どの面下げて Are You Nuts?
ロケットニュース24
【韓国】平昌オリンピックの公式PR動画がショボすぎると話題 / 韓国民「北朝鮮に作らせた方がマシ」
配信日時:2016年10月18日  執筆者:P.K.サンジュン
http://rocketnews24.com/2016/10/18/813866/

2016年を振り返るとき、大きなトピックとして語られるのが「リオデジャネイロオリンピック」だろう。男子400メートルリレーを始めとする競技はもちろんのこと、“安倍マリオ” に代表される東京五輪に向けた閉会式の様子も、感動的な完成度であった。

それはさておき、次回のオリンピックは2020年東京……ではなく、2018年に韓国で開催される冬季五輪・平昌(ピョンチャン)オリンピックである。韓国もさぞかし気合いが入っているかと思いきや、2016年9月末に公開された「平昌オリンピック公式PR動画」がショボすぎると話題になっているのだ。

・高評価209、低評価1万オーバー
冒頭でもお伝えした通り、「平昌オリンピック公式PR動画」は2016年9月27日に公開された。そして事実だけをお伝えすると、YouTube上では10月18日15時現在、高評価が209、低評価が1万オーバーと、圧倒的に低評価が勝っているのだ。

YouTube上に記載された説明によると、この動画には韓国の有名コメディアンが数名出演しているようで、韓国民謡の「アリラン」をダンス付きで披露したものになっているという。

さっそく動画を見てみると……これはダサい。ぐうの音も出ないほどにダサい。「村おこし動画を素人が作ったのかな?」というレベルでダサい。少なくとも個人的には、リオ五輪の閉会式動画でヒシヒシと感じた “クリエイティブさ” は微塵も感じることが出来なかった。

この動画に対し、最も嘆いているのは韓国民で、YouTube上には辛辣なコメントが並んでいる。一部をピックアップしてご紹介しよう。

・韓国のネットユーザーの声
「最悪中の最悪。この映像を制作した関係者たちをクビにして、海外のプロデューサーを連れて来て新しい動画を作らないと」
「むしろ、北朝鮮に作らせた方が、もっとマシな映像を作れそう」
「この映像を見たら、次のオリンピックは北朝鮮で開催されると思われても仕方ない」
「歴代最悪のオリンピックになりそう。ソチ五輪を見て学んだこともなかったの?」
「日本の東京五輪の予告パフォーマンス見て、学んでほしい。これを見て韓国に来たいと思うのかな?」

言うまでもなく、映像は点数が出るものではないから人それぞれに感想はあるだろう。だが、コメントを見る限り、今回の動画に満足している人は韓国でも極めて少ないようだ。あなたは動画を見てどう思っただろうか?

▼こちらが動画だ。
「アラリヨ(ARARI, YO)平昌」プロジェクト

https://www.nicovideo.jp/watch/sm29857587

▼こちらはリオ五輪閉会式で披露された、東京五輪に向けた動画。
BBC実況版 リオ五輪閉会式(2020 東京五輪)

https://www.nicovideo.jp/watch/sm29510540

しらべぇ
平昌五輪のPRムービーがヤバすぎて炎上 韓国人「笑えない」
配信日時:2016/10/21/ 11:30
http://sirabee.com/2016/10/21/176949/

161029-2-1.jpg
※画像はYouTubeのスクリーンショット

2018年に大韓民国江原道平昌で開催される平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックに向け、韓国の文化体育観光部が制作したプロモーション映像がネット上で話題になっている。

冬季オリンピックのPRにも関わらず、氷はおろか雪さえ出てこない映像内容には韓国国内からも疑問に思う声が続出しているようだ。

何を伝えたいのかよくわからない内容

‘아라리요 평창(アラリヨ平昌)’と題された4分弱の映像は、突如緊迫したムードの白黒映像で始まる。一体何が起こるのかと身構えていると、次の場面では突如カラーになり、陽気な男女2人組が車で平昌を訪れるシーンへと続く。

料金所のおじさんがカメラに向かって「ウェルカムトゥ、ピョンチャン!」と言ったところで楽しげなBGMが流れ、本格的な平昌のPRが始まるまでは良いのだが、肝心の内容はと言うと…一言で表すなら「シュール」だろうか。

また、ところどころで食べ物を食べる小太りの男性がフィーチャーされるのだが、何故か具の無いそばのような麺類やアメリカンドッグを食べている。これが平昌の名産品とは考えにくいのだが…。

161029-2-2.jpg

冬季なのに雪も氷も無し…じゃあ平昌のアピールは?

