島根県松江市・八重垣神社

2018年12月18日(火)島根旅行2日目です。美保神社に行きたかったのですが行くのが大変だったので、松江市中心の神社に行くことにしました。美保神社は次回の島根旅行に行くことにします。

美保神社 | えびす様の総本宮 | 島根県松江市美保関町
http://mihojinja.or.jp/

だいたい出雲地方にある神社は「縁結び」のご利益があるという処が多いです。

【公式】八重垣神社
https://yaegakijinja.or.jp/

松江駅のバスのりばから行きました。初めて行く場所はバスが違う路線だったらどうしよう!?と不安になりますよね。とりあえず無事目的地に着きました。

160207-1-1.jpg

八重垣神社は素盞嗚尊(スサノヲノミコト)と稲田姫命(クシナダヒメ)を祀っています。

160207-1-2.jpg
160207-1-3.jpg
160207-1-4.jpg
160207-1-5.jpg
160207-1-6.jpg
160207-1-7.jpg
160207-1-8.jpg

前日行った長浜神社に比べると参拝客が多くて賑やかな神社です。といっても、大都会の神社に比べると少ないですが、全国的に知名度があるのでしょうか?バスで一緒だった若い女の子二人組がキャピキャピと参拝していました。

160207-1-9.jpg

松江といえばラフカディオ・ハーンこと小泉八雲となるので、縁(ゆかり)の場所の立て札があるのですね。

160207-1-10.jpg

出張のついでに八重垣神社に寄ったという女性(先輩)と男性(後輩)が大きな声で話していた内容がこちらの耳に入って来ました。女性はバツ1で結婚はこりごりなのに、縁結びで有名な神社に参拝しに来てしまったということです。

その二人連れが先にこの池にいて、私が「この紙はどちらで売ってるのですか?」と尋ねました。女性が「授与所で売ってますよ」と教えてくれましたが、私は占いの紙が欲しくないので授与所まで戻りませんでした。

占い紙の代わりに授与所で「幸運と健康」のお守りを買って帰りました。巫女さんに次に行く神魂神社(かもすじんじゃ)の行き方を尋ねました。すぐ近くという事ですが、案内の看板があまりないんですね。人に道を聞いても不安になります。

160207-1-11.jpg

八重垣神社の表の所に「古代結婚式発祥の地」という立て看板がありました。

160207-1-12.jpg
160207-1-13.jpg

その横に「夫婦椿」がありまして、これが資生堂の椿のマークに関連しているのですと。初めて知りましたわ。

160207-1-14.jpg

子宝飴ねえ。不妊に悩む人が食べると懐妊するんでしょうかね。子宝飴以外の物が売ってるか興味津々でしたが、米飴は歯にひっつくので、この旅行に出発する前日に詰め物が外れたばかりですから、もちろん店に入りませんでした。

この道を通って、神魂神社に向かうのだそうですが、本当に辿り着けるのやら?!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
page back