どの面下げて Are You Nuts?
昨年も同じ時期に喉風邪をひいたので、薬を備えておきました。ゴールデンウィーク中に通り雨で傘を用意しておらず、ずぶ濡れ。それで喉風邪をひいてしまい、今は鼻水だらだら状態です。声が枯れて、低い声になっています。

鼻水が止まって、風邪が治ったら、鼻の皮がむけてしまうので、近江兄弟社のメンタームを塗り塗りしています。真っ赤なお鼻のトナカイさんみたくなっています。

そんな中、びっくりするようなニュースが飛び込んできましたね。

47NEWS
ザギトワとの確執が生んだメドベージェワの「反乱」
投稿日時:2018/5/8 11:30  執筆者:太田清 47NEWS編集長
https://this.kiji.is/366412035996927073?c=39546741839462401

180508-1-1.jpg
平昌冬季五輪後にモスクワで記者会見した(左から)メドベージェワ選手、トゥトベリゼ・コーチ、ザギトワ選手=3月1日(タス=共同)

 平昌冬季五輪フィギュアスケート女子で銀メダルを獲得、アニメ「美少女戦士セーラームーン」が大好きで日本にもファンの多いロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手(18)が、同国の女性コーチ、エテリ・トゥトベリゼさんの元を離れることになった。一時は父親の母国であるアルメニア国籍を取得した上で同国代表として競技するとの報道もされたが結局、羽生結弦選手を指導するブライアン・オーサー・コーチに師事することに。今後は同コーチがいるカナダに住みトレーニングを積むという。

 トゥトベリゼさんは平昌五輪金メダリスト、アリーナ・ザギトワさん(15)やソチ五輪団体金メダリスト、ユリア・リプニツカヤさん(19)ら多くのメダリストを育ててきた名コーチ。メドベージェワ選手がトゥトベリゼさんとの関係を解消するとの臆測は平昌五輪終了後たびたび流れ、2人はこれを否定してきたものの最終的に、メドベージェワ選手はロシアのコーチの元を離れることになった。

 トゥトベリゼさんはロシアのテレビ第1チャンネルへのインタビューで、4月中旬からメドベージェワ選手に「ショートメッセージを送っても電話をしても返事がない」状況となったことを明らかにした。その後、関係解消の話はテレビ報道で知ることになったという。また、五輪での競技終了直後、メドベージェワ選手が「本当にアリーナ(ザギトワ)をもう1年、ジュニアにとどめておくことはできなかったの」と、「全く子供じみた」質問をしてきたエピソードも明らかにした。

 ザギトワ選手はジュニア世界選手権で優勝するなどジュニアで活躍。五輪前年の7月1日までに15歳に達していることが五輪出場の条件となっていたが、5月に15歳となったためぎりぎりこれをクリア。メドベージェワ選手の質問は、もう1年、最大のライバルであるザギトワ選手をジュニアに残しておけば、自分が金メダルを取れたことを訴えたかったものとみられる。

 これに対し、トゥトベリゼさんは「ジェーニャ(メドベージェワ選手の愛称)、何を言っているの? 皆に同じチャンスを与えなきゃいけないのよ。誰かをジュニアにとどめておく権利なんてないの」とたしなめたという。メドベージェワ選手は世界選手権、欧州選手権で2連覇するなど、ザギトワ選手がシニアにデビューするまで2シーズンにわたって負けのない「無敵」の選手だった。

 トゥトベリゼさんの元では、世界ジュニア選手権で史上初めて2種類の4回転ジャンプに成功して初優勝したアレクサンドラ・トルソワ選手(13)ら若手の新星が育っており、こうしたことも「ベテラン」のメドベージェワ選手による関係解消の要因となったとの指摘もある。

 ロシアのニュースサイト「ガゼータ・ルー」によると7日、モスクワのクレムリンで行われたプーチン大統領の就任式にはトゥトベリゼさんとザギトワ選手は出席するが、メドベージェワ選手の予定はなかったという。

スプートニク日本
「メドベージェワの決意は尊重すべき」 トゥトベリーゼとの師弟関係解消にプロらの本音
配信日時:2018年05月08日 12:04
https://jp.sputniknews.com/sport/201805084854792/

180508-1-2.jpg

5日、ロシア女子フィギュア、平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ選手がエテリ・トゥトベリッゼ監督の門下を出るというセンセーショナルなニュースが全世界を駆け巡った。

