パンの上にバター

アサ芸プラス
浅田VSキム・ヨナ、実力・ボディ・稼ぎを徹底比較
配信日時:2012年12月20日 9:59 AM
http://www.asagei.com/excerpt/11092

150831-10-1.jpg

 2010年のバンクーバーでは明暗がくっきりと分かれた。銀メダル獲得とはいえ、浅田真央が獲りたかったのは、キム・ヨナが手にした金メダルだ。あれから3年近くが経過。紆余曲折の末、再びソチ五輪に向けて走りだした宿命のライバル2人の“変化”を徹底比較したい。

 12月8日、日本女子フィギュア界のエース・浅田真央(22)が、4年ぶり3度目となるGPファイナル優勝を果たし、11月の中国杯、NHK杯に続いて、今季3連勝を決めた。

 14年に五輪の開催地となる、ロシア・ソチの同会場で達成したのは吉兆だが、この時点で、今季世界最高の196・80点を叩き出すおまけも付き、完全復活を印象づけたのである。

 思えば、10年のバンクーバー五輪で宿命のライバル、韓国のキム・ヨナ(22)に敗れて銀メダルを獲得して以来、浅田は苦戦を続けてきた。

「直後の世界選手権こそ制したものの、ジャンプの矯正がうまくいかなかった翌シーズンは1度も優勝しないまま終了した。続く11・12シーズンも、最愛の母の死という不幸にも見舞われて、3季ぶりのGPファイナルを欠場したり、2年連続で世界選手権を6位で終わるなど低迷を続けました」(スポーツライター)

 その原因として、体型の変化があげられた。

 スケート連盟関係者が話す。

「浅田はもともと、父母も背が高いことから、体型の変化で苦しむことは危惧されていた。現に姉の舞(24)は、太らなかったものの身長が伸びたがためにダブルアクセルを跳べなくなったと言われ、セミリタイア状態です。浅田も骨格が一回り大きくなり、その体型の変化にあらがえなかった。ジャンプする時の重心のかけ方に微妙な乱れが生じていたようです」

 そんなピンチも、バンクーバー以後の低迷期、佐藤信夫コーチ(70)に師事したおかげで徐々に克服していったというのである。

 体型問題に直面した浅田は、それでも代名詞であるトリプルアクセル(以下3A)にこだわりを見せた。しかし、佐藤コーチは、スケーティング技術の向上なくしては選手として手詰まりとなる可能性があること、ましてキム・ヨナには勝てないことから、当面はそのこだわりを捨てさせたのだ。

「ライバルである、キム・ヨナのスケーティングは滑りだした際にエッジが氷とすれるザザッという音が全然しないんです。これは、佐藤コーチが理想とする、『パンの上にバターをスーッと塗る』滑りと合致し、浅田との差の一つと認識していた。佐藤コーチは『ジャンプはスケーティングの続き』との考えを持っていますから、まずスケーティング技術を磨くことで、ライバルとの差を縮め、得意のジャンプにも相乗効果をもたらそうと指導を続けたんです」(前出・スケート連盟関係者)

 その結果、先のGPファイナルのように、浅田は得意の3A抜きでも高得点を出すまでに進化を遂げたようだ。

 進化といえば、先にも触れた、実母の死というショックを乗り越えたことも大きい。さらにそのうえで、別の技術向上に明け暮れていたのである。

「浅田は今年4月から3カ月間、氷上の練習を取りやめ、ハンガリーに渡ってバレエのレッスンに時間を費やしました。演技力を増した彼女は今、結果を出しているとともに、半年前には触れられなかった、お母さんの話を、周囲にできるほどまでに精神力の強さを見せているのです」(スポーツ紙デスク)

日本経済新聞
「高橋と魂が通じた」 フィギュア屈指の振付師
配信日時:2013/11/16 7:00
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0900P_Z01C13A1000000/

■ノクターン、浅田にぴったり

150831-10-3.jpg
浅田のSPの曲はショパン作曲「ノクターン」。ニコルさんは「浅田にぴったりの曲」という

 「私にとって『ノクターン』は甘くて柔らかく、思慮深くて優しい。でも強い曲。まさに真央に対して私が持つイメージそのもの。ぴったりの曲だわ」

 「真央は出会ったころ、無邪気な14歳の女の子そのものだった。この年代は選曲が難しい。あっという間に成長するし、日々変わるから。15歳の真央に『ノクターン』を選んだのは、真央を見るといつもショパンを思い出すから。羽のように氷上を滑る姿……。ショパンは真央のための作曲家だと思う

 「まだ子供っぽかったから、エキシビションに『オズの魔法使い』も使ったけれど、『ノクターン』で彼女がアーティストとしても成長する手助けをしたかった。23歳の今は『ノクターン』に漂うもの悲しさ、曲の多層性を理解できる」

 「真央はいつも氷との特別な関係を感じる。ほとんど力を加えず、飛ぶように進む。お湯に浸した温かいナイフで冷たいバターを切るように滑らか。真央が滑る音は美しくて、すぐ真央ってわかる。14歳のころからね」

フィギュアスケート
ころすけさんのブログ
佐藤信夫コーチの発言
公開日時:2014/04/25 21:28
http://figureskatingfc2.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

ころすけさんのブログをヨン棒のスケーティングスキルについて調べていたら発見したブログ。休止中なのか終了なのか分からないけど、ぜひ続きが読みたいなあと思った。NAVERまとめはいいものもあるし、まとめ方の恣意的な悪意が込められたものもある。

Skating Skill - compare Yu-na Kim with Mao Asada

https://youtu.be/TIMIPL4979Q

フィギュアスケートについて興味のない人にとったら、週刊誌のデマ記事を読んで、ふーんと思うでしょうね。でも、フィギュアスケートに関しては国民性や民族的な気質がスケーターの格に出て来るんだなあと感じる。

150831-10-2.jpg

ただ滑るだけなら、エッジがフラットの方がスピードは速く前に進める。ヨン棒にスピードがあるのは、エッジが傾いていないから。ヨン棒はフィギュアスケートじゃなくて、スピードスケートをしておけば良かったのにね。

比較が好きで、上下を気にする。それは古い慣習というか腐儒であって、もういい加減にやめないとね。あかん国におもねったおかげで、視聴率だだ下がり。因果応報自業自得ざまあですけど。

私はテレビがないので、ネット上で公開されているニュース動画を視聴している。蛆テレビは女子アナをタレント化したおバカ局だったので、元々好きじゃなかった。女性のアナウンサーは元NHKの加賀美幸子アナぐらい低音の声でないと聞いていてイライラする。

フィギュアスケートはクリック負債の作った新採点方式では、相対評価から絶対評価にしたんでしょう。であれば、選手個人個人の個々の技術を見ていかないとせっかく採点方式を変えた意味がない。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
page back