島根県大田市・石見銀山

物部神社の帰りのバスは時刻通り、行きに物部神社まで乗せて行ってくれた運転手さんでした。

大田市駅に戻り、観光案内所に行きます。ソファに男性が腰掛けていました。「今、席を外しています。すぐ戻って来ます」と教えてくれました。

観光案内所のおばさんが戻って来ました。午前のおばさんが午後のおばさんに引き継ぎしてくれていました。

その男性に観光案内所のおばさんが、「石見銀山なら(私を)乗せて行ってやったらいいのに!」と言ってくれて、私は「いやいや、申し訳ないので、いいですよー」と内心思いながら、そのおっさんが「ちょっと寄る所があるから」と言って去っていきました。

それで、午後担当のおばさんと私が今行って来た物部神社の話や私の母親の故郷がすぐ近くだとか、出雲の長浜神社や松江の八重垣神社と神魂神社に行った話をしました。

長浜神社は午前のおばさんも地元人でもなかなか行けないと言っていました。どうやって行ったか逆に私に聞いていました。午後のおばさんも「長浜神社に行くなんてマニアだね!」とおっしゃっていました(笑)

出雲大社の参拝の仕方を教えていただきました。本殿は後ろの須佐之男命(スサノオノミコト)の方を向いて横向きにご神体を祀っているので、後ろから回って行くといいよと教わりました。

バスに乗って14時半ぐらいのバスに乗って石見銀山の代官所前に向かいました。

190208-2-1.jpg

五百羅漢の前です。高校生の時に伯父さんに連れて行ってもらったので、今回はパスします。拝観料¥500也ちゃりーん (゚Д゚)ノ⌒⑩

190208-2-2.jpg
190208-2-3.jpg
190208-2-4.jpg

ここで道に迷って10分ぐらいロスしました。もったいない事をしました。「時は金なり」ですわ。

190208-2-5.jpg
190208-2-6.jpg
190208-2-7.jpg

ここは歴史保存地区なので、家を建て直す場合は昔の建て方にしないといけないそうです。

190208-2-8.jpg

観世音寺です。

190208-2-9.jpg

石州瓦が美しいですね。焼成温度が1200℃以上と高いため凍害に強いので、日本海側の豪雪地帯や北海道などの寒冷地方でシェアが高く、現在は年間約2億枚が生産されているそうです。出雲地方では黒の石州瓦でした。

190208-2-10.jpg
190208-2-11.jpg
190208-2-12.jpg

勝源寺です。古刹ですね。

190208-2-13.jpg
190208-2-14.jpg
190208-2-15.jpg
190208-2-16.jpg

城上神社(きがみじんじゃ)を訪れたくて石見銀山に来ました。この龍の絵の下で柏手を打つと音が反響して龍の泣き声が聞こえるそうですが、私には聞こえませんでした。(← ただ下手糞なだけw)

190208-2-17.jpg
190208-2-18.jpg
190208-2-19.jpg
190208-2-20.jpg

バスの待合所のです。大田市のゆるキャラらとちゃんです。

らとちゃん【公式】  @ohdanoratochan
https://twitter.com/ohdanoratochan

大田市駅の売店でらとちゃんグッズを買っちゃいました!

帰りのバスでは、大田市駅で一緒に降りた私の身長(159cm)より背の低いホビットのような白人の夫婦がいました。帰りのバスで一緒になり、ブロークンイングリッシュで会話してみました。その夫婦は日本語を勉強しているので、全く日本語の分からない人より会話が通じます。

ご主人曰く、神社とお寺が好きで日本に来られたそうです。東京4日・福岡4日・島根4日の計12日間の旅で、羽田に降りて太宰府天満宮にも行ったそうです。私は福岡から来たと言ったんですよ。

サンフランシスコから来ていて、大田市と同じ気温だねと言ってました。そして、その後奥さんの90歳のお母さんに会いにニューヨークに行くそうです。クリスマスが近いから休暇ですね。この日は玉造温泉に泊まるのだそうです。

バスを降りる時、奥さんが「お先にどうぞ。両替します」とおっしゃいました。私もなので、お先にどうぞと先にご夫婦に降りていただいて、最後に私が降りる時、40代後半から50代初めぐらいのバスの運転手さんが「さっき英語で話してたでしょ?」と言われました。

私は「いえいえ、あの人達日本語が話せるんですよ。なので話すことができました」と言いました。世界遺産に登録されたので、簡単な英語は話せた方がいいかもしれませんね。

私も英単語をド忘れしていて口に出て来なかったり、発音を間違ったりしていて通じなかったので、NHKのラジオ英会話を聞くようになりました。といっても、ながら聞きなので、英作文ができません。本格的に勉強し直さないとなあ。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
page back