どの面下げて Are You Nuts?
レコードチャイナ
韓国平昌五輪のボブスレートラックの氷が割れる、外国人選手が練習できず帰国=韓国ネット「新たな伝説を作った」「注目されるためにわざと?」
配信日時:2016年3月30日(水) 9時10分
http://www.recordchina.co.jp/a132111.html

160331-4-1.jpg

2016年3月28日、韓国・スポーツ東亜によると、2018年に開催される韓国・平昌冬季五輪のために作られた平昌スライディングセンターのトラックに欠陥が見つかった。練習計画に支障が出たボブスレー・スケルトン代表チームからは不満の声が出ている。

3月10日ごろに予定されていた国際オリンピック委員会(IOC)の事前承認大会が突然中止となった。トラックを凍らせる冷却機である冷凍プラントに異常が生じ、長さ1857メートルのトラックの氷の一部が割れたためだという。これにより、平昌を訪れていた外国人選手らは練習を行えず、そのまま帰国することになった。

また、韓国の代表チームも3月に予定されていた走行練習が10月に延期され、損害を被った。ボブスレー・スケルトンはコースの理解度が走行能力に直結する種目のため、早い適応が重要なのだという。ボブスレー・スケルトン代表チームのイヨン総監督は、「平昌五輪までに平昌スライディングセンターで600~700回は走行練習をしなければならないが、150~180回ほどしかできない」と不満を漏らした。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「平昌五輪の準備がうまく進んでいるとの記事を一度も見たことがない」
「最初から期待していなかった」

「何をいまさら…。平昌五輪自体が欠陥なのに
「仁川アジア大会の二の舞になりそうで怖い」

「税金を無駄遣いする人たちを厳しく処罰するべき」
今からでも五輪開催資格を返上してほしい。専門家もそう言っている」

「トラックの氷が割れるなんて…。冬季五輪の歴史に新たな伝説を作ったね」
「注目されるためにわざと問題を起こしているの?そんなに日本と比較されたい?」(翻訳・編集/堂本)

厳選!韓国情報
pandianiさんのブログ
平昌五輪のボブスレートラックの氷が割れる、外国人選手が練習できず帰国=韓国ネット「新たな伝説を作った」[3/30]
公開日時:2016年03月31日 08:01
http://gensen2ch.com/archives/57544033.html

160331-4-2.jpg

ホラマサを五輪開催地に決定したのはIOC調整委員の方々。しかし、実際のコースにGOサインを出すのは、各競技の団体の方々。

現場の専門家がホラマサの施設を視察すると、毎回欠陥が見付かる。現場を知らない人が、バ韓国人の楽観的な言葉に騙されて、開催地に決定してしまった。

外国人選手達は練習ができないというだけでなく、身の危険を察知して、帰国したのではないかと思う。こんな所でそり競技であの高速滑走をして、大怪我だけでなく、最悪死亡するかもということは誰もがやりたくないに決まっている。

それにしても、毎回愉快なニュースばかり飛び込んで来るね。本人達は至って真面目に取り組んでやっているのに、必ずやらかす。

ネット上の意見は自国に対して、客観的に見ているんだね。手放しに絶賛でもされた日にゃあ、さすがのあかん国でも終わりでしょうね。

途中まで施設を作っても借金だけ残るけど、意地でも五輪を開催した後の借金の方がもっと大きいことになる。早めに開催を返上して損失を少なくする方が賢明だと思うけどね。

大会が終わったら、施設を取り壊した方が安くつくことになるよ。維持管理費だけで莫大な借金が累積されていくことになる。

お困りの国は、発想が古いんだよね。今時、ハコモノやらイベント等を開催するのは、時代遅れでしょう。日本よりガラパゴス化がすごい。

きっと、日本の真似をしているんだろうね。日本が誤った事の真似をするのは、やめたらいいのにね。

【韓国平昌五輪暗雲】 コースが壊れたニダ!

https://youtu.be/LSu0Npzcjos
スポンサーサイト
産経ニュース
不況のあおりで韓国財界は五輪にカネを出し渋り 「投資価値は高くない」と本音も そり競技場でも問題が…
配信日時:2016.3.29 10:00
http://www.sankei.com/premium/news/160327/prm1603270029-n1.html

160331-3-1.jpg
2018年平昌五輪で使用される江原平昌アルペンシアスライディングセンター=2月29日(聯合ニュース)

