仁川空港にヨン棒像を設置

レコードチャイナ
韓国仁川空港に設置された「キム・ヨナ像」に不満の声続出!その理由とは=「ひどい仕打ち」「これが韓国の第一印象?」―韓国ネット
配信日時:2017年8月16日(水) 21時30分
http://www.recordchina.co.jp/b187733-s0-c30.html

170817-1-1.jpg

2017年8月16日、韓国のインターネット上ではこのほど、仁川国際空港に設置された「キム・ヨナ像」が物議を醸している。

韓国・中央日報によると、2018年の平昌五輪をPRするために制作、設置されたとみられる問題の銅像は、衣装とポーズがバンクーバー五輪でのキム・ヨナのフリーの演技を思わせる。しかし、ネット上では「顔や体型が現役時代のキム・ヨナと全く似ていない」と指摘する声が上がっている。また、銅像がひび割れた氷の上に立っている点にも「一体何を意味しているのか」「不適切だ」などと不満の声が寄せられているという。銅像を実際に見た旅行客も「少しもキム・ヨナを連想できない」と感想を述べている。

韓国で「全く似ていないキム・ヨナ像」が話題になったのは今回が初めてではない。韓国の京畿道軍浦市に設置されたキム・ヨナ像は5億2000万ウォン(約5000万円)もの税金が投入されたにもかかわらず、「全く似ていない」「造形的な美しさが感じられない」などの批判が相次いだ。これに対し、軍浦市の不正真相究明市民対策委員会は「銅像を制作する過程で設計ミスにより施工費が増大し、造形物が設計どおりに制作されなかった」と主張した。委員会によると、軍浦市は2009年に技術と実績の足りない会社に銅像の設計を依頼し、その後設計とは異なる造形物が完成したが、いかなる措置も取らなかったという。

この報道を見た韓国のネットユーザーからも「ない方がまし」「これがフィギュアの女王?」「なぜ美しく作れない?いっそのこと全身ブロマイドを飾ってほしい」「似てる、似ていないは別としてダサ過ぎる」など銅像に批判的な声が数多く寄せられている。

また、銅像の設置場所が空港であることから「世界に笑われる前に撤去しよう」「国の恥さらし。外国人観光客が見たら驚くだろう」「これが韓国の第一印象になってしまうのでは?」など外国人観光客の目を気にする声も。

そのほか「クオリティーが低過ぎる。制作の過程で金をくすねたのは誰?」と不正を疑う声や「ヨナがかわいそう」「国のために頑張ったヨナにひどい仕打ちだ」などキム・ヨナを気遣う声、「北朝鮮の方がうまく作りそう」と指摘する声もみられた。

中には「またヨナ?韓国には他にスターがいないのか?」「生きている人の銅像は作るものではない」とキム・ヨナを銅像のモチーフにすることに疑問を示す声もあった。(翻訳・編集/堂本)

170817-1-2.jpg

テョン国軍浦市(クンポし)の汚ポジ像について――

汚ポジ像①
公開日時:2015-08-26 16:30
http://nutscopanda.blog.fc2.com/blog-entry-332.html

汚ポジ像②
公開日時:2015-08-26 17:00
http://nutscopanda.blog.fc2.com/blog-entry-333.html

この汚ポジ像は2012年税金の無駄遣いだとあちらのオンブズマンらによって、訴えられていました。

聯合ニュース
市民団体、「キム・ヨナ像」の制作不正疑惑提起
配信日時:2012/09/24 11:23
http://www.yonhapnews.co.kr/society/2012/09/24/0706000000AKR20120924080400004.HTML

 (ソウル=聯合ニュース)エイミー・アルバーツ記者=京畿道軍浦市が設置したキム・ヨナ選手の銅像制作過程をめぐる不正疑惑が提起された。

 軍浦市不正真相究明市民対策委員会(以下、対策委)は24日、「キム・ヨナの像は、不法に染色血税浪費事業」と真相究明と検察の捜査を促した。

 対策委はこの日、ソウル鍾路区通仁洞(トンインドン)参加連帯ケヤキホールで記者会見を開き、「キム・ヨナの像を作る過程で近道設計で施工費が膨らませて造形物が設計と異なる製作にもかかわらず監督当局である軍浦市は傍観した」と主張した。