メドベージェワが長年師事してきたトゥトベリーゼ監督のもとを離れるという噂は、平昌五輪後、一度流れていた。その時はメドベージェワは必死になって否定したが、5日、メドベージェワが所属するスポーツ教育センター「サンボ70」のレナート・ライシェフ所長がスプートニクに対し、メドベージェワが今度は本当にトゥトベリーゼ監督から離れることを決意したと明らかにした。ライシェフ所長は公式的な発表は7日、ロシア・フィギュア連盟から出されるはずだと語っていた。

現在、メドベージェワ自身からの公式的な表明は一切なく、トゥトベリッゼ監督も数日間の沈黙を守っていた。ところが7日、ロシアTV第1放送の放映したトゥトベリーゼ監督の短い談話では、噂を確認しようとする電話にもショートメールにもメドベージェワからの返答はなく、5日の報道を見て、自分はとうとうこれは噂ではなく、メドベージェワが自分の元を去ったことがわかったというコメントが表された。

「五輪のリンクから出ると彼女(メドベージェワ)は子どもっぽい言葉を投げつけました。『あなたはどうしてあと1年、アリーナをジュニアにとどめておかなかったのです?』これに私は『ジェーニャ、何を言の。万人に平等なチャンスがあるべきでしょう。』これは監督への信頼と成果への確信でなければならなかった。おそらく、メドベージェワが何らかの条件を出してくるとか、メッセージや電話に答えないというならば、別れることは不可避でしょう。つまり相手はそうしたくないということです。」トゥトベリーゼ監督は第1放送からの取材にこう答えた。
今回のメドベージェワの決意についてはフィギュア界のプロから様々な見解が出されているが、大方はこうした結果をありうるものと見ていたことがわかる。

カルガリー五輪金メダリストのナタリア・ベステミアノワ氏は、メドベージェワにとっては、平昌五輪で自分ではなくアリーナ・ザギトワ選手が金メダルをとったのが決定的瞬間となったのではないかと推測している。

「ジェーニャの決めたことはどんな場合にせよ、尊重しないといけません。それは彼女がビックな選手であり、何が起きているかを分かっているからです。五輪でのメドベージェワの演技は理想的だった。にもかかわらず彼女が受賞したのは金ではなく銀だった。」

2002年ソルトレイクシティ五輪の金メダリスト、アレクセイ・ヤグディン氏は、最高峰のメダルを目指して戦う2人の強豪選手が1人の監督のもとにいるという状況がどういうものか、まざまざと経験してきた。

「これは前にも言いました。一人の監督のもとに勝利を狙う人間が2人よりそうということは、その監督がすべてを正しく行おうとどんなに努力したところで、あり得ないのです。僕はこれをエフゲニー・プルシェンコとアレクセイ・ミーシン監督との間にあった状況から言っているのですが、練習は一緒に行うことはできる。でもどんな場合でもどちらかが心理的に踏みつぶされてしまう。僕は18歳の若さで理解しましたよ。ああ、僕にはこれ(監督の元を去る決意)が必要なんだ。残り続ければ袋小路になるとね。おそらくメドベージェワもこれと全く同じことを感じたのではないでしょうか。」ヤグディン氏はこう語っている。

ソルトレイクシティ五輪アイスダンス銀メダリストのイリヤ・アベルブフ氏は、長年の協力を経て、トゥトベリーゼ監督の元を去る決意をしたメドベージェワの心中を思いやり、どんな理由であってもこれを支援すべきだと語っている。

「この状況で私はジェーニャとエテリ(トゥトベリーゼ監督)の両方を思って心配しています。彼女たちは互いのために多くのことをしてきた。今私たちが知っているジェーニャを作り上げたのはエテリです。このタンデムは長年心を寄せ合ってきた。だからジェーニャの心には絶対に監督に対する感謝の気持ちしかないはずです。」

メドベージェワがトゥトベリーゼ監督門下を離れたあと、国籍をロシアからアルメニアへと変更し、アルメニア代表団の一員となるとの噂については、ベステミアノワ氏は「あり得ない」と否定した。
「ジェーニャは私たちの国の真の愛国者です。こんな噂は根拠がありません。」
また羽生選手を育て上げたカナダ人コーチのブライアン・オーサー監督のもとに移るのではないかという噂については、専門家の多くはオーサー氏の活動には肯定的な見解を示しているものの、絶対にオーサー氏がメドベージェワの新監督になると断言するのは時期尚早とのいう反応だ。

