今のところはうまくいっているのかな

スポニチアネックス
真央 復帰後順調「今のところはうまくいっているのかな」
配信日時:2015年11月7日 05:50
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/11/07/kiji/K20151107011463620.html

フィギュアスケートGPシリーズ第3戦・中国杯 女子SP (11月6日 中国・北京)

151107-4-1.jpg
ほっとした表情で観客の声援に答える浅田真央 Photo By スポニチ

【浅田真央一問一答】
 ――演技を終えて

 「これだけのレベルに挑戦してまとめられた。きょうの時点では満足している」

 ――2季ぶりのGPだった

 「緊張もしているけど、自分のパワーにもなっている。1年休んで、この舞台に戻ってきたいと心から思っているから。今のところはうまくいっているのかな」

 ――シニアのGPにデビューした中国杯から10年がたった

 「10年って長いようで早いんだなと思った」

 ――10年前と比べて

 「15歳の頃は楽しみで仕方なかった。今もそうだけど、自分の演技を目指す気持ちが強い。誰かと対戦する気持ちはあまりない。それも一ついい方向に向かっている」

 ――休養中に楽しんだことは

 「スケート靴を持たずに旅行に行けた。選手だったらケガをしたらいけないのでできないけど、バンジージャンプやバナナボートにも乗った」

151107-4-2.jpg

スポニチアネックス
真央の男子並み高難度プログラム今後楽しみ 岡崎真氏が解説
配信日時:2015年11月7日 05:50
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/11/07/kiji/K20151107011463600.html

フィギュアスケートGPシリーズ第3戦・中国杯 女子SP (11月6日 中国・北京)

151107-4-3.jpg
大人の真央全開で高得点をマークした浅田真央 Photo By スポニチ

 浅田真央が2季ぶりとなったGPのSPで71・73点をマークし、首位発進。ISU(国際スケート連盟)テクニカルスペシャリストで、プロコーチを務めるスポニチ本紙解説の岡崎真氏が世界最高難度のプログラムについて解説した。

 ノーミスの印象すら与えるほどの浅田のSPだったが、ジャンプに少しずつ誤算があった。冒頭の3回転半は高さも回転も十分。だが、着氷でやや詰まり、加点は得られなかった。3―3回転の連続ジャンプは2つ目のループで着氷を急いだのか、回転を緩める動きが早く、回りきらずに降りてしまった印象だ。>ルッツは踏み込みから踏み切りの短い間に余分なタメがあり、離陸時のエッジへの体重のかけ方がずれた。基礎点が70%となる減点ではあったが、不得意としてきたジャンプをSPに入れた“攻めの姿勢”は評価したい。

 プログラム全体としては要素と要素のつなぎに「余白」が感じられ、まだ練り込んでいく必要性も感じられた。ただし、この構成を冷静に分析すれば、4回転ジャンプを持たない男子選手と同等。それだけの難度を、本格的復帰戦でこれだけこなせたことは驚異的と言える。ボーカルの入るタイミングと表情による雰囲気づくりもマッチしており、清潔感のある大人の色気も感じさせてくれた。内容はもちろん、得点的にも余白は十分で、今後が楽しみになるものだったと思う。(ISUテクニカルスペシャリスト、プロコーチ)

151107-4-4.jpg

4回転ジャンプを持たない男子選手と同等の構成。

151107-4-6.jpg
151107-4-5.jpg

真央選手は男子と戦ってるんだ。すごすぎ!みどりさんのようだ。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
page back