アイススケートやカーリング、スキージャンプなどの要素は出てくるには出てくるのだが、何故か氷も張っていないアスファルトの上だったり、トラックの荷台の上だったりとコミカルなシーンが続き、最後はとにかくみんな揃ってダンス。

冬季オリンピックのPRを謳いながら徹底して雪と氷のかけらも映さないのはあえてなのか、それともこれが平昌の平常運転なのか…。

ただ、後ろで流れている軽快な音楽は韓国民謡「アリラン」をダンスアレンジしたもの。ある意味これが映像内で一番まっとうなアピールポイントなのではないだろうか。

161029-2-3.jpg

韓国の人たちはどう思ってる?

終始楽しげな雰囲気でダンスパートに気合は入っているのだが、随所に盛り込まれたギャグパートが決して手放しで面白いとは言えず、悪く言えばスベっている。

冬季オリンピックの公式動画として、韓国の人たちはどう思っているのだろうか?決して韓国語は得意とはいえない記者(私)だが、コメント欄からいくつか抜粋してみた。

「まるで中高生が課題で作った映像みたいだ」

「ソウルの映像学校の学生だけど、最近の学生はこれより良い物を作れるよw」

「この映像の問題点は
1,何を伝えたいのか全くわからない。
2,ギャグが笑えない。
3,平昌五輪のPRなのに、平昌のいいところが何も伝わらない」

「問題のあるコンテンツとして報告した」

「歴代最悪のオリンピックになりそうだ、ソチから何も学んでない。
外国の人は平昌五輪に来ないほうがいい」

決してネガティブなコメントだけを選んだわけではなく、実際のコメント欄はかなり厳しい意見で占められている。

ちなみに記事執筆時点で動画の高評価数は111、低評価数は7003。コメント欄の大半はハングルで書かれていることから、動画のクオリティに失望している人の多くは韓国の人たちとも考えられそうだ。

(取材・文/しらべぇ編集部・びやじま)

『さわやか韓国ヒラマサ五輪PR動画サムスンぎて非難轟々①』藤井実彦 AJER2016.10.28(11)
動画が削除されています。

161029-2-4.jpg
161029-2-5.jpg
161029-2-6.jpg
161029-2-7.jpg
161029-2-8.jpg

背伸びして変なもの作るより、素直に北の名物を拝借した方がいいと思うニダ♪

161029-2-9.jpg

PR動画もマスゲームをやったら受けると思うよ。独自性があると思うけどね。これこそウリジナルだよ!
日刊SPA!
「老人自爆テロ」の恐怖――武器の扱いを熟知する全共闘世代と元ヤクザが危険
配信日時:2016.08.30
http://nikkan-spa.jp/1188009

 「キレる老人」が数年前に話題となったが、近年それがパワーアップし、他人を道連れにして自害する自爆テロ型の事件が頻発中。何が起こっているのか?

161029-1-1.jpg

 陽気なパーカッションの鼓動が突如、悲鳴に変わった。8月7日、東京・杉並区の商店街で行われていたサンバカーニバルの会場に、通りに面する3階建て家屋から火炎瓶が投げ込まれたのだ。目撃者によると、その数は5発。現場にいた15人が負傷した。

 犯人の無職の男(68歳)は、直後に部屋で首を吊って自殺。部屋からは未使用の火炎瓶10本以上とボーガンなどが押収された。男は2年前に妻を亡くし、1人で住んでいたという。

全共闘世代故に、火炎瓶の自作はお手のもの

 この杉並火炎瓶事件では、犯人が火炎瓶を自作して犯行に及んだという点で異常性が際立った。しかし、類似の事件が今後も発生する可能性を指摘するのは、神奈川県在住の新聞記者OB(72歳)だ。

「68歳の犯人は全共闘世代。学生運動で火炎瓶を自作した経験があったのかもしれない。当時、運動に参加していた学生の割合から計算すると、67~74歳の男性のうち1割くらいは、火炎瓶の自作なんてお手のもの。粉石鹸や砂糖を混ぜると殺傷力が上がるなんて、今の若い人は知らないでしょう

 一方、江戸川区で5月に射殺事件を起こし自殺した犯人(73歳)は、約20年前に解散した暴力団の元組員だったことが判明している。

「引退後も拳銃を隠し持つ暴力団OBはいますよ。当時、高いカネ出して買ったわけで、大切に油紙に包んでタンスの奥に入れてる仲間もいた。家宅捜索でもされない限り、バレっこないからね」(元暴力団員)

 今に武装老人たちによるクーデターが起きるかもしれない!?

