ライバルは少ない方がいい

東スポWeb
浅田真央復帰に海外の反応は両極端
配信日時:2015年08月03日 16時00分
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/429198/

 フィギュアスケートの浅田真央(24=中京大)の現役続行に、海外で両極端の反応が出ている。元世界女王の復活を注目しているのは、日本のファンだけではない。海の向こうの関係者には手放しで喜ぶ“リアクション”がある一方、複雑な思いで見守る“視線”もあるという。

 真央が復帰に向け着々と準備を進めるなか、日本だけではなく海外のフィギュアスケート関係者も敏感に反応している。

「国際スケート連盟(ISU)の面々や、各国の関係者はみんな『真央が戻ってきてうれしい』と話していますね。特にうれしそうなのは、大会を運営する側。いずれの国も、真央がいれば、どの国でも大会が盛り上がりますから」(国際大会に詳しい日本のフィギュア関係者)

 真央が出場すれば、海外の国際大会でも日本から大勢のファンが観戦に訪れて盛り上がる。国際大会の主催者には、フィギュアスケート界随一の人気選手の復活は喜ばしいものだ。

 一方で、やはりライバルからは複雑な反応が返ってきている。同関係者は「選手指導に関わる人間はちょっと反応が違う。もちろん『よく戻ってきてくれた』と言いますけど、心の中では『厄介なのが戻ってきた』という感じ。結局、ライバルが一人増えることになる。動向をチェックするでしょうね」。

 真央は昨年3月に埼玉で行われた世界選手権ショートプログラムで世界最高得点をマーク。この後に真央は約1年の休養に入ったが、この得点に迫る選手は出てきていない。真央の演技が全盛期に戻れば、現在の中心選手たちが戦々恐々となるのも当然のことだ。

 2日は宮城・仙台で行われたアイスショー「THE ICE」の今夏最後の公演に出演し、新エキシビション「踊るリッツの夜」で華麗なステップや軽やかなジャンプを披露した。競技会初戦は10月3日のジャパンオープン(さいたまスーパーアリーナ)。真央は「本格的に試合に向けて一直線になる。初戦まであと2か月。頑張って日々過ごしていきたい」と意気込んだ。

 これからどんな演技を見せるのか。観客の熱烈な応援をよそに、現場からは鋭い視線が注がれそうだ。

Togetter
フィギュアスケート王国・ロシアで速報された浅田真央現役復帰のニュース。露専門家は「大会はより激しくなる」と露女子チームにアドバイス
作成日時:2015年5月19日
http://togetter.com/li/823771

150804-2-1.jpg

https://twitter.com/izasasakima/status/600488615630614528

150804-2-2.jpg

https://twitter.com/izasasakima/status/600489678983155712

150804-2-3.jpg

https://twitter.com/izasasakima/status/600490397459025921

150804-2-4.jpg

https://twitter.com/izasasakima/status/600491678294642688

150804-2-5.jpg

https://twitter.com/izasasakima/status/600492873553879040

150804-2-6.jpg

https://twitter.com/izasasakima/status/600493677769662464

150804-2-7.jpg


https://twitter.com/izasasakima/status/600494818209337344


150804-2-8.jpg

https://twitter.com/izasasakima/status/626219576473169920

エリザベータ・トゥクタミシェワ選手ついてはミーシンコーチとタラソワ先生がライバル関係にあり、それでミーシンコーチが真央選手に対して敵対的な発言をしているのだと思う。トゥクタミシェワ選手自身は真央選手に対してライバルであるというような発言を一切していない。ロシアのスケート関係者の発言はライバル認定している発言であっても、不快感を感じない。実力がある上での発言だからであろう。

問題は隣の妄想大国がねえ。ねちっこくストーカーしているけど、何ならホスト国として復帰したら良いでしょう。まあ、いくらおく●りに頼っても無理でしょうね。引退したんだから、IOC選手委員がダメなら審判の資格でも取ったらどう?そして、大嫌いな日本人選手を減点しまくって現役復帰できないルサンチマンを晴らしたらいいよ。

五輪で二大会で金銀という輝かしい戦績で満足できない神経が素晴らしいね。もう自分の人生を歩めばいい。現役復帰した選手に対して妬むのって本当に哀れな奴だわ。何ならヨン棒もヨレヨレでもいいから、現役復帰してみたらいいよ。もうジャッジを買収するお金が足りないのでしょうね。

聯合ニュース
キム・ヨナさん「選手生活の8~9割はつらかった思い出」
配信日時: 2015/07/28 11:25
http://japanese.yonhapnews.co.kr/enter/2015/07/28/1000000000AJP20150728000900882.HTML

【ロサンゼルス聯合ニュース】2010年バンクーバー冬季五輪フィギュアスケート女子金メダリストで昨年のソチ冬季五輪を最後に現役を引退したキム・ヨナさんが27日(現地時間)、米ロサンゼルスで行われた「ドーハゴールズフォーラム」のセッションに出席し、「17~18年の選手生活でつらかった思い出が80~90%。幸せだった思い出は何パーセントにもならない。ただ、その瞬間のために諦められず出来た」と現役当時を振り返った。

 キム・ヨナさんは25日に開幕した知的障害者のスポーツの祭典「スペシャルオリンピックス(SO)世界大会」の開会式に出席するため同地を訪れ、フォーラムにも出席した。

 今年で4回目を迎えたこのフォーラムは、カール・ルイスさんやナディア・コマネチさんら世界的な元スポーツ選手が一堂に会し、スポーツで社会を改善する方策を模索する。

 キム・ヨナさんはカナダ・バンクーバー五輪で世界歴代最高得点を記録した瞬間と、09年の世界選手権での優勝を「最も思い出深い試合」に挙げた。

 スペシャルオリンピックス広報大使も務めるキム・ヨナさんは、「スペシャルオリンピックスのバスケットボールの試合を見たが、勝つために怒ったりもみあったりする姿が印象的だった」と話した。

(´ー・・ー`*)(´ー・・ー`*)(´ー・・ー`*)(´ー・・ー`*)(´ー・・ー`*)(´ー・・ー`*)(´ー・・ー`*)

さらに昔のスケーターでも、この人が五輪で優勝していれば引退したのにと、亡霊のように年になって身体能力の限界まで続けてフェードアウトした人もたくさんいたよね。台乗りできたらプロに転向したいけど、結局五輪でノーメダルで現役引退した選手は五万といる。五輪のメダルあるなしでプロ転向後のギャラが違うというから必死なのは分かるのよ。

五輪からフィギュアスケートは外して貰いたいと個人的には思っているのだが、五輪では入賞までメダル与えて欲しいわね。3位までというのは厳しすぎる気がする。奇数でいくなら5位までプラチナ・コバルト・チタン・ニッケル等鉱物の種類増やしてメダル与えてやって欲しいものだ。

ISU(汚水)と日本スケ連はドル箱(円箱?)が戻って来てくれるから嬉しいでしょうね。真央選手が出演するショーだとチケット捌けるからね。やっぱり試合でもショーでも真央さんがいるかいないかで、全然違うものになる。真央さんがスケートリンクに立つだけでパッーと明るくなるのよね。すごいお人です (*´Д`*)ポポンッ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
page back