5月13日(月)サンクスツアー八戸公演から帰る日に陸奥湊駅にあるみなと食堂に行って来ました。せっかく八戸に来たのだから、名物いちご煮を食べないわけにはいきません。

1時間に1本しかない電車に乗り遅れました~!本八戸駅で時間を潰すことはできないし、八戸駅まで行くのもいいけど、空港でまったりマッサージチェアで凝りを取りたいので、時間を無駄にせずタクシーでみなと食堂に向かいました。

タクシーの運転手さんと三沢空港のアクセスが悪いよねという話から、運転手さんは以前仕事でしょっちゅう新幹線で福岡や境港に行かれたそうです。へっー!兵(つわもの)です (゚Д゚ノ)ノスゴィッ

みなと食堂が行列だったら、代わりに八戸市営魚菜小売市場に行くつもりだと私が言うと、運転手さん曰く、八戸市営魚菜小売市場は衛生的におススメしないそうです。

あとこちらの商店街もスーパーマーケットにやられて、寂しくなっているそうです。大型店舗には個人商店は立ち向かえませんよね。地方はどこもそんな状況です。

ぐるなび みんなのごはん
八戸の超人気店「みなと食堂」で橙色に艶めく”ヒラメ漬け丼”をかっこんできた!
投稿日時:2015-07-08
http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/another/2411

じゃらん  【みなと食堂】八戸・海鮮
https://www.jalan.net/gourmet/grm_alikejpB000402561/

190621-2-1.jpg
190621-2-2.jpg

平日の9時台だったせいか12席しかないみなと食堂にすんなり入れました。私は平目漬け丼といちご煮を頼みました。食事が出て来る前に店の外の写真を撮りました。

12席あるうちの私の案内された席はカウンターで入口の真ん前。その横に旅行客が2名いて、その隣に1名、テーブル席に2名お客さんがいました。

190621-2-3.jpg

↑ いちご煮です。

190621-2-4.jpg

↑ ひらめ漬け丼です。

190621-2-5.jpg

朝から豪華な食事です Ψ(。・∀・。)Ψ頂きまーす♪

190621-2-6.jpg

平目の漬け丼の卵の黄身を崩した様子。甘辛いたれに漬け込んだ平目で、最後の方で私は一緒に出された味の付いていない山芋とゆでほうれん草を載せて食べました。

190621-2-7.jpg

いちご煮を半分食べた状態。しその香りがして上品なお吸い物でした。初めて煮たウニを食べました。

いちご煮も平目の漬け丼もおいしかったけれど、年のせいですね。胃もたれしてしまいました。でも、せっかく八戸に来て、八戸名物を食べることができて幸せです。

190621-2-8.jpg

タクシーの運転手さんに衛生的におススメしないと教えていただいた八戸市営魚菜小売市場は店の外から魚のすえたニオイがして来ました。

筋子(鮭の卵)の代用品である鱒の子が売っているということで店の中を覗いてみました。色んなお店でおかずを買ってごはんに載せてどんぶりにできる楽しみ方ができます。

190621-2-9.jpg

みなと食堂に近い側にあった魚屋さんはウニがモリモリ木箱に大盛りで¥2,500でした。家の近くならこれを買って帰って、ウニ丼にしたら幸せですよね~ (美味しそう)Oo。(o'¬'o)ジュルリ♪

190621-2-12.jpg

この界隈の陸奥湊駅はほんの目と鼻と先にあって、イサバのカッチャがいましたよ!

小笠原商店でお土産を買いました。こちらの奥さんがとても優しくて小さくて可愛らしい方で、私が福岡から来たと言ったらこの方もびっくり仰天していました。「一人旅をする勇気がなくって」とおっしゃっていましたよ。

八戸に行けて良かったのが、会う人会う人良い人ばかりでした。とても温かくて優しい人ばかりに出会えました。

190621-2-10.jpg

美しい木の駅舎です。

190621-2-11.jpg

駅のホームには誰もいませんでした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
page back