※現在発売中の『週刊SPA!』8/30発売号では、「ISより恐ろしい[老人自爆テロ]」という特集を掲載中

<取材・文/週刊SPA!編集部>

ギエェェェェェー恐ろしい ((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル  ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル  ((lll・Д・)ノ【怖ィ・・】
「最近の若者は・・・」という老害が多いけど、今の若者の方が大人しいでしょう。犯罪率は史上最低を記録している。昔は鉛筆で削るのに、肥後守を使っていたので、その時点で武器を所持していることになる。

全共闘世代が年齢層多いもんねえ。でもまあ、後20年ぐらいしたらその世代もこの世を去るので、今が過渡期だよね。若者なんかより年寄りを見たら、警戒するという何か不思議な現象が起こりつつある。年寄りは弱者ではなく、若者こそ社会的弱者なんだよね。

2015年には新幹線内で焼身自殺するという老人テロが起こった。下流老人という言葉もある通り、まさかここまで長生きするとは思わなかったので、老後の貯えをろくにしていなかったのでしょう。いくら国に不満があるからといって、全く無関係な人を巻き添えにするというのはおかしいよね。

奥さんに先立たれて、子供に嫌われて、老後孤独になったからといって、自殺するのはどうぞご自由にと思うけど、見ず知らずの他人に嫌がらせをして、死んでいくのは迷惑でしかない。全然関係ない人に迷惑行為を働いたところで、自分の存在意義を誇示できるとは思えないのだけどね。人に注目して貰うことで孤独を癒していたのかなあ。

何か習い事でもしたらいいのにと思う。無趣味だったんだろうね。元自衛官だったら、スポーツ系の趣味の会やサークルを探せば良かったのにね。爆弾作れるぐらいなら、体は元気でしょう。精神的に病んでたのはひきこもっていて、社会との繋がりがなくなっていたからだろうね。

金銭的に余裕があればボランティアをしたらいいと思うんだけどね。老人ホームや障害者施設に行って話し相手や車椅子を押すだけでもいいと思うの。あるいは、捨て犬&猫を預かったり、保育ママとか学童保育で勉強を教えるとか、ホームレスの炊き出しに長期入院している人のお見舞いのバランティアや独居老人の安否確認等いろいろあると思うんだけどなあ。寒冷地では雪かきのボランティアは非常に喜ばれることでしょう。

女性は仕事を辞めても自分でする事を見付けるけど、男性は退職後に社会との繋がりが切れてしまう人が多いよね。老後突然孤独になるというのは覚悟が足りないような気がする。若い時分からいつでも孤独に備えて生きていないといけないと思うんだけどね。配偶者が先に逝ったら孤独になるというのは、配偶者に依存しすぎで自立していない。

全共闘世代というと、何か群れる&集団行動というイメージなんだよね。一人で居られないというか、むしろぼっちの人をバカにして、いじめていたイメージがする。今でもぼっちでいるのが恥ずかしいので、トイレで食事するのを便所飯と言うけどね。最近は一人用の焼き肉屋なんかが出来つつあって、ぼっちでも生きやすい世の中になっている。
Number Web
フィギュアスケート、氷上の華
三原3位、浅田6位、村上10位……。 フィギュアのGP初戦、それぞれの思い。
投稿日時:2016/10/24 17:30  執筆者:田村明子
http://number.bunshun.jp/articles/-/826745

 浅田「今できることはやった」

 浅田真央はファリャの『火祭りの踊り』などピアノ曲を使った『リチュアルダンス』で、2アクセル、3フリップ+2ループ、3ループを降りた。3フリップが回転不足の判定を受けたが、コンポーネンツはワグナーに次いで2位。総合64.47で5位スタートだった。膝の痛みのために、3アクセルには挑まないとかねてから宣言していた。

「初戦(フィンランディア杯)よりも良かったと思った。自分にできる最高レベルではないけれど、今できることはやったので満足しています」と落ち着いた表情でコメント。ここに来るまで、カナダで振付師のローリー・ニコルと調整をしていたという。

「今シーズンはSPもフリーも同じ曲で、ショートはダークな感じの魔術師を演じている。フリーでは魔術師が鳥にマジックをかけて女性に変えていくので、明日は情熱的な女性を演じて滑りたいです」と笑顔で締めくくった。

