青森県立三沢航空科学館

5月10日(金)は三沢航空科学館に行って来ました。

青森県立三沢航空科学館
https://www.kokukagaku.jp/

サンクスツアー八戸公演のために前泊しなければならなかったので、三沢空港に延着で15時過ぎに着いてすぐ三沢航空科学館に行きました。公共交通機関がないためタクシーで行きます。

羽田空港の乗り換えの時に騒がしい外国人のご一行様がいらして、この人達誰?と思ったら、飛行機で隣の座席になりました。米軍の関係者なんですね。

三沢空港に着いて暖かいので良かった~♪とほっとしていました。23℃ありました。タクシーで運転手さんと話をしていたのですが、三沢空港では基地反対運動は一切ないそうです。雪の降ってない時期はいいのですが、寒い時期に野外で反対運動なんて無理ですよね。

また、運転手さんはF35が墜落した事故でロシアや中国に機体の秘密が漏れると困るので、急いで機体を回収しているとおっしゃっていました。私はテレビがなくて情弱なので、「ああ、そんな事故があったねえ」ぐらいに思っていたんですよ。そしたら、パイロットが41歳だったんですね。自衛隊は高齢化し過ぎですね。


八戸から帰って来て風邪をひいてダウンしている時にあったチャンネル桜の討論で知りました。

朝日新聞デジタル
墜落のF35A、操縦士の氏名公表 41歳の3等空佐
配信日時:2019年4月11日19時20分
https://www.asahi.com/articles/ASM4C5328M4CUTIL022.html

タクシーで5分ぐらいで三沢航空科学館に着きました。平日なのもありますが、入館者はほとんどいません。ちらほらです。

私がこちらを訪問したかった理由が十和田湖に沈んでいた一式双発高等練習機が見れるからでした。

じゃらん  青森県立三沢航空科学館
十和田湖の湖底に沈んでいた一式双発高等練習機 - 青森県立三沢航空科学館の口コミ
行った時期:2018年9月4日  投稿日:2019年1月30日
https://www.jalan.net/kankou/spt_02207ae3292034883/kuchikomi/0004695088/?screenId=OUW2202

190621-1-16.jpg
190621-1-14.jpg
190621-1-13.jpg

特別展は科学館の端っこにあり、見学する前に通った無重力が体験できるスペースに数名のお子様がいました。

190621-1-1.jpg
190621-1-2.jpg
190621-1-3.jpg

映画「風立ちぬ」のコーナーの写真撮影は不可ですが、他の箇所は写真撮影OKです。

190621-1-4.jpg
190621-1-6.jpg
190621-1-7.jpg
190621-1-8.jpg
190621-1-9.jpg
190621-1-10.jpg
190621-1-11.jpg
190621-1-12.jpg
190621-1-15.jpg

三沢市大空ひろば/青森県立航空科学館
https://www.kokukagaku.jp/skypark.html

大空ひろばに展示してある飛行機の写真を撮ろうと思ったら、突風が吹き抜けました。そして、気温が下がるのを感じました。

190621-1-17.jpg
190621-1-18.jpg
190621-1-19.jpg
190621-1-20.jpg
190621-1-21.jpg

売店で売っている物を見たけれど荷物は増やしたくないし、買いたい物がないしでありました。本八戸駅行きのリムジンバスの時間まで余裕があるので、閉館ギリギリまで暇潰しをしようと思ったのですが、喫茶店は既に閉店していました。

タクシーに迎えに来てもらい、三沢空港に戻りました。帰りのタクシーの運転手さんからは三沢市にあるマックが日本一の売り上げだそうです。夜間訓練があるため、やはり騒音問題で補償金をもらって立ち退く人がいるとも聞きました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
page back