大会に適さない所

SPOX.com
平昌の世界選手権
バイアスロン世界選手権への前奏曲が失敗する恐れ
配信日時:2009年2月13日(金曜日)
http://www.spox.com/de/sport/mehrsport/wintersport/0902/News/Auftakt-der-Biathlon-WM-droht-auszufallen.html

バイアスロン世界選手権の序曲は、韓国で土曜日開始予定のバイアスロン世界選手権は高温と豪雨による失敗する恐れがありました。開始するかどうかを短期間で決定します。

150921-11-1.jpg
危険な状態にあるワールドカップの開幕戦:雨と高温は重要な条件のために韓国で備えをします。

11度プラス、季節的な大雨と嵐:バイアスロン世界選手権はしきりに脅かしています。13日金曜日平昌では、周りのランコースは水たまりに変わり、TVカメラや広告ボードが最初に倒れました。

トレーニングさらには開会式さえ取り消されました。決定開始の8時間前に陪審緊急会議は、実際には7.5キロスプリント女子で始まるかどうか決定することです。

24時間、20センチの雪を失いました

「我々はこの24時間以内に競技場の雪を20センチメートルも失いました。信じられないぐらい、私は考えたことがなかったでしょう」ノルベルト・バイヤーは「非常に危機的な状況」と解説しました。

世界連盟の元ドイツ代表監督の責任技術代表は、韓国人ボランティアの夜勤は温度低下が翌日発表され、彼らの全ての要望を公表してから、およそ3000立法メートルの雪の倉庫を置きました。

バイヤーは実は、2018年五輪のために成功したバイアスロン世界選手権で推薦されて、国際的オリンピックの委員会(IOC)の8人のメンバーを彼女の招待リストに特別に加えたい主催者を批判しました。

「そこは雪だけが問題なのではありません。それは単にあまりに長く続きます。通知問題があります。そのような天気の中で行動するための専門家がいません。これはこの状況で我々に役立った大きなフックです。

世界協会の批判

それに対するチームへの批判は、本体IBUとそのレースディレクターであるフランツ・ベルガーに対する優先権について指摘されました。オーストリアは世界選手権の開始1週間前にベイヤーと共に到着して、1月19日に基づいて状況の画像を取得していたが、それまでの彼の韓国の光沢ある写真が届きました。

「“不条理”特別な会議の後、25カ国の指導者のスポークスマンとして、スウェーデンのドイツコーチであるヴォルフガング・ピヒラーは言った:「少なくとも30日と20日は、ワールドカップの前に2つの点検をします。韓国人はまだ分かりません。我々、コーチはIBUの世界選手権の準備に同意しません。現在、何か根本的に変わらなければなりません。原則として、世界選手権をここで行うのが正しかったかどうか疑問を持っています。

その後、難しい滑走路が普通のアイスリンクに変わるので、次の日の間の永久凍土層に対する望みさえ惑わせます。既に前のトレーニングの日に大きな傷や壊れた接合部分がありました。スキーポールサプライヤーは既に多数の断片のため、供給を命じなければなりませんでした。

協会に開発危機計画

IBU社長アンダース・ベッセゲルグは、現在のアルペンスキーワールドカップは天候の気まぐれに言及しました。それは限られた力を持っている自然の現在の被害に反しています。協会の管理では、一方最初の危機シナリオは、いわゆる計画Bとして開発されました。

少なくとも、人がプログラムを移すために試す始めの拒絶で、2つの休息日(月曜日と金曜日)による世界選手権は余裕を持っています。

3月のワールドカップ(ノルウェーのトロンハイム)の1つで異例の世界選手権決定を補うことは、既に議論されました。 ついにほとんど全ての世界選手権は1999年フィンランドのコンティオラフティで行われました。しかし、その時マイナス30度の極度の寒さに下がりました。

International Biathlon Union
http://www3.biathlonworld.com/en/press_releases.html/do/detail?presse=398

150921-11-2.jpg
150921-11-3.jpg
150921-11-4.jpg

スウェーデンのドイツコーチであるヴォルフガング・ピヒラーのお言葉:世界選手権をここで行うのが正しかったかどうか疑問を持っています。

(追 記)

シンシアリーのブログ
シンシアリーさんのブログ
平昌の切り札「貯蔵雪」・・さっそく3人負傷
公開日時:2016-12-08 16:50:27
http://ameblo.jp/sincerelee/entry-12226825763.html

ホラマサの雪不足を解消するための切り札としての「雪の倉庫」=「貯蔵雪」で、2016年2月のテョン国ニュースでは3人が負傷する事故が起こったようです。

危険が危険すぎて。。。もう何が起こるか、、、とにかく恐ろしいニダー ・<゚`Д´゚;><アイゴォオオオオオ !!!  
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
へへへwお久しお~~!
実は今週、ぴよ様に教えていただいて、1度こちらに来たんですミダ。

コメントを残そうとしたんですけど、驚かせちゃうニカ?とためらっちゃいますた。

お元気そうでホッとしますたデヨ~!
また時間の空きを見て遊びに来ますね!
2015/09/25(金) 03:54 | URL | Mansikka #T9pcWMuE[ 編集]
コメントを投稿する
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
page back