。自分の演技に集中したい」。メンタルを整え、日本と同じような練習量で調整すれば、道は開けると信じている。「最後の五輪で自分の納得する演技をすることを目指したい」。黄金の輝きを求めて、再出発だ。

160124-2-2.jpg
団体女子フリーでロシアのリプニツカヤの演技を見つめる高橋と浅田 Photo By スポニチ

日刊ゲンダイDIGITAL
スケート人生「キス&クライ」
<第4回>団体戦5位。気持ちを切り替えて真央とアルメニアに向かうと…
配信日時:2014年9月12日
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/153273/

160124-2-3.jpg
練習中の真央と筆者(右) 真野慎也/JMPA

【連載】 鈴木明子 スケート人生「キス&クライ」

 男子SP(ショートプログラム)の羽生(結弦)君の首位で始まったソチ五輪フィギュアの団体戦。日本チームは最高のスタートを切れたのですが、やはり「団体」は総合力の勝負です。日本は徐々に順位を落とし、女子SPに出場した(浅田)真央も3位。女子フリーの私も4位止まりで、日本は最終的に5位で団体戦を終えました。

 ファンの方々、特にメダルを期待されていた方々はこの結果に落胆されたかもしれません。でも、私たちは競技が終わった瞬間に気持ちを切り替えました。「できる限りのことは精いっぱいやった」という満足感のようなものはみんな持っていましたし、「次は個人戦」と再び気持ちを集中しなければならないと思っていたからです。

 団体戦が終わった翌日の2月10日。私は仲間と別れ、真央と一緒に日本フィギュアの練習拠点があったアルメニアの首都エレバンに向かいました。ソチから南東にある国で、空路で約1時間です。団体戦終了から個人戦まで9日間も空くため、ソチに近く気候も似ているアルメニアで合宿をすることが決まっていました。

 広いリンクは真央と私でほぼ貸し切り。ソチとは違いマスコミもひとりもいません。大会中は現地のリンクでの練習時間が限られていた私たちは、ここで思う存分練習できると思っていました。

 しかし、ここからが「試練」の始まりでした。

 ソチ五輪出場を決めた13年12月の全日本選手権以降、足のうおのめの炎症から練習不足だった私は、遅れを取り戻そうと猛練習を計画していたのですが、徐々に両足の炎症が悪化。気が付けば、両足共にスケート靴が履けない状態になっていたのです。

「どうしたらいいのだろう……」

 一度、つま先だけを靴に通しましたが、すぐに想像を絶するような激痛が患部から体全体に襲ってきました。

「少し練習を休めば痛みは多少和らぐかもしれない」

 一時は思い切って1週間の「全休」も考えました。でも、五輪を目前に控え、回復にどの程度の時間を要するかわからない以上、私には練習を休む勇気はありませんでした。技術、氷の感覚は休めば休むほど取り戻すのが難しくなるからです。

 アルメニア入りから2日後。そこからはリンクで泣き叫びながらの練習が始まりました。

 無理やりスケート靴を履き、強引に紐できつく縛りつける。すると30分ぐらいで両足は激痛と圧迫により「麻痺状態」になる。この状態で練習を始めたのですが、それでも激痛は数分で戻ってくる。ジャンプ、回転をして着氷すれば痛みは何倍にも膨れ上がる。跳ぶたびに、静かなリンク全体に私の悲鳴、絶叫が響き渡りました。五輪前の練習とは思えない異様な光景です。

 これでは一緒に最終調整をしていた真央にも迷惑をかける。お互いのペースを守るために長久保先生がある提案をしてくれました。

(つづく)

▽すずき・あきこ 1985年3月28日、愛知県生まれ。6歳からスケートをはじめ、15歳で全日本選手権4位。東北福祉大に進学後、一時、摂食障害を患い休養。04年に復帰。10年バンクーバー五輪初出場。13年全日本選手権初優勝。14年ソチ五輪出場。今年3月の世界選手権を最後に現役を引退。

日刊ゲンダイDIGITAL
スケート人生「キス&クライ」
<第5回>「痛いなんて言ってる場合じゃない!」恩師の怒声にキレかけた
配信日時:2014年9月13日
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/153305/

鈴木明子さんのソチ前のアルメニアでの練習はうおのめとの戦いで、小指が親指ほどの太さにまで腫れ上がってしまった。そりゃ、五輪じゃなかったら、棄権していたぐらい痛かったことでしょう。

こういう時、補欠の選手を用意していないのが、日本式だと思う。ブロードウェイのミュージカルでは補欠の俳優が初めから用意されていて、補欠の俳優が出演する日が予定されている。そうやって練習して、本当の危機に備えるのだ。

鈴木明子さんとしては二度目の五輪に出たいという気持ちがあるだろう。でも、国としてメダルを獲りに行くのであれば、宮原知子選手をもしもの時のために繰り上げ出場させる準備をしておかないといけない。

2006年トリノ五輪ではミシェル・クワンさんが現地に行って記者会見をして出場辞退をするだけで、お金が支払われるという契約を結んでおり、代わりにエミリー・ヒューズさんが出ることになった。

鈴木明子オフィシャルブログ「shantiな日々」
アルメニアその1
公開日時:2013-09-07 20:20:08
http://ameblo.jp/suzuki-akko/entry-11608825338.html

160124-2-4.jpg

アルメニアその2
公開日時:2013-09-08 11:30:18
http://ameblo.jp/suzuki-akko/entry-11609256403.html

160124-2-5.jpg
160124-2-6.jpg

アルメニアその3
公開日時:2013-09-09 11:35:23
http://ameblo.jp/suzuki-akko/entry-11609977026.html

160124-2-7.jpg
160124-2-8.jpg

世界遺産級の観光をするだけなら、行っても良さそうな国だと思う。しかし、スポーツの練習拠点として選ぶには果たして良かったのかどうか。

ロシア自体でも、うーんと思う点が多い国なのに、その周辺国の遅れと言ったら、ロシア以上である事は容易に想像できる。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
page back