極寒の駅で「電車は終わりました」と言われたら

朝日新聞デジタル
五輪開会式後、深夜に観客大混乱「電車は終わりました」
配信日時:2018年2月10日12時19分  執筆者:高野遼
https://www.asahi.com/articles/ASL2B1DZ1L29UHBI03Y.html

180211-1-1.jpg
オリンピックスタジアムから、最寄り駅に向かうシャトルバスには長蛇の列ができた=9日午後11時50分、韓国・平昌

 平昌(ピョンチャン)五輪の開会式が終わり、スタジアムを埋めた観客が一斉に帰途についたのは9日午後10時半ごろ。その先には、深夜に及ぶ大混乱が待っていた。

 「珍富(ジンブ)駅はこちらへ」。スタジアムを出ると、最寄り駅へと誘導された。駅まではシャトルバスで20分ほど。バス乗り場には、あっという間に200メートル以上の大行列ができた。

 気温は零度を下回り、冷え込んでいく。音楽を流して楽しむ団体もいれば、イライラし出す人も。遅々として進まない行列に、ある米国人男性は「輸送で、五輪の評価は決まるよね」。1時間かかってバスに乗った時には、日付が変わっていた。

警察官の言葉に…

 午前1時になろうとするころ、駅に続々と、満員のシャトルバスが到着した。東海岸の江陵(カンヌン)駅を目指す人が多い。だが案内する警察官の答えは「もう電車は終わりました」。思わずみんな天を仰ぐ。駅内にある出発時刻の案内画面も消えてしまった。

 タクシー乗り場に数十人の行列ができた。だが、ここは深夜の田舎駅。タクシーは30分に1台ほどしか姿を見せない。やがて「江陵駅へ車で輸送する」という案内が。一気にそちらに行列が移る。

 今度はカナダ人の女性が走ってきた。「1番線に電車が来るって!」。その声を聞き、人々は一斉に駅へと走り出した。江陵駅行きの電車がようやくやって来ると、人々をのみ込んで走り去った。

英語スタッフが少ないことも拍車

 混乱に巻き込まれたのは、欧米系の人たちが中心だった。英語が話せるスタッフは少なく、片言でのもどかしいやりとりが、あちこちで見られた。

 タクシー乗り場で待ちぼうけをしていたスイス人女性は、ホテルの住所を印刷した紙を持って困り果てていた。「どうやって行ったらいいの? 携帯の電池も切れちゃって」。書かれた住所は平昌エリアだが、駅からは遠く離れた場所だった。

180211-1-2.jpg
午前1時を過ぎても、珍富駅の構内は多くの人であふれていた=10日午前1時8分、韓国・平昌

180211-1-3.jpg
タクシー乗り場で延々と待ち続ける外国人観光客たち。タクシーは一向にやってくる気配がない=10日午前1時23分、韓国・平昌

> 案内する警察官の答えは「もう電車は終わりました」。
はぁー?何のために高速鉄道を平昌まで延伸したの?五輪のためになんでしょう。それなら、なぜ乗客全員乗せて帰る責務を果たさないのかねえ。ほとほと呆れるわ。

たぶん、仕方なく平昌周辺のホテルに泊まるように仕向ける算段だったんじゃないのかな。ぼったくり価格で一泊10万円盗る取るんでしょ?そして、洗面所のコップをトイレブラシで洗ってる超不衛生な所なんでしょうね。

不衛生な所でノロウィルスに感染して帰国って、何の罰ゲームかね。五輪関係者以外あんな国の五輪なんて行きたいと思う訳ないだろう。

デイリースポーツ
レジェンド葛西 強風、極寒地獄に「こんなの中止でしょう、と心の隅で文句を」
配信日時:2018.02.11
https://www.daily.co.jp/olympic/2018/02/11/0010975517.shtml

180211-1-4.jpg
2回目の飛躍を終え、白い息を吐く葛西紀明(共同)

 「平昌五輪・スキージャンプ男子ノーマルヒル・決勝」(10日、アルペンシア・ジャンプセンター)

