刈屋アナの心配御無用!

【2014年1月13日 NHK おはよう日本

江崎史恵アナ: この得点は今回の金メダルの基準となってくるのか?

150830-8-1.jpg

刈屋富士雄アナ: ま、実際にですね、大会に入ってみないと点数の出方というのは本当はわからないんですけども、ただ、現時点ではやはりあのバンクーバー時のキム・ヨナ選手を超える選手がこの4年間いなかったっていうことと、キム・ヨナ選手が当時に近いレベルを今維持していると推測するとですね、やはりあの点数がひとつ各国のですね、目標になってくるんじゃないかなという気がしますよね。

江崎アナ: 4年前に20点以上の差が二人にあったわけですよね?その差を縮められるのか?あるいは浅田選手が上回ることってできるんでしょうか?

刈屋アナ: 4年前も浅田選手がミスしないで4分間しっかりとあの作品を仕上げていれば、恐らく得点はそんなに差はなかったと思うんですよ。近い得点が出たと思うんです。

ただ、作品が仕上がらずにミスをしてしまいましたので、4年間技術を見直してきて、より高いレベルで今度は最高の作品をという形で積み上げてきた技術がありますので、より高いレベルで今完成に近付いているだけに、その得点差というのは心配御無用!という感じがします。

150830-8-2.jpg

【3つの心配御無用ポイント】

①4 → 6

刈屋アナ: ジャンプの種類なんですけれども、あのーバンクーバーの時はですねえ、このトリプルアクセルを中心に作ってきたプログラムですので、技術的な不安のあったルッツとサルコウという2種類のジャンプを捨てていたんですね。

江崎アナ: 跳ばなかったんですねえ。

刈屋アナ: ですが、今回技術を一から見直して、この6種類すべて安定して跳べるようになってきました。そうなってくると、今度は高い得点の組み合わせでプログラムを構成することができますし、やはり6種類を跳べるということで余裕が出てきて、バリエーションも増えてきますので、プログラム自体のまあグレードも上がってくるということになります。

②スピードアップ

刈屋アナ: スピードがですね、生で浅田選手の演技を見るとはっきり分かるんですけども、スピードが速くなっているんです。

江崎アナ: そんなに上がっているんですか?

刈屋アナ: スケーティングの技術が上がってきているということですね。そうなるとどういうことが言えるかというと、緩急が付くんですね。

江崎アナ: 緩急?

刈屋アナ: はい、つまりメリハリが付くんです。ですからメリハリが付くことによって、演技力に幅が出てくる。つまり音楽の表現にしても、はっきりとこう音楽、音を取ることができて、それをアピールすることができますので、そうなってくると演技構成点に大きく響いてきますよね。

それだけやはり演技力の幅が広がってきているということが言えると思います。

江崎アナ: こうした基礎を見直すことで、浅田選手前回よりもどのくらい得点をこう増やすことができるとお考えですか?

刈屋アナ: 私がざっと計算したところによりますと、15点は上乗せできると思いますね。

江崎アナ: でも、まだ足りないんですよね?

刈屋アナ: 足りないですよね?

③トリプルアクセル

刈屋アナ: トリプルアクセルなんですけれども、もう浅田選手の代名詞ですよね。4年前はこのトリプルアクセルを中心として作ったプログラムだったんですよ。

ですけれども、今技術を見直してきて、より高いレベルで他の要素を構成してますので、その他の要素を構成した高いレベルの得点のプログラムのさらに最後にトリプルアクセルを加えることができると。

つまり、切り札として使えることができますので、そう考えるとトリプルアクセルをここで最後にプラスすることによって、さらに得点は10点ぐらいは上乗せできるだろうという風に私は推測しているんですよね。

10点上乗せされると、前回のキム・ヨナ選手の得点を上回ることになりますね。

江崎アナ: ただ刈屋さん、その今シーズンですね、浅田選手トリプルアクセルをそのきちんと決められてないということが心配なんですけれども。

刈屋アナ: いやでも、それは全然心配御無用でして、あのトリプルアクセルぐらいの大技になりますと、シーズンを通してずっーと安定して決めるってことは難しいんです。

やはり、シーズンの中でピークを持ってきた時に確実に跳べるかどうかということになりますので、本番でそのピークを持ってくれば恐らくしっかりと跳べるんじゃないかなと4年前もそれをしっかりとピークに合わせてトリプルアクセルを3回ショートプログラムを含めて跳んでますので、そう考えるとその実績を考えると跳べるんじゃないかなと。

そう考えてくると得点ということはあまり考えずに、浅田選手が目指している最高の技トリプルアクセルを含めた最高のプログラムをオリンピック本番で作るという浅田選手の目標が達成できれば、もう金メダルに十分到達できる点が出るという風に言えると思いますね。

江崎アナ: 楽しみですね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
page back