日本から10万人以上の観光客が来てほしいニダ

朝日新聞デジタル
平昌五輪、広報大使に朴智星さん サッカー元韓国代表
配信日時:2017年8月5日06時54分
http://www.asahi.com/articles/ASK8454Y8K84UHBI02D.html

170806-1-1.jpg
平昌冬季五輪の広報大使に就任したサッカー元韓国代表の朴智星さん(左)=4日、ソウル、武田肇撮影

 韓国の平昌冬季五輪・パラリンピック組織委員会は4日、サッカー元韓国代表で、2002年ワールドカップ日韓大会で4強入りに貢献した朴智星(パク・チソン)さん(36)を広報大使に任命した。

 Jリーグの京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)にも在籍した朴さんは記者会見で、「地理的に近い日本からたくさんの人に五輪を見に来てもらい、楽しんでもらえれば」と話した。

 朴さんは、イングランドのマンチェスター・ユナイテッドでも活躍し、14年に現役を引退した。冬季五輪の種目の中でも「今まで韓国が多くのメダルを得てきたショートトラックにとりわけ関心がある」と話した。

 来年2月に韓国北東部の江原道で開かれる平昌五輪は、世論調査で「関心がある」と答える人が4割にも満たず、機運の盛り上げが課題になっている。組織委員会は6月には、韓国女子プロゴルファーのイ・ボミさん(28)も広報大使に任命している。

 この日の会見に同席した李熙範(イ・ヒボム)委員長は「日本から10万人以上の観光客が来てほしい」と期待を語った。(ソウル=武田肇)

170806-1-2.jpg
平昌冬季五輪の広報大使に就任した朴智星さん(左)。李熙範・大会組織委員長から特製の名刺を手渡された=4日、ソウル、武田肇撮影

170806-1-3.jpg
平昌冬季五輪の広報大使に就任した朴智星さん(中央)=4日、ソウル、武田肇撮影

厳選!韓国情報
pandianiさんのブログ
【韓国】平昌五輪組織委「日本から10万人以上の観光客が来てほしい」
公開日時:2017年08月05日 10:28
http://gensen2ch.com/archives/71692103.html

保守速報
【韓国】平昌五輪組織委の李熙範委員長「日本から10万人以上の観光客が来てほしい」
公開日時:2017年08月05日17:00
http://hosyusokuhou.jp/archives/48798198.html

54: 東亜のななし
(´・ω・)y-~
在日60万人が片道切符で対応します。


日本にいる同胞に片道切符でお願いするニダ!祖国にお帰り下さいまし♪同胞の帰国で一発解決するデヨ!

日本が嫌いなのに、困った時はすがってくる・・・そんなに日本からの観戦客が来て欲しいなら、ホラマサ投機五輪の公式ホームページに日本語表記がないのはおかしいね。(ハングル・英語・仏語・北京語)

日帝残滓で漢字を廃止する国ですからね。漢字は漢民族の文字だと思うんですけどねえ。北京語はあるのに、日本語はない。じゃ、旧宗主国様にホラマサに来てもらうようにお願いしたらいい。

くじが当たって、タダでも行きたくない。行っても宿泊施設がない。キャンピングカーに泊まれとか、ホームステイしろとか言われるのは嫌だよ。

ホテルが足りないならキャンピングカーがあるニダ!
公開日時:2017-02-19 19:30
http://nutscopanda.blog.fc2.com/blog-entry-913.html

170806-1-4.jpg170806-1-5.jpg

この近年テョン国で開催された国際的なスポーツイベントでは、大会関係者や外国人記者がラブホ(=モーテル)に宿泊しました。

こりあうぉっちんぐ
ご隠居さんのブログ
F1:木浦一帯のモーテル街が人気>ラブホテルでしょ
公開日時:2010/10/22 11:13
http://nobody0728.blog.fc2.com/blog-entry-5953.html

朝鮮日報
F1:木浦一帯のモーテル街が人気
配信日時:2010/10/22 執筆者:霊岩=陳仲彦(チン・ジュンオン)記者

 「わたしが滞在しているところを含め、周辺には30軒以上のラブホテルが集まっている。初めは変な感じがしたが、実際は非常に快適だ。きれいだし、42型のテレビが置いてあり、インターネットもただで使える