アヴェルブフ氏 「オーサー氏は非常にパワフルなスペシャリストで世界のリーダーに数えられる存在。だから有能な選手は彼につこうとします。ただしオーサー氏の流派はロシアのものとは異なるので、ジェーニャは新たな条件に慣れるのは大変だろうと思います。」

ベステミアノワ氏 「外国人スペシャリストが存在するスポーツ種目はたくさんあります。フィギュアも例外である必要はありません。オーサー氏はビックな監督ですから、彼女が出せる最高の結果を引き出しうるでしょう。唯一の問題は資金繰りかもしれませんが。」

メドベージェワ選手はトゥトゥベリッゼ監督の元で10年間トレーニングを積み、大きく成長してきた。2016年の10月のスプートニクの取材にメドベージェワ選手は、監督とは自分の人生の半分以上を一緒に歩んできており、家族よりも長い時間を過ごし、第2の家族と自信をもって言える関係を築いてきたと語っていた。

トゥトゥベリッゼ監督も1日にスプートニクで行われた記者会見で、メドベージェワ選手は「今もなお無敵の存在でありつづけている」と断言した。トゥトゥベリッゼ監督は普段から余計な発言を行わないことで知られている。横に平昌五輪の金メダリスト、ザギトワを配した上で漏れた監督のこの発言は、メドベージェワ選手への思いと評価を的確に表すものとして注目を浴びていた。

ウィキペディア  エフゲニア・メドベージェワ
https://ja.wikipedia.org/wiki/エフゲニア・メドベージェワ

メドベがオーサーの下に行くとは・・・ものすごいニュースが飛び込んで来ましたね。ロシアの選手がカナダに?しかも、特例君と同じクラブに?

平昌のフィギュアの女子シングルはショートの点差でザッキーが逃げ切る形となった。フリーが同点とは珍しい決勝だった。

メドべがエテリにザッキーがシニアに上がるのを1年遅らせて欲しかったと言った気持ちは分かるけど、メドべは転倒しても優勝だったので、フィギュアファンとしては天狗の鼻を折ってくれたからザッキーの存在は有難かったけどね。

日本だって、副怪鳥さんは「真央ちゃんと比べないで下さい」と鬼瓦が般若みたいな形相でS田女史に怒ってたよね。真央さんがトリノ五輪に出場していたら、棚ぼた金メダルがなくて良かったのにねえ。

メドべは目の下に小しわがたくさんあって、とてもじゃないけど18歳とは思えない老け具合。エテリが十分に栄養を与えなかったから、拒食症なのではないかと疑ってしまう。脚が折れそうな細さだし、肌の色つやがなく、栄養失調に見える。

メドべはお父さんがアルメニア人でお母さんがロシア人。離婚してお母さんが親権持ってるので、ロシア名を名乗っている。メドべはカナダには一人で行くのかな。ママは仕事があるから、ロシアに残るんだよね。

180508-1-4.jpg

川島海荷 Google画像検索

メドべについて調べていたら、川島海荷(かわしま うみか)さんという女優・歌手に似ているというのを見付けた。確かによく似ていると思った。世界には自分に似ている人が3人いるというけれど、違う人種で似ているというのは稀なる事でしょうね。

アルメニアといえばコーカサス(カフカス)地方に属する国で、白人種を意味するコーカソイドの語源となった所。

メドべがアルメニアとロシアのハーフでも、同じ白人であることには変わりないので、ロシアンタイマーが発動する可能性がある。ロシア代表として大切にされないと思えば、アルメニア代表になるのもいいと思うけど、「サンボ70」に所属したまま、カナダに拠点を移すつもりなんだね。

ロシアに残って、エテリ以外のコーチの下に行けばいいのに、よりによってオーサーの所に行くとはねえ。オーサーはヨン棒側が時給で雇っていたと暴露してから、一時期落ちぶれたよね。

それが特定君がカナダに渡ってから、あれよあれよと金メダルメーカーになった。栄華を誇ったタラソワ先生だったり、モロゾフのような存在になった。それもいつまで続くか分からないけど、今でさえヨレヨレなのに特例君は北京五輪の頃は27歳でさらにヨレヨレになると思うけどね。特例君は進退不明のまま、ずっと休業していて欲しいよね。

