宮崎 交通事故

産経WEST
73歳運転手、てんかん持病か 歩道を700㍍暴走
配信日時:2015.10.29 08:07
http://www.sankei.com/west/news/151029/wst1510290018-n1.html

151029-1-1.jpg
JR宮崎駅近くで暴走し、通行人をはねて横転した軽乗用車=28日午後3時28分

 28日午後2時50分ごろ、宮崎市中心部の交差点からJR宮崎駅前にかけて軽乗用車が歩道上を約700メートル暴走し、歩行者や自転車に乗っていた男女計6人を次々とはねた。宮崎県警によると、いずれも宮崎市の無職、藤本みどりさん(66)と会社員、高木喜久枝さん(50)の2人が死亡し、東京都と宮崎県の17~68歳の男女4人が重軽傷を負った。

 車を運転していた鹿児島県日置市東市来町、職業不詳、川内実次(みつぎ)さん(73)も、外傷性くも膜下出血で病院に搬送。県警は回復を待って自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで事情を聴く。捜査関係者によると、県警はてんかんの持病があったとの情報を把握しており、慎重に調べる方針。てんかんは薬で発作を抑えることができ、適切な治療を受けていれば運転に支障はない。

 現場は宮崎駅前の大通り沿いにオフィスビルやマンションが立ち並ぶ一角。県警によると、車は市中心部のデパート「山形屋」前の交差点付近から、駅前につながる「高千穂通り」の歩道に進入して暴走。駅西側の交差点で横転し、停止した。同乗者はいなかった。

 被害者を救助するため、宮崎県のドクターヘリコプターも出動、駅西側の交差点に着陸した。県によると、通常は空港やあらかじめ定められた地点にしか着陸できないが、救助や捜索の目的で安全の確保ができ、決められたスペースがある場合は降りられる。

 相次ぐ事故 議論続く

 てんかんをめぐっては、過去に運転中の発作が原因とみられる死亡事故が起きたことから、免許取得時の虚偽申告や病気が原因の事故に対する罰則が強化された。一方、適切な治療を行っていれば症状はコントロールでき、患者団体からは「特定の病気で罰則を重くするのはおかしい」との声があがるなど、社会的な議論が続いている。

 京都市東山区で、てんかん患者だった男性会社員=死亡=が運転する軽ワゴン車が暴走し、19人が死傷する事故が発生したのは平成24年4月。前年4月には、栃木県鹿沼市でクレーン車の運転手がてんかん発作を起こし、はねられた児童6人が死亡した。

 これらの事故を受け26年5月、てんかんなど特定の病気の影響で事故を起こした場合、罰則が重い危険運転致死傷罪を適用する自動車運転処罰法が施行。同6月、運転免許の取得や更新の際に病状を虚偽申告した場合に罰則を科す改正道交法も施行された。

 これに対し、日本てんかん協会は「一部の人が起こした事故で差別が助長されている」としている。

 ただ、同様の事故は近年も発生。今年8月、東京・池袋で、てんかんの持病がある医師が運転していた車が暴走し歩行者5人が死傷。同年3月には今回の事故と同じ宮崎市で、てんかん患者が運転する車が起こした事故で5人が死傷した。いずれも警察が事故と病気との関連を調べている。

151029-1-2.jpg
151029-1-3.jpg

車暴走6人はね2人死亡 宮崎駅前歩道700メートル

https://youtu.be/qFuzPBM9dR8

てんかんを一緒くたにしないで!と団体は言うけど、やっぱり免許は返納した方がいいんじゃないのかな。しっかり薬を飲む能力がない自己管理のできない人にひき殺されても、被害者が泣き寝入りするんだよ。

そもそも、てんかんと認知症を併発している人は、自分の車の運転が危ないかどうかさえ、分からないでしょう。独居の場合は、指摘してくれる人がいない。これからこういう事件は頻発するでしょうね。

