吉田清治は「職業的詐話師」

zakzak
朝日が報じ続けた慰安婦証言の吉田清治氏 証言も経歴も虚構
配信日時:2014.09.08
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20140908/plt1409081531005-n1.htm

170615-2-1.jpg
朝日新聞に16回も登場した吉田清治氏。あなたは一体何者なのか

 朝日新聞は32年もたって、吉田清治氏の「韓国・済州島で慰安婦を強制連行した」といった証言を虚偽と認めた。この吉田氏の経歴について、産経新聞が8日付朝刊で徹底検証している。その素性は、あまりにも怪しく、謎に満ちたものだった。

 吉田氏の本名は吉田雄兎(ゆうと)。清治はペンネームで、他に別名として東司、栄司を名乗っている。著書で「本籍・山口県」としているが、実は福岡県だった。門司市立商業学校(当時)の卒業生名簿には「吉田雄兎」の名があるが、卒業生名簿には「死亡」と記されている。

 著書の記述では、1937年、満州国地籍整理局に務め、39年から中華航空上海支店に勤務したことになっている。しかし、歴史学者の上杉千年氏の調査では中華航空社員会で吉田を記憶する者はいなかった

 吉田氏によれば、40年に朝鮮の民族主義者で日本の民間人を殺害した金九(キム・グ)を輸送した罪で逮捕され懲役2年の刑を受けたという。ただ、吉田氏は、現代史家の秦郁彦氏に対し、罪名はアヘン密輸にからむ「軍事物資横領罪」であることを告白している。

 42年に山口県労務報国会下関支部動員部長に就いたとする吉田氏。済州島での慰安婦狩りも、著書で「(強制連行の)実態は私が家内にしゃべったか見せたかしたので、家内の日記の中にありました」と書くが、吉田氏が実際に妻と結婚したのは「慰安婦狩り」を行ったという時期の1年後のことだとされる。

 著書には戦後の吉田氏の足跡は一切触れられていないが、秦氏によると47年に下関市議に共産党から出馬し落選。70年ごろには福岡県の日ソ協会役員に就いた。

 これら吉田氏自身の虚構は、秦氏や上杉氏、戦史研究家らの丹念な調査・研究で明らかになった。秦氏は、吉田氏を「職業的詐話師」と呼ぶ。こんな男の証言を、朝日は慰安婦強制連行の証拠として、報じ続けたわけだが、謝罪や木村伊量(ただかず)社長の記者会見もしないのか。

 吉田証言は、米紙ニューヨーク・タイムズなどの海外メディアだけでなく、韓国政府の報告書や、国連人権委員会のクマラスワミ報告書にも引用された。

 吉田氏は96年の週刊新潮(5月2・9日合併号)のインタビューで「本に真実を書いても何の利益もない」「事実を隠し、自分の主張を混ぜて書くなんていうのは、新聞だってやっている」などと捏造(ねつぞう)を認めた。その後、2000年7月に死去したという。

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

> 門司市立商業学校(当時)の卒業生名簿には「吉田雄兎」の名があるが、卒業生名簿には「死亡」と記されている。
この点がどうしても解せなくて、本物の「吉田雄兎」は亡くなっていて、「慰安婦強制連行」をでっち上げた詐話師の吉田清治は背乗り(はいのり)した人物なんじゃないかと思う。

> 47年に下関市議に共産党から出馬し落選。70年ごろには福岡県の日ソ協会役員に就いた。
選挙に出馬する党がさすがだよね。共産党から出馬するとは、筋金入りのアカですね。なぜ、共産主義者は戦争反対、平和が一番とか言うくせに、日本の名誉を貶める事を平気でする。

本当に平和主義者が自国を貶めるような事をするだろうか?爆弾で他国を攻撃するよりも、ペンの力だけで、自分の国にダメージを与える。海外邦人の肩身を狭くさせる。

国連なんて、サヨクの活動拠点になってるから、日本は抜けていいよ。世界一、二の拠出金を支払って、反日活動の拠点にされちゃあおしまいよ。あんな所、何の威信もない場所だね。

馬渕睦夫先生に言わせると、アメリカの政治学者で故ズビグネフ・ブレジンスキー氏が生前、「国連はグローバリズムを推進する場」だと言っていたそうだ。

その国の習慣があるのだから、国連が内政干渉するのはおかしいと思う。イスラムの割礼女性器切除の方が、うんとおかしい。

ソマリア出身のスーパーモデルのウォリス・ディリーは女性割礼を受けていて、「13歳の時、ラクダ5頭の為に60代の男性と結婚させられそうになった」ので、お母さんが親戚の家に行くように助けてくれた。後にロンドンに辿り着いて苦節の末、モデルの道が開かれる。

NAVERまとめ
イスラーム女性(ムスリマ)の服装、色々あるけれど違いは何?
更新日時:2015年02月20日
https://matome.naver.jp/odai/2142443411509276001

習慣だから仕方ないといっても、イスラムの女性の服装は日本人から見ると奇異に感じる。髪を見せてはいけないということだが、ヒジャブぐらいならまだ理解できるが、ブルカに至っては理解に苦しむ。

けれど、その国の習慣だから、他国がいちいち口出しすることは許されない。その国の文化を国際機関だからといって、改めるように言うのは傲慢にも程がある。

常任理事国だけど、中国共産党の行っているウイグル・チベット・内モンゴルに対する人権侵害を止めるように、国連が勧告するのが本来ならの仕事でしょう。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
page back