 米国のスポーツ専門チャンネル・ESPNのフォーミュラワン(F1)担当、マーク・ソトゥン記者が20日、「韓国の第一印象」というタイトルでこのような記事を書いた。22日に開幕するF1韓国グランプリ(GP)を取材・観戦するために外国人が多数来韓しているが、彼らにとっても事情はほぼ同じだ。全羅南道木浦市のモーテル街が、宿泊の中心地として人気を集めている。

 F1韓国GP組織委員会は、宿泊問題を解決するために、全羅南道一帯に3万5000室を確保した。しかし、全羅南道地域には特級ホテルが少ないため、モーテルのような安い宿泊施設もかなり含まれている。組織委の関係者は、「モーテルは施設がきれいな上、外国語ができるスタッフを配置するため、外国人観光客も不便さを感じないだろう」と語った。

 レースに出場する24人のドライバーをはじめF1の主要関係者は、大半が全羅南道霊岩郡の現代三湖重工業前にある現代ホテルに滞在する。全羅南道で唯一の特1級ホテルであり、サーキットまで10分足らずのところに位置するため、208の客室は早い段階で予約が一杯になった。同ホテルの関係者は、「うちのホテルが『大会本部』になったようだ」と語った。

中央日報
【社説】F1コリアGPが残した課題
配信日時:2010年10月25日10時59分
http://japanese.joins.com/article/215/134215.html?servcode=100§code=110

 フォーミュラ1(F1)コリアグランプリ(GP)が終わった。雨が降って滑りやすい霊岩(ヨンアム)サーキットで行われた‘マシン’の競走で、スペインのフェルナンド・アロンソが優勝した。祝福する。事故でリタイアしたレーサーにも慰労の言葉を送る。何よりも時間が不足し、支援も少ない状況で、世界的な大会を誘致して開催したこと自体は評価に値する。観客が8万人も集まり、「本当に事業性はあるのか」という当初の懸念を払拭したのも同じだ。

 しかし問題点も多かった。何よりも大会誘致に必要なインフラが不足していた。まずは宿泊施設だ。光州(クァンジュ)・木浦(モクポ)宿泊業者は時ならぬ好況を享受したが、観客の不便はそれだけ大きかった。一部のモーテルはいわゆる‘時間制’を導入・運営して外国人に衝撃を与え、外国の新聞にも紹介され、体面を汚した。2つ目は交通だ。霊岩までの道路は一日中、ひどく渋滞した。駐車場のようになった道路周辺では各種の無秩序が見られた。準備されたシャトルバスは機能しなかった。3つ目は便宜施設だ。レース場の周辺には食堂や各種付帯施設がなかった。いくら初めての開催とはいえ、あまりにも深刻だった。全羅南道(チョンラナムド)が「自信を得たのが収穫」と自評したのは結果的に‘半分の成功’であることを認めたということではないのか。

 今大会を契機に観光企画とサービスに対する認識を向上させる必要がある。世界的な大会が開かれれば、自然に宿泊・航空・観光・ショッピング業界に特需が生じる。どうすれば、これらの業界がシナジー効果を生み出しながら収入を極大化するかが成敗を決める。ドイツは1998年まで開催された「ルクセンブルグGP」の開催権を返納した。したがって来年からは関連業界が共同でF1を媒介とした総合的な観光企画に取り組まなければならない。シンガポールの場合、大会期間に各種文化行事とデパートセールを並行している。全羅南道にはアジア初の「スローシティ」である長興(チャンフン)もあり、韓流の粋と味が込められた「スローフード」の故郷だ。先端スピードと‘のろさの美学’が交わる独特のF1名所に育成できる。都心と華麗さを背景にしたモナコとは違い、世界の人の胸に響く‘秋の疾走’として定着することを期待する。

シンシアリーのブログ
シンシアリーさんのブログ
世界陸上大会のデグ(大邱)、ホテルが無くて推定3万人はデグで泊まれない
公開日時:2011-08-28 00:34:17
http://ameblo.jp/sincerelee/entry-10999789992.html

昨年10月、全南(チョンナム)、霊岩(ヨンアム)で開かれたF1グランプリ大会でのことですが、ホテルに部屋が無くて(そもそもホテルはあったかどうか?)、スポーツ専門チャネルESPNの取材記者がラブホテルで宿泊して話題(?)になりました。

シンシアリーは日本に行くと(一人で行った時には)いつもビジネスホテルに泊まります。親切で綺麗で安全で朝ごはんも解決できるし近くにはコンビニやレストランも多く、ものすごく便利です。

