留学生奨学金制度の実態②

坂東忠信の日中憂考
元警視庁刑事 北京語通訳捜査官 坂東忠信さんのブログ
新春初怒り! 留学生奨学金制度の実態
配信日時:2012.01.12 12:38 Thursday
http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1235009

150817-2-1.jpg

みなさん、こんにちは。

先日、某雑誌への寄稿の関係で、中国人が7割を占める外国人留学生への奨学金給付の実体を再度調べなおしました。

こういうことは、文科省のしかるべきところに連絡がつながると、きちんと教えてくれますので、助かりますね。
よく凸電して、電話口の職員に食ってかかる方もいるようですが、実は彼ら職員自身も行政がたくさんの問題を抱えている矛盾に気が付いていますから、決して文句を言う対象ではありません。

意見すべきは矛盾を知りながら個人的に利を得ている官僚や政治家に対してであって、役所にはこちらが礼儀正しく疑問点を挙げればきちんと答えてくれます。
私なんか文科省の対応の丁寧さに驚きましたよ。
関連書類を、付箋まで付けて送って頂きました。感謝。

そうした中で、驚いたのは、外国人留学生に対する奨学金予算額。

まず国費から説明すると、研究留学生には研究生、修士課程、博士課程の3つがあり、月額15万3000~15万円が支給され、また教員研修留学生には15万2000円が支給されていますが、他にも学部留学生(5年)、高等専門学校留学生(4年)、専修学校留学生(3年)には月額13万3000円が支給され、日本語学校学生と日本文化研修留学生には月額12万5000円が支給。
さらに国立学校に関しては学費を徴収せず、私立に関しては文科省負担となっているのです。

つまりこれらの支給金は返還不要な生活費。
安く浮かせて貯蓄するもよし、遊ぶも良し。

さらに渡航飛行機代は国が航空切符で負担し、おまけに渡日一時金が2万5千円出ますから、私より身入りがいいはず。

さらに、それぞれのコースは、たとえば学部学生なら4年で卒業するはずなのに5年、高専留学生は3年で卒業のはずなのに4年等となっているのはなぜか?
1年分は、日本語習得のための期間分なのです。

驚くのは「ヤング・リーダーズ・プログラム留学生」

行政と法律コースは原則40歳未満、ビジネスコースは35歳未満までが参加できるのですが、これが何と月額25万5千円も支給されていますから、もう何の心配もありません。

この「グローバル30」という留学生30万人受け入れ計画、平成22年の段階でまだ(というか、もう)外国人留学生の数は14万1000人に達し、国費留学生一万人で196億7000万円、私費留学生72億1000万円、短期留学生25億円、合わせて293億円以上の血税が彼らにばらまかれ、うち中国・韓国といった反日国家出身の学生は、なんと全体の75%を超えているのですから、こりゃもう国際貢献というより売国貢献プログラム。

一昨年、皆さんにこの文科省のばらまき留学制度を紹介した時には、まだ自民党政権時代で、留学生は10万人ほど、ばらまかれていた予算は300億円で、民主党政権になってこの予算は半額にカットされたと聞いていました。

しかし、当時の留学生30万人受け入れ計画はいま、「グローバル30」と名をかえて、あのとき以上のバラマキを計画しているのですよ。

ちなみに現在の計算で目標の30万人まで留学生が増えれば、2020年の国庫負担は年間約572億円。

人はカネで動きます。政治家は票で動きます。その結果が今の日本です。

金や票よりも価値のあるものに気づき、それを守るために各人が動き出さなければ、今の日本は今のレール上を突き進み、思いもよらぬ無人終着駅で激突脱線します。
そして、死人に口なしで埋められますよ。

どっかで見ましたよね、そんな動画を。

中国高速鉄道脱線衝突事故 現場の様子 China buries crushed train
https://youtu.be/FbU1HaJPz-Q

・・・おっと、こんなのもあった。(汗)

中国高速鉄道脱線衝突 埋めた事故車両で肢体発見
https://youtu.be/hQzsoZS9Sp0
※このコンテンツには、一部のユーザーに対して不適切であると報告された内容が含まれている可能性があります。

世界市民が歌を歌い、極左政権が旗を振る列車にただ乗ってるだけの国民は、カネを持つ中国勢力が敷いたレールの上を、韓流ドラマを見ながら突き進んでいるような気がしますよ。

奨学金は返還不要で12~15万円支給され、しかも渡航費用まで貰える。月に25万円も支給!?一体なぜ?日本の財政が逼迫しているという理由で消費増税したけど、こういう無駄な費用を削ればいいんじゃないの?何で左翼の方々はこういう所を突かないの?ほとんどが支那人に支給されるんでしょうに、本当にアホらしい。

せめて親日国の留学生に支給すれば、国に戻って日本のためになる活動をしてくれる。以前アメリカがやった策だけど、良い事はどんどん真似すべき。帰国後、「日本で酷い目に遭ったニダーアイゴー」が恒例行事の国がお隣にある。支那の場合は親日反日半々なのかなあ。憧れというより金になるから日本を目指すという感じだよね。本当にインテリが来日するならいい。学歴詐称して入国する不逞なエセ留学生がいるからねえ。

保守速報
フィフィ「学費の捻出が困難で進学を諦める日本人も少なくないのに、外国人留学生を優遇した支援制度はおかしい。日本人学生に対する逆差別?」
公開日時:2013年04月24日18:56
http://hosyusokuhou.jp/archives/26067761.html

150817-2-2.jpg

日本の優秀な子供に支給して欲しい。真面目な子供が夢を諦めるなんておかしいよ。逆に大して勉強したくない子供は職業教育を充実して、早く社会に出られるように変えるべき。労働環境を今までの日本的を是正して貰いたいね。上が詰まってるから貴重な労働力である若者にしわ寄せが来ている。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
page back