ウィキペディア  アリーナ・ザギトワ
https://ja.wikipedia.org/wiki/アリーナ・ザギトワ

ザッキーは棒所では辺見えみりのママである辺見マリに似ているという書き込みがあった。

辺見マリ Google画像検索

ロシアンタイマーが働かなかった場合は、ザッキーが年取ったら今の辺見マリさんになるんだね。辺見マリさんはお父さんがスペイン系アメリカ人(陸軍将校)なので、ハーフなのよね。

180508-1-3.jpg
アリーナ・ザギトワ(左)とエフゲニア・メドベージェワ(右)のコーチ、エテリ・トゥトベリーゼは表彰式で抱きしめ、2人の健闘をたたえた=2月23日、江陵(納冨康撮影)
https://www.sankei.com/sports/photos/180507/spo1805070049-p1.html

ザッキーは五輪優勝後にワールドに出てきたけど、号泣する結果に終わった。15歳の女の子にはかわいそうな現実だった。無理して出なければ良かったのにね。

でも、強行出場したのが何となく分かるのが、ザッキーはメドベより3歳下で身長も低いけれど、メドべの不健康そうな細さと違って、女性らしい丸味を帯びた体型。もう体型変化が始まっているよね。

ザッキーはタタール人の血を引いていて、だからエキゾチックな雰囲気なんだね。それで辺見マリさんに似ているというのも合点いく。

国士舘大学アジア・日本研究センター
2009年度 世田谷市民大学 連続講義
第10回 宮脇淳子先生 7月1日 9/9
移動僧院から社会主義建設へ:ウランバートル
https://www.a-jrc.jp/school/2009/miyawaki/2_9.html

 ウランバートルホテルという老舗のホテルの前に、今もレーニン像が建っています。小さいホテルですけど、今でも格が高い。なぜなら、入り口で来た人をチェックするから、泊まるのに安全だと聞きました。旧ソ連領以外でレーニン像を残しているのはウランバートルだけだそうです。理由は、レーニンは四分の一モンゴル人だから。モンゴル人といっても、西モンゴル族のカルムィク人で、ロシア連邦のヴォルガ河畔に共和国があります。新疆ウイグル自治区の北部にも同族がいて、チンギス・ハーンの男系子孫じゃなくて、女系子孫なんです。私は彼らの歴史の専門家で、『最後の遊牧帝国』(講談社選書メチエ)という本を書いています。モンゴル人は、スターリンにはほとんど感謝していないけれど、レーニンのおかげで自分たちは中国から離れて国を作ることができたと、今でも感謝しています。レーニンは小柄で、ちょっと色が黒くて、ヨーロッパ風ではない顔をしていますよね。ロシア人には実はアジア系の血が濃く混じっているんです。

 ウランバートルには鉄道の駅もありますが、北京からモスクワに行く国際線がモンゴルを通っているというだけの話です。モンゴル人は鉄道には興味はないけど、もともと移動するのは好きだから、車は大好きです。最近のウランバートルは車が増えて、空気も悪くなりました。山に囲まれている盆地だから、空気がよどむんです。

 でも、ウランバートルから車で30分も走れば大草原に出ます。モンゴル人は、街には我慢して住んでいると思っています。本当は草原のゲルに住むのが一番の幸せ。なので、夏休みに私たちがウランバートルに行くと、大学教授も政府の役人も会社の社長も誰もいない。みんないい空気を吸いに田舎に行っちゃう。「馬乳酒を飲みに行ったよ」って言われます。モンゴル人にとって、街は今でもそういう場所なんです。だから、朝青龍が温泉治療に行って、キャンプして遊んでる、なんて日本人記者は悪口を書いたけど、街を一歩出たら、キャンプするしかないんです。これで、モンゴルの都市の話は終わります。

エテリコーチも肌・髪・瞳の色素は白人なのだけど、骨格はモンゴル系だものね。ロシア人の骨格は西側の純粋な白人と違って、モンゴルっぽい骨格をしている。鼻は高いけど、頬骨が高い。

陸続きの国は人種が入り混じっているでしょうね。特にシベリアは遊牧民だらけだものね。元々のロシアの領土はモスクワ周辺だったのに、ロマノフ朝になって、領土拡大(領土侵略)した。モンゴルが覇権を取った頃、元はヨーロッパまで攻め入った。日本は島国で本当に良かったよ。
スポンサーサイト
https://www.instagram.com/p/BiapvQEHuYd/

asadamai717 love... #maotour #浅田真央サンクスツアー

180507-1-1.jpg

2018年5月6日

舞さんのインスタグラムの姉妹ショットはとっても美しいお二人ですよね +゜*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*゜+.
夢が実現した時の晴れ晴れとした表情がこれまた素晴らしい。