 「滑り込みが足りない」と吐露した浅田。

 浅田真央は、艶やかな赤い衣装に身を包んで登場した。ファリャの『リチュアルダンス』、フリーはオーケストラバージョンである。

 余裕の2アクセルを着氷し、3フリップ+2ループもきれいに成功。スパイラルも入れたコレオシークエンスは圧巻で、会場内から大きな拍手が沸いた。だが後半からジャンプが崩れ、いくつかジャンプミスが重なった。浅田は演技後、こう口にした。

「振り返ってみて、まだまだだなという気がします。疲れてくる後半で自分のリズムやタイミングが取れていなかったので、もっと滑り込んでいかないといけないのかなと思う」

 「(浅田は)成長している」と断言した佐藤コーチ。

 浅田が反省ばかりを口にする一方で、佐藤信夫コーチは「私は前半、久しぶりに良い方向に行ったかなと思って見ていました」とコメント。膝の痛みがぶり返さないように練習を加減していた中で、回復の兆しが見えてきたことを強調した。

 浅田本人がSP、フリーともにステップでレベル3だった原因がちょっとわからない、と口にしたことを、佐藤コーチは今回は体力的なところで、動きが小さくなっていたためではないかと分析。ジャンプ以外の表現に関しては、「やあ、うまいなあと思って見せてもらっています。そういうところがはっきりと成長していると思う」と手放しで褒めた。

 総合6位という結果で、今シーズンのGPファイナル出場の可能性が低くなったことは、体の負担を考えると逆に幸いだっただろう。

 あとは痛みがぶりかえさないよう注意をしながら、シーズン後半までつなげていくことが課題となる。

161026-1-1.jpg
161026-1-2.jpg
161026-1-3.jpg
161026-1-4.jpg
161026-1-5.jpg
161026-1-6.jpg

田村明子さんと八木沼純子さんも真央選手に無理して欲しくないと言ってくれているね。GPファイナルに出ない方が膝を治す時間が出来るから、チャンスだと思って、ここはゆったりと構えて欲しい。

真央選手はエリック杯で自らを追い込むような事を言ってるけど、今出来る事だけやって、後は全日本に向けて注力して欲しいよ。エリック杯で膝が悪化して、全日本に出られなくなったら、どうするのーーーーー!!

最終的には、佐藤信夫先生が真央さんを止めてくれることを願っているけどね・・・本当に無理しないで貰いたい。GPシリーズに出場するだけでも意義があるんだから、スタミナ切れしないようにね ヾ(;´▽`A``アセアセ
スポーツ報知
【フィギュア】真央、次戦フランス杯でトリプルアクセル解禁へ「やっていくしかない」
配信日時:2016年10月24日10時48分 スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20161024-OHT1T50075.html

161024-1-1.jpg
エキシビションで演技する浅田真央(共同)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦のスケートアメリカで6位に終わった浅田真央(26)=中京大=が23日、エキシビションに出場。会場で取材に応じ次戦のフランス杯(11月11~13日)で3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)を解禁する意向を示した。

 左ひざ痛の影響で調整が遅れた今季は代名詞のトリプルアクセルを回避してきた。今大会開幕前は「全日本選手権では入れたい」と話していたが、1か月半前倒しする。

 「昨日の夜もいろいろ考えたけど、やっていくしかないなと。次のフランス杯ではアクセルと3―3を入れるくらいの勢いでいかないと。自分の以前やっていたレベルまで持って行くことをフランス杯までにやっていきたい。フランス大会で私は何も落とすものがないので」と気持ちを奮い立たせた。

スポニチアネックス
真央、次戦フランス杯で3回転半解禁へ「もうやっていくしかない」
配信日時:2016年10月24日 11:12
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/10/24/kiji/K20161024013595120.html

 今季GPシリーズ初戦のスケートアメリカで6位に終わった浅田真央(26=中京大)は23日、米イリノイ州シカゴでエキシビジョンに参加し、バッハの「チェロ・スイート」を華麗に舞った。

 エキシビジョン後、左膝痛による調整遅れで、今大会は回避した代名詞のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を、次戦のフランス杯(11月11~13日)で投入する意向を明かした。当初は12月の全日本選手権に間に合うように調整する方針だったが、今大会の惨敗を受け止めて「昨日の夜も考えたけれど、もうやっていくしかない。次のフランス大会ではアクセルも3―3も入れるくらいの勢いでやっていかないといけないと思う」と前倒しする。

