15年ぶり大会で見つけた道①

日本経済新聞
伊藤みどり、鮮やか2回転半 15年ぶり大会で見つけた道
フリーライター・野口美恵
配信日時:2011/6/24 7:00
http://www.nikkei.com/article/DGXZZO30779450R20C11A6000000/

 女子フィギュア史上初めてトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を跳び、1992年アルベールビル五輪で銀メダルを獲得した伊藤みどり(41)。日本フィギュア史上初の世界女王(89年世界選手権優勝)にもなり、2004年に世界フィギュア殿堂入りした。荒川静香、安藤美姫、浅田真央……、現在の日本のフィギュアブームはパイオニア・伊藤の存在があったからこそ。そんな伊藤が6月、ドイツで行われた「国際アダルト競技会」で15年ぶりに試合の舞台に戻ってきた。

150909-3-1.jpg
辻井伸行さんのピアノ曲「川のささやき」に合わせて滑るみどりさん

元選手を対象にしたクラスに出場

 国際アダルト競技会とは28~71歳の一般スケーターのための“世界選手権”で、国際スケート連盟(ISU)公認の国際大会だ。

 レベルに応じて3種類の2回転ジャンプまで跳ぶ「ゴールド」、5種類の1回転と1回転半ジャンプの「シルバー」、5種類の1回転の「ブロンズ」の3クラスに分かれ、フリー演技のみで競う。年齢別のカテゴリーもある。採点方法はトップ選手と同じだ。私も銅メダルを獲得した昨年に続き、「ブロンズ」に出場した。

 伊藤みどりさんは、元選手を対象とした「マスターズエリート2」のクラスにエントリーした。

 ここに出てくる選手は元選手とはいえ、国際大会の出場経験はない選手がほとんどで、ダブルアクセル(2回転半ジャンプ)に挑戦する人が数名いる程度。みどりさんのような、五輪メダリストがアダルト競技会に出場するのは初めてのことという。

150909-3-2.jpg
開会式は、日本チームでシャンパンで乾杯

「スケートを好きっていう感覚を忘れずに」

 伊藤みどりさん復帰のニュースが流れたのは6月2日の夜のことだった。

 「フィギュアスケートは、観戦するだけじゃなく、やれるスポーツだってことを伝えたいです。技術的には落ちているけれど、今は、ただ滑って風を感じるのが気持ち良い。スケートを好きっていう感覚を忘れずに滑りたいです」

 みどりさんはアルベールビル五輪後、プロスケーターとしてショーに出演しながら、95―96年シーズンは現役に復帰して、全日本も制した。その後は再びプロスケーターに戻り、02年まで滑っていたが、その後はまともな練習はほとんどしていなかったという。

150909-3-3.jpg
試合のために衣装も新調した

大人のスケート愛好者から刺激

 常に全力でしか走れないみどりさんが、そんな状態でも試合に託したかった思いとは何か?

 そもそも出場を決めたきっかけは初心者向けのスケート教室だった。全国で教室を開くうちに、子供だけでなく大人の愛好者が多いこと、また大人の国際大会があることを知った。

 「現役時代と違ってスケートを楽しんで滑りたい」

 そんな純粋な気持ちで出場を決意したという。みどりさんが現役時代に背負ってきたプレッシャーは、今の選手の比ではないことを、改めて思い起こさせる。

 出場を決めたとはいえ、練習は、ケガとスタミナとの戦いとなった。昨年12月末から、今大会の出場を目指して秘密で練習を再開。週2、3回氷に乗り、4月からは現役選手に交じって練習の強度を上げていった。

葛藤の日々

 3回転ジャンプを2種類降りるまでになったが、すぐにアキレス腱と膝を痛めてしまい、3回転ジャンプが跳べなくなった。このため、出場の意義について改めて考えるようになり、「出るか、出ないか?」と葛藤の日々が続いたという。

 「こんなに力が落ちているのに出場する意味がある? 批判もあるかもしれない。でも、スケート好きだなという気持ちは変わらないし、楽しんで滑る姿を見せれば喜んでくれる人はいるはず」

 自問自答の末に、こう結論を出した。2日の会見に出席することは、みどりさんが自分自身に決意を示すためでもあった。

 みどりさんを慕う人は多いのだと、改めて思った。遠征には、多くの団体から提供を受けた備品が活躍した。脚の炎症を和らげるため、タレントの間寛平さんが世界一周で使ったマイクロ波治療器を社会医療法人財団が提供。試合会場は標高約850メートルの準高地だったため、サッカーW杯で使った高濃度酸素発生器をメーカーから借り、さらに鉄分やアミノ酸など各種サプリメントも各社から提供を受けた。日本チーム(出場選手の1人)にトレーナーがいたことも大きい。

 会場だったドイツ・オーベルストドルフは、11歳のときに訪れた世界選手権以来、29年ぶりという。「ここの氷は質が良くて硬い。高いジャンプになるか、すっぽ抜けるか。シビアな氷」とみどりさん。

150909-3-4.jpg
大会の公式練習でダブルアクセルを練習するみどりさん。飛距離と高さに選手らも拍手を送った

ホィ(ノ´∀`)ノ ⌒ ②へ続く~♪♪
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
page back