 新設競技場の工事遅延や財政難など難問山積で、韓国内にも「失敗論」が根強い2018年2月開催の平昌五輪だが、国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会の視察でも問題が根本的に解決されていない現状が改めて浮き彫りにされた。3月14~16日にそり競技を実施するスライディングセンターが視察された。工事関係者が自信をのぞかせた氷質は天気によって影響を受けるとされ、改善が求められた。5日のテスト走行は冷却ポンプの異常で失敗に終わった。さらに難航するスポンサー契約に対し、調整委は「予想値の7割水準まで達成できた」と順調との認識を示したが、財界関係者は「投資価値が高くない」とバッサリ。別の関係者は本番まで2年を切るのに進捗度が「時期的に遅い感じ」と揶揄した。

 韓国初のそり競技場として13年12月に着工されたスライディングセンター。工程率は現在67%だが、新設競技場の中で最も高いとされる。事業費は当初より150%に上る1228億ウォン(約110億円)にまで拡大。これだけの巨費を投じながら、五輪後の活用度が最も低いとされる。計画では冬季は選手の調整施設、夏季は冒険レジャースポーツ施設として活用されるという。

 中央日報によると、韓国開発研究院は、新設6施設の年間運営費は200億ウォンを超えるのに対し、運営収益は100億ウォンに留まり、不足分の100億ウォンを国民の税金で穴埋めしなければならないと予想した。そのため、昨年には経費削減の視点から、そり競技の分散開催が議論されたほどだ。

 いわく付きの施設だが、IOC調整委員会が視察。記者会見したグラニ・リンドバーグ委員長は「各方面で十分に準備しており、(今年)10月の認証には問題ないと思う」と述べた。これを受けて、聯合ニュースなどは「そり競技場の認証に問題なし」と題し、“お墨付き”を得たと報じた。

 朝鮮日報によると、これに先立つ3月5日に、五輪組織委員会や国際ボブスレー・スケルトン連盟、国際リュージュ連盟などは整氷が安定的でテスト区間の氷質に問題はないとしていた。その一方で、天気が氷質の維持に影響を与える点などを改善する必要があると指摘しており、調整委も「氷質の維持で不十分な点が見つかった」と追認する形となった。

 コリア・タイムスによると、工事関係者は試合が終了するたびに整氷しなくても「氷の強度が優れ、氷質は非常にいい」と語っていたが、信憑性が疑わしくなった。

 調整委はスポンサー契約にも言及。「70%」の水準が達成できたとの認識を示した。五輪組織委はスポンサー契約で運営費の一部である8500億ウォンを賄うと計画。15年までに70%を達成する目標を掲げていたが、57%に留まっていた。

 背景にはロッテ・グルーブのスポンサー契約の動きがあった。news1によると、五輪組織委関係者はロッテ・グループとの交渉が進み「IOCのパートナーシップと重ならない方向でスポンサー契約が締結される予定だ」と述べた。組織委はスポンサー企業の契約が滞り、経済的に困窮しているとされ、ロッテとの契約によって、目標の70%に辛うじて届くと予想しているという。

 3月17日に締結された支援額は600億ウォン。中央日報は、韓国スキー協会長でもあるロッテグループ会長の「積極的な五輪支援方針によるものだ」と論評した。

 今後の契約に関しては難航が予想される。news1によると、財界人が1988年ソウル五輪の時よりも企業投資が消極的とする。五輪の舞台がソウルなどの首都圏から遠く、「投資価値が高くないと判断に基づいて、企業が気軽に出ていない」と沈滞ムードの状況を説明した。

 さらに別の関係者の話として、資金を融通する金融機関が含まれていないことが組織委の経済的な困窮の要因と指摘したうえで「大会がすでに2年前に近づいているのにスポンサーシップ締結が時期的に遅い感じがする」と遅延を疑問視した。

 このままいくと「着々と韓国の評判を下げるための準備を進めているとしか思えない」という韓国ネットユーザーの懸念が現実化しそうだ。

160331-3-2.jpg
2018年平昌五輪のスライディング競技場であるアルペンシアスライディングセンター(聯合ニュースのホームページから)

160331-3-3.jpg
リンドバーグIOC調整委委員長㊧は、平昌五輪そり会場を視察し、お墨付きを与えたとされるが…(AP)