 「どれだけ自分が思いきりできるか試したい。それが全日本につながると思う」。故障が悪化するリスクは覚悟の上で、今後は急ピッチで得意技を仕上げていく。

日刊スポーツ
浅田真央 次戦3回転半も思い複雑「ハーフハーフ」
配信日時:2016年10月24日11時13分
http://www.nikkansports.com/sports/news/1728675.html

161024-1-2.jpg
エキシビションで華麗な舞を披露した浅田真央

 グランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカで6位だった浅田真央(26=中京大)が22日(日本時間23日)のエキシビション後に取材に応じ、次戦のGPフランス杯でトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に挑戦したいと明かした。

 左膝痛による調整の遅れで、今季初戦のフィンランディア杯、スケートアメリカと2戦連続でトリプルアクセルを回避。12月末の全日本選手権をめどに再び構成に入れたいと話していたが試合後一晩考え、「次のフランス大会ではアクセルも3-3も入れる勢いでやっていかないといけない」と考えが一変した。

 膝の痛みが出る可能性もあり「アクセルを挑戦することが、いいか悪いかは本当に分からない。ハーフハーフ」と自身の名言を使って複雑な思いを表現。それでも「この大会で失敗した原因は自分の技術不足、気持ち不足など、いろんなものがあっての失敗。フランス大会では自分は何もないので、逆に思いきってできる。準備して、フランス大会でどれだけ思いきってできるか。それが全日本につながる」。GPファイナル出場が難しくなった分、フランス杯は思い切りやりたい演技に挑戦するつもりだ。

HD. Mao ASADA 浅田真央 EX - 2016 Skate America

https://youtu.be/0WxZcp5J_J4

161024-1-3.jpg161024-1-4.jpg
161024-1-5.jpg
161024-1-6.jpg
161024-1-7.jpg

真央さーん、あんまり無理しないでいいんだよ。怪我を悪化させたら元も子もないんだよ。故障が悪化するリスクは覚悟の上でって、ワールドや五輪だったら分かるけど、GPシリーズでGPファイナルに出場しなくっていいじゃないの。

真央選手は茶番シーズンとジャンプの見直しに入った茶番の翌年はGPファイナルに出られなかった。GPファイナルに出ない方が、全日本に余裕を持って臨めると思うの。いつもトップであり続けることを求められているスケーターだから、しかも復帰して完全復活したいと強く願い、急いでいるのはよーく分かる。

でも、今シーズンぐらい棒に振っても、五輪シーズンにしっかりピークを持って来れば、五輪で最高のパフォーマンスを披露できる。それに、世界ランクなんてものも気にしなくていいからね。世界ランク1位でも、五輪で勝てないという選手は今まで掃いて捨てる程いたよ。

今回総合6位だったのに、エキシビションに招待されたんだね。アメリカのお客さんの反応が明るくて熱狂的でいいね。シーンと静まり返ったお通夜会場では滑りたくないものね。

大会後のプレカンで、アシュリー・ワグナー選手が三原麻衣選手に優しく声をかけてくれていて、アシュリーいい子やねえと思った。十代の頃、ビデオを自撮りしてYouTubeにうpしていたアシュリー。マシンガントークでちゃきちゃき話しまくる元気な美少女だった。可憐だったのに、兄貴路線になって、精彩を欠いたかと思ったら、ソチ五輪後に復活したね。

というか、フィギュアスケートは白人様のスポーツだから、常にエースを決めて、点を盛るという感じに見えるんだよねえ。今はグレイシー・ゴールド選手が、スランプ時期になっちゃったね。ずっと勝ち続けるのは至難の業だよ。
スポニチアネックス
真央 ジャンプミス響き6位「もっともっと滑りこんでいかないと」
配信日時:2016年10月23日 07:14
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/10/23/kiji/K20161023013589050.html

161023-2-1.jpg
浅田真央 Photo By AP

 フィギュアスケートのGPシリーズ第1戦、スケートアメリカ第2日が22日、米シカゴで行われ、女子ショートプログラム(SP)5位の浅田真央(中京大)はフリーで6位の112・31点にとどまり、合計176・78点で6位に終わった。

 SPに続いてフリーでも代名詞のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を回避する安全策を取ったが、中盤のダブルアクセルで(2回転半ジャンプ)でステップアウトするとリズムを崩した。続く3回転サルコーで転倒し、3回転フリップも2回転になった。ジャンプでミスが続いて、得点を伸ばせなかった。