しかし韓国にはこのような便利なインフラはありません。

れっきとしたホテルは「観光ホテル」と呼んでいます。日本の観光ホテルとほぼ同じ金額(1室1万5千円~2万円)の観光ホテル(種類によっては特級ホテルとも呼びます)にでも泊まらない限り、そんなサービスや環境は期待できません。

旅館と呼ばれる古い民宿みたいなものと、モテルと呼ばれるラブホテルのようなもの(どちらも売春施設としてよく使われる)は沢山ありますが、人に薦められるものではありません。

それでは、今日から始まったデグ(大邱)の世界陸上はどうでしょうか?案の定、表にはしてないものの、かなり混乱がありそうです。

テグ市によれば選手・役員などを含んでテグを訪れる世界陸上大会の関係者は約6400人です。 ここに外国人観光客2万9000人(予想)を合わせれば3万5400人以上になります。

選手・役員の3500人は選手村(2032室)で泊まるとして、残りの約3万2千人はどうなるんでしょうか?

デグは韓国の3大都市だと言われていますが、何とホテル(モテルや旅館以外のちゃんとしたホテル)はデグ全体で18カ所、1855室しかありません。デグ市の公式資料でも3700人しか泊まることができません。

デグ市内のモテルなどを利用するか、となりの市から「出退勤」をしなければいけないということですが、モテルの場合は英語などの通訳やサービスはおろか、朝ご飯すらもありません。ここだけの話、古いところだとゴキブリが出ないだけで上々。

実例として、デグ世界陸上選手権大会を取材するために去る18日韓国を訪れたドイツのARDとZDF放送社の関係者91人は毎日、慶州(ギョンジュ)から1時間ほど車に乗ってテグまで出退勤しています。テグにあるホテル18ヶ所2000余室の予約が既に済んでいて、やむを得ず慶州に宿を決めたためです。

MK NEWS
韓国のイメージを墨塗りする「宿泊大乱」
配信日時:2011.08.26 17:12:57
http://news.mk.co.kr/v3/view.php?year=2011&no=555763

シンシアリーの経験だと、出退勤時間帯だと1時間じゃ無理ですよ(笑

デグにはよく行く映画館が、ギョンジュ(慶州)にはよく行くレストランとホテルがありますので、ある程度は知っています。

2MB「大丈夫だ。日帰りにすればいい」

楽韓Web
Vortexさんのブログ
観光客の「もう来たくない国、韓国」という印象を観光業界は変えなくてはならない!
公開日時:2011年10月12日12:10
http://blog.livedoor.jp/rakukan/archives/3971772.html

【時論】もう来たくない国、韓国(1) - (中央日報)
【時論】もう来たくない国、韓国(2) - (中央日報)

 中国人観光客が増加して、これまでのショッピング一辺倒から質が変化しているという話。 韓国の観光業界はそれに対応しなくちゃいけないという、まあ当然のお話ではあるのですが。
 無理じゃないかなぁ。あれだけ日本人が行っているのに、けっきょくはショッピング以外やることない国だし。傾向としては20年、まるで変化がないですよね。

 F1のときも話題になりましたが、とにかく宿泊施設のバリエーションがないのですよね。基本的に数少ない高級ホテルか、ラブホテルの二択しかないっていう。特に地方で。
 日本みたいに民宿、温泉宿、ビジネスホテルといった他の選択肢がないのですよ。
 韓国でも大きな観光地なら多少は選択肢があります。でも地方だと基本的には前のふたつにしょぼくれたビジネスホテル未満のものが加わるていど。
 まあ、あの究極の一極集中国にそんなものを期待するほうが悪いという言い方もできるかもしれませんが。
 選択の幅が本当に少ないんだよな。そういう意味において日本って豊かなのだなと思いますよ。

 個人的には宿がしょぼくても鮎ご飯は食べに行きたいけど(笑)。

J-CASTニュース
観客席ガラガラ、スタッフはボロボロ、宿泊先は「ラブホ」…  F1韓国GP、くそみそに貶される
配信日時:2013/10/ 6 17:40
https://www.j-cast.com/2013/10/06185541.html?p=all

 「韓国GPが空の観客席で打撃、レースの将来が議論されている」――2013年10月4日に霊岩(ヨンアム)の韓国インターナショナル・サーキットで幕を開けたF1第14戦・韓国GPについて、英紙ザ・ガーディアン(電子版、4日付)がこんな見出しで報じた。

