居酒屋の居酒屋談義②

/新米フィギュアファン×テレビ解説者\
森泉&植松晃士&佐野稔のよもやまフィギャア座談会


思い出のプログラム談義 「007」でキム・ヨナが“撃った”客席は高額だった?

佐野稔: あとはキム・ヨナの「007」ね。「バキューン!」ってやつ。あれ。撃つ方向は観客席。ジャッジに向けて撃ったらまずいからね。実は、撃たれた席、そこだけ値段が高くなってたんですよ。

150904-2-1.jpg

(中略)

佐野: だけど、バンクーバー・オリンピックでは、キム・ヨナが撃つ席には特別カメラが置かれたんです。ふつうはそこに置かないんですよ。カメラマンもキム・ヨナに撃たれたいと思ったんでしょうね。

森泉: それで、実際にキム・ヨナはカメラを見て撃った?

佐野: たぶん。振付でどこを見るかは、決まってるから。このプログラムで一番印象に残ったのは「バキューン!」(笑)。

ジャンプの跳び方談義 世界が注目する日本のジャンプ・メソッド

佐野: ジャンプといえば、伊藤みどりのトリプルアクセルはすごかったね。フェンスと同じぐらいの高さまで上がってると思う。

: すっごく高いですよね~!運動神経がいいんですか?

佐野: 彼女みたいな選手は、過去100年いなかったんです。そして、これから100年も出てきません。

: 真央ちゃんのトリプルアクセルと違います?

佐野: 高さと幅と流れが違う。真央ちゃんのトリプルアクセルは、子どもたちが見て真似できるもの。ある意味、いい見本なんです。伊藤みどりのトリプルアクセルは誰も真似できない。

【真央とみどり】3A徹底比較

http://youtu.be/oZvy6Ne2I34

フィギュアスケートファンブック! (e-MOOK)
フィギュアスケートファンブック! (e-MOOK) ムック 発売日:2013/12/12

【アマゾン 低評価のレビュー】

★★★☆☆ 熱い金讃歌とショートのトリプルアクセル 2013年12月13日
ソチ五輪までの展望のムック。構成は選手紹介、ルール解説、日本選手に対するバトル、ランビエールのメッセージ、解説者のメダルの行方について、ファンミーティング。
選手紹介は、浅田、高橋選手6ページ、羽生選手4ページ、鈴木選手2ページ、安藤、村上選手、織田、小塚、無良、町田各選手は1ページと少ない。むしろキム・ヨナ選手が2ページ、チャン、フェルナンデス、プルシェンコ選手も2ページと外国選手が充実。浅田選手の内容は見開きの2ページに、プログラムの解説2ページ、今までの歴史2ページ。歴史ではジャンプの見直しが言及されているのは良いが、ややネガティブな表現(「東日本大震災の後から練習に身が入らなくなり」、など)が目に付くのは気になる。高橋選手の歴史でも2シーズン前の世界選手権の銀メダルの記載がない。キム・ヨナ選手の2ページは絶賛でジャンプだけでなく「音楽にあった動きで世界観を表現」と演技力が嵩く評価され、今年のフリーに関しては「この曲を演技で表現でき選手はキム・ヨナだけだ」という振付師の言葉も紹介されている。
解説者のソチ五輪のメダルの行方では、佐野稔氏の語りでのキム・ヨナ選手への熱い賛辞が印象的。まず「バンクーバーの再現になるような気がしますね」としキム・ヨナのジャンプについて「GOE(出来栄え点)がつきすぎだと批判する人もいるけど、僕は妥当だと思う。演技をじかに見たら、きっと「すげえ」と思いますよ」と評価している。キム選手の演技はじかで何度も見たが、素人目には付いたGOEに値する程とは思えなかったので、この点は同意出来ない人も多いと思う。また浅田選手にはやや批判的で「そもそもトリプルアクセルをショートプログラムに入れていいのか。そこだと思う。」と述べているが、ここまで述べている意見ははじめて見たし、浅田選手だけが跳べ他の選手ができないことを浅田選手の特別扱いとする意見はスポーツの性質から見て、同意出来ない人も多いと思う。解説者では生島淳氏も「ジャッジはいきなり出てきた人には辛い点をつける傾向がある」が「キム・ヨナは同じように2013年の世界選手権では金メダルを取りましたが、あの時はまったくブランクを感じさせない圧倒的な滑りで、ジャッジも納得した」と今年の世界選手権の採点を肯定し、かつバンクーバーについて「(浅田真央の)その直後のキム・ヨナの「007」は「まいった」という感じ」と述べ「加点が付き過ぎている声もありましたが、実際に滑りを見てみると完成度が高かった」とバンクーバーの採点も肯定している。なお、佐野氏は座談会でも思い出の名プログラムの最後に「あとはキム・ヨナの「007」ね」と、「カメラマンもキム・ヨナに撃たれたいと思ったんでしょうね」と高く評価している。一方で、浅田選手のトリプルアクセルは、伊藤みどり選手のと比べ「高さと幅と流れが違う。真央ちゃんのトリプルアクセルは子どもたちが見て真似できるもの」との評価で、更に「ロシアのトゥクタミシェワって子が出てきたときには、みんなが彼女のトリプルアクセルに驚いたんです」と述べているのも、試合で成功した例でないのを持ってきているのでは、という感じがする。
以上からキム・ヨナ選手のファンには絶対のお勧めである。浅田選手のファンで、加点重視の現行採点に違和感を感じる向きにはあまりお勧めとは言えない。NHK杯の女子フリーの観戦記でも「技術力のラジオノワと表現力の真央ちゃんの戦い」とあったが、技術点が1点ラジオノワ選手が上回っただけで、予定ジャンプの基礎点は浅田選手の方が上なのに、見出しにこのように書かれるのも違和感があるかもしれない。

