今なお吉田清治氏の嘘を利用③

産経ニュース
今なお吉田清治氏の嘘を利用…世界で増殖する慰安婦像 「日本は戦争責任に向き合う勇気と知性のない国としてさげすまれている」
配信日時:2017.6.5 07:46
http://www.sankei.com/politics/news/170605/plt1706050011-n5.html

 池田はあいさつで「日本政府が撤去を望む慰安婦の少女像は、韓国各地ばかりか世界中に増殖し続けています。日本は今や戦争責任に向き合う勇気と知性のない国としてさげすまれているのです」とも語った。

 
× × × 

 慰安婦像について報告したのは、米国から参加したフィリス・キムだった。

 キムは米カリフォルニア州グレンデール市の慰安婦像設置を主導した在米韓国系団体「カリフォルニア州韓国系米国人フォーラム」(KAFC)の幹部だ。

170630-3-3.jpg

 キムは、慰安婦問題で日本に謝罪を求めた2007(平成19)年の米下院決議121号に関し、可決までの個人的な取り組みを振り返り「121号が通った後、多くの国で同じような決議が出された」と、決議が与えた国際的な影響に言及した。さらに、サンフランシスコ中心部で設置計画を進める新たな慰安婦像についても資料写真を使って説明した。

 背中合わせで手をつなぐ3人の少女と、下から3人を見つめる女性の像-。

 キムの説明によれば3人は韓国、フィリピン、中国の少女で、女性は初めて元慰安婦だと名乗り出た金学順だという。

 集会の資料には、この像の碑文(英文)が次のように訳されていた。

 「記念碑は(中略)アジア太平洋地域13カ国において、日本軍によって『従軍慰安婦』という名のもとに、性奴隷とされた数十万人もの女性や少女たちの苦難を記憶するものである」

 慰安婦問題は「今日の問題」として、いまなお利用されている。

(敬称略)

 吉田清治の偽証で広まった慰安婦問題は朝日新聞が記事を取り消してもとどまるところを知らない。韓国側は慰安婦だけでなく、徴用工問題にも焦点を当てようとしている。「反日材料」を拡散するネットワークを追った。

170630-3-1.jpg
「第1回日本軍『慰安婦』博物館会議」で、米国内の取り組みについて説明する在米韓国系団体のフィリス・キム(右)=4月1日、東京都千代田区(菊本和人撮影)

170630-3-2.jpg
米サンフランシスコに設置される予定の慰安婦像のデザイン(スティーブン・ホワイト氏提供・共同)

*<(●´з`)ノ*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*ヽ(´ε`●)>*

嘘だという事が既に分かっているのに、利用し続けるんだねえ。日本人と朝鮮人とでは恥の概念が違うなあと感じる。慰安婦のほとんどが日本人だったのに、誰一人謝罪と賠償を要求してないけどね。

日本人は戦争に負けたので、仕方ないということなのか、あるいは恥ずかしい事なので、なかった事にしているのか・・・あんな年齢になって、若い頃売れっ子キーセンだった、強制連行されたかわいそうなウリといって注目されたい同情されたいのかねえ。

下朝鮮と在米テョン国人がわーわー騒いでいるけど、慰安婦は北出身者だっていたはずだよね。元慰安婦が活動していた頃、半島は日本だったんだからね。もう少ししたら、北も慰安婦について、謝罪と賠償を要求し出すかもね。

アメリカに移住したあかん国人はベトナム戦争後に従軍した人達が永住権を取得したことから始まった。アメリカに移民した歴史はつい最近の事で浅いのに、日系人の人口をあっという間に追い越してしまった。

ヘル朝鮮ということで棄民率が高い南トンスルランド。世界のあちらこちらに移住している。ニダーさんには歴史も文化もないので、日本人やシナーのふりして商売をしている。

そして、移住先で慰安婦像を建てて、慰霊祭をしている。移住先に溶け込むことをせず、反日に勤しむとは、情けなくないのかね。自分達より先に移住している黒人を差別して、マックに年寄りが朝からコーヒー一杯でたむろしている。

慰安婦狩りをしたという吉田清治が嘘(=捏造)だと認め、朝日新聞が誤報(=虚報)だとお詫び記事を掲載したのに、テョンにはまだ理解できない。

一度でもニダーさんに言ってしまったら最後。ハングルというひらがなの世界で生きているせいか、高度な思考ができない。大人なのに、幼稚な判断しかできない。哀れな民族。日程残滓というなら、なぜ漢字を廃止するの?

漢字はシナー=漢民族が作ったものなんだけどねえ。戦後、日本の公用語をフランス語にすべきだと言った文豪とか、日本語をローマ字表記にしようと言った国立博物館の館長さんもいた。

日本語から漢字をなくしたら、終わりだよ。隣に半島という反面教師の国がある。
関連記事
スポンサーサイト
page back