世界ふしぎ発見⑮

シネマトゥディ
浅田真央、ミステリーハンターに初挑戦 休養明けを見据えた旅に
配信日時:2014年6月27日
http://www.cinematoday.jp/page/N0064181

 ソチオリンピック後、1年間の休養宣言をしたフィギュアスケーターの浅田真央が、7月5日に放送されるテレビ番組「世界ふしぎ発見!」(TBS系)で同番組のミステリーハンターに初挑戦する。

 1年後の休養明けに役立つよう見聞を広めたいという浅田の希望もあり、同企画が実現。浅田は6月12日から20日までウィーン、スロバキア、ブダペストなどフィギュアスケートに関係する各地を巡り撮影を行った。

 ウィーンでは、150年前にニューヨーク生まれのスケーター、ジャクソン・ヘインズが「ウィンナ・ワルツ」と出会い、音楽とスケートを融合させるアイデアを得たことなどを紹介。ヘインズがスケートに音楽を取り入れるために生んだ技術などを、浅田が現地で再現するとのことで、スケート選手としての彼女の姿も久しぶりに見ることもできそうだ。

 ミステリーハンターに挑戦したことについて浅田は、「何もかも初めての体験だったので、大変でもありましたが、新鮮で楽しく、表現者としても勉強になる旅でした。ウィーンの宮殿の美しさとクリムトの『接吻』の絵には感動しました」とコメント。また撮影に際して「スタッフから頂いた資料とガイドブックを読み、大学の先生にも相談してスケートの歴史の資料を頂き、撮影に臨みました」と真剣に向き合っていたことも明かしていた。

 さらに浅田は、「ヘインズの生涯について学び、スケートの歴史を変えたすごい人がいたことを初めて深く知りました。これまでリストやショパン、モーツァルトなど作曲家をあまり気にせずに音楽を聴いていましたが、今回作曲家たちの歴史を初めて知りました」とも語っており、今回の旅は彼女にとって有益なものであったことがうかがえる。(編集部・井本早紀)

150912-16-1.jpg
150912-16-2.jpg


サンスポ
浅田真央、世界ふしぎ発見!でリポーター初挑戦へ「勉強になった」
配信日時:2014.6.27 05:04
http://www.sanspo.com/geino/news/20140627/oth14062705040008-n3.html

 村田吉廣プロデューサーによると、同番組の大ファンの浅田が「1年後の休養明けにも役立つよう、見聞を広げたい」と自ら関係者に出演を直訴して実現したという。浅田の魅力について、村田氏は「知らないことは知らないとしっかり言えるし、納得するまで言葉で表現しようとする姿勢がとてもチャーミング。国民的人気の秘密を知ることができた」と語る。

150912-16-3.jpg
150912-16-4.jpg
150912-16-5.jpg


まんたんウェブ
浅田真央選手:「ふしぎ発見!」でミステリーハンターに初挑戦 休養明けに向け“志願”
配信日時:2014年06月27日
http://mantan-web.jp/2014/06/27/20140626dog00m200069000c.html

 海外ロケに同行した番組の村田吉廣ディレクターは「(浅田選手は)自分の表現や人生のための新しいチャレンジをするためにミステリーハンターをやりたいと言っていた。歴史を見つけに行くのではなく、彼女自身がフィギュアスケートの歴史の一部。そんな浅田選手が芸術に触れ直していくことに意味があった」とロケを振り返っている。
関連記事
スポンサーサイト
page back