 冬季五輪歴代最多8度目の五輪となる葛西紀明(45)=土屋ホーム=は1本目で104・5メートル、2本目で99メートルに終わり、213・3点で21位に終わった。

 ただでさえマイナス10度を下回る極寒の中、強烈な強風が吹きすさび、たびたび競技が中断。競技終了は予定よりも1時間押した。厳しい環境での試合を葛西は苦笑いで振り返った。「(寒さは)もう信じられないぐらい。風の音がすっごいんですよ。気持ちが怯むぐらい。ブワーって。W杯でもほぼない条件。“こんなの中止でしょうってちょっと心の隅で文句いいながら寒さに耐えてました」。

 この日の2本のジャンプは「2本とも失敗です」。ただ、着実に手応えは掴んでおり「いい動きはしてる。あとは体の伸びとバランスが上手く合わない点。そこだけ。心配はしてない。すぐに良くなる」と、16日からのラージヒルに向けて、前を向いた。

180211-1-5.jpg
180211-1-6.jpg

葛西選手はすごいね。45歳になっても五輪代表になっているし、こんな危険なスポーツをやり続ける勇気を持っていて、現役時代が実に長い。19歳でアルベールビル五輪に出場してから、ずっとトップを走り続けている。

平昌のスキージャンプ台は展望台と兼ねて作ったので、普通のジャンプ台より高い所にある。妙な所で節約したり、一石二鳥を狙うテョン国人ならではのジャンプ台。

凪になるのは夜間のみ。試合は夜間に行うことができないため、防風ネットで凌ぐという話になったけど、そんな物で納まる強風ではないんだよね。

朝日新聞デジタル
風に翻弄、運ないと勝てず ジャンプ台、気流変化激しく
投稿日時:2018年2月11日10時10分  執筆者:菅野範弘(東京美装スキー部総監督)
https://www.asahi.com/articles/ASL2B61RCL2BUTQP02N.html

180211-1-7.jpg
男子ノーマルヒル本戦の2回目を終えた葛西紀明=細川卓撮影

 風で結果が大きく左右された試合だった。

 1回目は乱高下する風の中、うまく風に乗った選手と追い風にたたかれた選手に分かれた。今季のワールドカップ(W杯)で個人総合8位の小林潤志郎(雪印メグミルク)がそう。追い風を受けて、飛距離を伸ばせなかった。

 平昌のジャンプ台は風力発電の施設が近くにある。防風ネットも設置されているが、非常に気流の変化が激しく、何が起きるか分からない。4年に1度の五輪でこのような条件のジャンプ台では、実力に加えて運もないと勝てないと感じた。

 ただ、上位に入った選手は、テイクオフで飛び出す方向と力強さがしっかりと伴っていた。飛び出すときは蹴るイメージではなく、足の裏全体で押し出す。そのパワーがきちんと伝わると空中に出たときにスキー板が大きくたわむ。外国選手と日本選手の差は、このたわみ具合の違いにある。

 ジャンプは飛びだしてから約20メートルは体を動かさないことが大切。飛び出してから、たわんだスキー板が戻るまで我慢することで、空中に出て行く際の推進力が増し、飛距離を出すことが出来る。上位の選手は、その辺の技術が優れていた。

 風の強いジャンプ台。パワーと正確な技術が、より要求されるだろう。(東京美装スキー部総監督)

180211-1-8.jpg
男子ノーマルヒル本戦、小林潤志郎の1回目のジャンプ=林敏行撮影

屋外競技は選手達が本当に気の毒すぎる。ニダさん達は運も実力のうちとか言い出すのかな。屋内競技だって、ホッケーリンクの電光パネルが落下したり、スピードスケートはエアコンが追い風になり記録が出すぎるということだ。

あかん国の卑怯力は技術力のなさといい加減なケンチャナヨ精神から来ている。こんな国で開催された五輪でメダルを獲ろうが、大した価値はないよ。と開き直るぐらいの方がいいと思うの。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
page back