 対策委によると、軍浦市は2009年8月、キム・ヨナ造形物の設計役務を照明デザイン会社と景観照明設計者に任せた。金属造形物の設計にも技術と実績がない業者に随意契約で設計を任せたのである。

 他の彫刻家の参加を防ぐために、当初の製作が不可能な設計をしておいては、原設計と他の形態の造形物を設計変更することなく、違法で製作したという指摘も出ている。

 総費用は5億2千万ウォンもかかったが、対策委が自主的に見積もりを依頼した結果、5千200万ウォンで十分な工事費を膨らませた疑惑があることが対策委の主張だ。

 対策委は「市の関係者が共謀したり、介入しなければ、このような設計と入札は起こり得ない」と述べた。

 対策委は安養地検に軍浦市関連公務員と設計・製作に関与した企業等を告発する予定だ。

 これに対して軍浦市の関係者は、「適法に推進して処理した事案で聞いている」とし「対策委が提起する内容は知らなかった部分も多く、今言及するのは難しい。問題が確認され次第、対処する」と述べた。

 軍浦市は2010年11月軍浦市山本洞(サンボンドン)ツツジ園に軍浦出身‘フィギュア女王’キム・ヨナ選手の造形物を設置した。

170817-1-3.jpg

実際の費用は10分の1で済むニダ!ヨン棒が五輪チャンピンになったのに便乗して、お金をちょろまかしたデヨ。

170817-1-4.jpg170817-1-5.jpg
㊧ 2012年5月、ヨン棒に超そっくりフィギュアがテョン国のある大学に設置されました。
㊨ 2012年7月、浅田真央フィギュアをパクッて、ヨン棒フィギュアが発売されました。

この度、仁川空港に設置されたヨン棒の像は、レコードチャイナの記事には画像がありませんでした。
Googleにハングルで、「仁川空港 キム・ヨナ 像」と検索して、画像検索で見つけました。

Googleでは仁川空港の像とは関係ないヨン棒の画像がたくさんヒットしました。その中でも秀逸なものを貼り付けておきます♪

170817-1-6.jpg
170817-1-7.jpg
170817-1-8.jpg
170817-1-9.jpg
170817-1-10.jpg
170817-1-12.jpg
170817-1-11.jpg

ヨン棒の納涼効果は絶大ですね。背筋がゾクッとしてきました。

最後はヨン棒の近影です。

KBS WORLD Radio
平昌五輪成功願い高陽でアイスショー
配信日時:2017-08-11 13:22:09
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Sp_detail.htm?No=64675&id=Sp

170817-1-13.jpg

来年の平昌オリンピックの成功を願うアイスショー、「8月のアイスフェスタ in 京畿(キョンギ)」が、12日、京畿道高陽(コヤン)市徳陽(トギャン)区のオウリムヌリ・アイスリンクで開かれます。

このイベントは、平昌オリンピックへの国民の関心を高めようと、ソウル市、京畿道、江原道が開くものです。

女子フィギュアスケートの金メダリストでソチオリンピックを最後に引退したキム・ヨナさんも広報大使として出演し、観客にオリンピックの魅力を伝えます。

また「ポスト・ヨナ」の呼び声が高い女子フィギュアスケートのチェ・ダビンをはじめ、オリンピックに出場するフィギュアの国家代表選手が総出演します。

チェ・ダビンは、ことしの2月、冬のアジア大会札幌大会に出場して、韓国選手としては初めて冬季アジア大会のフィギュアで金メダルを取っています。

他にも、スペシャルゲストとして、2014年ソチ冬季オリンピックの男子フィギュア銅メダルリストのデニス・テン(カザフスタン)も出演するということです。

20170812 SBS8時のニュース平昌成功祈願真夏のアイスショーキム・ヨナ

https://youtu.be/rCec3ojYJIU

テンくん、足を怪我してるんですね。松葉杖までして、大丈夫でしょうか?

170817-1-14.jpg
https://www.instagram.com/p/BXuPShelqqX/?hl=ja&taken-by=tenis_den
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
page back