180507-1-2.jpg
https://twitter.com/piwseiya/status/992709186365440001

180507-1-3.jpg
https://twitter.com/piwseiya/status/992713117946662912

180507-1-4.jpg
https://twitter.com/piwseiya/status/992713204462583808

180507-1-5.jpg
https://twitter.com/piwseiya/status/992713444284555264

180507-1-6.jpg
https://twitter.com/piwseiya/status/992714554747437056

橋本誠也さんのツイートは奥が深いですね。画像がなく、言葉だけで伝える人はすごいものがある。

真央さんがサンクスツアーを立ち上げるまで、葛藤の日々があり、2017年の慈愛酢を最後にスケート靴を捨てようと思った事もあった。

長いトンネルの中を彷徨い、次に進む道を迷っていた頃、旅行に行ったり、習い事をやったりしたけど、以前よりひきこもる日が続いた。

やがて、ファンの皆様に感謝を届けようとサンクスツアーを思い付く。

舞さんと無良崇人さんがツアーに参加してくれたけれど、他のメンバーをオーディションで募集する。ほとんど無名のスケーターで、ショーに出た事がないメンバーもいる。

オーディションで選ばれた7名のツアーメンバーの一人である橋本誠也さんは、現役を引退後、次に進む道をちょうど迷っていた。ちょうどその時、サンクスツアーのメンバーに応募してメンバーに採用される。

そして、ツアー初公演を終えて、ツアーに参加した意義があったと、ツアーに参加できて良かったと感謝のツイートをしている。

真央さん自身が迷いに迷って辿り着いた末に立ち上げた新しい挑戦が、ツアーメンバーを幸せにして、公演を観に来たお客さんをも幸せにする。会場が幸せに包まれるそんなショー。

真央さんは昨シーズンはメリー・ポピンズの取材だけじゃなく、色んな観劇をして、そこで演出の仕方を学んだんだろうなあ。常に向上心がある真央さんは本当に偉い (゚∇^d) グッ!!

https://www.instagram.com/p/Bieh8dfjfBn/

eruni_ 💓💓💓
1217sei 😄💪✨✨

180507-1-7.jpg

2018年5月7日
最後にサンクスツアーのメンバーではないけれど、協力者についてご紹介しておきます。

DAZZLE OFFICIAL BLOG
DAZZLEメンバーブログ -長谷川達也-
公開日時:2018年04月09日 18:00
http://dazzle.sblo.jp/article/182934768.html

(前 略)

さて、そんな僕でも
「これは無理だろう」
と思う環境があります。

ズバリ


「氷上」


です。


踊るどころの話じゃなくて、むしろ普通に移動することもままならない。

しかし、そんな氷上を自由自在に行動できる人々がいます。

もはや皆さんご存知の通り「スケーター」と呼ばれる方々です。

特に、今年2月に開催されたオリンピック冬季競技会での素晴らしいパフォーマンス、活躍を見せてくれた「フィギュアスケート」は、同じ身体表現ではあるものの、環境の違いから僕にとっては別次元のパフォーマンスとして、ただただテレビで眺めているばかりでした。


そう、
眺めてばかりだったのですが、
なんとこの度、そんなスケーターの方からとあるショウの振付の依頼が舞い込んできました。


こちらです。

180504-5-1.jpg
http://maotour.jp

兼ねてよりDAZZLEの舞台をご覧下さっている浅田舞さんからのご依頼で、浅田真央さんのアイスショウの一部を振付させてもらうことになりました。


まさか自分がフィギュアスケートの振付をすることになるなんて!


