オータムクラシック2位

デイリースポーツ
三原舞依SP2位に心境複雑? 自己ベスト6点及ばず…フリーは「ノーミスで」
配信日時:2017.9.23
https://www.daily.co.jp/general/2017/09/23/0010579437.shtml

170924-1-1.jpg
 「フィギュアスケート・オータムクラシック」(21日、カナダ・モントリオール)

 女子はショートプログラムが行われ、三原舞依(18)=神戸ポートアイランドク=が66・18点で2位発進した。新田谷凜(中京大)は46・83点で9位。

 まずまずの国際大会開幕戦と言ったところだろう。安定感抜群の三原は、転倒など分かりやすいミスのない演技で滑りきり、笑顔全開。しかし最後のジャンプである3回転フリップが不正なエッジ使用の判定を受け、66点台だった。初戦としては決して悪くない点数だが、自身の持つ自己ベストからは約6点マイナス。複雑な表情で得点を見つめた。

 大人な雰囲気の音楽で舞うプログラム「リベルタンゴ」で磨いたステップも、最高レベルの4ではなく3の判定。黒の衣装を身にまとい、かわいらしいイメージからの脱却を図っているが「少しバテてしまった」と悔しそうに話した。

 平昌五輪シーズンの本格的な開幕を彩ることができず「全てをレベルアップさせないといけない」と雪辱を誓った三原。23日のフリーは天使がテーマのプログラム「ガブリエルのオーボエ」だ。「切り替えたい。ノーミスで頑張ります」。昨季大躍進を遂げた18歳が底力を発揮する。

HD. Mai MIHARA 三原舞依 SP - 2017 Autumn Classic International

https://youtu.be/DcblPhwKYY4

170924-1-2.jpg170924-1-14.jpg
170924-1-3.jpg170924-1-4.jpg
170924-1-5.jpg

昨シーズンがシニア初参戦で子供っぽいプロだったので、今季はぐっと大人っぽくしようという戦略だったのでしょう。昨シーズンもSPは印象薄いんだよね。好きでも嫌いでもない感じ。

舞依ちゃんの最大の魅力はスケーティングの滑らかさとジャンプの着氷の柔らかさ。舞依ちゃんのスケートを見る楽しさはそこにある。他はどうでも良かったりする。

タンゴだから黒のレースの衣装は悪くないと思う。ただ、メイクがねえ。舞依ちゃん自身、げんさんカップの時にあまりにケバくて、試合後すぐ取ったと言っていた。

この衣装で化粧が薄いと何か変だし、かと言って濃すぎると、ドアップの写真を見る限り、ちっとも似合ってない。どなたかスタイリストに見て貰った方が良くないかと思った。お兄さんは美容師だよね。アドバイス貰えないのかなあ。

スポーツ報知
三原舞依、今季初の国際大会で2位 ジャンプでミスもリカバリー
配信日時:2017年9月24日7時36分 スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20170924-OHT1T50061.html

170924-1-6.jpg
2位となった三原舞依のフリー(共同)

 ◆フィギュアスケート オータム・クラシック 最終日(23日、カナダ・モントリオール)

 女子フリーはショートプログラム(SP)2位の三原舞依(18)=神戸ポートアイランドク=は最後の3回転サルコーが2回転になるミスが出ながら132・84点、合計199・02点で2位。今季初の国際大会で、まずまずのスタートを切った。

 「ミスなく最後まで演技することができなかったことが悔しい。口角が上がらなかった。感じていないところで緊張していた。今季は緊張する場面が増えると思うので、そんな場面でも自分の演技が出来るようにしたい」。

 衣装をラッキーカラーの青に新調。冒頭のルッツ―トウループの連続3回転を決めるなど好調な滑り出しを見せた。後半の2回転半―3回転トウループの連続ジャンプの後ろが2回転になったところで、とっさに2回転ループをつけて3連続に。その後の3回転ルッツに3回転トウループをつけるリカバリーを見せ「演技途中で構成を変えることが出来たことは収穫」。一方で、SPに続きフリップに踏み切り違反が出たことは不安材料の一つ。「フリップはまさか。動画を見て、しっかりイメージトレーニングをしたい」と省みた。

 シニア1年目の昨季、四大陸選手権で初出場優勝を飾るなど、大きく飛躍を遂げた。「今は怖さがある。去年ずっとノーミスできていて、大きな大会にも出させていただいた楽しいシーズン。2年目は同じようにならないかもというのがある。怖さは自分の力で乗り越えて行きたい」。2枠を争う平昌五輪代表入りへ、さらなる成長を誓った。

 カナダのケイトリー・オズモンドが142・34点、合計217・55点で優勝。新田谷凜(20)=中京大=は161・20点で6位だった。

2017 オータムクラシック 女子フリー 三原舞依

https://youtu.be/ZSpyNzy5Jsk

170924-1-7.jpg
170924-1-8.jpg170924-1-9.jpg
170924-1-10.jpg170924-1-11.jpg
170924-1-12.jpg
170924-1-13.jpg

映画「ミッション」は乱心が世界女王に返り咲いたプロよね。乱心が振付けた大庭雅さんも使ってたね。

舞依ちゃんは青色がラッキーカラーというけど、フリーのこの衣装は海をイメージしたものにしか見えないんだよね。げんさんカップで着ていた淡い紫の衣装の方が合ってると思うんだよね。