グラニ・リンドバーグ女史はどんどんボロが出て来るね。どんだけ袖の下を受け取っているのだろうか?スウェーデン出身の人なのに、金に汚いって何だかねえ。

あかん国は氷の質のデータさえも改ざんしてしまう。紙の上で合格しても、実際、あの高速で滑るそり競技では、ちょっとした氷のヒビやカケであっても大参事になりかねない。

元々、ウィンタースポーツに親しみのない国。そして、職人をバカにするので、技術が発展しないし、メンテナンス管理を徹底しない。

地味な部分はいい加減にして、表の人に見える所だけ、集中的に見栄え良くする。ポチョムキン村方式の投機方法を好む国民性。

.国人にとっての五輪は、「他人の祭り」になる種目も、自国開催で有利にして、メダルを獲ることなのでしょう。ちゃんと大会が行えるように運営面をしっかりしようとは決して考えていない。

もしかしたら、一生懸命やって、いつものアチャーなレベルであれば、相当痛い国だと思う (ノ∀`)アイター
中央日報
氷溶ける平昌トラック、再び移動する韓国ソリチーム
配信日時:2016年03月28日13時41分
http://japanese.joins.com/article/785/213785.html?servcode=600§code=600

160331-2-1.jpg

 「メダルを取る確率が20%は下がった」

 27日、国家代表選抜戦が行われた江原道(カンウォンド)の平昌(ピョンチャン)スタートセンターで会ったボブスレー・スケルトン国家代表チームのイ・ヨン総監督は舌打ちした。新しくオープンした平昌アルペンシアスライディングセンターに欠陥が見つかり、認証が取り消されて当分練習できなくなったためだ。

 ソリ種目はホームコースの利点が非常に大きい。コースの理解度が重要なので多く乗るほど有利だ。2014年ソチオリンピックの時のロシア代表チームがまさにそうだった。2010年バンクーバーオリンピックで銅メダル2つにとどまっていたロシアは、ソチ大会ではボブスレー・スケルトン・リュージュの3種目で金メダル3つ・銀メダル2つを獲得した。当時ロシア代表チームは新たに作られたサンキスライディングセンターで夜間練習まで行った。韓国のソリ代表チームの平昌オリンピックへの展望が明るいのもホームコースの利点を最大限に生かせるためだ。平昌スライディングセンターは2月に完工した。韓国の選手たちは外国選手に比べ10倍以上練習を多く行える。イ・ヨン監督は「多くの練習によって目を閉じても乗れるようにする」と話した。

 だが計画に支障が生じた。7日の事前認証競技を控えてトラックの4番区間までの上半部で氷が溶けてひびが入る現象が見つかった。江原道と平昌オリンピック組織委員会は「冷媒を供給する冷凍ポンプに欠陥があった」と説明した。結局、下段部の製氷状態だけを点検して試験走行はキャンセルになった。ドイツPBD社から技術移転を受けて施工した建設会社側は問題解決のため努力中だ。

 被害はそのままソリ代表チームへと回ってきた。代表チームの選手たちは事前承認が終わりしだい3月31日まで約20日間、コース適応練習をしようとしていたが水の泡になった。イ・ヨン監督は「ボブスレーの場合、平昌オリンピックまで650回程度アルペンシアトラックに乗る計算だった。しかし3月の練習が中止になって150~180回乗れないことになった。メダルを取る確率が100%だったとすれば今や80%程度に落ちたようなもの」と話した。1000回程度コースを乗ろうとしていたリュージュ代表チームも10%程度練習量が減ることになった。

 特にボブスレー代表チームは打撃が大きい。3月から新しい国産ソリに乗ってオリンピックコースに適応するためにワールドカップシリーズを終えて急いで帰国したが、当分練習ができなくなった。結局代表チームは29日にカナダのフィスラーに渡り来月5日まで新しいソリをテストする計画だ。ボブスレー代表のウォン・ユンジョン(21)は「多く乗るほど有利なのは事実だ。残念なことになった」と話した。

 2016-17シーズンの計画も全面的な再検討に入った。イ・ヨン監督は「もともと4月中旬からオフシーズンの練習を始めるが、今年は4月初めに前倒しをしなければならないようだ」と話した。さらに「どのみち夏は暑くてトラックが使えない。認証がうまく終われば予定より早くトラックを凍らせて10月初めからコース訓練に入る」と話した。

160331-2-2.jpg

おーるじゃんる
crx7601さんのブログ
【悲報】平昌アルペン、トラックの氷が溶け始め冷凍ポンプに欠陥で認可取り消しキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
公開日時:2016年03月28日16:16
http://crx7601.com/archives/48213973.html