「別世界」だったものが、急激に同次元のパフォーマンスとして認識を改めなくてはならなくなり、驚きと共に俄然やる気が漲ってきて、ダンサーとしての経験をフィギュアスケートに活かせたら、面白い作品になるのではと、非常に興奮しました。


しかしながら、参考にスケートの映像を見れば見るほど、あまりの勝手の違いに、困惑の連続。

というのも、氷上を常に滑り続けているスケートパフォーマンスにおいて、1秒先のポジションが予測できないため、得意の構成術が当てはめられないんです。

振付も上半身の動きは問題なくとも、足元の動きが全く分からない。床の上でできることと、氷上でできることの違いが、滑れない僕には予想もつかないわけです。

結果、床の上での構成と振付をスケーターの皆さんに覚えてもらったのち、氷上ではどうなるかと検証してもらいながら、想像と現実のギャップを埋めて行きました。

フィギュアの世界とダンスの世界、似て非なる表現が興味深く、お互いの感覚を擦り合わせていく作業はすごく勉強になりましたし、今後も機会があればぜひ挑戦したいなと思っています。

今回振付は僕とシンジ、そしてユーキの3人で作りました。
もし良ければ、ぜひご覧いただきたいなと思います。

180504-5-2.jpg

(後 略)

DAZZLE Official Site
http://www.dazzle-net.jp/index.html

NAVERまとめ
独特な世界観!!メンズ9人のダンスカンパニー【dazzle】
更新日時:2014年08月22日
https://matome.naver.jp/odai/2140852352167318901

dazzleとはコンテンポラリーダンスユニットなんですね。また真央さんのアイスショーは幅が広がりましたね。


CRE8BOY(クリエイトボーイ)
http://cre8boy.com/

CMやMV等幅広い仕事を引き受けている集団なんですね。大手の仕事を引き受けているので、すごい方ですよね。サンクスツアーはまた面白味が増しましたね。

KinkiKids、山下智久、堂本光一、Sexyzone、指原莉乃、WASABEATS、ダンスカンタービレ、ダンサー、ボイストレーナー、シンガーソングライター、アカペラ、フィギュアスケート、Beatbox、映画評論

ツイッターのプロフィールの所の仕事がすごいですね。錚々(そうそう)たる面々・・・西野さんは超有名な振付の方なんですね。

西野名菜のブログ
https://ameblo.jp/ninanana-0429

西野さんのお誕生日は4月29日なんですよ。


軸がぶれまくろうとキャメルスピンができるなんて、すごすぎるでしょう!ダンスができる人はスケートも上手いんですね。恐らく体幹があるからなのでしょうかね。

180504-5-3.jpg
180504-5-4.jpg

真央さんは5月4日(金)放送の情報ライブ ミヤネ屋で言っていたように、サンクスツアーは今までのものと全く新しいショーなんだね。
180504-4-1.png
ガンスフ マラル エレデン


180504-4-4.jpg

名前と名前の間に「・」がないので、どこの国の方なのか(?)と思っていました。モンゴル出身の人なんですね。所属はあっこちゃんと同じ邦和スケートクラブで練習しているそうです。

モンゴルといえば、お相撲さんが有名ですが、たった302万人規模の国ですから、フィギュアスケートの練習場所の確保が難しく、日本に留学されたのでしょうね。モンゴル初のフィギュアスケーターということなんですね。

180504-4-5.jpg
180504-4-6.jpg

マラルさんも真央さんに憧れてフィギュアスケートを始めたんですね。きっと世界中に真央さんを見てスケートを始めた人達がたくさんいるのでしょう。

マラルさんはモンゴルの方なので日本語が上手ですね。モンゴル語は日本語と語順が同じなので、シナーより日本語を学習しやすいと聞きます。

180504-4-2.png
山本 まり


山本まりさんについて調べてみましたが、ツイッター以外の情報は見当たりませんでした。ツイッターのプロフィールの所にあるインスタグラムはアカウントを作っているだけで、まだページが存在しません。

ツイッターを見る限り、まめに更新してくれる人なので、今後はインスタグラムの方でもうpしてくれるかもしれませんね。

180504-4-3.png
河内 理紗

河内理紗さんはSNSをやっておらず、一切情報がありませんでした。青梅フィギュアスケートクラブに所属しているということだけ分かりました。

180504-4-7.jpg

山本まりさんと河内理紗さんもエルニさんと同じく十代だという事が判明しました。

代わりに4月28日(土)の真央さんの北海道でのサンクスツアー情報がありましたので、貼り貼りしておきます。

180504-3-1.png
川原 星 (かわはら せい)

フィギュアスケーターのオアシス KENJIの部屋
【フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋】川原星選手エピソード2
投稿日時:2016年11月29日22:30
https://www.jsports.co.jp/press/article/N2016112807041506.html