こちらのメイクもリップカラーがピンク過ぎる気がするわ。好き好きでしょうけど、何か唇だけが浮いてる気がするの。

ボーカル入りの曲なので乱心プロとダブらないけど、印象の薄いプロだと感じたわ。ここでも舞依ちゃんの氷に吸い付くような滑らかな滑りとジャンプの流れるような着氷だけが楽しみなのよ。

初戦でB級大会なので、フリップの踏み切りエラーの対策が見付かって良かったよ。早めに対策しておけば、後が楽になるでしょ。

改善して欲しい点は、アラベスクスパイラルはもっと高く足が上がるといいね。あまり高さがないなら、プログラムに入れない方がいいと思うよ。高さがなくても、美しい見せ方を習得した方が良いね。

個人的にはもうフィギュアスケートに興味がなくなりつつあるので、五輪の代表争いはどうでもいい感じ。それより、五輪開催が危ぶまれているので、代替地で開催されるのか?それとも延期されて平昌で開催されるのか?の方が興味津々。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。いつも楽しく、興味深く拝読しています。真央さんのファンが三原さんを真央リスペクトの子だ、応援!!と話題になっていたので動画をいくつか観てみたのですが…ピンとこなかったんです…。カプリースなんてやらなきゃよかったのに、などと思ってしまったほど(三原さん、ごめんなさい…)。 私も真央さんが引退してからはフィギュア、どーでもよくなりました。昌磨くんやダイスなど気にならないわけでもないんですが、何しろ競技自体に嫌気がさしてしまって。どーせISUお気に入りの(そして私の好みではない)選手が…と考えると馬鹿馬鹿しくって。点を効率よく取るための演技も、うんざりだし(簡単に女子が200点超えがバンバン出るのも…)。 私もヒラマサ五輪が無事に開催されるのか、ニラオチするくらいです。 これからも、こぱんださんのブログ、楽しみにしています。
2017/09/24(日) 19:52 | URL | がま #-[ 編集]
がま 様

こんばんはー初めまして~(*´▽`)ノいらっしゃーい♪
コメントどうもありがとうございます!!(o゚∀゚)ノアリガ㌧・*:.。.☆
わぁー嬉しいですー(pq*´∀゚)ウレスィ~♪ 今後もよろしくお願いします。

> 真央さんのファンが三原さんを真央リスペクトの子だ、応援!!と話題になっていたので動画をいくつか観てみたのですが…ピンとこなかったんです…。

舞依ちゃんは昨シーズン、ネーベルホルン杯でいきなり優勝、スケアメで3位、中国杯で4位、全日本で3位と好成績でしたが、私は全然興味なくて、注目していませんでした。

ところが、興味なく見ていた四大陸選手権のフリーを見て、ツルスケな点に感動したんですよ。そして、ワールドも応援していました。昨シーズンのフリーの「シンデレラ」がはまりプロで、それ以外は正直、うーむという感じですね。

しかし、今の日本の若いスケーターは真央ファンを公言している人が舞依ちゃんぐらいです。他の子達はアラカーさんと鈴木あっこさんの名を挙げますね。何ででしょうかね。

> カプリースなんてやらなきゃよかったのに、などと思ってしまったほど(三原さん、ごめんなさい…)。

そう、そう、それは思いました。真央さんと比較されてしまうのにねえ。もうひとつのプロはヨン棒もやった「タイスの瞑想」で間が持たないので、見てる方が退屈になりますよね。ああいう曲は難しいですよねえ。

> 私も真央さんが引退してからはフィギュア、どーでもよくなりました。

フィギュアスケート=浅田真央という状態でしたね。心にぽっかり穴が開いてしまいました。

> 昌磨くんやダイスなど気にならないわけでもないんですが、何しろ競技自体に嫌気がさしてしまって。

ダイスは復活したけど、絶対王者のおかげでケガをしてしまって、時間がかかりましたねえ (╥_╥) シクシク

> どーせISUお気に入りの(そして私の好みではない)選手が…と考えると馬鹿馬鹿しくって。

表彰台に上がるのが一国一名になってしまったので、最初からジャッジが選別しているのが見え見えしますよね。

> 点を効率よく取るための演技も、うんざりだし(簡単に女子が200点超えがバンバン出るのも…)。

ロシアは国として五輪に参加できるんでしょうかねえ。あの拒食症のように痩せた選手がするパントマイムプロは飽きますね。過激なダイエットのせいか、あれで18歳に見えないんです。

> 私もヒラマサ五輪が無事に開催されるのか、ニラオチするくらいです。 これからも、こぱんださんのブログ、楽しみにしています。

平昌五輪は早く開催中止にするか、延期になるのか、はっきりして欲しいですよね。北の将軍様がトチ狂って、アメリカに先制攻撃したらいいのにとかニヤニヤしています(笑)

フィギュアネタ以外の事ばかり書いておりますが、がま様、またお越し下さいまし!(((ヾ(。´Д`。)o尸~~~サヨ-ナリ-☆
2017/09/25(月) 01:52 | URL | だらごろこぱんだ #u4iln8sM[ 編集]
コメントを投稿する
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
page back