必死に雪を探しました

フランクルター・アルゲマイネ
必死に探しています:韓国で雪
配信日時:2009年2月13日  平昌 執筆者:クラウス・ディーターリ
http://www.faz.net/aktuell/sport/wm-winter/biathlon-in-pyeongchang/biathlon-wm-verzweifelt-gesucht-schnee-in-korea-1775385.html

平昌のバイアスロン世界選手権の序曲は、緊急に危険に晒されます。最終的なトレーニングならびに開会式は、連続雨に陥りました。誰も競争が遅れずに始まると保証することができません。

150921-10-1.jpg
韓国の平昌で風景の中に白い斑点

午前中に既に、窓からの観察で、次は谷ステーション。そして、フランク・ウルリッヒは特に何もありません。さらに水、スキー滑走路のアウトレットの上の大きい水たまりの形の水、その上、正常なフェーン嵐。そして、温度計の観察は、特に以下を安心させていませんでした:摂氏14度。

何が冬と関係があるのでしょうか?が、バイアスロン競技場はレトルトから巨大なホテルから平昌へ5分であるが、何がそうでない場合があったはずです。 「これはすぐに停止しない場合、我々はここで深刻な問題が生じます。」とドイツ人の監督は語りました。わずか1時間後に、それは公式な問題になりました。

別のトラブルスポット

チームキャプテンミーティングレースディレクターでフランツ・ベルガーは悔い後悔を発表:「競技施設は今日閉じたままにしておく必要があり、訓練は可能ではない。バイアスロンのワールドカップは、Bサンプル中の約3ドーピング議論に加えてロシアエカテリーナ・ユレーヴァとアルビナ・アチャートヴァのテストを行いましたとディミトリヤ・ロシェンコは(参照:バイアスロンドーピングを:「すべて、または氷山の一角に過ぎないということですか?」)、別のトラブルスポット:悲惨な状態にあるトラック。極東選手権開催決定されてから。そして、誰も大会がスケジュール通りに開始することを保証することはできません。訓練後、開会式に失敗しました。

最後の日に集中していくつかの事が起こりました。それは準備段階になると、心配する韓国人は5日の間渡りに動揺し、雪(16度、ひどい雨量)と人工雪を奪ったフェーンがありました。「私たちは十分な雪がありましたが、私たちは一晩20センチメートルを失ってしまいました。私はこれまで経験した事がありませんでした。」と技術的なマネージャーのバイエルノルベルト・ベイヤーは述べています。

髪の出発前に「たわごと」

既に汚れている白い人工雪の部分は1989年ファイツリッツでも似た灰褐色の牧草地を通して撒きました。結局、ワールドカップは一度にケルンテンに代替しました。自然の雪は平昌でも現在不足しています。それにもかかわらず:数日前に既にいくつかの被害を主張しているだけ厳しい出発だけはホットな話題でした。カティ・ヴィルヘルムは「恐怖」があることさえ認めました。

カティ・ヴィルヘルム
http://www.zimbio.com/photos/Kati+Wilhelm/Women+Sprint+Event+IBU+Biathlon+World+Championships/13WgrxZv8it

今、希釈で急なセクションでは大幅に遅くなっていますが、もちろんの一部は既に石を覗き下に唯一の薄いパッドを敷いており、それ以外の多くの場所で隙間は残っています。結局のところ、ホワイトゴールドを下って3000立方メートルに宿営する雪の倉庫があります。しかし、これは概算です。また、あまりがある可能性があります。世界選手権の4kmコースの折り返し地点に問題があります。そして、人があまりに早く雪の隙間を直そうとすると、雨はすぐに再びそれらを露出させます。

ワールドカップルートをレースをボイコットできない?

韓国人にとっての取るに足らない不面目さが、彼らはあまりにも苦しみます。見事成功したバイアスロン世界選手権は、2018年の冬季五輪候補はミュンヘンの競争相手の1つである。そして今なにか。そこで、国際的バイアスロン協会自体が批判の標的になったならば、それは彼らを少し助けます。ウルフガング・ピヒラー(コーチのスポークスマン)は、それでも人が知っていたと不平を言います、「仕事を素人として行う事ができないので、我々はプロ・スポーツです。」

コースは欠陥品、「事前準備に、レース・ボイコット(ここまで世界選手権白霜が作り出さない距離)で脅迫します。トーマス・プフラー(ドイツのスキー協会の事務局長とスポーツ監督)は、同じノッチで打ちます。「それで、今のような天気は常にここで可能です。前に調整する必要があります。」開始30日前に現場で関係をチェックする一種の世界選手権の消防士のようなもの。またはルートに沿って雪の倉庫がある距離であります。

雪の代わりに水

現在、人は天気の中で天気変動を懇願するように期待します。そのうえ、天気予報で問題は支配します。関係の点でだけ似ている事が2つあります:雨は止みます。わずかにいつ?温度(春と冬恐らく違いを出される予想)に関すること。

もちろん、人はバイアスロン選手のためにそのような場合より楽観的なバリエーションを選びます:少なくとも夜の霜まで7度を約束します。そこで、新鮮な雪をはもたらされることが出来ました。ただし、あれは銃を制御する場合に限る。彼らは他の日の時間を撮影した場合、水だけが出てきた」しかし、それで十分間に合いました。

International Biathlon Union
http://www3.biathlonworld.com/en/press_releases.html/do/detail?presse=398

150921-10-2.jpg
150921-10-3.jpg
150921-10-4.jpg

選手が恐怖に感じる程の悪天候に雪不足って一体・・・(;´∀`)…うわぁ

(追 記)

シンシアリーのブログ
シンシアリーさんのブログ
平昌の切り札「貯蔵雪」・・さっそく3人負傷
公開日時:2016-12-08 16:50:27
http://ameblo.jp/sincerelee/entry-12226825763.html

ホラマサの雪不足を解消するための切り札としての「雪の倉庫」=「貯蔵雪」で、2016年2月のテョン国ニュースでは3人が負傷する事故が起こったようです。

危険が危険すぎて。。。もう何が起こるか、、、とにかく恐ろしいニダー ・<゚`Д´゚;><アイゴォオオオオオ !!!  
関連記事
スポンサーサイト
page back