レスリング中核種目から除外②

水曜アンカー 青山繁晴のニュースDEズバリ 2013年2月13日放送

150826-2-1.jpg
150826-2-2.jpg
150826-2-3.jpg
150826-2-4.jpg

青山繁晴: これをレスリングに起きた不思議なハプニングと捉えるのではなくて、もともと例えば野球ソフトボールのように日本が強くなった競技は外される傾向がずっと続いているということをまっすぐ見つめるべきだと思いますよ。

山本浩之アナ: これは関連しているということですね?

青山さん: 関連していると僕は考えています。というのはですね、これはレスリングが除外されるということは今まで聞こえたことがなくて、その代わり韓国発祥のテコンドーと近代五種が外されるんじゃないかっていう話がずっとスポーツ関連の報道に、これはあのCNNとかBBCなどの外国メディアで話題になっていたんですよね。

で、それがそのテコンドーが韓国のロビー活動によって免れたっていうのは、実は日本のテコンドー関連の幹部の方もはっきりおっしゃっているんですよね。

それから、近代五種については何とサマランチ前会長の息子さんがこの近代五種の国際団体の副会長をしていて、そういう国際機関やIOCを含めた国際機関や国際社会の現実を考えるとですね、実はロビー活動ってものがいかに大きな力を持ってしまっているか。

もっとはっきり言うと、国際機関に対しては収賄罪も贈賄罪もないわけですよ。賄賂だって通用しているわけですよ、本当は。

で、このレスリングと一緒にですね、その最後の一枠に入るかもしれない候補の中に何と中国発祥の太極拳が入っているですね。これ正確に言うと、武術としての太極拳という競技ですが、これ日本の新聞にはですね、ほとんどの新聞が武術しか書いてないから、あれ、じゃレスリングをやめて太極拳が入ろうとしているのかということが日本の普通の国民に伝わってないと思うんです。

で、中国も韓国と並んで非常にロビー活動の激しいところで、そういう現実をスポーツの世界だから見ないようにするっていうのはですね、いい加減やめるべきだと思いますね。

山本アナ: それだけ、かつては例えば日本で東京オリンピックが行われた頃っていうのは、すごく日本の外交力っていうんですかね、そういったものが功を奏したっていう部分もあるわけですか?

青山さん: ただ、あの、これは客観的に申して、日本はロビー活動を使ったことはないんですよ。で、かつてはね、国際社会においても、そんな金銭がまかり通るという程ひどくはなかった-年々歳々ひどくなっているんですよ。

じゃ、その時にその知らん顔でいいのか?これ、日本が賄賂使えっていう意味じゃなくてですね、そういう事実をちゃんと指摘したりあるいは国際機関の改革を日本から訴えたりすることが僕は必要だと思っています。

村西利恵アナ: そうですね、IOCにも問題がありますよね。

青山さん: 大変問題があるんですよ。

山本アナ: 最終的にはこれ投票ってことにあたかも一見民主的な決着のさせ方を言うんですけど、

青山さん: おっしゃるとおり。

山本アナ: いつも

青山さん: そこがからくりなんです。

山本アナ: そこがからくりで

青山さん: 投票をする権利を持っている人間に徹底的に金銭を含めた工作が行われているわけですから。

山本アナ: あの一度、『黒い輪』っていうタイトルですね。ノンフィクションの書き物があります、読み物がありますんで、ぜひそれをご覧いただくとよくわかるというふうに思いますが。

黒い輪―権力・金・クスリ オリンピックの内幕
ヴィム・シムソン (著)、アンドリュー・ジェニングス (著) 広瀬隆 (訳)

主な登場人物
ファン・アントニオ・サマランチ (IOC会長)  
ホルスト・ダスラー       (アディダスの創設者) 
ジョアン・アヴェランジェ    (FIFA会長)  
プリモ・ネビオロ        (国際陸連会長)

大統領府
大統領、ロゲIOC委員長体育勲章授与と招請晩餐
公開日時:2013-02-01

李明博大統領は1日(金)、ジャック・ロゲ(Jacques ROGGE)IOC委員長に体育勲章青龍長を授与されました。今回の体育勲章はロゲ委員長が2018平昌冬季オリンピック誘致の協力など大韓民国スポーツの発展と国際的地位の向上に寄与した功労で受賞されており、大韓体育会(KOC)の招請で成り立ったロゲ委員長の訪韓(1.30~2.2)を契機に、行われました。

150826-2-5.jpg 

デイリーアン
腹が痛い日本メディア“朴槿恵当選者 テコンドー残留ロビー”
テコンドー、夏季オリンピック核心種目25個で選定レスリング予想外脱落に日本言論‘担いだぶうっと’
配信日時:2013.02.13 15:41:26  執筆者:イ・ハンチョル記者
http://www.dailian.co.kr/news/view/326471

◇朴槿恵次期大統領が1日、ソウル通義洞(トンウィドン)の執務室でジャック・ロゲIOC委員長と握手している。©聯合ニュース

テコンドーのオリンピック残留に日本のマスコミが邪魔をかけ始めた。

日本のスポーツ専門媒体『スポーツニッポン』はテコンドーが2020夏季オリンピックの中核競技(Core Sports)25のひとつに選ばれたことと関連し、‘ロビーの結果’と去る1日、朴槿恵次期大統領とジャック・ロゲ国際オリンピック委員会(IOC)委員長の出会いに疑いの眼差しを送った。

スポーツニッポンは、「朴氏がロゲ委員長にテコンドーのオリンピック残留を訴えた」とし、「このようなロビー活動が成功した可能性がある」と報道した。

実際に朴次期大統領は1日、ソウル通義洞の執務室で訪韓したロゲ委員長と会ってテコンドーの優秀性を強調し、関心を持ってくれるように頼んだと伝えられている。だが、これは通常の外交活動であるだけでロビー活動と表現したのは適切でないという指摘が出ている。

一方、IOCは12日(韓国時間)、スイス-ローザンヌ、ローザンヌパレスホテルで開かれた執行委員会でテコンドーを含む25個の中核競技を選定し、近代オリンピックの最初の大会からずっと正式種目に採択されたレスリングを除外した。これでテコンドーはオリンピックの永久種目に位置づけることができる足場を用意することに成功した。

テコンドー脱落に備えて空手の正式種目採択を狙っていた日本としては泣き面に蜂だ。日本は2012年ロンドンオリンピックのレスリングで金メダル4個、銅メダル2個を獲得した‘レスリング強国’であるからだ。日本のマスコミが韓国側のロビーを邪魔したのも、このような背景によるものと思われる。

スポーツニッポンはまたずっと退出対象に議論された近代5種が残っていることにも露骨な不満を表わした。この新聞は、「近代5種がどのように残ることができたのか明確な答がない。ヨーロッパのIOC委員たちは、近代5種退出に消極的だったようだ」と批判した。

150826-2-6.jpg

150826-2-7.jpg

https://twitter.com/olyphil/status/301329854362710019

【ロビー活動】五輪精神の危機、レスリングとサッカー問題[桜H25/2/13]

https://youtu.be/mIUhaLJuafk

お金が全てというオリンピックは要らないね。金で買えるんでしょう。開催する意味あるのかね。バカバカしくなる。開催するのに金がかかるようになったのが2014年ソチ五輪から。その後、夏季冬季共に立候補地がどんどん減ってる。このままいくと五輪自体開催されなくなるかもね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
page back