エミリー・フランケルさん、バンクーバーを語る③

バンクーバーオリンピックについて語る(字幕付き)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm14893327

150618-3-3.jpg
150618-3-6.jpg
150618-3-7.jpg

そして彼女の方がより優れたダンサーなんです。
彼女の身体の伸び、彼女のアラベスクはプリマ・バレリーナのレベルです。
私がプリマ・バレリーナと言う時は、本当にプリマ・バレリーナのことを意味しています。
真央の両脚、両腕、胴体はしなやかで柔らかく、


150618-3-1.jpg
150618-3-2.jpg

彼女の前方への身体の伸びは... Wow。
前方への身体の伸びとは、こう言うことです。
脚をこの様にキープするんです。
殆どの人は手を下にあてて脚を支えるのですが、彼女はその様なことを必要としないのです。
ただその位置に脚をキープするんです。
美しいですね。


150618-3-4.jpg
150618-3-5.jpg
150618-3-8.jpg

キム選手は、彼女の脚は見事ですし、彼女は良く練習されていると思います。
しかし、バレエの観点からは、彼女は良く練習され、完成しているとは言えません。


150618-3-9.jpg

彼女は小さな細々としたキャラクターを演じる能力を持っています。
ここそこで燃え上がり、音楽がting ting tingとなれば、彼女もting ting tingと演じるのです。
彼女は素早くキャラクターを変更し、楽しさを覚えさせるのです。


150618-3-10.jpg
150618-3-11.jpg

たいてい彼女は試合を楽しんでいる様に伺えますし、


菊千代の部屋
菊千代さんのブログ
五輪回顧‥エミリー・フランケルさんの浅田真央ちゃん評とキムヨナ評を考える
公開日時:2010/8/8(日) 午前 5:12
http://blogs.yahoo.co.jp/kikuchiyo_no_heya/32207342.html

静止画像じゃ比較にならなくて、実際に会場で見ればとスピードがあるのが分かるという人がいる。フィギュアスケートはスピードスケートじゃないから。タイムで勝ち負けを決められる競技だったら、こんなに物議を醸し出すはずがない。

静止画像で十分下手糞と分かるよ。こんな人を優勝させるために、周到に準備されて茶番をする。本当に情けなくないのかね。こんな一瞬で終わるような事のために、お金をかけて国民は貧しいまま。本当に日本を追い越して豊かだというのであれば、なぜ芸能人を筆頭に日本に出稼ぎに来るのかな。

韓国というまだ文化が成熟できていない国にはフィギュアスケートに参戦して貰いたくなかった。百歩譲ってヨン棒だけが天才であって、後進の選手がいないはどうしてなの?たった一人天才がいただけで、層が薄いんじゃあお話にならない。それを補うために、審判を送り込んで加点てんこ盛りの工作に出るということね。

韓国人が脳内お花畑でいるのは勝手だが、大した事ないのに有頂天になったり、ホルホルする姿が幼稚すぎて笑える。自分の立ち居地が分かる人であれば、初めから勝たせて貰えるからといってせせら笑うものかねえ。

しかも19歳で、可愛げがなくふてぶてしいアジュンマみたい。ヨン棒に愛嬌があれば、日本でここまで嫌われていなかっただろうし・・・そもそももう忘却の彼方の存在なんだけどね (´ー・・ー`*)
関連記事
スポンサーサイト
page back