この男性は鹿児島の人なのに、宮崎に用事があって、車でやって来た。公共交通機関の発達していない所だと、車で遠方からやって来て、居住地外で事故を起こすことになる。

てんかんはまだ解明されていない点が多いし、大人になっても発症する可能性があるので、差別されたと思う気持ちも分からないでもない。けれど、被害妄想に近いし、被害者ビジネスのように感じてしまう。

J-CASTニュース
宮崎「歩道暴走」運転の73歳男性は認知症!2日前に退院したばかり
配信日時:2015/10/30 11:23
http://www.j-cast.com/tv/2015/10/30249317.html?p=all

 おととい28日(2015年10月)、宮崎市の目抜き通りで歩道を軽自動車が暴走して2人が死亡、5人が重軽症を負った事件で、運転していた73歳の男性は数年前から認知症で治療を受けており、2日前まで入院していたことがわかった。病気と事故との関連づけは難しいが、このところ高齢者の事故が続いており、深刻な社会現象とみた方がよさそうだ。

 宮崎テレビが事故撮影!ブレーキかけたり急加速したり・・・

 現場の歩道は中央に標識が立っており、片側だけでも車が走れる広さがある。男性が運転する軽乗用車は午後2時50分ころ、交差点で車道からこの歩道に乗り入れ、初めはゆっくりと走っていた。別の取材で居合わせた宮崎テレビの取材チームが事故の様子を撮影していた。
・・・・・・

 映像を見ると、ブレーキをかけたりしているのがわかる。ところが、レンタルビデオ店前で人をはねてから急加速して、さらに5人をはね、JR宮崎駅前の交差点に飛び出すところでコンクリートのベンチに激突、縁石に乗り上げてとんぼ返りをして止まった。とても正常な運転とはいえない。

 車は歩道を700メートルを走っていたが、事故の直後に警察官が「車道と歩道を間違えたのか」と聞くと、「はい」と答えていた。男性はこの日、鹿児島から来ていたが、どこにいるかも定かでない様子だったという。

 75歳以上死亡事故の4割「認知機能」問題あり

 運転者が認知症だったことによると見られる事故は増えている。今年1月(2015年)には首都高速道路を逆走した83歳の男性が、トラックと正面衝突して死亡。7月には大阪・淀川区で73歳の認知症の男性が踏み切りから阪急電車の線路に乗り入れた。幸い事故にはならなかったが、列車往来危険の疑いで逮捕されている。

 警察庁によると、去年発生した75歳以上の死亡事故471件のうち、約4割の181件が認知機能の衰えが原因とされた。認知症に詳しい医師は「認知症は自覚しずらい。ふらふら運転とか車庫入れでこすったりなど、技術に問題が出ても、本人は言わないから家族が気付くしかない」と話す。

 6月の改正道交法で認知症のチェック体制強化が盛り込まれ、認知機能検査で可能性があれば医師による検査を義務づけられ、認知症と判断されれば「免許取り消し」「免許停止」にもできるようになった。

 事故を起こした男性の近所の人は、運転ぶりを「危なっかしい」と感じていたという。「あさチャン!」は男性の運転ぶりやが普段からどのくらい車を利用していたのかなどは伝えなかった。司会の夏目三久も既報のニュースを伝えただけだった。

(文 ヤンヤン)

人がこんなに長生きすることを想定して人間の体はできていないから、認知症(昔は痴呆やボケと言っていた)の人が急増した。昔なら、認知症になる前に死んでいた人が、医療の発達(過剰医療とも言える)と栄養たっぷりな食事により長寿になってしまった。

果たして、長寿はいい事なのだろうか?若い人をひき殺しても、認知症で無罪放免。強制入院で処遇は終わり。殺された者は報われない。65歳の4人に1人は認知症と言う医者もいる。どんな元気で頭脳明晰な人を含めて、70歳で運転免許証を強制返納させたらいいと思う。

早くロボットカーが発達して、老人が運転しなくていい世の中になって欲しいものだ。
関連記事
スポンサーサイト
page back