①詳しいレビューありがとうございました。絶対に買いません。

②本当に、これがスケ連理事の言うことでしょうか。
五輪まであとわずかの時期に、ここまで自国のエースをsageるって異常だと思います。
私も絶対に買いません。

③このレビューある意味GJですね。これ読んだらもう誰も買うはずないです。
佐野稔さんはバカなんですか?それともどっかからたっぷり報酬でももらってるんですかね?
こういう人が理事をやっているということが、日本スケ連のダメさ加減を象徴しています。

④なぜ自国のエースをオリンピック目前でここまで貶めるのでしょう?
誰にも出来ない技をするのが、そんなにいけない事なんでしょうか?
フィギュアも競技スポーツですよね?
オリンピック目前に自国のエースを貶め、今季あれほど劣化した滑りを見せ、
各国の強豪選手と戦うことを避けている他国の選手を褒めちぎっている所を見ると
何か裏があると思われても仕方ないですよね。
詳しいレビューをしていただいたおかげで無駄なお金と時間を使わずに済みました。
ありがとうございます。
私も絶対買いませんし読みません。

⑤佐野稔終わった。



★★★☆☆このところのフィギュア本は、購買を迷うものが多い 2013年12月14日
最近増えたフィギュア本は、納得できるところとできないところが同居しており、
いつも購買に迷うようになった。
買って気に入るか嫌な思いをするかは内容次第なので、
注文買いがしづらくなったことが残念。
どんな内容もあくまで一個人の意見だとか、業界には言えないとことや言わなければいけないことがあると
割り切れる人でなければ、実物を確かめたほうが良いように思う。
特に、出演するTVごとに発言の中身が違うとか、
連盟から言動に対する注意をたびたび受けているという札付きの解説者を起用したら
フィギュアファンは反発も多かろうと思う。
ただ、五輪シーズンは中味のいい加減な入門本が乱発されるものなので、
その一つくらいに見るのなら、よいのかもしれないが。
悪くもなし良くもなしで、☆三つ。

真央選手のジャンプが子供が跳べるジャンプなら、ヨン棒がハーネスをつけて練習している時点でマスターできていないとおかしいよね。

3Aは男子は必須ジャンプだけど、女子は跳べる人が限られているというのは、男性と女性の筋肉量が違うからだよね。女子は成長する前にマスターできていないと、後で補助器具をつけて練習しても無理なんだね。

しかし、ヨン棒陣営も安直だよね。トリプルアクセルさえ跳べれば、真央選手に勝てると思った。フィギュアスケートはジャンプだけじゃないのにね。

蕎麦国はあまりにもレベルが低すぎるよ。国民はご飯を食べるのがやっとの生活だから、ジャンプ以外は何も分からないんだろうね。ヨン棒はただ滑るだけで、ガシガシ氷を削っているんだけどねえ。

他に人材がいない。たった一人にアンダーを使う分しか費用がない。何でも片手落ちというか、後のことを考えていない。今が良ければいいんだろうね。

結局、ヨン棒以降の後進にも袖の下を使い続けないと勝てないようになってしまった。技を磨かず、審判を買収することを続けることはお金が枯渇しない限りはできるでしょうね。

でも、近頃、韓国もスポーツに工作費用を捻出できる余裕はなくなって来ているよね。K国経済の先行き不安からなのかもね。そうなると、ますますヨン棒はホラマサ一発勝負のための用意されたアンダーだったということが明らかになるね。

居酒屋はマンセーで構わないから、そうであれば日本スケート連盟の理事を辞めてちょうだい。日本人選手の足を引っ張るようなことを言わない&しないでいただきたい。ある程度の地位を得ているのだから、言質をとられる立場にあることを忘れないでいただきたい。

150904-2-2.jpg

居酒屋が一番印象に残ったのは「バキューン!」とのこと (´ー・ ・ー`)b
ヨン棒は立ち止まってドヤッ顔するだけの振付しか印象に残らないのよね (´-‥-`*)フフング
関連記事
スポンサーサイト
page back