三原舞依選手、今季初優勝

日刊スポーツ
三原舞依、新プログラム「リベルタンゴ」で首位発進
配信日時:2017年8月12日22時26分
https://www.nikkansports.com/sports/news/1871236.html

170815-1-1.jpg
今季初実戦のげんさんサマーカップで会心のSPを披露し、スタンドの声援に応える三原舞依(撮影・松本航)

<フィギュアスケート:げんさんサマーカップ>◇12日◇滋賀県立アイスアリーナ◇女子ショートプログラム(SP)

 18年平昌五輪出場を目指す三原舞依(17=神戸ポートアイランドク)が今季初戦で68・44点を記録し、首位発進した。

 初めてのタンゴとなる新プログラム「リベルタンゴ」を披露。ルッツ-トーループの連続3回転などジャンプ3つを全て成功させるほぼ完璧な演技で、観衆のスタンディングオベーションを受けた。

170815-1-6.jpg

 演技終了後には思わずガッツポーズが飛び出し、満足そうな表情でスタンドにお辞儀。

 フランス人振付師のブノワ・リショー氏と作り上げたこだわりのタンゴで「すっごい緊張していたけれど、思ったより高得点でうれしかった。元気よく滑れました。ブノワさんにも喜んでもらえるような演技をしたかった」と笑みがはじけた。

170815-1-7.jpg

 こだわるステップへの手応えも徐々につかめており、この日は「目力でもアピールしたい」と念入りに化粧も行った。演技後はすぐに元の目に戻し「(演技中の目が)怖すぎて(化粧を)取っちゃった」とニッコリ。上々のスタートを切り、新プログラム「ガブリエルのオーボエ」で臨む13日のフリーにつなげた。

げんさんサマーカップ/ 三原&坂本今季初戦

げんさんサマーカップ/ 三原&坂本今季初戦 投稿者 hana02015

日刊スポーツ
三原舞依が優勝「200点はうれしい」A5和牛獲得
配信日時:2017年8月13日20時45分
https://www.nikkansports.com/sports/news/1871694.html

170815-1-2.jpg
げんさんサマーカップのフリー演技終了後に笑顔を見せる三原舞依(撮影・松本航)

<フィギュアスケート:げんさんサマーカップ>◇13日◇滋賀県立アイスアリーナ◇女子フリー

 ショートプログラム(SP)首位だった三原舞依(17=神戸ポートアイランドク)がフリーもトップの132・08点を記録し、合計200・52点で今季初戦を優勝で飾った。

 新フリー「ガブリエルのオーボエ」を演じ、基礎点が1・1倍となる演技後半は昨季から1本増やした5本のジャンプで構成。最後の3回転サルコーは転倒したものの、ルッツ-トーループの連続3回転など、そこまでのジャンプを全て決めた。

 演技後は笑顔を見せ「シーズン初戦で200点はうれしい。楽しく滑れた」と喜んだ一方、「中盤から最後にかけてスピードが緩まった。悔しい方が大きい」と失敗を悔やんだ。

 表彰式では大会を協賛する元三フード株式会社から、A5ランクの和牛1キロ(1万2000円相当)が贈られた。重たい箱を手にした三原は「おばあちゃんの家ですき焼きにします」と笑顔で会場を後にした。

170815-1-3.jpg
げんさんサマーカップで優勝し、賞状や景品の牛肉を手に笑顔の三原舞依(撮影・松本航)

げんさんサマーカップ/ 三原&坂本

げんさんサマーカップ/ 三原&坂本 投稿者 hana02015

170815-1-4.jpg
170815-1-5.jpg

牛肉の格付け
170815-1-8.jpg
http://www.mie-msk.co.jp/rank.html

げんさんサマーカップって何?と思ったら、元三フード株式会社という滋賀県は近江牛(日本三大和牛の一つ)の会社が主催のフィギュアスケートの大会なんだね。社長さんがスケオタなのかしら。

A5ランクの牛肉というのも何ぞや?と思ったら、最上級の牛肉の事を指すのだね。和牛1キロ(1万2000円相当)が贈られたとあるけど、1キロなんてほんのちょっとだぞ?質を下げていいので、もっと多くやって欲しかったな。

三原舞依ちゃんには、今シーズン調子が良くて、全日本選手権で五輪代表に選ばれて貰いたい。が、しかし、北朝鮮の挑発行為・ミサイルの事があるので、平昌冬季五輪が開催される可能性がだんだん低くなりつつある。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
page back