おもてなし②

NewSphere
あらゆる落し物が戻ってくる国・日本 “地球最後の文明社会”と海外が感嘆
更新日時:2015年2月22日
http://newsphere.jp/national/20150222-1/

 東京都で2014年に落し物として届けられた現金が約33億4000万円に上り、そのうち約74%の24億7000万円が持ち主に戻ったことが、警視庁のまとめで明らかになった。

 東京は、英エコノミストの調査で世界一安全な都市に選ばれたが、今回の結果は住民のモラルの高さも強く印象付けるものとなった。

驚くほど正直
 英ガーディアンは、日本人の驚くべき正直さを物語る例、と報道している。日本の法律では、落し物の持ち主が3か月間現れない際、落し物は届け主のものになる。しかし驚くべきことに、届け主がその権利を放棄したため、3億9000万円が東京都の財源となった、と同紙は指摘している。

 AFPは、2000万円近い現金が入ったバッグを届けた清廉潔白な人もいる、と伝えている。イタリア車マセラティ・グラントゥーリズモMCが買える金額である。

欧米では5割の確率
 日本とは対照的に、海外では落し物が戻ってくる確率は低いようだ。

 英テレグラフによると、アメリカのコンピューター・サービス会社Mozyが、イギリス、ドイツ、フランス、アメリカ、アイルランドの5か国を対象に、落し物に関する調査を実施した。一人当たり毎年平均1.24件の落し物をする一方、半分が持ち主に戻ってくる事が明らかになった。落し物の平均価格は114.46ポンドで、調査対象5か国の年間合計損失額は3050万ポンド(約56億円)となった。

だから日本が好き
 日本人の正直さは訪日外国人の間でも高く評価されている。ガーディアンの読者コメント欄は、実際に日本で失くしたものが戻ってきた話で賑わった。雪山で落した携帯がお土産付きで無料郵送された例や、タクシーの後部座席に忘れた航空券、パスポート、現金、トラベラーズチェック、クレジットカードなどが全て戻ってきた経験もある。日本人の正直さの評判を聞いて、「日本に行ってみたくなった」という意見も多数寄せられた。

 「日本は何でも拾ったものは交番に届けるという社会的圧力が大きいだけで、他の国の人よりも正直であるわけではない」というコメントには反論も多くあった。
・財布や現金が無傷で戻ってくるなら素晴らしい事だ。社会における良いマナーは他の国にも必要だ。
・日本に何年も住んでいるけど、そんな社会的圧力を感じたことはない。

 日本人の正直さに関し、redditには以下の様なコメントが寄せられた。
・アメリカで生まれ育ったが、日本に住んで7年になる。日本人の正直さは、日本が大好きで住みたい理由の一つだ。
・正直さが基本とされている社会では、大多数の人が正直に行動する。驚きだ。
・日本人はずば抜けて礼儀正しい。地球に残された最後の文明社会という気がする。

(Newsphere編集部)

NAVERまとめ
あらゆる落し物が戻ってくる国・日本
更新日時:2015年02月22日
http://matome.naver.jp/odai/2142461369071823101

哲学ニュースnwk
あらゆる落し物が戻ってくる国・日本 “地球最後の文明社会”と海外が感嘆
公開日時:2015年02月24日12:00
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4830815.html

150819-2-1.jpg

“おもてなし”で合掌というのが何でなんだろうねえ。合点がいかない。合掌のイメージは仏教国であるタイやミャンマーの人々がよくするポーズのように思う。インド料理屋に行くとナマステだったり、ネパール人だからナマスカと言って合掌して出迎えてくれる。

治安が悪い国の場合、スーツケースを飛行機の自分の座席の所まで持ち込まないといけない所もあるそうだ。荷物を受け取る時に空港職員が抜き取ったりする場合も聞く。

貧すれば鈍すなのか、日本も貧しかったらもっと違うのかもしれない。今現在、少年犯罪は戦後最少だし、戦後のどさくさの頃は傘をちょっと置いてるだけで盗って行かれる。別に日本人全員清く正しい訳じゃない。

今、サービス業は誰が担当したかを明記するので、責任の所在が明らかになる。その結果、サービスの向上に繋がったのだと思う。先進国になれば、重工業からサービス業にシフトしていくので、当然の結果なんでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト
page back