160331-2-3.jpg

そり競技だけはアジアで唯一ある長野市に貸して貰う可能性があったよね?いつの間にかちゃんと作っていたとは、いやはや見くびっていたけど、感心したわ (゚~゚)ふぅぅぅん

しかし、スライディングセンターをドイツPBD社から技術移転を受けて施工した.国の建設会社が杜撰だったのね。やっぱり、バ韓国の会社だけあるなあと、こちらも感心したよ (*≧m≦*)プププw

ホスト国として、海外の選手に国際標準の施設を提供するというおもてなしの心はなく、自分達が練習して、メダルを獲ることしか頭にない。本当に自己中だよねえ。さすがは卑怯力の国だけある。

練習時間が足りないから、あかん国のそり系競技の選手達は、長野市に遠征に来るかもしれないね。

お困りの国でもスライディングセンターが作れたのだから、元宗主国様も2022年の冬季五輪には立派なスライディングセンターを完成させることができるでしょう。
朝日新聞デジタル
伊藤みどりさん、浅田選手を応援 「悔い残らぬ選択を」
配信日時:2016年3月30日11時13分
http://digital.asahi.com/articles/ASJ3S3C3MJ3SUTQP00M.html

 フィギュアスケートの世界選手権が30日(日本時間31日)、米ボストンで開幕する。1年の休養期間を経て現役続行を決めた浅田真央(中京大)にとっては、山あり谷ありのシーズンの締めくくりになる。浅田が現役続行を決めるきっかけを作った伊藤みどりさん(46)=1992年アルベールビル五輪銀メダリスト=は、同じトリプルアクセル(3回転半)ジャンプを得意とする後輩にエールを送る。

160331-1-1.jpg
自身も現役復帰した経験がある伊藤みどりさん。「1年でも休むと、戻すのに時間がかかる」と語る

 世界選手権に向け、今の真央ちゃんの心の中は、期待半分、不安半分なのだと想像します。メッセージを送るとしたら「今シーズンが始まった頃を思い出して」ということです。

 復帰初戦だった10月のジャパンオープン。世界中が注目する中で、素晴らしい演技を見せてくれました。1シーズンの休養を経て、再び競技会の舞台に戻って来られたという喜びが、伝わってきました。

 真央ちゃんが現役を続けるか迷っていた昨年4月。ラジオ番組で対談して「自分が後悔するなら続けた方が良い」と助言しました。競技会で戦う力は十分にあると感じたからです。25歳になりましたが、食事や体のケアのサポート態勢が充実し、選手寿命も伸びています。実際にジャパンオープンで、世界のトップで戦えることを証明しました。

 ただ、長いシーズンで好調を維持することは難しい。試合に向けたモチベーションの持ち方、体調の整え方、コンディションの作り方は、アイスショーと競技会では全く違います。

 私は92年アルベールビル五輪後に一度引退しましたが、95年に復帰しました。96年1月の全日本選手権では、新鮮な気持ちもあって優勝しましたが、その後は体調やモチベーションが落ちてしまいましたね。落ちかけた時に、世界選手権(同年3月)とぶつかりました。トリプルアクセルは跳べずに7位で、再び競技会から退きました。

 真央ちゃんも、復帰当初の新鮮さは薄らいでいるのではないでしょうか。休養以前のように「頑張らなきゃいけない」「トリプルアクセルを跳んで当たり前」という重圧を感じているのかもしれません。昨年12月のグランプリファイナルや全日本選手権は、本領発揮とはいかず、迷いや葛藤があると思います。

 だけど、乗り越えられた時のやりがいは、競技会でしか味わえない。(昨年5月に)現役続行を決めた時「試合が恋しくなった」と話していました。緊張感も、苦しさも味わいたくて帰ってきている。それを頑張って乗り越えることが、今は大事ですね。

 96年の世界選手権の演技は恥ずかしかったですが「悔いの残らない選択をした」と今でも思います。真央ちゃんには、復帰した時の気持ちをもう一度よみがえらせて、悔いのない演技をして欲しいです。世界選手権が終わった後、真央ちゃんがどんな気持ちになるのか、聞いてみたいです。(構成・前田大輔)

160331-1-2.jpg
1992年アルベールビル五輪で銀メダルを獲得した伊藤みどり選手

160331-1-3.jpg
本番のリンクで練習する浅田真央=遠藤啓生撮影

160331-1-4.jpg
公式練習後、ファンからサインを求められる浅田真央=遠藤啓生撮影

160331-1-5.jpg160331-1-6.jpg

体が引き締まってかっこいい後姿。目をつぶりながらのアラベスクスパイラル。

160331-1-7.jpg
160331-1-8.jpg
160331-1-9.jpg

> 「今シーズンが始まった頃を思い出して」
きっと今シーズン始めの気持ちを思い出せば、真央さんの本来の力を出し切ることができるでしょう。アイスショーで滑るだけでは物足りず、試合ならではの緊張感達成感を味わいたくて、現役復帰してきた。

