島根県・出雲市駅・出雲空港

190209-4-2.jpg

出雲大社から出雲市駅に戻るバスの中から撮りました。ゆめタウン出雲店イズミ)の近くです。

出雲市役所の写真を撮ることができなかったのですが、大社造の入口で反射する素材のパネルの建物です。誰の設計か知りませんが、有名な建築家に依頼したのだと思います。

新建築データベースβ
2011年4月号087頁──出雲市庁舎──川島克也+田中公康/日建設計・みずほ設計出雲市新庁舎設計共同体
https://shinkenchiku-db.com/20110405-2/

出雲市庁舎 – 株式会社みずほ設計
http://mizuho-s.skr.jp/428/

190209-4-1.jpg
190209-4-3.jpg
190209-4-4.jpg
190209-4-5.jpg
190209-4-6.jpg

神話縁の地としても売っていますから、どうしても大国主命のちなんだモニュメントが多いですよね。出雲空港から出雲市駅に向かう途中に、「ショップ大国」というお店を見掛けました(笑)何でも大国です。

大国=大黒様という説がありますが、どうも違うみたいですね。

「大国主大神」と「だいこくさま」は同じ神様ですか?
http://www.izumooyashiro.or.jp/ufaqs/ufaq-33

くたびれたので早めに出雲空港に向かいました。正式名称は出雲縁結び空港ですが、略して出雲空港でいいですよね。

190209-4-7.jpg

ここでも出雲阿国の像があります。歌舞伎は女人禁制ですが、神楽は女性の団員が演じています。男性が女役をした方が舞台映えするし声も通るのでいい感じですが、神楽の方が歌舞伎と違って庶民的で何の基礎知識なしに楽しめるので個人的には好きですね。

私が一度生で見てみたいと思っているのが、広島市安佐北区安佐を拠点にしている宮乃木神楽団源頼朝という演目です。ここまでおしゃべりがメインの神楽団も珍しいです。石見神楽の方が真面目で神楽だけ演じますが、広島(安芸)神楽、特にこの宮乃木神楽団は吉本新喜劇以上にふざけ過ぎです。

第十三回川本町神楽共演大会 宮乃木神楽団 (源 頼政)

https://youtu.be/OOLaY-b8QgM

190209-4-8.jpg

こちらにも大国さんの顔ハメ看板です。

190209-4-9.jpg

しまねっこと大黒様・・・大国主命と大黒様は別ものだと出雲大社が言ってるのにねえ。

190209-4-10.jpg

しまねっこの部屋(島根県観光キャラクター しまねっこ 公式)
https://www.kankou-shimane.com/shimanekko/

190209-4-11.jpg

JALの荷物検査入口に錦織圭選手の等身大パネルがありました。錦織選手は島根県松江市出身ですものね。

190209-4-12.jpg

こちらにもゆるキャラのパネルがありました。

190209-4-13.jpg

市町村合併で出雲市と一緒になった平田市の無形民俗文化財ですね。要らなくなった陶器を用いてモニュメントを作る文化財らしいです。

190209-4-14.jpg

観光案内にしてはしょぼい宣伝ですよね。もう少し違った展示はできないものでしょうかねえ。食事処も3階に3か所のみです。2階に一畑百貨店とANAのお土産屋さんが2か所あります。

脚がパンパンで肩こり腰痛もうこのまま倒れ込みたかったのですが、旅先でマッサージは受けたくないと我慢して、空港の3Dマッサージマシーンにお世話になりました。10分¥100でイオンのマッサージ機より安いです。3回連続してやってもらって30分¥300で済みました。60分でも¥600というのはお得ですわ。

飛行機には手荷物が1つしか持ち込めないらしく、手荷物カウンターに預けました。またあの窮屈な小さな飛行機で60分ちょっと過ごさねばなりません。この日は天候が荒れ模様のため、普段より高度を下げて雲の下を飛んでいました。

サンクスツアー島根公演の2日目に出会った金沢からお越しの方がおっしゃっていたのですが、小松空港から伊丹空港に行って高速バスに乗り換えて出雲迄行かれたそうです。

私は福岡空港から出雲空港まで一本で来られて、出雲空港から出雲市駅までバスで行きました。飛行機はおよそ60分とちょっとかかりましたが、本来なら小松空港から伊丹空港より近いはずなのに時間がかかっていると金沢からお見えになった方に言われました。

恐らく自衛隊や米軍の空路の邪魔にならない経路で飛んでるので福岡~出雲間の時間が60分以上かかるのではないかという事です。確かに、山口県岩国市には米軍基地もありますし、そういった事情もあるのかもしれませんね。

島根旅行の話はここで終わりです。お付き合いありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
page back