 「まだまだだなと感じました。疲れてくると後半で自分のリズムやタイミングを取れなくなった。もっともっと滑りこんでいかないといけない」

 昨季から抱える左膝痛の影響で、ここまで十分な練習ができておらず、調整遅れがそのまま結果に表れた。

 SPトップのアシュリー・ワグナー(米国)がフリー2位の126・94点、合計196・44点で優勝した。SP2位につけた17歳の三原舞依(神戸ポートアイランドク)はフリーで3位の123・53点、合計189・28点で3位。SP10位の村上佳菜子(中京大)はフリー9位の97・16点、合計145・03点で10位だった。

日刊スポーツ
浅田真央6位「疲れた」GPファイナル出場厳しく
配信日時:2016年10月23日9時52分
http://www.nikkansports.com/sports/news/1728158.html

161023-2-2.jpg
女子フリー 演技する浅田真央(共同)

<フィギュアスケート:GP第1戦スケートアメリカ>◇第2日◇22日◇米国・シカゴ◇女子フリーほか

 女子SP5位の浅田真央(26=中京大)は、フリーで112・31点の6位にとどまり、合計176・78点で6位だった。GP初戦で表彰台を逃すのは、初戦NHK杯で8位だった10-11年シーズン以来。上位6人が進めるグランプリ(GP)ファイナル出場は厳しくなった。

 冒頭のダブルトリプル(2回転半ジャンプ)を美しく跳び、続く連続ジャンプも成功するなどいい滑り出しだったが、中盤からジャンプミスを連発。「疲れてしまった」とスピンやステップにもキレがなかった。「疲れてくる後半で自分のリズムだったり、タイミングがとれていなかった。もっと滑り込んでいかないといけない」と反省した。

 直したい箇所を聞かれると「全部」と厳しい表情。次戦フランス杯(11月11日開幕)に向け、「自分の最高レベルで臨めるようにしていきたい」と体の状態を見ながら修正していく。

161023-2-3.jpg

B.ESP. Mao ASADA 浅田真央 FS - 2016 Skate America

https://youtu.be/Pfosen4U2W8

161023-2-4.jpg161023-2-5.jpg
161023-2-6.jpg
161023-2-7.jpg161023-2-8.jpg
161023-2-9.jpg161023-2-10.jpg

ダブルアクセルの失敗から流れが悪くなったみたいだね。真央さん本人の言う通り、途中から疲れが出て来てしまったのでしょう。ショートは体力が持っても、フリーは長いから疲れが出て来るでしょうね。まだ万全な状態ではないのでしょう。

そして、膝の調子が悪いので、滑り込みが足らなかった。滑り込みをしさえすれば、予定通りのジャンプが跳べるようになるはず。佐藤信夫コーチとはシカゴで合流したので、フィンランド杯後は一人で練習していたのでしょう。

ローリー・ニコルに振付を手直しして貰ったの箇所が、ショートは変わった所が分かったけれど、フリーの方がより変化したよね。まず髪型と衣装が変わったし、一番大きいのはストレートラインステップの部分ね。ステップも膝に負担がかかるので、滑りやすくなったのが良かった。

エリック杯はスケアメで出せなかった所を重点的に改善できるといいよね。GPファイナル絶望的とマスゴミがいってるけど、別にいいんじゃないの?GPシリーズだって1試合だけでいいと思う。全日本選手権に標準を合わせればいいんだよ。GPファイナルに出ると試合続きになって、体力が消耗して、全日本で撃沈する選手が過去何人もいた。

それにしても、村上佳菜子選手はジャンプの回転不足を取られて、ショートから順位を変えられなかったね。きゃなこはコーチになりたいと言ってたので、今季で現役引退するのかなあ。悲しいけど、進路を変えるのは若ければ若い方がいいと思う。体もかなり絞っていて、ものすごく努力しているのに、今はジャンプの調子が狂ってるんでしょうね。

三原麻衣選手は初GPシリーズ参戦で表彰台という快挙、本当におめでとうございます!!今回GPシリーズで表彰台に上がったからといって、次の大会でそれを意識せず伸び伸びと滑って欲しい。緊張したり萎縮すると、せっかくの実力を発揮できず、才能が埋もれてしまう。怪我に気を付けて、これからも頑張って下さいね♪
page back