【公式】川原星選手・全日本フィギュアスケート選手権2017 男子ショート演技後インタビュー

https://youtu.be/o8vr0ic7nbw

Sei Kawahara - 2017 Japanese Nationals FS

https://youtu.be/_f6nVNziId0


真央さん、舞さん、無良さん以外のメンバーで情報が多かったのは川原星さんでした。この方は福岡の人だったんですね。久留米市出身で、高校から福岡市内の学校に通っていました。ジモティなのに存在を知りませんでした (;´▽`A``

「川原星」でググると、とあるサイトでは1995年12月生まれなので、トリノ五輪で副怪鳥さんの演技を見て、10歳でスケートを始めたとありました。マジですか?般若がきっかけでスケートを始めたとなると、ちょっと苦手です (-"-;A ...アセアセ

しかし、宮本賢二さんとの対談では、大ちゃんとまっちーのファンとあります。みやけんさんとの話の方が真実であれば、嬉しいのですが・・・(~ヘ~;)ウーン

180504-3-2.png
マルティネス エルネスト

zakzak
元スペイン代表フィギュアスケーター、日本でタレント活動したい!「真央ちゃんに話しかけるために日本語勉強」
外国人が見るニッポン  配信日時:2017.7.26
http://www.zakzak.co.jp/spo/news/170726/spo1707260015-n1.html

180504-3-3.jpg
エルニ

 はじめまして、エルニといいます。スペインのマドリード出身です。半年前までスペインでフィギュアスケーターとして活動していました。

 10歳からフィギュアスケートを始めました。普通の代表選手と比べるとかなり遅い年齢からのスタートだったと思います。浅田真央ちゃんや安藤美姫ちゃん、羽生結弦くんなどと同じ舞台に立ったこともあります。

 2015年のグランプリファイナルフリーの演技前には、選手の泊まるホテルで真央ちゃんとたまたま遭遇。話をしたことは今でも忘れません。真央ちゃんはフリーの演技前にも関わらず、たくさん話をしてくれました。選手の話やプライベートの話まで、そして最後には一緒に写真も撮ってくれました。

 僕のフィギュアスケーターとしての実績としては、スペインノービスAにて金メダル、マドリード大会金メダル、オランダ国際大会銀メダル、スロベニア国際試合銅メダル、などそこそこの成績を残してきました。

 結果的に怪我が原因でもう選手としては現役を引退してしまいましたが、僕が日本語を勉強するきっかけとなったのは真央ちゃんでした。大会で会ったときに彼女に話しかけるために、4年前から必死に独学で勉強し続けました。

 先日の真央ちゃんの引退会見を見たときは大号泣しました。彼女は私にとって憧れの存在であり、神のような存在でもありました。特に、引退会見で「これから新しい人生がはじまる」と言ったことがとても印象に残っています。

 現在、新宿にある文化学園大学でファッションの勉強をしています。今後の夢はタレントとしてバラエティー番組などに出演し、また、日本で行なわれるフィギュアスケートの大会でインタビューの仕事などをしたいです。現役は引退しましたが、プロの知識は持っていますし、スペイン語、日本語、英語、フランス語を話せるので、語学力も生かせると思っています。

 ■エルニ スペイン出身。元スペイン代表フィギュアスケーター。2017年3月より日本に移住し、4月より新宿の文化学園大学に入学。日本語・英語・スペイン語・フランス語を話すクアトリリンガル。

インスタグラム:@eruni_

ツイッター:@eruni_

本番まで残り4日! 新潟でみんなに会えるの楽しみにしています💠

えるに Ernesto Martínezさん(@eruni_)がシェアした投稿 -


180504-3-4.jpg

エルニさんはファッションの勉強をしているので、自分を表現するのが上手ですね。口紅を塗っていたりするけど、中性的できれいな感じなのでいいですね。

180504-3-5.jpg
180504-3-6.jpg
180504-3-7.jpg
180504-3-8.jpg

真央さんが好きすぎて、日本語を勉強し始めたとは、いやはや上には上がいるものです。4ヶ国語も自由に操れるとは羨ましいですね。日本の学校に行ってるので、日本語の上達は早いでしょうね。

180504-3-9.jpg
180504-3-10.jpg
180504-3-11.jpg

エルニさんを初めてサンクスツアーでキャスト紹介で見た時、どこの国の人?と思ったのだけど、スペインの方とはねえ。たぶん、ガリシア地方の人なのかなあと勝手に想像しています。
page back