みどりさんもアルベールビル五輪後に引退して、長野五輪に出場するために戻ってみた経緯がある。なので、真央さんに的確なアドバイスができる。

普段から、みどりさんは同門のスケーターだけでなく、全般的に選手に暖かいコメントをする。みどりさんの解説が聞けなくなって久しい。家庭の事情なのか?正直すぎて干されたのか?またみどりさんの解説を聞きたいなあ♪

やらないで後悔するより、やって後悔した方がいいと真央さんは考えた。自分のやりたかったスケートを滑ってね。頑張れ!真央選手! o(´∀`o*)o(´∀`o*)ガンバ~
朝日新聞デジタル
浅田真央選手「自分のために滑って」 鈴木明子の目
配信日時:2016年3月28日14時49分
http://digital.asahi.com/articles/ASJ3V3C1XJ3VUTQP00V.html

 世界選手権が(3月末から)始まります。浅田真央選手にとっては(昨年末の)全日本選手権以来の試合です。

160329-3-1.jpg
ソチ五輪のシーズン、2013年の全日本選手権を制した鈴木明子、2位の村上佳菜子、3位の浅田真央

 今季、試合や公式練習を見ていると、波があるように感じられました。前日は跳べたのに、当日の朝は調子が悪かったり、演技直前の6分間練習ではよかったはずの調子が本番では本領発揮出来なかったり。曲がかかると、更に難易度は上がります。

 私はそういった波のあるタイプだったのですが、浅田選手とは一緒に試合をしながら、こういうふうになれたらいいなと思うほど、以前は波がなかった印象でした。

 変化への戸惑い、スタートがよかったがゆえの気負い。期待に応えなくちゃいけない……。表情を見ていても、復帰当初のやり切った、という感じより、手応えがよくなかったからかもしれませんが、何か考えているような感じがします。

 私の場合は、2度心境の変化がありました。26歳と、28歳のとき。体力的な部分、回復具合。様々なことが変わってくる。心技体が必ずしも一緒にならないというときがありました。

 身長も体重も変わらない。それでも、違う。何かが違う。フィギュアスケートは感覚のスポーツなので、特定は出来ないのですが、やっぱり違う。

 変化することで、今まで当たり前のように出来ていたことが出来ないとなると、どこからか恐怖心が湧き出てきます。ただ、経験も積んでいる。変わった自分をどうやって受け入れるか。

 浅田選手には「今」の自分を高める力がある。今の自分と向き合い、迎え入れる。復帰したとき、すごくすっきりと、いい表情で滑っていたのが忘れられません。「周りの期待に応えなきゃ」という思いは強く感じていると思います。でも、彼女はこれまで世界中の期待に応えてきました。

 自分がしたいスケートを、そのまま見せてほしい。自分が求めるもの、自分のために滑ってほしいと思います。

 世界選手権は、すべての選手にとって、そのシーズンを通してやってきたショートプログラムとフリーが、完成されるとき。舞台の千秋楽と同じです。プログラムがシーズン前半からどれだけ進化し、深化したか。ロングランの締めくくりに注目してください。

160329-3-2.jpg
グランプリファイナル女子SPの演技後、観客の声援に応える浅田真央=2015年12月11日、白井伸洋撮影

160329-3-3.jpg
鈴木明子さん

まず、あっこちゃん、画像を見て、とても自然な感じできれいになったなあと感じた。健康的な美しさ。体の調子も良いのだと思う。

あっこちゃんの真央さんに対する分析を読んで、真央さんは若い時から精神力のある人だと思っていたけど、大人になってさらに落ち着きを増したような感じに思える。

真央さんはあるがままの自分を受け入れる。自分を分析して、反省することができる。改善して、さらに向上していく。

ベテランというか、引退していてもおかしくない年齢で、さらに高みを目指す。今は自分のためにスケートを滑る番になったと思う。

枠取りとか、国内の順位や世界ランク等を気にせず、自分のためだけに千秋楽に向けて滑り切って欲しい。楽しむことが最優先。そして、復帰して良かったと思えるような滑りをして貰いたい。
page back