 これだけでなく、韓国GPの散々な評価が記者だけでなくドライバーらから噴出、来年14年の開催が危ぶまれる事態となっている。

 メカニックや報道関係者はラブホテルへの投宿を強いられる

 「メインスタンド以外は客席ガラガラ」「韓国GPガラガラやんwwwwwwwww」――日本で実況を見ている人からもこんなツッコミが入る通り、観客不足は深刻らしい。一部には大会開催の1か月前までチケットが100枚しか売れなかったという話もある。

 こうした状況を前に、マクラーレン所属のジェンソン・バトンはガーディアン紙に対しこう嘆いてみせる。

「観客がいなくても走らないといけないのはいつも悲しいことだ。ファンが会場の雰囲気を作りだすものだから」
「ファンがいなければスポーツは成り立たない」

 同紙の記事では韓国GPの不興を韓国でF1文化が広まっていないためと分析していたが、問題はそれだけではなさそうだ。

 一つは立地とそれにともなう宿泊環境の悪さだ。開催地ヨンアムはソウルから400km離れた場所にある、人口6万人ほどの小さな町で鉄道も通っていない。宿泊施設は駅のある近郊の木浦(モッポ)を利用することになるが、そこにも西洋式のホテルはない。あるのはほとんどがモーテル、いわゆる「ラブホテル」で、メカニックや報道関係者はラブホテルへの投宿を強いられるのだという。

 あるF1ジャーナリストは滞在したときの部屋の様子について、「ベッドがピンク色のライトに彩られていた。ベッドサイドの引き出しにはセーフセックスのマニュアルが聖書のかわりに入っていて、食べ物や飲み物ではない類のものを販売する自動販売機がおいてあった」と書いている。

 韓国のラブホは外出自由など、日本のラブホよりもホテルに近い形態というが、それにしても、とくにチーム関係者にとって連戦に向けて英気を養える環境とは言いがたいだろう。おまけに、英語も通じないという。

 中継解説者「最低ですよここのスタッフ」

 さらに、大会の運営を疑問視する向きもある。2010年の開始当初から、サーキットが未完成で、宿泊施設が足りないなどの不手際が目立った。今大会でも炎上したマシンを放置したあげく、F1で主流の二酸化炭素消火器ではなく、エンジンギアボックスにダメージを与える粉末消火器で消火するなど、中継解説者の森脇基恭氏を「最低ですよここのスタッフ」と激怒させる始末だ。

  レッドブル所属のマーク・ウェバーは、スカイスポーツの取材に対して、韓国での開催に絡み、こうコメントしていた。

「クオリティを保つことは重要だと思う。イベントのクオリティを保つことも。韓国には誰もいない。クオリティの高いイベント、ドライバー、そしてチームが必要で、それを守っていかなければいけないのに」

 こうしたこともあってか、韓国GPは存続も危ぶまれる自体となっている。大会誘致のために注いだ金額は3160億ウォンで、開催権は7年分を確保した。ところが、22レースが予定されている2014年シーズンについて現在のところ、登録は暫定扱いだ。また、F1最高責任者 バーニー・エクレストンと懇意な間柄にあるレッドブル所属のセバスチャン・ベッテルは6日、DPA通信の取材に対し「私たちがここに来るのは今回が最後だと聞いた」などと話したという。

普段、あかん国に観光しに来る人がいないので、イベントのためにホテルを用意しないんだろうね。供給過剰になっちゃうんだもの。ニダ国民は旅行しないのかなあ。ビジネスホテルに泊まって、国内旅行したらいいのにね。

ウリナラの国民自身が国内旅行をしないのに、外国人がお金を落とすとは思えない。食べ物は辛いものが好きな人にはおいしいけど、衛生面が・・・使いまわしの料理を出されたり、食事をして病気になってしまうよ。

う○ち焼きなんか絶対食べたくないし、B級グルメもご遠慮したいですね。絵本のキャラクターらしいけど、う○この形を食べ物にしようという発想はバ韓国人にしかないよね。味は良くても、形がいかんよ。

トイレは水洗トイレなのに、使用済みのトイレットペーパーが流せないので、汚すぎるわな。元宗主国様よりマシでしょうけどね。

土産物屋で買う物がありません。民芸品は???だし、ブランド好きな人は免税店で買うのはいいでしょう。文化もないし、アニメや漫画もないし、音楽も寒流ドラマも欲しければ海賊版かもしれないけどネットで買えますしね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
page back